博報賞

過去の受賞者| 所在地 (山形県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
山形県立山形盲学校
長年にわたり、弱視教育、早期教育、職業教育等の視覚障害教育の多面的な分野において、多くのすぐれた実績をあげている。また、全国盲学校教育研究会事務局として、全国の盲教育研究推進の中枢となっている。
第4回(1973年度) 視覚障害教育部門 山形県 団体 ---
会田 徳旺
盲学校に就任以来終始一貫、視覚障害者に科学研究の喜びを与えるべく理科教育の実践とその研究に努力を傾注した。特に、クラブ活動において寝食をともにしたその指導の成果には顕著なものがあり、盲学校における理科教育推進に寄与した。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 山形県 個人 ---
山形県立山形聾学校
聴覚障害児の望ましい人間形成を目ざした進路指導のあり方について、過去において文部省実験学校として多くの実績をあげてきたが、最近においてはこの成果をふまえてさらに継続発展させ、教育課程全体を通して人間形成を培う指導を目標とした研究実践に意欲的にとりくみ着実な歩みを続けている。その成果は教科および養護・訓練等の学習指導法の改善に寄与するところが大きい。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 山形県 団体 ---
山形市立第四小学校
ひとりひとりの確かな言語活動の育成を図ることを基本に、「正しく豊かに読む国語の学習指導」を研究し、その実践活動を通して、県国語教育界で指導的役割を果たしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
鈴木 榮助
全日本盲学校教育研究会長として会の組織・運営面における拡大と充実をはかり、その実現に努力してきた。また、研究や実践面においても多くの成果をあげるとともに、現在は教員養成に携わるなど、盲学校教育の振興に寄与している。
第7回(1976年度) 視覚障害教育部門 山形県 個人 ---
秋保 光吉
四十余年間にわたり、一貫して国語教育の理論と実践の統一を追求してその業績を発表し、県内のみならず、全国的にも大きな影響を与えてきた。特に戦後は県内の小、中、高の団語教育研究団体の結成と発展に尽力し、多くの実践家や研究者を育成した。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 山形県 個人 ---
山形県立鶴岡盲学校
重複障害児一人一人の特性に即した教育内容・方法に関する研究に全職員が組織的に取り組み、家庭などの協力も得て多くの成果をあげてきた。特に、言語を持たない重複障害児の指導のための教材・教具の開発には特色がある。
第13回(1982年度) 視覚障害教育部門 山形県 団体 ---
鏡隆左ェ門
長年にわたり、聴覚障害児の、聴覚のみならず触知覚、視知覚などの効果的な刺激による残存能力の活用を目指して、意欲的に独自な研究を進めてきた。その研究成果は重度の聴覚障害児や重複障害児の指導の開拓に多くの示唆を与えている。
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 山形県 個人 ---
山形郡千代田町壬生小学校
多年にわたり、校内の研究協力態勢のもとに着実な研究活動を進め、特に児童の文章表現力を高めるための実践を行ってきた。最近では昭和57年度において年来の研究結果を発表し、その内容は県内外の参会者に深い感銘を与え、県内の国語教育推進のため大きく貢献した。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
天童市立天童中部小学校
全職員が長年にわたって継続的に国語教育研究に取り組み、多くの成果を収めてきた。特に最近においては、児童の作文力の向上を目指した実践の結果に基づく提案が、県内の国語科教育の推進に大きく寄与しており、全国的な関心を集めている。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
海藤 弘 文部科学大臣賞
教職40年間、一貫して特殊教育に取り組み、東北地方における中心的な指導者としてこの教育の充実・発展に多くの業績をあげてきた。また、全国的な視野に立って視覚障害教育研究の推進に尽力し、実践的研究の蓄積と発展のために大きく貢献した。
第18回(1987年度) 視覚障害教育部門 山形県 個人 ---
西村山郡朝日町立西五百川小学校
本校と分校とが一体となって、意欲的に国語科指導の実践的研究に取り組み、教材研究に対する校内研修、学習形態の多様化の工夫、音読の重視など、多大の成果をあげている。その実践と研究における意欲と努力は、発表会などを通して高く評価されている。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
山形市立第八小学校
昭和57年以来継続して、国語教育研究、読書指導研究に取り組み、その成果の発表を通して、地域の教育研究活動の活性化に好影響を与え、国語科教育、読書指導の水準を高めることに多大の貢献をした。この実績は、高く評価されている。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 山形県 個人 ---
鈴木 栄三
生きてはたらく言葉の力の育成を目指し、中学校における読解指導、作文指導に成果をあげてきた。また、地域の国語教育研究団体の運営及び研究活動の中核として尽力し、後進の指導に優れた実績をあげてきた。県内の国語教育の充実振興に果した功績は大きい。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 山形県 個人 ---
天童市立天童南部小学校
昭和58年以来、今日まで一貫して国語科教育の実践研究に重点をおいて取り組んできた。特に、ノート指導や書く活動の在り方を探求し、指導上様々の工夫を凝らして国語教育の効果を高めるとともに、校内における言語環境作りにも努めて多大の成果をあげている。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
長井市立伊佐沢小学校 文部科学大臣賞
