博報賞

過去の受賞者| 所在地 (静岡県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
高橋 千松
適切な指導と努力とにより視覚障害児を有能なピアノ調律士として社会に送り視覚障害者の新しい職域の開発に尽力した。なお、現在も視覚障害者の職場教育に努めている。
第1回(1970年度) 視覚障害教育部門 静岡県 個人 ---
静岡県立静岡盲学校
小学校と中学校との提携協力による視覚障害教育のあり方について具体的な研究を行ない、視覚障害教育に多大の成果をあげると共に、視覚障害教育の今後の新しい方法の建設に寄与している。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 静岡県 団体 ---
静岡県立静岡聾学校
聴覚障害幼児・児童の能力・特性に即する適切な教育課程を建設し、教育環境の整備について不断の努力を続けている。特に障害児の能力開発、教育相談、就学指導など、社会啓蒙に関する活発な活動を行なっている。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 静岡県 団体 ---
高賀 善晄
難聴学級創設以来、長年にわたり言語指導の実践的研究に取り組み、効果的な指導事例を累積して成果をあげた。特に、地域にあって、特殊学級における指導的役割を果たすとともに、難聴児の早期発見、就学指導に貢献している。
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 岐阜県 個人 ---
静岡市立西豊田小学校 文部科学大臣賞
長年にわたり静岡県立静岡盲学校との交流教育を実践し、両校の児童が共に活動する機会を通して、好ましい人間関係を育てるとともに、教育効果を高める努力を行い、大きな成果をあげている。また、交流教育に関して参考となる多くの資料を提供している。
第10回(1979年度) 視覚障害教育部門 静岡県 団体 ---
松本 福夫
長年、小学校における書写教育に情熱を傾け、児童の書写力の向上をはかり、国語科における書写指導の実践的研究を継続し、その成果は全国的規模における大会等を通して発表され高く評価されている。また、地域の書写研究団体の発展につとめた。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 個人 ---
駿東地区教育教会国語教育研究部
昭和22年新発足以来、大正期からの地域文集の伝統を継承した「駿東文園」などの編集・発行を通して、地域の国語教育の推進と発展に寄与している。また、この事業の継続は児童の作文力の向上に貢献しているほか、教師の国語教育研究の振興にも役立っている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体 ---
静岡県立静岡南部養護学校
昭和55年学校創立以来、障害の多様化した児童生徒一人一人の生き生きした学習活動を引き出すために、生活に結びついた言語指導を中核にすえ、全校をあげて実践に取り組んできた。これらの実践は県内外から注目され、今後の研究の深化が期待されている。
第21回(1990年度) 静岡県 静岡県 団体 ---
引佐郡三ヶ日町立西小学校/引佐郡三ヶ日町立三ヶ日中学校 文部科学大臣賞
農村地帯に位置し海外との直接的接触が少なかったにもかかわらず、米国柑橘生産地の学校との提携、来日した東南アジアの人々との交流、世界地図パネルの教材開発など創意を凝らした国際理解教育を推進し、また、その成果を地域に広げるなど大きな実績をあげている。
第22回(1991年度) 国際理解教育部門 静岡県 団体 ---
浜松市立追分小学校
過去10年間にわたって継続して国語教育に取り組み、研究内容の中心である「自ら学び主体的に行動する子どもの育成」に成果をあげてきた。それらの実績は、2回にわたる全国的規模の研究大会を通して公表され、県内の国語教育の推進校として期待されている。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体 ---
浜松市立広沢小学校
「地球的な規模で考え、足元から実践する」を合言葉に、教育活動全体にわたって、国際理解教育を組み入れ、帰国児童の体験を全校に伝える工夫をこらし、また児童の保護者を通じて地域社会への働きかけを推進するなど、この分野で先駆的な役割をはたしている。
第25回(1994年度) 国際理解教育部門 静岡県 団体 ---
小山町立足柄小学校(竹之下太鼓保存会)
この会は、足柄小学校の子どもたちに、350年前から地域に伝わる竹之下太鼓を長年にわたり指導してきた。この活動は、子どもたちと地域の人々との連帯感を深め、郷土愛を育てるとともに、自らを表現し、生き生きとした子どもを育成することに大きく貢献している。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 静岡県 団体 ---
榛原郡川根町立川根小学校
これまでも地域における教育研究推進校としての役割を果たしてきたが、その研究成果を踏まえ、平成6年以降は「言葉の教育」について県の研究指定を受けて実践的研究を進めてきた。特に地域連携学習を取り入れながら「言葉を大切にし、自分を表現する力」を育成している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 静岡県 団体 ---
天竜市立熊中学校 文部科学大臣賞
昭和50年代から、それまで途絶えていた「神沢田楽」の伝承活動に学校と地域が一体となって取り組んできた。現在は全校生徒によって先輩から後輩に受け継がれており、この伝統芸能を保存する唯一の組織的な活動となっている。長年にわたるその実績は、高く評価される。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 静岡県 団体 ---
伊東市立南中学校
充実した作業学習を通して働く意欲を養い、多くの事業所と提携して職場実習の場を豊かに確保し、養護学校への体験入学、入所施設の見学などを積極的に推し進め、あわせて進路情報資料を整備して主体的に進路選択ができる生徒の育成に多大の実績を上げてきた。
