博報賞

過去の受賞者| 所在地 (大阪府)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
中野 幸子
大阪市立盲学校に幼稚部創設以来、幼稚部主事として盲幼児教育の研究に尽力し、とくにわが国で未開拓であった一般幼児と視覚障害幼児との統合教育に新生面を拓き顕著な成果をおさめた。一、昭和43、44年文部省特殊教育実験学校研究主任。二、幼児の社会性指導の教育課程を作成。三、盲幼児教育実践記録フィルムの製作。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
社会福祉法人日本ライトハウス
わが国盲人文化の向上と教育・福祉に関する研究と普及につとめ、とくに点字教科書の改良、盲人の職業開拓、中途失明者の社会的自立に貢献している。また、アジアの盲人教育・福祉についても尽力している。
第2回(1971年度) 視覚障害教育部門 大阪府 団体 ---
高石市立羽衣小学校
過去2ヶ年間にわたり、大阪府教育委員会の研究指定校として「読解の指導と読書の指導の結びつきを求めて」という主題を掲げて校長を中心に全職員が協力して研究実践を積みあげ、児童の読書力を向上させるとともに、国語科における読書の指導の実践研究の成果が著しい。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
坂本 多朗
聾学校における長年の一貫した教育実践活動を通して、言語指導体系の研究に成果をあげた。特に、語い・文型等を中心とした聴覚障害児に対する教材研究は、聾学校における言語指導のあり方に示唆するところが多い。
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
大阪府立大阪盲学校「盲幼児教育研究会」
「幼児教室」の開設などをとおして、視覚障害教育において特にその重要性の高い早期教育の分野について、すぐれた実践研究の成果をあげている。
第4回(1973年度) 視覚障害教育部門 大阪府 団体 ---
東大阪市立弥刀東小学校
大阪府教育委員会の研究指定校として、作文指導の研究実践に全職員が一体となって取り組み、作文指導の方法の探究に大きな成果をあげた。特に、書く意欲を育てるための実践的指導方法は、国語教育の改善に多くの示唆を与えた。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
吉田 亀雄
聴覚障害者の発音時における音韻明瞭度を高めるためのスピーチ・エードの開発を着想して研究成果をあげるとともに、これと関連してわが国聾学校における歯科技工科の創設を意図し、その実現に至るまでに多大の努力を傾注して今日の聾学校歯科技工科の礎を築いた。また、聾学校に多く在学する視機能減衰を随伴する聴覚障害児の実態を調査して、その対策を推進するなど、聴覚障害教育の開拓に貢献している。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
大家善一郎
自ら、聴覚障害を克服し、聾学校教師として、長年にわたり聴覚障害児童・生徒の望ましい人間形成の指導に献身的に取り組み、教育の成果をあげている。また、全日本聾唖連盟長として社会教育に幅広い活動を行い、すぐれた業績をあげている。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
大阪市立盲学校
盲学校の児童・生徒が、近隣の小学校の児童等と協力して行う交流学習と、長年にわたり意欲的に取り組んできた。その実践の成果は、今後の教育のあり方について多くの示唆を与えている。
第7回(1976年度) 視覚障害教育部門 大阪府 団体 ---
植田恭子
中学校国語科における探究的な学びの実践と研究
第48回(2017年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人
弥吉 菅一
師範学校、教育系大学にあって、長年、国文学、国語教育の研究に従い、特に、国語科教育、児童文学の分野において、多くのすぐれた著書、論文を発表して、国語教育の推進に大きく貢献すると共に、多数の後進を指導、育成した。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
淺野仁一郎
小・中学校の通常の学級で学ぶ多くの弱視児童・生徒に対して、専門教師の巡回による特別指導の必要性に着目し、多くの困難を克服しながら、その実践を積み上げている。この先導的試行は今後の視覚障害教育のあり万を示唆するものとして高く評価されている。
第9回(1978年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
大阪府立堺聾学校高等部専攻科歯科技工学科研究会
昭和38年発足以来現在に至るまで、全員一体となって生徒の言語能力の向上につとめ、困難な歯科技工の学習指導に献身して、多数の生徒の社会的自立を達成した。その成果は聴覚障害者の職業開拓に貢献するところが大きい。
