博報賞

過去の受賞者| 所在地 (埼玉県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
東京青年国語研究会
会員個々の悩みと課題を出発として国語教育の指導力を高め児童個々の言語生活の向上をはかるためにすぐれた指導者を求めて合同またはグループ別に実践研究に努めている。歴史的業績としてすでに「文種別読解指導」「作文指導」「聞く話すの指導」、「読書指導」(今後)の研究成果を発表している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 団体 ---
江部 満
内外にわたる教育関係書の出版によって社業を助け、わが国の国語教育の理論と実践の発展に寄与した。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
西沢正太郎
作文教育、読書指導、文学教育の新しい方法を探求すると共に、児童文学の製作にすぐれた業績をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
尾関 育三
失明による障害を克服し、点字の自動化に関する研究および数学教育に関する研究について卓抜な業績をあげている。また、教え子を各大学の理数学部に入学させるなど、進学指導にも貢献している。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 埼玉県 個人 ---
井上 敏夫
多年にわたり小学校教師養成の職に奉じ、その間、国語教育の理論を攻究し、多くの編著書・論文を世に問い、すぐれた国語教師を養成した。また、文部省学習指導要領国語科小学校編の編集に寄与し、あるいは埼玉国語の会の指導者として地域の国語教育の向上をはかるなど、国語教育の発展につくした。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
藤倉 司郎
長年にわたり真摯に国語教育の実践と研究に当たり、特に、ひとりひとりを伸ばす作文教育に成果を挙げてきた。また、地区の指導者として研究活動を盛り上げ、その進展に寄与している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
小林 一弘
視覚障害児の国語教育において、特に重要な点字教科書の充実に長年努力するとともに、点字表記法や点字指導の改善に寄与している。また、養護・訓練、弱視教育、生活指導等の多方面にわたる研究は、地道な実践を通して着実に多くの成果を挙げている。
第9回(1978年度) 視覚障害教育部門 埼玉県 個人 ---
齊藤 喜門
昭和14年以降小中学校国語教育の実践的研究に従い、着実な成果を示してきた。最近は、ノート指導をとおして読みの自主的な学習態度を育てる地道な実践を継続し、学習効果をあげている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
高倉 幸蔵
29年間にわたり、一貫して視覚障害教育の内容・方法の充実及び教育環境の整備に尽力してきた。この間、北海道内の盲学校長を歴任し、道内の視覚障害教育はもちろん、全国的にも指導的役割を果たし、視覚障害教育の発展に貢献した。
第10回(1979年度) 視覚障害教育部門 埼玉県 個人 ---
大宮市立大宮南小学校ことばの教室
昭和42年学級開設以来、組織的に言語障害児の発見に努め、一人一人の障害に即した指導内容や方法の研究及び実践活動を行ってきた。特に、昭和56年には、全国研究大会開催のために中心的役割を果たし、大会を成功に導いた努力は高く評価される。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 埼玉県 団体 ---
草加市立瀬崎小学校
全校をあげて「豊かに読み取る指導法の研究」を実践上の課題として解決に努力してきた。その研究過程において作成された評価基準の内容は高く評価されるとともに、地域の国語教育の発展に貢献するところが大きい。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 団体 ---
川越国語同好会
昭和37年以来25年間にわたり、月例研究会、夏季休業中の合宿研究会等における教材研究、授業研究などを通して日常の国語教育に直結する実践的研究を行い、教師の自己研修の実をあげるとともに、地域の国語教育の振興に大きく寄与している。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 団体 ---
埼玉県立熊谷養護学校コロニー嵐山郷訪問教育部 文部科学大臣賞
養護学校義務制実施以来、「コミュニケーションを育てる指導」をテーマに関係教員が一丸となって、重度・重複障害児童生徒一人一人に焦点を置いて訪問教育に従事してきた。また、指導内容・方法に関する理論的考察とともに、その実践研究は高く評価されている。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 埼玉県 団体 ---
萩原 春雄
長年中学校において、文学の読解指導、作文指導、読書指導、語彙指導等、国語教育の広い分野で研究と実践の成果をあげてきた。また同志と共に研究会を組織して運営に当たり、後進の指導に尽力し、地域の国語教育の発展振興に貢献している。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
尾池富美子 文部科学大臣賞
家庭文庫から出発し、日本とマレーシアの児童の「絵を通じての友好」を広げ、さらにマレーシア児童を招いての交流を実現。シェラレオネ児童のための教育里親運動に参画するなど、主婦の立場から地域社会の国際理解に長年つくしてきた努力は、賞賛に値する。
第24回(1993年度) 国際理解教育部門 埼玉県 個人 ---
大宮市立大宮南小学校
長期にわたる帰国子女受入地域センター校として、帰国子女の異文化体験を一般児童の国際理解に役立てるよう、国際理解クラブ、国際理解コーナーの設置、運動会その他の集会を利用した学年毎の外国理解の表現活動など、工夫を凝らし、国際理解教育の実践に励んでいる。