身近にある樹齢1200年の桜の巨木と、県の無形民俗文化財伊佐沢念仏踊りを、学校の教育活動に取り入れている。巨木をいたわる諸活動や、体力づくりの一環として取り入れた「伊佐沢小学校少年少女念仏踊り」は、心と体を育てる教育として高く評価される。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 山形県 団体 ---
松山町立松山小学校
本校の狂言クラブは、昭和63年から地域の人々の協力によって、この地に伝わる伝統芸能である狂言の伝承活動に取り組み、毎年その成果を「松山城薪能」などにおいて発表してきた。その活動は地域とのつながりを深めるとともに、郷土を愛する心の育成に貢献している。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 山形県 団体 ---
東根市立小田島小学校田植え踊り子供伝承会
300年の歴史を持つ「小田島田植え踊り」の継承
第33回(2002年度) 伝統文化教育部門 山形県 団体
藤田 圭子
一貫して「ことばの教室」を担任し、専門的見識と卓越した指導力によって言語障害の早期発見・早期教育の必要性を各方面に訴え、山間地域における特殊学級開設に尽力してきた。また、幼児の言語や家庭教育の相談活動にも指導的立場で活躍し、注目されている。
第28回(1997年度) 特殊教育部門 山形県 個人 ---
菊地 とく
「ことばを育てることは心を育てること」を信条に、中学校教員として長年にわたり国語の授業に取り組み、多くの、実践に基づく研究発表を行うとともに、優れた研究論文や実践報告を発表してきた。県指導主事として、また、中学校長として、その指導力を発揮し、国語科教育の改善向上と後進の育成に寄与した功績は大きい。
第30回(1999年度) 国語教育・日本語教育部門 山形県 個人 ---
米沢児童文化協会
45年間の、新聞発行・作文募集などによる、郷土を愛する小・中学生支援
第35回(2004年度) 文化教養育成部門 山形県 団体
天童市立高擶小学校
20年以上にわたる「高擶子ども獅子踊り」の伝承
第34回(2003年度) 伝統文化教育部門 山形県 団体
鶴岡市立東栄小学校
地域と交流を深め、伝統芸能「獅子舞」を受け継ぐ全校活動
第37回(2006年度) 文化教養育成部門 山形県 団体
戸沢村立角川小・中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
小規模複合校における「地元学」「通学合宿」など地域と一体になった多彩な体験教育
第36回(2005年度) 教育活性化部門 山形県 団体
乾 昭治 福井市東安居小学校 校長
メディアを利用した教育とそれを柱とする学校改革を推進し、地元の教育活性化に貢献
第36回(2005年度) 教育活性化部門 山形県 団体
川西町立東沢小学校
都会の子どもがたくましく育ち、山村の活性化を実現した16年続く山村留学の実践
第38回(2007年度) 教育活性化部門 山形県 団体
受賞者名・活動タイトル
山形県立山形盲学校
長年にわたり、弱視教育、早期教育、職業教育等の視覚障害教育の多面的な分野において、多くのすぐれた実績をあげている。また、全国盲学校教育研究会事務局として、全国の盲教育研究推進の中枢となっている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
会田 徳旺
盲学校に就任以来終始一貫、視覚障害者に科学研究の喜びを与えるべく理科教育の実践とその研究に努力を傾注した。特に、クラブ活動において寝食をともにしたその指導の成果には顕著なものがあり、盲学校における理科教育推進に寄与した。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山形県立山形聾学校
聴覚障害児の望ましい人間形成を目ざした進路指導のあり方について、過去において文部省実験学校として多くの実績をあげてきたが、最近においてはこの成果をふまえてさらに継続発展させ、教育課程全体を通して人間形成を培う指導を目標とした研究実践に意欲的にとりくみ着実な歩みを続けている。その成果は教科および養護・訓練等の学習指導法の改善に寄与するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山形市立第四小学校
ひとりひとりの確かな言語活動の育成を図ることを基本に、「正しく豊かに読む国語の学習指導」を研究し、その実践活動を通して、県国語教育界で指導的役割を果たしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鈴木 榮助
全日本盲学校教育研究会長として会の組織・運営面における拡大と充実をはかり、その実現に努力してきた。また、研究や実践面においても多くの成果をあげるとともに、現在は教員養成に携わるなど、盲学校教育の振興に寄与している。
受賞年度第7回(1976年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
秋保 光吉
四十余年間にわたり、一貫して国語教育の理論と実践の統一を追求してその業績を発表し、県内のみならず、全国的にも大きな影響を与えてきた。特に戦後は県内の小、中、高の団語教育研究団体の結成と発展に尽力し、多くの実践家や研究者を育成した。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山形県立鶴岡盲学校
重複障害児一人一人の特性に即した教育内容・方法に関する研究に全職員が組織的に取り組み、家庭などの協力も得て多くの成果をあげてきた。特に、言語を持たない重複障害児の指導のための教材・教具の開発には特色がある。
受賞年度第13回(1982年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鏡隆左ェ門
長年にわたり、聴覚障害児の、聴覚のみならず触知覚、視知覚などの効果的な刺激による残存能力の活用を目指して、意欲的に独自な研究を進めてきた。その研究成果は重度の聴覚障害児や重複障害児の指導の開拓に多くの示唆を与えている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山形郡千代田町壬生小学校
多年にわたり、校内の研究協力態勢のもとに着実な研究活動を進め、特に児童の文章表現力を高めるための実践を行ってきた。最近では昭和57年度において年来の研究結果を発表し、その内容は県内外の参会者に深い感銘を与え、県内の国語教育推進のため大きく貢献した。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
