博報賞

過去の受賞者| 所在地 (富山県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
高木 正一
文学、読書の指導を中心として広く国語の指導法を研究し、地域の国語教育の振興に尽くした。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 富山県 個人 ---
谷尻 ヒロ
視覚障害児の教育課程の作成、指導方法の改善、教材・教具の開発等、ひとりひとりの能力・特性に応じた多方面にわたる教育実践に成果を挙げている。また、教育課程研究集会や全日盲研大会等を通じて数多く発表された研究実績は高く評価される。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 富山県 個人 ---
福岡町立福岡小学校
論理的思考力の向上を目ざす読解学習指導を中心に、国語科教育のための教材研究法の開発を続け、その研究成果は、県内のみならず、全国的にも高く評価されている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 富山県 団体 ---
富山市立豊田小学校
「主体的な読み」「構想力の開発」等を中心とした国語科学習指導の研究を行い、その成果は地域の国語教育の推進に大きな役割を果たしている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 富山県 団体 ---
安ヵ川甚治
国語科教育の方法、特に精密な教材分析と、それに基づく読解指導の研究を指導し、職員の指導力を高め、児童の読解力を確かなものとした。また、この成果を発表して国語科教育改善に影響を与えている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 富山県 個人 ---
北川 国次
「国語は全教科の基礎である。」という信念と情熱のもとに、小・中学校教諭、指導主事、校長として国語教育の研究と実践に当たるとともに、ことばのきまり、学習の個別化などに関するすぐれた成果を発表し、県内の国語教育において指導的な役割を果たしている。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 富山県 個人 ---
富山県小学校教育研究会特殊部会言語障害教育班 文部科学大臣賞
0317昭和45年以来、県内における言語障害特殊学級担当者が相互に連携し、県小学校教育研究会の中に組織を位置づけ、研究を深めてきた。障害児の実態調査、障害別指導法の研究、教材教具の開発等自主的協同研究を積極的に進め、この教育推進のため多大の貢献をした。
第12回(1981年度) 言語障害教育部門 富山県 団体 ---
早川 友子
地域の国語教育推進のため実践と研究に努め、特に読解指導、作文指導、書写指導、教材研究に力を注いで、児童の国語力の向上に大きい成果をあげてきた。また、研究団体の調査研究活動にも協力して実績をあげており、実践家としての今後の活躍が期待される。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 富山県 個人 ---
松儀 昭美 文部科学大臣賞
児童の実態を踏まえ、一人一人の創意を生かす教育を心がけ、説明文の指導、読書指導、作文指導などに著しい実績をあげている。また、学校内外の研修・研究にも積極的に参加するほか、研究団体の進展に貢献しており、今後一層の活躍発展が期待される。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 富山県 個人 ---
黒部市立中央小学校 文部科学大臣賞
校区内に有力な海外進出企業をもつ本校は、早くから帰国子女問題に取り組み、帰国児の体験を生かした世界仲よし集会や世界調査クラブ・資料室による国際理解教育を進めてきた。特に、本校教員の派遣による海外での教育相談など先駆的な試みは、高く評価される。
第24回(1993年度) 国際理解教育部門 富山県 団体 ---
高岡市立東五位小学校
長年、我が国の言語文化である「俳句」を教育活動に位置付けてきた。句作の場を国語科だけでなく、朝の会や学級活動、夏休み等に幅広く求め、学校行事との関連を図ったり、学校と家庭との連携を進めたり、教科学習の交流に活用したりしている。その活動は注目される。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 富山県 団体 ---
福光町立福光中学校
学校全体で1分間スピーチの練習、10分読書、挨拶の指導等の基礎的国語表現力の向上を推進しその成果を挙げている。中心となる国語科では、継続して、相手や目的に応じた文章表現力の育成や自分の考えや調べたことを視聴覚機器を利用しながら、相手に分かりやすく具体的に伝える表現力の育成に取り組み評価を受けている。
第32回(2001年度) 国語教育・日本語教育部門 富山県 団体 ---
富山県立高岡ろう学校教育相談室【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域における聴覚障害者のセンター的役割と最早期教育相談活動
第34回(2003年度) 特別支援教育部門 富山県 団体
富山大学人間発達科学部附属特別支援学校
サポートブック、写真カード、チャレンジ日記など多彩な支援ツールを作成し、障害児童の生活環境を充実
第38回(2007年度) 特別支援教育部門 富山県 団体
富山県立高志養護学校 中学部
長年の実績から確立された価値ある地域の中学校との交流学習
第37回(2006年度) 特別支援教育部門 富山県 団体
受賞者名・活動タイトル
高木 正一
