児童教育実践に
ついての研究助成

児童教育実践についての研究助成とは

すぐれた教育実践を生み出すためには、そのバックグラウンドとなる研究の深化・拡大が必要です。
この事業は、ことばの教育と教育実践の質を向上させる、新しい視点を持つ研究を助成し、その成果が教育の現場に反映され、児童教育の基盤を充実させることを目的としています。
学術研究の発展に貢献し、教育実践の改善に役立つ研究の応募を期待しています。

対象となる研究

「ことばの教育」に関する研究

  • 国語・日本語教育の諸分野における研究
  • あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究

児童教育実践の質を向上させる研究

  • 多様な場における教育実践の質を向上させる研究
    ※児童教育への反映が期待できる、日本語研究や幼児・高等学校教育に関する研究も対象とします。

助成金額

1件につき300万円を限度に助成します。

助成期間

  • ・応募の翌年4月1日~翌々年3月31日の1年間
  • ・助成期間終了後、研究(代表)者が希望する場合は、継続助成の申請をすることができます。

※今後の研究計画書と提出された「研究成果報告書」を審査して採否を決定します。

審査委員

  • 楠見  孝(京都大学大学院 教授)
  • 針生 悦子(東京大学大学院 教授)
  • 藤森 裕治(信州大学 教授)
  • 本郷 一夫(東北大学大学院 教授 ※)
  • 横山 詔一(国立国語研究所 教授)

(50音順) ※ ...... 審査委員長

応募について

応募資格

  • 日本の大学・研究機関に所属する研究者
    (例えば准教授、講師、助教、博士課程の院生等。若手支援のため、教授やそれに相当する職は除く。)
  • 日本の学校・教育委員会に所属する教育実践に携わる方
    (例えば教諭、指導主事、相談員、特別支援教育の支援員等。)

※応募に際しては、所属長あるいは指導教官からの推薦が必要です。
※常勤・非常勤、年齢、国籍、学位は不問(ただし、学生の場合は修士号取得以上とする)。

応募方法

応募要項をご確認の上、「研究助成専用ページ」からご応募ください。

第13回助成のWeb応募受付は終了しました。

活動レポート

  • No.10 武居 渡氏
  • 研究紹介ファイル

    過去の助成研究の中からいくつかの研究をピックアップし、応募に至るまでの背景や問題意識、その後の発展や新たに生まれた課題、社会的意義についてなど詳細なレポートを公開。