博報賞

過去の受賞者| 所在地 (徳島県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
鳴門市大津西小学校
学校長を中心に全職員が協力一致して作文の年間指導計画とその指導法の研究にとりくみ、作文指導内容の確立と児童の作文能力の開発に努め、多大の成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
田岡 朝雄
へき地における小規模校、あるいは農村の小・中学校において、国語教育の研究を行い、それぞれの地域の問題点を解明しつつ、実情に応じた指導を展開した。なかでも、児童・生徒の自主的学習法を開発した点は、大きな業績である。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人 ---
阿波郡市場町立大俣小学校
使用教科書の精密な分析研究を土台として、国語科年間指導計画と教科書との関連を明らかにし、国語教育における指導上の諸問題を具体的に究明した業績は高く評価される。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
久保 太郎
長年にわたり小学校において、学級担任あるいは教頭、校長として、地道に国語教育の実践的研究にしたがい、実績を挙げた。その真摯な研究態度と識見は、おのずから同僚や後進に影響を及ぼして、地域国語教育の充実発展に貢献した。退職後も『福寿草の詩』ほかの作品によって国語教育者としての面目を発揮している。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人 ---
福本 礼一
盲学校長として多年にわたり終始一貫この教育の充実・振興に努力を傾注している。特に、新職業の開拓に意欲的に取り組み、地方盲学校としては画期的な理学療法科を設置するなど力強い歩みを続け、関係者の期待に応えている。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 徳島県 個人 ---
徳島県小学校作文読本編集委員会 文部科学大臣賞
昭和12年創設「綴方読本編集委員会」の伝統を受け継ぎ、昭和24年以降現在まで、学年別に月刊の「作文読本」の編集発行を継続することによって、県下小学校児童の作文力の伸長と県内教師の作文指導法の向上に寄与してきた。その成果は、県内における国語教育研究推進の原動力であるのみならず、全国的にも大きな影響を及ぼしている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
濱口 義人
多年国語教育の研究と実践に努力し、特に、作文教育の面において実績をあげると共に、地域における研究活動の指導者として、地道で着実な研究を継続し、多くの後進を育てた。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人 ---
徳島県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚に障害を有する児童・生徒に対し、幼稚部の教育の充実を目指し、早期発見、早期教育に先導的な教育活動を行い、また、補聴効果を重視した音楽教育の実践に、すぐれた成果を挙げている。
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 徳島県 団体 ---
松尾 富子 文部科学大臣賞
児童詩や作文教育の実践と研究に情熱を傾け、児童の表現能力の探究、各学年における詩の指導の展開、教材の開発等に著しい成果をあげている。特に、言語能力と詩的表現との相関関係についての考察は貴重である。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人 ---
福岡 八郎
作文教育において著しい成果をあげてきたほか、読解力の診断に基づく対策の提案、調和のとれた国語教育の重要性の主張など、広く県内外に影響を与えるとともに、全国的な規模における研究団体の運営にも協力して、国語教育の進展に貢献してきた。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人 ---
徳島県小学校国語教育50年史発刊推進委員会
大正末期から50年間にわたる徳島県国語教育の集大成として、県国語教育の足跡を詳細に記録し、徳島県国語教育の業績と成果を具体的に表した。この効果は、今後の県内国語教育の発展と充実に大きく貢献することが期待される。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
美馬郡国語教育研究会
へき地性の強い地域の実態を踏まえ、研究会創立以来30数年にわたって着実な研究を積み重ねてきた。その成果は、地域の児童の国語力の伸張に寄与するところが極めて大きく、県下の小学校国語科教育の推進と発展に貢献をしている。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
徳島県立盲学校
創立以来85年、その時々の社会の要請と視覚障害教育の課題を的確に受け止め、職業教育の開拓に意欲的に取り組むなど、この教育に大きく貢献してきた。また、近年においては、コンピュータ等の教育機器の活用法の研究に取り組み、関係者の注目を集めている。
第20回(1989年度) 視覚障害教育部門 徳島県 団体 ---
素水 光子
小学校における「確かで豊かな国語教育」を一貫して追求し、文字指導、学習ノートの指導に力を注ぎながら、主体的な読みの指導、読書指導の実践と研究を積み重ねており、その業績は高く評価されている。今後、一層の進展と充実が期待される。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 個人
千葉 勲
小中学校における、漢字、読解・読書、暗唱・暗写、作文など、国語教育の各分野にわたる学習指導に優れた成果をあげてきた。また県内外の国語教育研究団体の運営、推進に尽力するとともに、徳島県小学校国語教育50年史の企画、刊行にも協力した功績は大きい。
第25回(1994年度) 国語教育部門 徳島県 個人 ---
徳島県立阿南養護学校
開校以来、一人一人の児童生徒の教育の充実に向け、校内研修を精力的に推進している。特に「個別の指導計画」に関する研究は、全国的に注目されている。また、地域特産の木材を用いた児童生徒の作品や教材・教具による温もりのある学校作りや養護学校の専門性を生かした地域の保護者等に対する教育相談など、先駆的な取り組みを実践している。
第31回(2000年度) 特殊教育部門 徳島県 団体 ---
多田 健二(阿波木偶人形会館 館長)
阿波人形浄瑠璃の伝承と児童の郷土教育への貢献
第36回(2005年度) 文化教養育成部門 徳島県 個人
徳島県立国府養護学校
自閉症指導方法の研究及び「専門性マトリックス」による教員の専門性向上
第35回(2004年度) 特別支援教育部門 徳島県 団体
受賞者名・活動タイトル
鳴門市大津西小学校
