博報賞

過去の受賞者| 所在地 (鳥取県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
川口 義克
小学校教諭・師範学校教諭を経て教育養成大学教授となり、多数の著書を世に送り、すぐれた国語教師を育成して、地域の国語教育を推進した功績は多大である。なお、実践に即した個人誌「教育国語」を毎月刊行して、研究活動の日常化に格段の努力を続けている。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 個人 ---
大塩 卓
公立小学校教諭・大学付属小学校教諭として、真摯に国語教育の実践にしたがい、その間、特に作文および読むことの指導における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動に参与して、国語教育推進の指導的役割を果たしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 個人 ---
若桜町立若桜小学校
昭和40年度以降今日まで国語学習指導の研究に全校をあげて取り組み、特に、昭和47年度からは県研究指定校、文部省研究指定校としてその結果をまとめ、多大の成果を収めた研究と実践の業績は、他県でも高く評価されている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 団体 ---
稲村 謙一
長年にわたり、一貫して小学校国語教育に従事し、児童詩教育、生活作文などに著しい成果をあげてきた。また、地域における国語教育の指導者として、その進展、後進の育成に力を注いできた。その影響は全国の国語教育界にも及んでいる。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 個人 ---
倉光 浄晃
読解指導、作文指導、読書指導、教材研究、書写教育など、広く国語教育の各分野にわたって実践と研究に努め、多くの優れた成果をあげてきた。また、県内外の研究活動においても指導的役割を果たして、国語教育の発展と充実に貢献している。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 個人 ---
鳥取国語実践の会
昭和48年発足以降、絶えず小学校国語教育にかかわる研究と実践を行い、着実な活動を継続しながら多くの成果をあげてきた。その意欲的態度と実践に基づいた研究成果とは、県内の国語教育の振興と発展に貢献するとともに、全国的に注視されている。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 鳥取県 団体 ---
鳥取県立倉吉養護学校 文部科学大臣賞
開校以来、精神発達等に遅れのある児童生徒の指導を充実し、社会自立に向けての教育実践を積み重ねている。また、特殊教育推進校として地域の医療・福祉機関等と連携してコミュニケーション能力を育てる指導で顕著な成果を上げ、県内外で大いに注目されている。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 鳥取県 団体 ---
気高町立気高中学校
民謡「貝がら節」を、歌と踊りの両面から学校の教育活動に取り入れ、その活動は先輩から後輩へと受け継がれている。この成果は校内の運動会をはじめとして県や全国的な催しでも発表し、好評を得ており、生徒たちの伝承活動への大きな励ましになっている。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 鳥取県 団体 ---
福田 操恵
「文章を書くことが国語教育の根幹をなす」ことの意義を認識し、日々の実践に努めてきた。特に、「表現と理解との関連指導」を掲げて、自分の考えを言葉で表現する力の育成を目指してきた。生徒と共に活動し、大きな成果を収めており、その実績は高く評価されている。
第28回(1997年度) 国語教育・日本語教育部門 鳥取県 個人 ---
鳥取県立白兎養護学校
学校創立以来、近隣の地域社会や学校との交流教育を進め、障害のあるなしに関わらず、子どもたちが互いに地域でたくましく生きる力をはぐくむ実践を継続してきた。また、障害の重い子どもの表出活動を高める指導の工夫や生き生きと生活する子どもを目指した教育課程に関する実践研究にも取り組んだ。これらの業績は高く評価できる。
第30回(1999年度) 特殊教育部門 鳥取県 団体 ---
鳥取県立鳥取聾学校 写真部
昭和56年以来の長い歴史があり、中学部・高等部生徒を部員として、写真集の刊行、全国高等学校写真選手権大会を始め各種写真展への参加、受賞など活発で計測的な活動を行っている。聴覚障害生徒にとって、写真は自己表現の有効な手段であり、活動は成長の糧となり教育的な意味も大きい。ユニークで多くの可能性を秘めた取り組みである。
第32回(2001年度) 特殊教育部門 鳥取県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
川口 義克
小学校教諭・師範学校教諭を経て教育養成大学教授となり、多数の著書を世に送り、すぐれた国語教師を育成して、地域の国語教育を推進した功績は多大である。なお、実践に即した個人誌「教育国語」を毎月刊行して、研究活動の日常化に格段の努力を続けている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大塩 卓
公立小学校教諭・大学付属小学校教諭として、真摯に国語教育の実践にしたがい、その間、特に作文および読むことの指導における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動に参与して、国語教育推進の指導的役割を果たしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
若桜町立若桜小学校
昭和40年度以降今日まで国語学習指導の研究に全校をあげて取り組み、特に、昭和47年度からは県研究指定校、文部省研究指定校としてその結果をまとめ、多大の成果を収めた研究と実践の業績は、他県でも高く評価されている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
稲村 謙一
長年にわたり、一貫して小学校国語教育に従事し、児童詩教育、生活作文などに著しい成果をあげてきた。また、地域における国語教育の指導者として、その進展、後進の育成に力を注いできた。その影響は全国の国語教育界にも及んでいる。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
倉光 浄晃
読解指導、作文指導、読書指導、教材研究、書写教育など、広く国語教育の各分野にわたって実践と研究に努め、多くの優れた成果をあげてきた。また、県内外の研究活動においても指導的役割を果たして、国語教育の発展と充実に貢献している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鳥取国語実践の会
昭和48年発足以降、絶えず小学校国語教育にかかわる研究と実践を行い、着実な活動を継続しながら多くの成果をあげてきた。その意欲的態度と実践に基づいた研究成果とは、県内の国語教育の振興と発展に貢献するとともに、全国的に注視されている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鳥取県立倉吉養護学校 文部科学大臣賞
開校以来、精神発達等に遅れのある児童生徒の指導を充実し、社会自立に向けての教育実践を積み重ねている。また、特殊教育推進校として地域の医療・福祉機関等と連携してコミュニケーション能力を育てる指導で顕著な成果を上げ、県内外で大いに注目されている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
気高町立気高中学校
民謡「貝がら節」を、歌と踊りの両面から学校の教育活動に取り入れ、その活動は先輩から後輩へと受け継がれている。この成果は校内の運動会をはじめとして県や全国的な催しでも発表し、好評を得ており、生徒たちの伝承活動への大きな励ましになっている。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福田 操恵
「文章を書くことが国語教育の根幹をなす」ことの意義を認識し、日々の実践に努めてきた。特に、「表現と理解との関連指導」を掲げて、自分の考えを言葉で表現する力の育成を目指してきた。生徒と共に活動し、大きな成果を収めており、その実績は高く評価されている。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地鳥取県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鳥取県立白兎養護学校
学校創立以来、近隣の地域社会や学校との交流教育を進め、障害のあるなしに関わらず、子どもたちが互いに地域でたくましく生きる力をはぐくむ実践を継続してきた。また、障害の重い子どもの表出活動を高める指導の工夫や生き生きと生活する子どもを目指した教育課程に関する実践研究にも取り組んだ。これらの業績は高く評価できる。
受賞年度第30回(1999年度)
部門特殊教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鳥取県立鳥取聾学校 写真部
昭和56年以来の長い歴史があり、中学部・高等部生徒を部員として、写真集の刊行、全国高等学校写真選手権大会を始め各種写真展への参加、受賞など活発で計測的な活動を行っている。聴覚障害生徒にとって、写真は自己表現の有効な手段であり、活動は成長の糧となり教育的な意味も大きい。ユニークで多くの可能性を秘めた取り組みである。
受賞年度第32回(2001年度)
部門特殊教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体