博報賞

過去の受賞者| 所在地 (栃木県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
今市市立今市小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として作文指導計画作成の基本的問題を解明のため、ゆるがない研究意欲と学校長を中心とした全職員の協力一致とにより、指導目標、指導内容、指導時間、指導方法の検討等につき多大の成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 栃木県 団体 ---
塩谷郡塩原町立塩原小学校
全校をあげて読解の学習指導法に取り組み、その独自な研究成果は、思考と創造を高める国語指導のあり方を前進させたものとして高く評価されている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 栃木県 団体 ---
栃木県立聾学校 文部科学大臣賞
昭和39年以来、重複障害児の言語能力の向上について、意欲的な研究と実践に取り組み、我が国聴覚障害教育における新分野の推進に寄与した。また、昭和47年以後は、同時法の研究と実践を通して開拓的な努力を継続し、多くの成果を挙げている。
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 栃木県 団体 ---
足利市立梁田小学校
昭和39年度以降現在まで10数年にわたって国語科指導法の改善を図ることを目指して、全教職員が協力して研究を推進してきた。その研究成果には著しいものがあるが、なかでも、児童の学習語彙に関する業績は全国の国語教育の充実・発展に資するものとして評価される。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 栃木県 団体 ---
北村 晃三 文部科学大臣賞
多年にわたり、一貫して精神薄弱児の言語指導について創意工夫に努め、言語発達の評価、教材・教具の開発などに顕著な業績をあげてきた。その実践研究は、言語障害教育の発展に大きな示唆を与えており、今後の活躍が期待される。
第16回(1985年度) 言語障害教育部門 栃木県 個人 ---
柏村 政 文部科学大臣賞
長年にわたって、国語教育の実践的研究に努め、特に読解・読書指導、作文指導に多大の成果をあげてきた。また、児童の指導のみならず研究団体の運営、研究活動にも情熱をもって取り組み、県内外の国語教育の振興に大きく寄与しており、今後の発展がさらに期待される。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 栃木県 個人 ---
大田原市立西原小学校
平成元年以降、自立・思いやり・連帯・奉仕の四つの視点で、互いに思いやる心を育てる福祉教育に取り組んできた。とりわけ、ことばの使い方やあいさつなど伝統的な生活様式のよさと、まわりの人々との触れ合い・いたわりを大切にした教育実践は、注目に値する。
第26回(1995年度) 伝統文化教育部門 栃木県 団体 ---
栃木県国際教育研究所
教員によって自主的に運営される研究所として、国際教育について教員間の実践的な研究活動を組織し、研究紀要などの形でまとめてきた。それによって、個別の学校での経験を県下の学校で共有し、新しい試みへと導く基礎を形成した。最近では「総合的な学習の時間」に国際理解教育を取り入れる試みを先導的におこなっている。
第31回(2000年度) 国際理解教育部門 栃木県 団体 ---
西那須野町立東小学校 通級指導教室
言語障害通級指導教室として、口蓋裂、難聴、情緒障害、登校拒否など幅広く障害児童の治療教育に携わり、県北地区の拠点校として近隣市町村の言語障害教育の向上に指導的役割を果してきた。この間、在籍校担任との連携ノートを毎回取り交わしたり「ことばの教室親の会」を設けるなどして、在籍校や家庭との連携を深めた実績は特筆に価する。
第31回(2000年度) 特殊教育部門 栃木県 団体 ---
葛生町立常盤中学校
復活した県の無形民俗文化財「牧歌舞伎」の伝承
第35回(2004年度) 文化教養育成部門 栃木県 団体
葉鹿エコクラブ
地域の環境意識の高揚と環境活動を通した児童生徒の健全育成
第39回(2008年度) 教育活性化部門 栃木県 団体
北光クラブ
チャレンジスクール、出前授業などボランティアと家庭が連携した学校支援活動
第38回(2007年度) 教育活性化部門 栃木県 団体
特定非営利活動法人障がい者福祉推進ネットちえのわ
共に学び共に育つための障がい理解啓発活動の実践
第47回(2016年度) 特別支援教育部門 栃木県 団体
受賞者名・活動タイトル
今市市立今市小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として作文指導計画作成の基本的問題を解明のため、ゆるがない研究意欲と学校長を中心とした全職員の協力一致とにより、指導目標、指導内容、指導時間、指導方法の検討等につき多大の成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