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 団体 ---
大阪府立盲学校高等部 文部科学大臣賞
理療教育の現代化をめざして、その改善と充実に努めるとともに、理学療法及びピアノ調律など、視覚障害者の新しい職域の開拓にも力を注ぎ、多くのすぐれた職業人を世に送り出してきた。これらの職業教育の実践は、全国の盲学校に多くの示唆を与えている。
第11回(1980年度) 視覚障害教育部門 大阪府 団体 ---
林田勝四郎
戦前、戦後を通じて小学校国語教育の実践に終始し、師事した芦田恵之助の「子どもと共に育つ」という精神を継承して、学習指導、生活指導の充実と言語環境の整備に尽力して効果をあげ、退職後も個人誌を通して授業研究の発展を志している。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
佐倉 義信
小学校国語教育に専心し、研究と実践の相互検証という態度を一貫してきた。音読の指導、表現力を高める指導に力を注ぎ、教材・教具の有効な利用を工夫するなど、多くの実績をあげて後進を指導し、地域における国語教育の振興に尽力している。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
本間伊三郎 文部科学大臣賞
視覚障害教育に携わること38年、この間自ら幅広い実践的研究に意欲的に取り組むとともに、全日本盲学校教育研究会及び日本弱視教育研究会の企画・運営の中心的役割を果たし、わが国における視覚障害教育の指導者として寄与した功績は極めて大きい。
第14回(1983年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
大阪市小学校教育研究会国語部 文部科学大臣賞
昭和22年創設以降今日まで、国語学力診断、文集の発行、研究大会の開催などをはじめ、幾多の研究活動を通して大阪市小学校の用語教育の充実と発展に貢献してきた。近年は、言語能力育成の国語科教育の究明に成果をあげ、我が国の国語教育の発展に寄与している。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
平島 加子
30年間にわたり、盲教育一筋に精励し、多くの優れた実践的研究を積み重ねてきた。なかでも、点字の指導とその教材作成、交流教育の実践的研究、盲幼児に対する早期教育の実践などに顕著な実績をあげ、この教育の充実に寄与した。
第49回(2018年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
はとぶえ会
昭和26年に会を創立して以来今日まで、市内の全小学校児童を対象とした児童文化誌を毎月継続して発行し、児童の詩・作文などの発表を通して地域における児童文化の向上に努めてきたのみならず、地域児童の文章表現力の育成を図ってきた功績はまことに大きい。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
湖崎 克 文部科学大臣賞
弱視教育の必要性を早くから提唱し、我が国における弱視教育の啓蒙と普及のために中心的役割を果たしてきた。また、日本弱視教育研究会の設立に尽力し、長年研究誌を編集するなど、この教育に貢献したところはまことに大きい。
第16回(1985年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
久喜 吉和
長年にわたって国語教育の実践的研究に努め、特に読解指導、作文指導に多大の成果をあげてきた。また、その成果を研究団体における発表や著書・論文を通して示し、国語授業の質の向上を図るなど、市内外にわたって国語教育の発展と充実に尽力したところは大きい。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
大阪市立天王寺小学校
昭和54年以降一貫して児童の文章表現力の向上を目指し、着実な校内研究組織のもとに職員全員が協力して実践の推進を図ってきた。研究の成果は常に全市的研究組織との連携を保って検証され、自校児童の作文力のみならず、市内全域の児童の作文力の向上に貢献した。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
山際 鈴子
27年間に亘って、子どもと詩を結んだ世界を追求し、児童詩の研究、指導に情熱を傾けて、一人一人の児童に豊かな感性を育てる教育を実践してきた。一方、児童詩の機関誌刊行、研究発表、会の運営等に尽力し、関係者からの評価も高い。一層の研究実践が期待される。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
森岡 章