文学、読書の指導を中心として広く国語の指導法を研究し、地域の国語教育の振興に尽くした。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
谷尻 ヒロ
視覚障害児の教育課程の作成、指導方法の改善、教材・教具の開発等、ひとりひとりの能力・特性に応じた多方面にわたる教育実践に成果を挙げている。また、教育課程研究集会や全日盲研大会等を通じて数多く発表された研究実績は高く評価される。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福岡町立福岡小学校
論理的思考力の向上を目ざす読解学習指導を中心に、国語科教育のための教材研究法の開発を続け、その研究成果は、県内のみならず、全国的にも高く評価されている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富山市立豊田小学校
「主体的な読み」「構想力の開発」等を中心とした国語科学習指導の研究を行い、その成果は地域の国語教育の推進に大きな役割を果たしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
安ヵ川甚治
国語科教育の方法、特に精密な教材分析と、それに基づく読解指導の研究を指導し、職員の指導力を高め、児童の読解力を確かなものとした。また、この成果を発表して国語科教育改善に影響を与えている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北川 国次
「国語は全教科の基礎である。」という信念と情熱のもとに、小・中学校教諭、指導主事、校長として国語教育の研究と実践に当たるとともに、ことばのきまり、学習の個別化などに関するすぐれた成果を発表し、県内の国語教育において指導的な役割を果たしている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
富山県小学校教育研究会特殊部会言語障害教育班 文部科学大臣賞
0317昭和45年以来、県内における言語障害特殊学級担当者が相互に連携し、県小学校教育研究会の中に組織を位置づけ、研究を深めてきた。障害児の実態調査、障害別指導法の研究、教材教具の開発等自主的協同研究を積極的に進め、この教育推進のため多大の貢献をした。
受賞年度第12回(1981年度)
部門言語障害教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
早川 友子
地域の国語教育推進のため実践と研究に努め、特に読解指導、作文指導、書写指導、教材研究に力を注いで、児童の国語力の向上に大きい成果をあげてきた。また、研究団体の調査研究活動にも協力して実績をあげており、実践家としての今後の活躍が期待される。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松儀 昭美 文部科学大臣賞
児童の実態を踏まえ、一人一人の創意を生かす教育を心がけ、説明文の指導、読書指導、作文指導などに著しい実績をあげている。また、学校内外の研修・研究にも積極的に参加するほか、研究団体の進展に貢献しており、今後一層の活躍発展が期待される。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
黒部市立中央小学校 文部科学大臣賞
校区内に有力な海外進出企業をもつ本校は、早くから帰国子女問題に取り組み、帰国児の体験を生かした世界仲よし集会や世界調査クラブ・資料室による国際理解教育を進めてきた。特に、本校教員の派遣による海外での教育相談など先駆的な試みは、高く評価される。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国際理解教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高岡市立東五位小学校
長年、我が国の言語文化である「俳句」を教育活動に位置付けてきた。句作の場を国語科だけでなく、朝の会や学級活動、夏休み等に幅広く求め、学校行事との関連を図ったり、学校と家庭との連携を進めたり、教科学習の交流に活用したりしている。その活動は注目される。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福光町立福光中学校
学校全体で1分間スピーチの練習、10分読書、挨拶の指導等の基礎的国語表現力の向上を推進しその成果を挙げている。中心となる国語科では、継続して、相手や目的に応じた文章表現力の育成や自分の考えや調べたことを視聴覚機器を利用しながら、相手に分かりやすく具体的に伝える表現力の育成に取り組み評価を受けている。
受賞年度第32回(2001年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富山県立高岡ろう学校教育相談室【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域における聴覚障害者のセンター的役割と最早期教育相談活動
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別支援教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富山大学人間発達科学部附属特別支援学校
サポートブック、写真カード、チャレンジ日記など多彩な支援ツールを作成し、障害児童の生活環境を充実
受賞年度第38回(2007年度)
部門特別支援教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富山県立高志養護学校 中学部
長年の実績から確立された価値ある地域の中学校との交流学習
受賞年度第37回(2006年度)
部門特別支援教育部門
所在地富山県
団体/個人団体

関連情報