塩谷郡塩原町立塩原小学校
全校をあげて読解の学習指導法に取り組み、その独自な研究成果は、思考と創造を高める国語指導のあり方を前進させたものとして高く評価されている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
栃木県立聾学校 文部科学大臣賞
昭和39年以来、重複障害児の言語能力の向上について、意欲的な研究と実践に取り組み、我が国聴覚障害教育における新分野の推進に寄与した。また、昭和47年以後は、同時法の研究と実践を通して開拓的な努力を継続し、多くの成果を挙げている。
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
足利市立梁田小学校
昭和39年度以降現在まで10数年にわたって国語科指導法の改善を図ることを目指して、全教職員が協力して研究を推進してきた。その研究成果には著しいものがあるが、なかでも、児童の学習語彙に関する業績は全国の国語教育の充実・発展に資するものとして評価される。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北村 晃三 文部科学大臣賞
多年にわたり、一貫して精神薄弱児の言語指導について創意工夫に努め、言語発達の評価、教材・教具の開発などに顕著な業績をあげてきた。その実践研究は、言語障害教育の発展に大きな示唆を与えており、今後の活躍が期待される。
受賞年度第16回(1985年度)
部門言語障害教育部門
所在地栃木県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
柏村 政 文部科学大臣賞
長年にわたって、国語教育の実践的研究に努め、特に読解・読書指導、作文指導に多大の成果をあげてきた。また、児童の指導のみならず研究団体の運営、研究活動にも情熱をもって取り組み、県内外の国語教育の振興に大きく寄与しており、今後の発展がさらに期待される。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地栃木県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大田原市立西原小学校
平成元年以降、自立・思いやり・連帯・奉仕の四つの視点で、互いに思いやる心を育てる福祉教育に取り組んできた。とりわけ、ことばの使い方やあいさつなど伝統的な生活様式のよさと、まわりの人々との触れ合い・いたわりを大切にした教育実践は、注目に値する。
受賞年度第26回(1995年度)
部門伝統文化教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
栃木県国際教育研究所
教員によって自主的に運営される研究所として、国際教育について教員間の実践的な研究活動を組織し、研究紀要などの形でまとめてきた。それによって、個別の学校での経験を県下の学校で共有し、新しい試みへと導く基礎を形成した。最近では「総合的な学習の時間」に国際理解教育を取り入れる試みを先導的におこなっている。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国際理解教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西那須野町立東小学校 通級指導教室
言語障害通級指導教室として、口蓋裂、難聴、情緒障害、登校拒否など幅広く障害児童の治療教育に携わり、県北地区の拠点校として近隣市町村の言語障害教育の向上に指導的役割を果してきた。この間、在籍校担任との連携ノートを毎回取り交わしたり「ことばの教室親の会」を設けるなどして、在籍校や家庭との連携を深めた実績は特筆に価する。
受賞年度第31回(2000年度)
部門特殊教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
葛生町立常盤中学校
復活した県の無形民俗文化財「牧歌舞伎」の伝承
受賞年度第35回(2004年度)
部門文化教養育成部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
葉鹿エコクラブ
地域の環境意識の高揚と環境活動を通した児童生徒の健全育成
受賞年度第39回(2008年度)
部門教育活性化部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北光クラブ
チャレンジスクール、出前授業などボランティアと家庭が連携した学校支援活動
受賞年度第38回(2007年度)
部門教育活性化部門
所在地栃木県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
特定非営利活動法人障がい者福祉推進ネットちえのわ
共に学び共に育つための障がい理解啓発活動の実践
受賞年度第47回(2016年度)
部門特別支援教育部門
所在地栃木県
団体/個人団体

関連情報