学校長を中心に全職員が協力一致して作文の年間指導計画とその指導法の研究にとりくみ、作文指導内容の確立と児童の作文能力の開発に努め、多大の成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田岡 朝雄
へき地における小規模校、あるいは農村の小・中学校において、国語教育の研究を行い、それぞれの地域の問題点を解明しつつ、実情に応じた指導を展開した。なかでも、児童・生徒の自主的学習法を開発した点は、大きな業績である。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
阿波郡市場町立大俣小学校
使用教科書の精密な分析研究を土台として、国語科年間指導計画と教科書との関連を明らかにし、国語教育における指導上の諸問題を具体的に究明した業績は高く評価される。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
久保 太郎
長年にわたり小学校において、学級担任あるいは教頭、校長として、地道に国語教育の実践的研究にしたがい、実績を挙げた。その真摯な研究態度と識見は、おのずから同僚や後進に影響を及ぼして、地域国語教育の充実発展に貢献した。退職後も『福寿草の詩』ほかの作品によって国語教育者としての面目を発揮している。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福本 礼一
盲学校長として多年にわたり終始一貫この教育の充実・振興に努力を傾注している。特に、新職業の開拓に意欲的に取り組み、地方盲学校としては画期的な理学療法科を設置するなど力強い歩みを続け、関係者の期待に応えている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
徳島県小学校作文読本編集委員会 文部科学大臣賞
昭和12年創設「綴方読本編集委員会」の伝統を受け継ぎ、昭和24年以降現在まで、学年別に月刊の「作文読本」の編集発行を継続することによって、県下小学校児童の作文力の伸長と県内教師の作文指導法の向上に寄与してきた。その成果は、県内における国語教育研究推進の原動力であるのみならず、全国的にも大きな影響を及ぼしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
濱口 義人
多年国語教育の研究と実践に努力し、特に、作文教育の面において実績をあげると共に、地域における研究活動の指導者として、地道で着実な研究を継続し、多くの後進を育てた。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
徳島県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚に障害を有する児童・生徒に対し、幼稚部の教育の充実を目指し、早期発見、早期教育に先導的な教育活動を行い、また、補聴効果を重視した音楽教育の実践に、すぐれた成果を挙げている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松尾 富子 文部科学大臣賞
児童詩や作文教育の実践と研究に情熱を傾け、児童の表現能力の探究、各学年における詩の指導の展開、教材の開発等に著しい成果をあげている。特に、言語能力と詩的表現との相関関係についての考察は貴重である。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福岡 八郎
作文教育において著しい成果をあげてきたほか、読解力の診断に基づく対策の提案、調和のとれた国語教育の重要性の主張など、広く県内外に影響を与えるとともに、全国的な規模における研究団体の運営にも協力して、国語教育の進展に貢献してきた。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
徳島県小学校国語教育50年史発刊推進委員会
大正末期から50年間にわたる徳島県国語教育の集大成として、県国語教育の足跡を詳細に記録し、徳島県国語教育の業績と成果を具体的に表した。この効果は、今後の県内国語教育の発展と充実に大きく貢献することが期待される。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
美馬郡国語教育研究会
へき地性の強い地域の実態を踏まえ、研究会創立以来30数年にわたって着実な研究を積み重ねてきた。その成果は、地域の児童の国語力の伸張に寄与するところが極めて大きく、県下の小学校国語科教育の推進と発展に貢献をしている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
徳島県立盲学校
創立以来85年、その時々の社会の要請と視覚障害教育の課題を的確に受け止め、職業教育の開拓に意欲的に取り組むなど、この教育に大きく貢献してきた。また、近年においては、コンピュータ等の教育機器の活用法の研究に取り組み、関係者の注目を集めている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門視覚障害教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
素水 光子
小学校における「確かで豊かな国語教育」を一貫して追求し、文字指導、学習ノートの指導に力を注ぎながら、主体的な読みの指導、読書指導の実践と研究を積み重ねており、その業績は高く評価されている。今後、一層の進展と充実が期待される。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
千葉 勲
小中学校における、漢字、読解・読書、暗唱・暗写、作文など、国語教育の各分野にわたる学習指導に優れた成果をあげてきた。また県内外の国語教育研究団体の運営、推進に尽力するとともに、徳島県小学校国語教育50年史の企画、刊行にも協力した功績は大きい。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
徳島県立阿南養護学校
開校以来、一人一人の児童生徒の教育の充実に向け、校内研修を精力的に推進している。特に「個別の指導計画」に関する研究は、全国的に注目されている。また、地域特産の木材を用いた児童生徒の作品や教材・教具による温もりのある学校作りや養護学校の専門性を生かした地域の保護者等に対する教育相談など、先駆的な取り組みを実践している。
受賞年度第31回(2000年度)
部門特殊教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
多田 健二(阿波木偶人形会館 館長)
阿波人形浄瑠璃の伝承と児童の郷土教育への貢献
受賞年度第36回(2005年度)
部門文化教養育成部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
徳島県立国府養護学校
自閉症指導方法の研究及び「専門性マトリックス」による教員の専門性向上
受賞年度第35回(2004年度)
部門特別支援教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体

関連情報