天童市立天童中部小学校
全職員が長年にわたって継続的に国語教育研究に取り組み、多くの成果を収めてきた。特に最近においては、児童の作文力の向上を目指した実践の結果に基づく提案が、県内の国語科教育の推進に大きく寄与しており、全国的な関心を集めている。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
海藤 弘 文部科学大臣賞
教職40年間、一貫して特殊教育に取り組み、東北地方における中心的な指導者としてこの教育の充実・発展に多くの業績をあげてきた。また、全国的な視野に立って視覚障害教育研究の推進に尽力し、実践的研究の蓄積と発展のために大きく貢献した。
受賞年度第18回(1987年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
西村山郡朝日町立西五百川小学校
本校と分校とが一体となって、意欲的に国語科指導の実践的研究に取り組み、教材研究に対する校内研修、学習形態の多様化の工夫、音読の重視など、多大の成果をあげている。その実践と研究における意欲と努力は、発表会などを通して高く評価されている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山形市立第八小学校
昭和57年以来継続して、国語教育研究、読書指導研究に取り組み、その成果の発表を通して、地域の教育研究活動の活性化に好影響を与え、国語科教育、読書指導の水準を高めることに多大の貢献をした。この実績は、高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鈴木 栄三
生きてはたらく言葉の力の育成を目指し、中学校における読解指導、作文指導に成果をあげてきた。また、地域の国語教育研究団体の運営及び研究活動の中核として尽力し、後進の指導に優れた実績をあげてきた。県内の国語教育の充実振興に果した功績は大きい。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
天童市立天童南部小学校
昭和58年以来、今日まで一貫して国語科教育の実践研究に重点をおいて取り組んできた。特に、ノート指導や書く活動の在り方を探求し、指導上様々の工夫を凝らして国語教育の効果を高めるとともに、校内における言語環境作りにも努めて多大の成果をあげている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長井市立伊佐沢小学校 文部科学大臣賞
身近にある樹齢1200年の桜の巨木と、県の無形民俗文化財伊佐沢念仏踊りを、学校の教育活動に取り入れている。巨木をいたわる諸活動や、体力づくりの一環として取り入れた「伊佐沢小学校少年少女念仏踊り」は、心と体を育てる教育として高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松山町立松山小学校
本校の狂言クラブは、昭和63年から地域の人々の協力によって、この地に伝わる伝統芸能である狂言の伝承活動に取り組み、毎年その成果を「松山城薪能」などにおいて発表してきた。その活動は地域とのつながりを深めるとともに、郷土を愛する心の育成に貢献している。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東根市立小田島小学校田植え踊り子供伝承会
300年の歴史を持つ「小田島田植え踊り」の継承
受賞年度第33回(2002年度)
部門伝統文化教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
藤田 圭子
一貫して「ことばの教室」を担任し、専門的見識と卓越した指導力によって言語障害の早期発見・早期教育の必要性を各方面に訴え、山間地域における特殊学級開設に尽力してきた。また、幼児の言語や家庭教育の相談活動にも指導的立場で活躍し、注目されている。
受賞年度第28回(1997年度)
部門特殊教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
菊地 とく
「ことばを育てることは心を育てること」を信条に、中学校教員として長年にわたり国語の授業に取り組み、多くの、実践に基づく研究発表を行うとともに、優れた研究論文や実践報告を発表してきた。県指導主事として、また、中学校長として、その指導力を発揮し、国語科教育の改善向上と後進の育成に寄与した功績は大きい。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
米沢児童文化協会
45年間の、新聞発行・作文募集などによる、郷土を愛する小・中学生支援
受賞年度第35回(2004年度)
部門文化教養育成部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
天童市立高擶小学校
20年以上にわたる「高擶子ども獅子踊り」の伝承
受賞年度第34回(2003年度)
部門伝統文化教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鶴岡市立東栄小学校
地域と交流を深め、伝統芸能「獅子舞」を受け継ぐ全校活動
受賞年度第37回(2006年度)
部門文化教養育成部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
戸沢村立角川小・中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
小規模複合校における「地元学」「通学合宿」など地域と一体になった多彩な体験教育
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
乾 昭治 福井市東安居小学校 校長
メディアを利用した教育とそれを柱とする学校改革を推進し、地元の教育活性化に貢献
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
川西町立東沢小学校
都会の子どもがたくましく育ち、山村の活性化を実現した16年続く山村留学の実践
受賞年度第38回(2007年度)
部門教育活性化部門
所在地山形県
団体/個人団体

関連情報