自らの障害を克服して、長年にわたる音楽教育の実践を通して、視覚障害児の情操の陶冶に力を注ぎ、特に器楽や歌唱の分野で卓越した指導性を発揮してきた。また、点字楽譜の指導方法の研究にも情熱を傾け、その研究成果の発表は、全国的に高く評価されている。
第20回(1989年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
干井 正次
作文指導、読解指導、特に読解と読書との融合的指導について優れた成果をあげるとともに、市内の研究会においては自らも含めた教員自身の文章表現力向上に努め、また、ビデオの活用による授業能力の向上を図るなど、国語教育の発展に資するところは大きい。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
岡本 修一
長年にわたって、作文指導、読書指導、その両者を結びつけた表現と理解の関連指導など、国語教育の実践的研究を積み重ね、その成果は全国的に高く評価されている。また、後進の育成にも尽力を惜しまず、国語教育の向上発展に貢献した功績は大きい。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
山口 友信
中学校国語科の指導法に積極的に取り組み、主体的な学習過程を大切にする学習方法、興味や関心を高める方法について、多くの提案をしてきた。書写・書道教育にも20年以上かかわり、充実した学習方法を追求して成果をあげ、研究団体の運営推進に貢献した。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
大阪府少年少女文化財教室
昭和51年の創立以来一貫して、少年少女が地域の自然や伝統文化に親しみ体験学習を行うよう計画的、組織的に活動を展開してきた。貴重な自然環境や先人の足跡を大切に思う心情を養う本団体の活動は、伝統文化教育の先駆をなすものとして評価される。
第23回(1992年度) 伝統文化教育部門 大阪府 団体 ---
豊能郡豊能町立吉川小学校 文部科学大臣賞
「思いやりの心」をもち国際感覚を身につけた児童の育成を目標に、アフリカ人教員をはじめ、近隣の国際的研修機関で学ぶアジア・アフリカ出身研修生など、多様な外国人との交流の場を設けている。世界の諸民族についての理解を深めるための教育は高く評価できる。
第26回(1995年度) 国際理解教育部門 大阪府 団体 ---
満田幸四郎
教員生活の間一貫して国語教育の担い手としての研究活動を続け、多くの実績を積んできた。研究範囲も国語教育の内容全般にわたっているが、特に詩の指導と作文教育においては、数々の成果をあげ、地域国語教育研究団体の指導者としての活躍は注目に値する。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
尾関 義江 文部科学大臣賞
長年にわたり、音楽の授業に「長唄三味線」「筝」を取り入れ、子どもたちに和楽器の楽しさを教えてきた。地域にあっても、ボランティア活動として、子どもたちへの邦楽の普及に努め、その活動は関西にとどまらず、全国に及んでいる。その功績はまことに大きい。
第29回(1998年度) 伝統文化教育部門 大阪府 個人 ---
山田 充
特別支援教育推進の支援システム構築と特性に沿った通級指導の工夫・普及の研修推進
第43回(2012年度) 特別支援教育部門 大阪府 個人
尾崎 多(大阪狭山市立東小学校 校長)
「音読」の研究や「ことば教育」の重要性を認識した永年にわたる地域の国語力向上への貢献
第36回(2005年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人
曽我 正雄(大阪教育大学 非常勤講師/武庫川女子大学 非常勤講師)
「伝え合う力」の育成を中心に長年にわたる国語教育への貢献
第35回(2004年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人
尾崎靖二(四條畷市立田原小学校 校長)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
読むこと、書くこと、話すこと、3つの領域において独特な「考える力」をつける国語教育の推進
第38回(2007年度) 特別支援教育部門 大阪府 個人
田中薫(大阪市立南中学校 教諭)
帰国子女、外国人児童の日本語教育における問題点の探求と指導法に関する研究と実践
第38回(2007年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 個人
堺市立新浅香山小学校
「本の紹介活動」から始める主体的な読み手を育てる読書指導
第47回(2016年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体
演劇夏季学校
生きる力を育む中学生の創作劇活動の推進~師弟同行の精神で歩む演劇教育~
第43回(2012年度) 教育活性化部門 大阪府 団体
公益財団法人山本能楽堂
「小学生が能を大好きになる」プロジェクト!
