博報賞

過去の受賞者| 所在地 (山梨県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
野中 幸夫
読解技能に関する実践的研究をとおして、科学的な国語科学習法の建設をめざし、多くの業績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 山梨県 個人 ---
清水 茂夫
国語教育の理論と実践の結びつきに努力し、多くの国語教育者に影響を与えたばかりでなく、複式授業の研究、国語科の評価、語句の指導、音訓の取り扱いの研究などを進めて、国語教育の改善と発展に寄与したところが大きい。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 山梨県 個人 ---
山梨県立ろう学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、一貫して児童生徒の障害の状態、能力・適性等に即した教育を推進してきた。特に、近年視聴覚教育及びプログラム学習を導入、効率的な個別指導を展開し、児童生徒の自ら学ぶ意欲の育成を目指した教育の推進を図り、全国的に高い評価を受けている。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 山梨県 団体 ---
深澤 完興
県内の小・中学校において国語教育の理論と実践の研究に努め、その成果を発表するほか、県内研究団体の発展に尽力し、また、全国的規模の研究会の企画運営にも当たるなど、教育の改善に指導的役割を果してきた。この間、国語教育の進展に寄与している功績は大である。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 山梨県 個人 ---
松野 洋人 文部科学大臣賞
漢字指導、読書・読解指導、作文指導、古典指導、言語事項の指導など、国語教育の各分野にわたって、優れた研究と実践を積み重ねてきた。また県内外の国語研究団体における運営にも寄与しており、それらの功績は高く評価できる。今後一層の活動が期待される。
第25回(1994年度) 国語教育部門 山梨県 個人 ---
東八代郡豊富村立豊富小学校 文部科学大臣賞
自然と歴史・伝統に恵まれた地域の特性を生かすため、国語の授業展開の中で、地域素材の収集と教材化を図る研究と実践指導を進めてきた。特に、地域民話による副読本、音読・朗読のテキストの作成と指導上の活用を通し、豊かな言語表現力を育成した功績は大きい。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 山梨県 団体 ---
樋口 孝治
中学校古典に作文学習を導入し、音声言語教育では、生きた力となる話し方の育成を目指すなど、新しい教育の視点に立つ授業の改善に努めてきた。また、県指導主事、国語教育研究会事務局長及び副会長として、指導的な役割を果たしてきた。その優れた実践力と指導力は、今後も国語科教育の大きな推進力になるものと期待される。
第30回(1999年度) 国語教育・日本語教育部門 山梨県 個人 ---
甲府市立千代田小学校
小規模校の特色を生かしながら、1分間スピーチ、日記指導、発表メモ、読書指導、作文指導と、子どもたちの表現力や理解力を育成する学習指導の工夫に長年にわたり積極的に取り組み、個を生かす学習指導法を開発している。さらに、今日的課題である討議能力を高めるディベートや外国人との対話能力の育成にも発展させている。
第30回(1999年度) 国語教育・日本語教育部門 山梨県 団体 ---
上野原市立西原中学校
養蚕、五穀、民具、炭焼きなど、消え行く地域の技術や文化を今の子どもたちへ継承・保存する郷土学習
第38回(2007年度) 文化教養育成部門 山梨県 団体
受賞者名・活動タイトル
野中 幸夫
読解技能に関する実践的研究をとおして、科学的な国語科学習法の建設をめざし、多くの業績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
清水 茂夫
国語教育の理論と実践の結びつきに努力し、多くの国語教育者に影響を与えたばかりでなく、複式授業の研究、国語科の評価、語句の指導、音訓の取り扱いの研究などを進めて、国語教育の改善と発展に寄与したところが大きい。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山梨県立ろう学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、一貫して児童生徒の障害の状態、能力・適性等に即した教育を推進してきた。特に、近年視聴覚教育及びプログラム学習を導入、効率的な個別指導を展開し、児童生徒の自ら学ぶ意欲の育成を目指した教育の推進を図り、全国的に高い評価を受けている。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山梨県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
深澤 完興
県内の小・中学校において国語教育の理論と実践の研究に努め、その成果を発表するほか、県内研究団体の発展に尽力し、また、全国的規模の研究会の企画運営にも当たるなど、教育の改善に指導的役割を果してきた。この間、国語教育の進展に寄与している功績は大である。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松野 洋人 文部科学大臣賞
漢字指導、読書・読解指導、作文指導、古典指導、言語事項の指導など、国語教育の各分野にわたって、優れた研究と実践を積み重ねてきた。また県内外の国語研究団体における運営にも寄与しており、それらの功績は高く評価できる。今後一層の活動が期待される。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地山梨県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東八代郡豊富村立豊富小学校 文部科学大臣賞
自然と歴史・伝統に恵まれた地域の特性を生かすため、国語の授業展開の中で、地域素材の収集と教材化を図る研究と実践指導を進めてきた。特に、地域民話による副読本、音読・朗読のテキストの作成と指導上の活用を通し、豊かな言語表現力を育成した功績は大きい。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
樋口 孝治
中学校古典に作文学習を導入し、音声言語教育では、生きた力となる話し方の育成を目指すなど、新しい教育の視点に立つ授業の改善に努めてきた。また、県指導主事、国語教育研究会事務局長及び副会長として、指導的な役割を果たしてきた。その優れた実践力と指導力は、今後も国語科教育の大きな推進力になるものと期待される。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
甲府市立千代田小学校
小規模校の特色を生かしながら、1分間スピーチ、日記指導、発表メモ、読書指導、作文指導と、子どもたちの表現力や理解力を育成する学習指導の工夫に長年にわたり積極的に取り組み、個を生かす学習指導法を開発している。さらに、今日的課題である討議能力を高めるディベートや外国人との対話能力の育成にも発展させている。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地山梨県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上野原市立西原中学校
養蚕、五穀、民具、炭焼きなど、消え行く地域の技術や文化を今の子どもたちへ継承・保存する郷土学習
受賞年度第38回(2007年度)
部門文化教養育成部門
所在地山梨県
団体/個人団体

関連情報