児童教育実践に
ついての研究助成

活動レポート

研究紹介ファイル

  • vol.6 日本語教育を考える
  • 私たちは、この助成によって生まれた「縁」を大切に、過去の助成研究の中からいくつかの研究をピックアップし、応募に至るまでの背景や問題意識、その後の発展や新たに生まれた課題、さらには研究の社会的意義についてもレポートしてまいります。 これから応募を検討されている皆さまに、当財団が助成してきた幅広い研究分野を知っていただくとともに、独自の視点で研究に挑む信念や研究成果を生み出すことへの情熱、専門家としての誇りなどを感じていただければと思います。

研究成果発表会

  • 第12回研究成果発表会
  • 第12回研究成果発表会

    日時:2018年8月11日(土)10:00~
    会場:東京コンファレンスセンター・品川
    当日は第12回、第11回、第10回合わせて26組の助成対象者がそれぞれ研究成果、研究経過報告を発表し、審査委員の先生方からのコメントを頂きました。その後各組ごとにポスターセッションを行いました。

  • 第11回研究成果発表会
  • 第11回研究成果発表会

    日時:2017年8月19日(土)10:00~
    会場:東京コンファレンスセンター・有明
    当日は第11回、第10回、第9回合わせて27組の助成対象者がそれぞれ研究成果を発表し、審査委員からのコメントがなされ、その後4組~6組ごとにポスターセッションを行いました。

  • 第10回研究成果発表会
  • 第10回研究成果発表会

    日時:2016年8月11日(木・祝)10:00~
    会場:東京コンファレンスセンター・品川
    当日は第10回、第9回、第8回合わせて20組の助成対象者がそれぞれ研究成果を発表し、審査委員からのコメントがなされ、その後4組~5組ごとにポスターセッションを行いました。