第42回(2011年度) 日本文化理解教育部門 大阪府 団体
受賞者名・活動タイトル
中野 幸子
大阪市立盲学校に幼稚部創設以来、幼稚部主事として盲幼児教育の研究に尽力し、とくにわが国で未開拓であった一般幼児と視覚障害幼児との統合教育に新生面を拓き顕著な成果をおさめた。一、昭和43、44年文部省特殊教育実験学校研究主任。二、幼児の社会性指導の教育課程を作成。三、盲幼児教育実践記録フィルムの製作。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
社会福祉法人日本ライトハウス
わが国盲人文化の向上と教育・福祉に関する研究と普及につとめ、とくに点字教科書の改良、盲人の職業開拓、中途失明者の社会的自立に貢献している。また、アジアの盲人教育・福祉についても尽力している。
受賞年度第2回(1971年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高石市立羽衣小学校
過去2ヶ年間にわたり、大阪府教育委員会の研究指定校として「読解の指導と読書の指導の結びつきを求めて」という主題を掲げて校長を中心に全職員が協力して研究実践を積みあげ、児童の読書力を向上させるとともに、国語科における読書の指導の実践研究の成果が著しい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
坂本 多朗
聾学校における長年の一貫した教育実践活動を通して、言語指導体系の研究に成果をあげた。特に、語い・文型等を中心とした聴覚障害児に対する教材研究は、聾学校における言語指導のあり方に示唆するところが多い。
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪府立大阪盲学校「盲幼児教育研究会」
「幼児教室」の開設などをとおして、視覚障害教育において特にその重要性の高い早期教育の分野について、すぐれた実践研究の成果をあげている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東大阪市立弥刀東小学校
大阪府教育委員会の研究指定校として、作文指導の研究実践に全職員が一体となって取り組み、作文指導の方法の探究に大きな成果をあげた。特に、書く意欲を育てるための実践的指導方法は、国語教育の改善に多くの示唆を与えた。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉田 亀雄
聴覚障害者の発音時における音韻明瞭度を高めるためのスピーチ・エードの開発を着想して研究成果をあげるとともに、これと関連してわが国聾学校における歯科技工科の創設を意図し、その実現に至るまでに多大の努力を傾注して今日の聾学校歯科技工科の礎を築いた。また、聾学校に多く在学する視機能減衰を随伴する聴覚障害児の実態を調査して、その対策を推進するなど、聴覚障害教育の開拓に貢献している。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大家善一郎
自ら、聴覚障害を克服し、聾学校教師として、長年にわたり聴覚障害児童・生徒の望ましい人間形成の指導に献身的に取り組み、教育の成果をあげている。また、全日本聾唖連盟長として社会教育に幅広い活動を行い、すぐれた業績をあげている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪市立盲学校
盲学校の児童・生徒が、近隣の小学校の児童等と協力して行う交流学習と、長年にわたり意欲的に取り組んできた。その実践の成果は、今後の教育のあり方について多くの示唆を与えている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
植田恭子
中学校国語科における探究的な学びの実践と研究
受賞年度第48回(2017年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
弥吉 菅一
師範学校、教育系大学にあって、長年、国文学、国語教育の研究に従い、特に、国語科教育、児童文学の分野において、多くのすぐれた著書、論文を発表して、国語教育の推進に大きく貢献すると共に、多数の後進を指導、育成した。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
淺野仁一郎
小・中学校の通常の学級で学ぶ多くの弱視児童・生徒に対して、専門教師の巡回による特別指導の必要性に着目し、多くの困難を克服しながら、その実践を積み上げている。この先導的試行は今後の視覚障害教育のあり万を示唆するものとして高く評価されている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪府立堺聾学校高等部専攻科歯科技工学科研究会
昭和38年発足以来現在に至るまで、全員一体となって生徒の言語能力の向上につとめ、困難な歯科技工の学習指導に献身して、多数の生徒の社会的自立を達成した。その成果は聴覚障害者の職業開拓に貢献するところが大きい。
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大阪府立盲学校高等部 文部科学大臣賞