第28回(1997年度) 特殊教育部門 静岡県 団体 ---
沼津国語同好会
長年、読み取る能力を育成するための学習指導法を開発してきた。特に、文章の「書き写し」「書きひろげ」「書き換え」など、読む行為と書く行為との有機的な関係・機能を明確にして、児童の思考力や創造力、表現力を育成した成果は評価できる。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 静岡県 団体 ---
富士宮市立東小学校言語難聴指導通級教室
長年、個に応じた指導の充実や意欲的に学べる教材教具の開発に力を尽くしてきた。同時に、通級による指導は家庭や通常の学級での生活が基盤となることを踏まえ、通常の学級の担任等を対象にした研修会や教育相談を実施し、保護者同席による個別指導を行っている。また親の会活動をもり立てるなど、その幅広い教育実践は賞賛に値する。
第30回(1999年度) 特殊教育部門 静岡県 団体 ---
富士市立吉原小学校
「国際交流科」を設けて多様な試みを行っている。またその成果について、児童、卒業生、父母、教師に対するアンケート調査を行い、国際交流科の教育が、英語教育、外国人とのコミュニケーション、外国への興味・理解などの面についてどのような影響を与えているのかを分析し、将来の改善への基礎としている。
第31回(2000年度) 国際理解教育部門 静岡県 団体 ---
ふじのくにゆうゆうクラブ「リトミックって楽しいね」講座運営グループ
本グループは浜松養護学校PTAの一組織であり、静岡県生涯学習振興財団が主催する「ふじのくにゆうゆうクラブ」という生涯学習活動の一環として本講座を運営してきた。この講座は、学校の休業土曜日を中心に行われ、リトミックを主体とする障害児の健全育成教育であり、多くの専門講師陣、ボランティアを擁して活力にあふれる活動を展開している。
第31回(2000年度) 特殊教育部門 静岡県 団体 ---
富士市立富士見台小学校
6ヶ国44人の外国籍児童と日本人児童が、お互いの国や文化を学ぶ共生に向けての国際理解教育
第38回(2007年度) 文化教養育成部門 静岡県 団体
横山 レイカ (富士市立吉原小学校 ポルトガル語指導員・通訳・相談員 富士市不就学外国人児童生徒調査員 富士市生活安全推進委員)
自己の経験を生かした日本在住外国人児童への異文化理解教育の推進
第37回(2006年度) 文化教養育成部門 静岡県 個人
浜松市立都田中学校 放歌踊り倶楽部
地域の民俗伝統芸能「放歌踊り」を中学校における活発な文化部活動として展開し、後継者育成にも貢献
第36回(2005年度) 文化教養育成部門 静岡県 団体
笹間神楽保存会
笹間神楽の民族伝承を中学生に指導
第33回(2002年度) 伝統文化教育部門 静岡県 団体
夏目徹也
子どもを取りまく学校・園・地域とともに特別支援教育の推進
第46回(2015年度) 特別支援教育部門 静岡県 個人
静岡大学教育学部附属特別支援学校
通常学校園における教育的ニーズに応じた支援へのサポートの在り方を追求する実践
第39回(2008年度) 特別支援教育部門 静岡県 団体
袋井市子ども支援室
「ひらがな読み調べ」から発展させた「ことばを育むプログラム」の推進
第44回(2013年度) 特別支援教育部門 静岡県 団体
河津町立南小学校
多様なメディアリテラシー教育の全校的取り組み
第35回(2004年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体
浜松市立中ノ町小学校
児童の表現力、読書の質を高めるための系統的な指導法の研究など国語力育成の継続的活動
第38回(2007年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体
伊東市立西小学校
学校図書館を学習・情報センターとして機能させた意欲的取組
第37回(2006年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体
社団法人 静岡県榛原郡教育協会 北支部
地域に大きな影響を与え続けた50年以上にわたる小中学生の作文集の発行
第36回(2005年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体
富士山学習研究委員会
総合的な学習「富士山学習」と「富士山学習発表会」
第39回(2008年度) 教育活性化部門 静岡県 団体
浜松市立瑞穂小学校
外国人児童・保護者と共生できる社会をめざす支援体制の確立
第45回(2014年度) 国際文化理解教育部門 静岡県 団体
牧之原市菊川市学校組合立牧之原中学校
学校茶園をとおした、地場産業理解と社会性を育む活動
第47回(2016年度) 日本文化理解教育部門 静岡県 団体
EGG異文化理解教室
学校へ出向いての日本人ファシリテーターと外国人講師による参加・体験型異文化理解
第34回(2003年度) 国際理解教育部門 静岡県 団体
受賞者名・活動タイトル
高橋 千松
適切な指導と努力とにより視覚障害児を有能なピアノ調律士として社会に送り視覚障害者の新しい職域の開発に尽力した。なお、現在も視覚障害者の職場教育に努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門視覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
静岡県立静岡盲学校
小学校と中学校との提携協力による視覚障害教育のあり方について具体的な研究を行ない、視覚障害教育に多大の成果をあげると共に、視覚障害教育の今後の新しい方法の建設に寄与している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
静岡県立静岡聾学校
聴覚障害幼児・児童の能力・特性に即する適切な教育課程を建設し、教育環境の整備について不断の努力を続けている。特に障害児の能力開発、教育相談、就学指導など、社会啓蒙に関する活発な活動を行なっている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高賀 善晄