第24回(1993年度) 国際理解教育部門 埼玉県 団体 ---
山本おさむ
障害児が抱える社会的問題を取り上げた長編漫画を連載し、多くの読者に感動と共鳴を与えてきた。この一連の著作を通し、障害をもつ人々が当面する困難な問題への理解を深め、協力の輪を拡げた功績は大きい。
第26回(1995年度) 博報教育特別賞 埼玉県 個人 ---
鷲宮町立鷲宮中学校/郷土芸能部 文部科学大臣賞
昭和51年に国指定重要無形民俗文化財第1号に指定された「鷲宮催馬楽神楽」を継承する活動に熱心に取り組んできた。その活動は、これまで十数年にわたり各種の催しに出演するなど、地域文化の伝承・発展と人々の心の交流に貢献しており、教育上高く評価される。
第26回(1995年度) 伝統文化教育部門 埼玉県 団体 ---
佐藤やす正 文部科学大臣賞
長年にわたり、視覚障害心理学の研究に取り組み、その体系を確立した。点字触読のメカニズムの解明等、多くの先駆的研究は、全国的に高い評価を受けている。また、研究・教育に加えて、大学等の運営にも携わり、我が国特殊教育の充実・発展に大いに貢献している。
第26回(1995年度) 特殊教育部門 埼玉県 個人 ---
小川 雅弘
児童マリンバ楽団を主宰し、海外の学校等での演奏活動を通し外国人児童との交流を活発にし、音楽を共通語に国際理解の輪を広げてきた。楽団出身者の国際人としての成長に貢献するところが大きく、さらに、国際社会で活躍するなどの教育的効果にも見るべきものがある。
第29回(1998年度) 国際理解教育部門 埼玉県 個人 ---
藤井 知弘
実践現場の課題を踏まえつつ、読むことの学習指導論を整理して、子ども(=学習者)の側から、新しい「読むことの学習指導論」を構想し展開しており、その意欲的な取り組みと、目的や目標、内容や方法に独自性と体系制がある。また、新しい学力観に立つ国語科授業論の具体化にも寄与するものである。
第31回(2000年度) 国語教育・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
埼玉県立春日部特別支援学校
ノーマライゼーションの理念に基づく支援籍学習の取り組み
第40回(2009年度) 特別支援教育部門 埼玉県 団体
NPO法人子ども大学かわごえ
子どもたちの「なぜ?」を論じる 子どものための大学教育
第43回(2012年度) 教育活性化部門 埼玉県 団体
春日部市立春日部中学校
大規模中学校におけるグランドデザインに基づく多面的取り組みによる学校づくり
第36回(2005年度) 教育活性化部門 埼玉県 団体
受賞者名・活動タイトル
東京青年国語研究会
会員個々の悩みと課題を出発として国語教育の指導力を高め児童個々の言語生活の向上をはかるためにすぐれた指導者を求めて合同またはグループ別に実践研究に努めている。歴史的業績としてすでに「文種別読解指導」「作文指導」「聞く話すの指導」、「読書指導」(今後)の研究成果を発表している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
江部 満
内外にわたる教育関係書の出版によって社業を助け、わが国の国語教育の理論と実践の発展に寄与した。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
西沢正太郎
作文教育、読書指導、文学教育の新しい方法を探求すると共に、児童文学の製作にすぐれた業績をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
尾関 育三
失明による障害を克服し、点字の自動化に関する研究および数学教育に関する研究について卓抜な業績をあげている。また、教え子を各大学の理数学部に入学させるなど、進学指導にも貢献している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
井上 敏夫
多年にわたり小学校教師養成の職に奉じ、その間、国語教育の理論を攻究し、多くの編著書・論文を世に問い、すぐれた国語教師を養成した。また、文部省学習指導要領国語科小学校編の編集に寄与し、あるいは埼玉国語の会の指導者として地域の国語教育の向上をはかるなど、国語教育の発展につくした。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
藤倉 司郎
長年にわたり真摯に国語教育の実践と研究に当たり、特に、ひとりひとりを伸ばす作文教育に成果を挙げてきた。また、地区の指導者として研究活動を盛り上げ、その進展に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
小林 一弘
視覚障害児の国語教育において、特に重要な点字教科書の充実に長年努力するとともに、点字表記法や点字指導の改善に寄与している。また、養護・訓練、弱視教育、生活指導等の多方面にわたる研究は、地道な実践を通して着実に多くの成果を挙げている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門視覚障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
齊藤 喜門
昭和14年以降小中学校国語教育の実践的研究に従い、着実な成果を示してきた。最近は、ノート指導をとおして読みの自主的な学習態度を育てる地道な実践を継続し、学習効果をあげている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高倉 幸蔵
29年間にわたり、一貫して視覚障害教育の内容・方法の充実及び教育環境の整備に尽力してきた。この間、北海道内の盲学校長を歴任し、道内の視覚障害教育はもちろん、全国的にも指導的役割を果たし、視覚障害教育の発展に貢献した。
受賞年度第10回(1979年度)
部門視覚障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大宮市立大宮南小学校ことばの教室
昭和42年学級開設以来、組織的に言語障害児の発見に努め、一人一人の障害に即した指導内容や方法の研究及び実践活動を行ってきた。特に、昭和56年には、全国研究大会開催のために中心的役割を果たし、大会を成功に導いた努力は高く評価される。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