理療教育の現代化をめざして、その改善と充実に努めるとともに、理学療法及びピアノ調律など、視覚障害者の新しい職域の開拓にも力を注ぎ、多くのすぐれた職業人を世に送り出してきた。これらの職業教育の実践は、全国の盲学校に多くの示唆を与えている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
林田勝四郎
戦前、戦後を通じて小学校国語教育の実践に終始し、師事した芦田恵之助の「子どもと共に育つ」という精神を継承して、学習指導、生活指導の充実と言語環境の整備に尽力して効果をあげ、退職後も個人誌を通して授業研究の発展を志している。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
佐倉 義信
小学校国語教育に専心し、研究と実践の相互検証という態度を一貫してきた。音読の指導、表現力を高める指導に力を注ぎ、教材・教具の有効な利用を工夫するなど、多くの実績をあげて後進を指導し、地域における国語教育の振興に尽力している。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
本間伊三郎 文部科学大臣賞
視覚障害教育に携わること38年、この間自ら幅広い実践的研究に意欲的に取り組むとともに、全日本盲学校教育研究会及び日本弱視教育研究会の企画・運営の中心的役割を果たし、わが国における視覚障害教育の指導者として寄与した功績は極めて大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪市小学校教育研究会国語部 文部科学大臣賞
昭和22年創設以降今日まで、国語学力診断、文集の発行、研究大会の開催などをはじめ、幾多の研究活動を通して大阪市小学校の用語教育の充実と発展に貢献してきた。近年は、言語能力育成の国語科教育の究明に成果をあげ、我が国の国語教育の発展に寄与している。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
平島 加子
30年間にわたり、盲教育一筋に精励し、多くの優れた実践的研究を積み重ねてきた。なかでも、点字の指導とその教材作成、交流教育の実践的研究、盲幼児に対する早期教育の実践などに顕著な実績をあげ、この教育の充実に寄与した。
受賞年度第49回(2018年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
はとぶえ会
昭和26年に会を創立して以来今日まで、市内の全小学校児童を対象とした児童文化誌を毎月継続して発行し、児童の詩・作文などの発表を通して地域における児童文化の向上に努めてきたのみならず、地域児童の文章表現力の育成を図ってきた功績はまことに大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
湖崎 克 文部科学大臣賞
弱視教育の必要性を早くから提唱し、我が国における弱視教育の啓蒙と普及のために中心的役割を果たしてきた。また、日本弱視教育研究会の設立に尽力し、長年研究誌を編集するなど、この教育に貢献したところはまことに大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
久喜 吉和
長年にわたって国語教育の実践的研究に努め、特に読解指導、作文指導に多大の成果をあげてきた。また、その成果を研究団体における発表や著書・論文を通して示し、国語授業の質の向上を図るなど、市内外にわたって国語教育の発展と充実に尽力したところは大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪市立天王寺小学校
昭和54年以降一貫して児童の文章表現力の向上を目指し、着実な校内研究組織のもとに職員全員が協力して実践の推進を図ってきた。研究の成果は常に全市的研究組織との連携を保って検証され、自校児童の作文力のみならず、市内全域の児童の作文力の向上に貢献した。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山際 鈴子
27年間に亘って、子どもと詩を結んだ世界を追求し、児童詩の研究、指導に情熱を傾けて、一人一人の児童に豊かな感性を育てる教育を実践してきた。一方、児童詩の機関誌刊行、研究発表、会の運営等に尽力し、関係者からの評価も高い。一層の研究実践が期待される。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
森岡 章
自らの障害を克服して、長年にわたる音楽教育の実践を通して、視覚障害児の情操の陶冶に力を注ぎ、特に器楽や歌唱の分野で卓越した指導性を発揮してきた。また、点字楽譜の指導方法の研究にも情熱を傾け、その研究成果の発表は、全国的に高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
干井 正次
作文指導、読解指導、特に読解と読書との融合的指導について優れた成果をあげるとともに、市内の研究会においては自らも含めた教員自身の文章表現力向上に努め、また、ビデオの活用による授業能力の向上を図るなど、国語教育の発展に資するところは大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡本 修一