難聴学級創設以来、長年にわたり言語指導の実践的研究に取り組み、効果的な指導事例を累積して成果をあげた。特に、地域にあって、特殊学級における指導的役割を果たすとともに、難聴児の早期発見、就学指導に貢献している。
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岐阜県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
静岡市立西豊田小学校 文部科学大臣賞
長年にわたり静岡県立静岡盲学校との交流教育を実践し、両校の児童が共に活動する機会を通して、好ましい人間関係を育てるとともに、教育効果を高める努力を行い、大きな成果をあげている。また、交流教育に関して参考となる多くの資料を提供している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門視覚障害教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松本 福夫
長年、小学校における書写教育に情熱を傾け、児童の書写力の向上をはかり、国語科における書写指導の実践的研究を継続し、その成果は全国的規模における大会等を通して発表され高く評価されている。また、地域の書写研究団体の発展につとめた。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
駿東地区教育教会国語教育研究部
昭和22年新発足以来、大正期からの地域文集の伝統を継承した「駿東文園」などの編集・発行を通して、地域の国語教育の推進と発展に寄与している。また、この事業の継続は児童の作文力の向上に貢献しているほか、教師の国語教育研究の振興にも役立っている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
静岡県立静岡南部養護学校
昭和55年学校創立以来、障害の多様化した児童生徒一人一人の生き生きした学習活動を引き出すために、生活に結びついた言語指導を中核にすえ、全校をあげて実践に取り組んできた。これらの実践は県内外から注目され、今後の研究の深化が期待されている。
受賞年度第21回(1990年度)
部門静岡県
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
引佐郡三ヶ日町立西小学校/引佐郡三ヶ日町立三ヶ日中学校 文部科学大臣賞
農村地帯に位置し海外との直接的接触が少なかったにもかかわらず、米国柑橘生産地の学校との提携、来日した東南アジアの人々との交流、世界地図パネルの教材開発など創意を凝らした国際理解教育を推進し、また、その成果を地域に広げるなど大きな実績をあげている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国際理解教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
浜松市立追分小学校
過去10年間にわたって継続して国語教育に取り組み、研究内容の中心である「自ら学び主体的に行動する子どもの育成」に成果をあげてきた。それらの実績は、2回にわたる全国的規模の研究大会を通して公表され、県内の国語教育の推進校として期待されている。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
浜松市立広沢小学校
「地球的な規模で考え、足元から実践する」を合言葉に、教育活動全体にわたって、国際理解教育を組み入れ、帰国児童の体験を全校に伝える工夫をこらし、また児童の保護者を通じて地域社会への働きかけを推進するなど、この分野で先駆的な役割をはたしている。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国際理解教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小山町立足柄小学校(竹之下太鼓保存会)
この会は、足柄小学校の子どもたちに、350年前から地域に伝わる竹之下太鼓を長年にわたり指導してきた。この活動は、子どもたちと地域の人々との連帯感を深め、郷土愛を育てるとともに、自らを表現し、生き生きとした子どもを育成することに大きく貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
榛原郡川根町立川根小学校
これまでも地域における教育研究推進校としての役割を果たしてきたが、その研究成果を踏まえ、平成6年以降は「言葉の教育」について県の研究指定を受けて実践的研究を進めてきた。特に地域連携学習を取り入れながら「言葉を大切にし、自分を表現する力」を育成している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
天竜市立熊中学校 文部科学大臣賞
昭和50年代から、それまで途絶えていた「神沢田楽」の伝承活動に学校と地域が一体となって取り組んできた。現在は全校生徒によって先輩から後輩に受け継がれており、この伝統芸能を保存する唯一の組織的な活動となっている。長年にわたるその実績は、高く評価される。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
伊東市立南中学校
充実した作業学習を通して働く意欲を養い、多くの事業所と提携して職場実習の場を豊かに確保し、養護学校への体験入学、入所施設の見学などを積極的に推し進め、あわせて進路情報資料を整備して主体的に進路選択ができる生徒の育成に多大の実績を上げてきた。
受賞年度第28回(1997年度)
部門特殊教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
沼津国語同好会
長年、読み取る能力を育成するための学習指導法を開発してきた。特に、文章の「書き写し」「書きひろげ」「書き換え」など、読む行為と書く行為との有機的な関係・機能を明確にして、児童の思考力や創造力、表現力を育成した成果は評価できる。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富士宮市立東小学校言語難聴指導通級教室