草加市立瀬崎小学校
全校をあげて「豊かに読み取る指導法の研究」を実践上の課題として解決に努力してきた。その研究過程において作成された評価基準の内容は高く評価されるとともに、地域の国語教育の発展に貢献するところが大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
川越国語同好会
昭和37年以来25年間にわたり、月例研究会、夏季休業中の合宿研究会等における教材研究、授業研究などを通して日常の国語教育に直結する実践的研究を行い、教師の自己研修の実をあげるとともに、地域の国語教育の振興に大きく寄与している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
埼玉県立熊谷養護学校コロニー嵐山郷訪問教育部 文部科学大臣賞
養護学校義務制実施以来、「コミュニケーションを育てる指導」をテーマに関係教員が一丸となって、重度・重複障害児童生徒一人一人に焦点を置いて訪問教育に従事してきた。また、指導内容・方法に関する理論的考察とともに、その実践研究は高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
萩原 春雄
長年中学校において、文学の読解指導、作文指導、読書指導、語彙指導等、国語教育の広い分野で研究と実践の成果をあげてきた。また同志と共に研究会を組織して運営に当たり、後進の指導に尽力し、地域の国語教育の発展振興に貢献している。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
尾池富美子 文部科学大臣賞
家庭文庫から出発し、日本とマレーシアの児童の「絵を通じての友好」を広げ、さらにマレーシア児童を招いての交流を実現。シェラレオネ児童のための教育里親運動に参画するなど、主婦の立場から地域社会の国際理解に長年つくしてきた努力は、賞賛に値する。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国際理解教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大宮市立大宮南小学校
長期にわたる帰国子女受入地域センター校として、帰国子女の異文化体験を一般児童の国際理解に役立てるよう、国際理解クラブ、国際理解コーナーの設置、運動会その他の集会を利用した学年毎の外国理解の表現活動など、工夫を凝らし、国際理解教育の実践に励んでいる。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国際理解教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山本おさむ
障害児が抱える社会的問題を取り上げた長編漫画を連載し、多くの読者に感動と共鳴を与えてきた。この一連の著作を通し、障害をもつ人々が当面する困難な問題への理解を深め、協力の輪を拡げた功績は大きい。
受賞年度第26回(1995年度)
部門博報教育特別賞
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鷲宮町立鷲宮中学校/郷土芸能部 文部科学大臣賞
昭和51年に国指定重要無形民俗文化財第1号に指定された「鷲宮催馬楽神楽」を継承する活動に熱心に取り組んできた。その活動は、これまで十数年にわたり各種の催しに出演するなど、地域文化の伝承・発展と人々の心の交流に貢献しており、教育上高く評価される。
受賞年度第26回(1995年度)
部門伝統文化教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐藤やす正 文部科学大臣賞
長年にわたり、視覚障害心理学の研究に取り組み、その体系を確立した。点字触読のメカニズムの解明等、多くの先駆的研究は、全国的に高い評価を受けている。また、研究・教育に加えて、大学等の運営にも携わり、我が国特殊教育の充実・発展に大いに貢献している。
受賞年度第26回(1995年度)
部門特殊教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
小川 雅弘
児童マリンバ楽団を主宰し、海外の学校等での演奏活動を通し外国人児童との交流を活発にし、音楽を共通語に国際理解の輪を広げてきた。楽団出身者の国際人としての成長に貢献するところが大きく、さらに、国際社会で活躍するなどの教育的効果にも見るべきものがある。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国際理解教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
藤井 知弘
実践現場の課題を踏まえつつ、読むことの学習指導論を整理して、子ども(=学習者)の側から、新しい「読むことの学習指導論」を構想し展開しており、その意欲的な取り組みと、目的や目標、内容や方法に独自性と体系制がある。また、新しい学力観に立つ国語科授業論の具体化にも寄与するものである。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
埼玉県立春日部特別支援学校
ノーマライゼーションの理念に基づく支援籍学習の取り組み
受賞年度第40回(2009年度)
部門特別支援教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
NPO法人子ども大学かわごえ
子どもたちの「なぜ?」を論じる 子どものための大学教育
受賞年度第43回(2012年度)
部門教育活性化部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
春日部市立春日部中学校
大規模中学校におけるグランドデザインに基づく多面的取り組みによる学校づくり
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地埼玉県
団体/個人団体

関連情報