長年にわたって、作文指導、読書指導、その両者を結びつけた表現と理解の関連指導など、国語教育の実践的研究を積み重ね、その成果は全国的に高く評価されている。また、後進の育成にも尽力を惜しまず、国語教育の向上発展に貢献した功績は大きい。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山口 友信
中学校国語科の指導法に積極的に取り組み、主体的な学習過程を大切にする学習方法、興味や関心を高める方法について、多くの提案をしてきた。書写・書道教育にも20年以上かかわり、充実した学習方法を追求して成果をあげ、研究団体の運営推進に貢献した。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪府少年少女文化財教室
昭和51年の創立以来一貫して、少年少女が地域の自然や伝統文化に親しみ体験学習を行うよう計画的、組織的に活動を展開してきた。貴重な自然環境や先人の足跡を大切に思う心情を養う本団体の活動は、伝統文化教育の先駆をなすものとして評価される。
受賞年度第23回(1992年度)
部門伝統文化教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
豊能郡豊能町立吉川小学校 文部科学大臣賞
「思いやりの心」をもち国際感覚を身につけた児童の育成を目標に、アフリカ人教員をはじめ、近隣の国際的研修機関で学ぶアジア・アフリカ出身研修生など、多様な外国人との交流の場を設けている。世界の諸民族についての理解を深めるための教育は高く評価できる。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国際理解教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
満田幸四郎
教員生活の間一貫して国語教育の担い手としての研究活動を続け、多くの実績を積んできた。研究範囲も国語教育の内容全般にわたっているが、特に詩の指導と作文教育においては、数々の成果をあげ、地域国語教育研究団体の指導者としての活躍は注目に値する。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
尾関 義江 文部科学大臣賞
長年にわたり、音楽の授業に「長唄三味線」「筝」を取り入れ、子どもたちに和楽器の楽しさを教えてきた。地域にあっても、ボランティア活動として、子どもたちへの邦楽の普及に努め、その活動は関西にとどまらず、全国に及んでいる。その功績はまことに大きい。
受賞年度第29回(1998年度)
部門伝統文化教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山田 充
特別支援教育推進の支援システム構築と特性に沿った通級指導の工夫・普及の研修推進
受賞年度第43回(2012年度)
部門特別支援教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
尾崎 多(大阪狭山市立東小学校 校長)
「音読」の研究や「ことば教育」の重要性を認識した永年にわたる地域の国語力向上への貢献
受賞年度第36回(2005年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
曽我 正雄(大阪教育大学 非常勤講師/武庫川女子大学 非常勤講師)
「伝え合う力」の育成を中心に長年にわたる国語教育への貢献
受賞年度第35回(2004年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
尾崎靖二(四條畷市立田原小学校 校長)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
読むこと、書くこと、話すこと、3つの領域において独特な「考える力」をつける国語教育の推進
受賞年度第38回(2007年度)
部門特別支援教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
田中薫(大阪市立南中学校 教諭)
帰国子女、外国人児童の日本語教育における問題点の探求と指導法に関する研究と実践
受賞年度第38回(2007年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
堺市立新浅香山小学校
「本の紹介活動」から始める主体的な読み手を育てる読書指導
受賞年度第47回(2016年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
演劇夏季学校
生きる力を育む中学生の創作劇活動の推進~師弟同行の精神で歩む演劇教育~
受賞年度第43回(2012年度)
部門教育活性化部門
所在地大阪府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
公益財団法人山本能楽堂
「小学生が能を大好きになる」プロジェクト!
受賞年度第42回(2011年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体