長年、個に応じた指導の充実や意欲的に学べる教材教具の開発に力を尽くしてきた。同時に、通級による指導は家庭や通常の学級での生活が基盤となることを踏まえ、通常の学級の担任等を対象にした研修会や教育相談を実施し、保護者同席による個別指導を行っている。また親の会活動をもり立てるなど、その幅広い教育実践は賞賛に値する。
受賞年度第30回(1999年度)
部門特殊教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富士市立吉原小学校
「国際交流科」を設けて多様な試みを行っている。またその成果について、児童、卒業生、父母、教師に対するアンケート調査を行い、国際交流科の教育が、英語教育、外国人とのコミュニケーション、外国への興味・理解などの面についてどのような影響を与えているのかを分析し、将来の改善への基礎としている。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国際理解教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
ふじのくにゆうゆうクラブ「リトミックって楽しいね」講座運営グループ
本グループは浜松養護学校PTAの一組織であり、静岡県生涯学習振興財団が主催する「ふじのくにゆうゆうクラブ」という生涯学習活動の一環として本講座を運営してきた。この講座は、学校の休業土曜日を中心に行われ、リトミックを主体とする障害児の健全育成教育であり、多くの専門講師陣、ボランティアを擁して活力にあふれる活動を展開している。
受賞年度第31回(2000年度)
部門特殊教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富士市立富士見台小学校
6ヶ国44人の外国籍児童と日本人児童が、お互いの国や文化を学ぶ共生に向けての国際理解教育
受賞年度第38回(2007年度)
部門文化教養育成部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横山 レイカ (富士市立吉原小学校 ポルトガル語指導員・通訳・相談員 富士市不就学外国人児童生徒調査員 富士市生活安全推進委員)
自己の経験を生かした日本在住外国人児童への異文化理解教育の推進
受賞年度第37回(2006年度)
部門文化教養育成部門
所在地静岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
浜松市立都田中学校 放歌踊り倶楽部
地域の民俗伝統芸能「放歌踊り」を中学校における活発な文化部活動として展開し、後継者育成にも貢献
受賞年度第36回(2005年度)
部門文化教養育成部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
笹間神楽保存会
笹間神楽の民族伝承を中学生に指導
受賞年度第33回(2002年度)
部門伝統文化教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
夏目徹也
子どもを取りまく学校・園・地域とともに特別支援教育の推進
受賞年度第46回(2015年度)
部門特別支援教育部門
所在地静岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
静岡大学教育学部附属特別支援学校
通常学校園における教育的ニーズに応じた支援へのサポートの在り方を追求する実践
受賞年度第39回(2008年度)
部門特別支援教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
袋井市子ども支援室
「ひらがな読み調べ」から発展させた「ことばを育むプログラム」の推進
受賞年度第44回(2013年度)
部門特別支援教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
河津町立南小学校
多様なメディアリテラシー教育の全校的取り組み
受賞年度第35回(2004年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
浜松市立中ノ町小学校
児童の表現力、読書の質を高めるための系統的な指導法の研究など国語力育成の継続的活動
受賞年度第38回(2007年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
伊東市立西小学校
学校図書館を学習・情報センターとして機能させた意欲的取組
受賞年度第37回(2006年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
社団法人 静岡県榛原郡教育協会 北支部
地域に大きな影響を与え続けた50年以上にわたる小中学生の作文集の発行
受賞年度第36回(2005年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富士山学習研究委員会
総合的な学習「富士山学習」と「富士山学習発表会」
受賞年度第39回(2008年度)
部門教育活性化部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
浜松市立瑞穂小学校
外国人児童・保護者と共生できる社会をめざす支援体制の確立
受賞年度第45回(2014年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
牧之原市菊川市学校組合立牧之原中学校
学校茶園をとおした、地場産業理解と社会性を育む活動
受賞年度第47回(2016年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
EGG異文化理解教室
学校へ出向いての日本人ファシリテーターと外国人講師による参加・体験型異文化理解
受賞年度第34回(2003年度)
部門国際理解教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体

関連情報