博報賞

過去の受賞者| 所在地 (山口県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
光市立室積小学校
昭和38年度から国語力を中心とした人間形成を目指し、全校をあげて国語教育の研究にとりくんでいる。また、各年次とも「授業研究集録」を作成し、その資料の集積にもとづいて研究の成果をあげ、山口県小学校国語教育に大きな貢献をしている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 山口県 団体 ---
山口県立盲学校
明治38年創立以来、山口県の視覚障害教育推進のため、長年にわたって顕著な研究実践と数多くの研究会の開催を行い、多大の貢献をしている。また、これらの研究をまとめた「山盲教育」は高く評価されている。
第4回(1973年度) 視覚障害教育部門 山口県 団体 ---
山口県立聾学校
聴覚障害児に対する学校環境の整備と効率的な学習指導のあり方について、校長以下全職員一体となって研究に取り組み、特に教育機器の活用を中心とした養護・訓練の指導計画に関する実践研究は、聴覚障害教育の推進に貢献するところが多い。
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 北海道 団体 ---
賀根 俊栄
長年、公立小学校にあって、国語教育の研究、実践に従い、顕著な実績を示してきた。また研究活動の中心的指導者として、県内国語教育の推進、発展に寄与している。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 山口県 個人 ---
常久 公平
聴覚障害教育の研究と実践に真摯に取り組み、着実な研究発表を絶えず継続し成果を挙げた。また、県下においては中心的指導者としての役割を果たすとともに、特に生前に残した養護・訓練の開拓的研究は、聴覚障害教育の推進と発展に貢献するところが大きい。
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 山口県 個人 ---
山口県立盲学校重複障害部
長年にわたり盲聾児及び盲精薄児の教育に関する実践的研究に取り組み、重複障害児ひとりひとりに対する具体的な指導の在り方を追求してきた。特に、重複障害児の初期学習に関する教材・教具の開発は高く評価される。
第10回(1979年度) 視覚障害教育部門 山口県 団体 ---
中村 裕子
長年にわたり、言語障害教育に取り組み、特に、ことばの遅れた子どもの一人一人の実態に即した、意欲的な研究と実践を重ね、多くの実績をあげ、言語障害教育の開拓に寄与している。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 山口県 個人 ---
上田 敬介
昭和43年以来、一貫して重度脳性マヒ児の言語指導に取り組み、言語障害の実態に即した効果的な教育方法を工夫して、秀れた成果をあげている。その実践研究は、今後の脳性マヒ児の指導の開拓に示唆を与え、地域の言語障害教育の推進に寄与するところが大きい。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 山口県 個人 ---
光市立室積小学校
第2回博報賞受賞後も継続して国語教育の実践的研究に取り組み、その累積的・発展的な研究成果は著しく、自校の国語教育の充実はもとより、県内における国語教育の振興と発展に多大の貢献をしている。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 山口県 団体 ---
下関市立名池小学校ことばの教室
教室開設以来、ことばに障害のある多くの児童の指導にあたってきた。特に、母親に対する指導に重点をおき、家庭での望ましい言語指導の在り方を追究し、一人一人の児童に適した指導計画に基ずく実践活動は、この地域において高い評価を得ている。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 山口県 団体 ---
兼永 静子
長年にわたり、終始一貫して小学校の国語科学習指導に取り組んで理論と実践の一体化に努め、特に読解指導、読書指導、作文指導に着実な成果をあげてきた。また、県内外の研究活動の運営、推進に意欲的に参加し、国語教育の振興に寄与してきた。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 山口県 個人 ---
阿武郡旭村立佐々並小学校
児童の読み書き能力の向上を基本にすえながら、「自己実現のできる子どもの育成」を目指して国語科教育の研究と実践に取り組んできた。その数年にわたる継続的な研究と努力は、教師の指導力の向上、児童の自主的学習態度の育成に多大の成果をもたらしている。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 山口県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
光市立室積小学校
昭和38年度から国語力を中心とした人間形成を目指し、全校をあげて国語教育の研究にとりくんでいる。また、各年次とも「授業研究集録」を作成し、その資料の集積にもとづいて研究の成果をあげ、山口県小学校国語教育に大きな貢献をしている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山口県立盲学校
明治38年創立以来、山口県の視覚障害教育推進のため、長年にわたって顕著な研究実践と数多くの研究会の開催を行い、多大の貢献をしている。また、これらの研究をまとめた「山盲教育」は高く評価されている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山口県立聾学校
聴覚障害児に対する学校環境の整備と効率的な学習指導のあり方について、校長以下全職員一体となって研究に取り組み、特に教育機器の活用を中心とした養護・訓練の指導計画に関する実践研究は、聴覚障害教育の推進に貢献するところが多い。
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
賀根 俊栄
長年、公立小学校にあって、国語教育の研究、実践に従い、顕著な実績を示してきた。また研究活動の中心的指導者として、県内国語教育の推進、発展に寄与している。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
常久 公平
聴覚障害教育の研究と実践に真摯に取り組み、着実な研究発表を絶えず継続し成果を挙げた。また、県下においては中心的指導者としての役割を果たすとともに、特に生前に残した養護・訓練の開拓的研究は、聴覚障害教育の推進と発展に貢献するところが大きい。
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山口県立盲学校重複障害部
長年にわたり盲聾児及び盲精薄児の教育に関する実践的研究に取り組み、重複障害児ひとりひとりに対する具体的な指導の在り方を追求してきた。特に、重複障害児の初期学習に関する教材・教具の開発は高く評価される。
受賞年度第10回(1979年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中村 裕子
長年にわたり、言語障害教育に取り組み、特に、ことばの遅れた子どもの一人一人の実態に即した、意欲的な研究と実践を重ね、多くの実績をあげ、言語障害教育の開拓に寄与している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
上田 敬介
昭和43年以来、一貫して重度脳性マヒ児の言語指導に取り組み、言語障害の実態に即した効果的な教育方法を工夫して、秀れた成果をあげている。その実践研究は、今後の脳性マヒ児の指導の開拓に示唆を与え、地域の言語障害教育の推進に寄与するところが大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
光市立室積小学校
第2回博報賞受賞後も継続して国語教育の実践的研究に取り組み、その累積的・発展的な研究成果は著しく、自校の国語教育の充実はもとより、県内における国語教育の振興と発展に多大の貢献をしている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
下関市立名池小学校ことばの教室
教室開設以来、ことばに障害のある多くの児童の指導にあたってきた。特に、母親に対する指導に重点をおき、家庭での望ましい言語指導の在り方を追究し、一人一人の児童に適した指導計画に基ずく実践活動は、この地域において高い評価を得ている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
兼永 静子
長年にわたり、終始一貫して小学校の国語科学習指導に取り組んで理論と実践の一体化に努め、特に読解指導、読書指導、作文指導に着実な成果をあげてきた。また、県内外の研究活動の運営、推進に意欲的に参加し、国語教育の振興に寄与してきた。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
阿武郡旭村立佐々並小学校
児童の読み書き能力の向上を基本にすえながら、「自己実現のできる子どもの育成」を目指して国語科教育の研究と実践に取り組んできた。その数年にわたる継続的な研究と努力は、教師の指導力の向上、児童の自主的学習態度の育成に多大の成果をもたらしている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山口県
団体/個人団体