博報賞

過去の受賞者| 所在地 (岡山県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
橋本 金一
全国にさきがけて特殊学級を設置の内山下小学校長として長年にわたり難聴学級の充実と発展とに尽力し、その成果が他への模範として全国に多大の影響を与えた。
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 個人 ---
和気郡日生町立大多府小学校
「豊かな情報による読む能力を伸ばす」研究に取り組み、複式学級国語科年間指導計画の作成、情報を取り入れた指導過程と指導方法の研究、情報資料の収集整理等に成果をあげ、朝の20分間読書の実施などを通して、へき地小規模校の恵まれない言語環境を克服した功績は大きい。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 岡山県 団体 ---
高原 滋夫 文部科学大臣賞
耳科医療の開拓による聴覚障害児の社会復帰への寄与、全国にさきがけた難聴特殊学級の創設への献身、幼児の聴覚・言語障害クリニックの充実など、我が国難聴・言語障害特殊学級の基礎を築き、その発展に貢献している業績はきわめて大きい。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 岡山県 個人 ---
下薗 彦二
私財を投じて点字印刷機を購入し、主として盲学校高等部の生徒のための参考書を献身的に数多く点訳・印刷し、長年にわたり、全国各地の盲生徒に提供してきた。これらの参考書は盲生徒の学習の大きなささえとなっている。
第14回(1983年度) 視覚障害教育部門 岡山県 個人 ---
岡山市立内山下小学校
昭和35年我が国最初の難聴特殊学級として設置以来、今日まで意欲的な教育実践を行ってきた。特に、言語指導や聴能訓練の充実、医療との連携を図るなどして、これまで26年間にわたり、数多くの児童の指導を行い、この教育の発展に大きく貢献している。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 団体 ---
樋口 皓廸
一貫して読解指導、作文指導に力を注ぎ、特に教材研究における指導課程と方法などについて、研究と実践の優れた成果をあげてきた。また、県内の研究団体の運営及び研究活動にも尽力しており、今後の活躍が期待される。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 岡山県 個人 ---
岡山県立岡山聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、主体性のある児童生徒の育成を求めて、一人一人に即した教育方法の開発等に努めてきた。特に、言語指導や読解指導に関しては、毎年発行される研究紀要や全国規模の研究会で発表するなどして、この教育の推進に大きく貢献している。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 団体 ---
岡山市中学校国語研究協議会
昭和22年、会の発足以来、中学校の国語担当教員の指導力の向上に大きな役割を果すとともに、中学校国語教育に関する研究と実践に顕著な業績を残し、特に「五分間弁論」を通しての話し方指導で成果をあげるなど、県内の国語教育の充実と発展に大きく貢献している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 岡山県 団体 ---
岡山県国際理解教育研究会
長期にわたって、研究会開催、機関誌の刊行、市民も含めた国際交流などに、積極的に取り組んでいる。特に日本人学校教員としての体験をもとに世界の子どもと生活を紹介した教材の開発は、県内小中学校の国際理解教育の推進に大きく寄与している。
第25回(1994年度) 国際理解教育部門 岡山県 団体 ---
岡山県習字教育研究会
昭和29年創立以来継続して県下小、中学校一貫の書写教育の実現と推進を図ってきた。特に、国語科書写の学習指導法の研究、書写教育の実態調査、教員の書写実技研修会、毎年開催の県大会、研究機関誌の発行等の事業を通して県内書写教育に尽くした功績は大きい。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 岡山県 団体 ---
岡山市立旭竜小学校 文部科学大臣賞
中国残留者家族の受入れを機に国際理解教育に積極的に取り組み、留学生など市内に在住する各国の外国人と交流する「地球ひろば」、中国の小学校との提携と文通、日本語補習などに積極的な活動を続けてきた。その努力と成果は極めて顕著であり、高く評価される。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 岡山県 団体 ---
吉田英生
通級による指導実践と「特別支援教育推進センター」づくり
第46回(2015年度) 特別支援教育部門 岡山県 個人
受賞者名・活動タイトル
橋本 金一
全国にさきがけて特殊学級を設置の内山下小学校長として長年にわたり難聴学級の充実と発展とに尽力し、その成果が他への模範として全国に多大の影響を与えた。
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
和気郡日生町立大多府小学校
「豊かな情報による読む能力を伸ばす」研究に取り組み、複式学級国語科年間指導計画の作成、情報を取り入れた指導過程と指導方法の研究、情報資料の収集整理等に成果をあげ、朝の20分間読書の実施などを通して、へき地小規模校の恵まれない言語環境を克服した功績は大きい。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高原 滋夫 文部科学大臣賞
耳科医療の開拓による聴覚障害児の社会復帰への寄与、全国にさきがけた難聴特殊学級の創設への献身、幼児の聴覚・言語障害クリニックの充実など、我が国難聴・言語障害特殊学級の基礎を築き、その発展に貢献している業績はきわめて大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
下薗 彦二
私財を投じて点字印刷機を購入し、主として盲学校高等部の生徒のための参考書を献身的に数多く点訳・印刷し、長年にわたり、全国各地の盲生徒に提供してきた。これらの参考書は盲生徒の学習の大きなささえとなっている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門視覚障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡山市立内山下小学校
昭和35年我が国最初の難聴特殊学級として設置以来、今日まで意欲的な教育実践を行ってきた。特に、言語指導や聴能訓練の充実、医療との連携を図るなどして、これまで26年間にわたり、数多くの児童の指導を行い、この教育の発展に大きく貢献している。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
樋口 皓廸
一貫して読解指導、作文指導に力を注ぎ、特に教材研究における指導課程と方法などについて、研究と実践の優れた成果をあげてきた。また、県内の研究団体の運営及び研究活動にも尽力しており、今後の活躍が期待される。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡山県立岡山聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、主体性のある児童生徒の育成を求めて、一人一人に即した教育方法の開発等に努めてきた。特に、言語指導や読解指導に関しては、毎年発行される研究紀要や全国規模の研究会で発表するなどして、この教育の推進に大きく貢献している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡山市中学校国語研究協議会
昭和22年、会の発足以来、中学校の国語担当教員の指導力の向上に大きな役割を果すとともに、中学校国語教育に関する研究と実践に顕著な業績を残し、特に「五分間弁論」を通しての話し方指導で成果をあげるなど、県内の国語教育の充実と発展に大きく貢献している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡山県国際理解教育研究会
長期にわたって、研究会開催、機関誌の刊行、市民も含めた国際交流などに、積極的に取り組んでいる。特に日本人学校教員としての体験をもとに世界の子どもと生活を紹介した教材の開発は、県内小中学校の国際理解教育の推進に大きく寄与している。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国際理解教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡山県習字教育研究会
昭和29年創立以来継続して県下小、中学校一貫の書写教育の実現と推進を図ってきた。特に、国語科書写の学習指導法の研究、書写教育の実態調査、教員の書写実技研修会、毎年開催の県大会、研究機関誌の発行等の事業を通して県内書写教育に尽くした功績は大きい。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡山市立旭竜小学校 文部科学大臣賞
中国残留者家族の受入れを機に国際理解教育に積極的に取り組み、留学生など市内に在住する各国の外国人と交流する「地球ひろば」、中国の小学校との提携と文通、日本語補習などに積極的な活動を続けてきた。その努力と成果は極めて顕著であり、高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉田英生
通級による指導実践と「特別支援教育推進センター」づくり
受賞年度第46回(2015年度)
部門特別支援教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人