博報賞

過去の受賞者| 所在地 (大分県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
土屋 準一
長年にわたり地域にあって聾者の進路指導に多くの実績を挙げ、また全日本聾唖連盟の長として聾者の社会的自立の向上に尽力し、言語の交信に関する諸資料を編集、刊行するなど、聴覚障害教育の充実発展に寄与している。
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 大分県 個人 ---
大分県立盲学校 文部科学大臣賞
児童・生徒の自主的・実践的な態度の育成を目指し、特別活動の領域を中心にすえて、全校あげて実践研究に取り組み、多大な成果をあげてきた。とりわけ、特別活動に関する詳細な年間指導計画は、関係者に貴重な資料を提供している。
第13回(1982年度) 視覚障害教育部門 大分県 団体 ---
大分市小学校国語教育研究会
地域の国語教育の推進と発展・向上のため、長年にわたり研究会の組織を通じて多くの人材を育成してきた。また、言語事項を重視した年間指導計画は、これからの国語教育の方向を明らかにするものとして、国語教育発展のため役立つところが大きい。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 大分県 団体 ---
三浦 順豊 文部科学大臣賞
昭和47年以来、一貫して言語障害児の指導に創意工夫をこらしてきた。また、県内及び九州の研究大会開催に当たっては、率先してその中心的役割を果たしてきた。これらの実践的活動は、県内外のこの教育の発展に寄与し、その功績はまことに大きいものがある。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 大分県 個人 ---
酒井 哲真
放送による話しことばの指導、学校新聞における表現の指導、児童の発達段階に応じた国語科指導の系統化の研究など、一貫して児童の国語力の育成に尽力してきた。また、月刊研究誌の発刊、研修会の開催を通して、後進の指導と啓発に貢献している。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 大分県 個人 ---
宇佐市立麻生小学校
「国語科における表現力の育成」を研究主題として、長年にわたり作文教育の実践研究を継続し、多くの成果をあげてきた。特に、作文の指導過程、表現力を高める集会活動、個を生かす表現法などの研究を推進し、児童一人ひとりの表現力を着実に伸ばしている。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 大分県 団体 ---
臼杵山内流游泳所 文部科学大臣賞
170年の伝統を有する日本泳法「山内流」の正しい伝承と普及のため、開所以来100年の長きにわたり、公営として運営されてきた。古式泳法を通して、児童生徒の心身の鍛練と育成に尽力していることは、伝統文化教育の観点から、刮目すべき活動である。
第24回(1993年度) 伝統文化教育部門 大分県 団体 ---
佐藤 延登
200年の伝統をもつ「岡倉神楽」を継承するため、文化財愛護少年団をつくり、その育成に力を注いできた。また、成人の活動も組織し、神楽面づくりの実地指導を行うなど、地域の人々との交流を図り、伝統芸能の保存・継承による町づくりにも大きく貢献している。
第26回(1995年度) 伝統文化教育部門 大分県 個人 ---
大分県海外子女教育・国際理解研究協議会
20数年にわたり、海外の日本人学校での勤務経験のある教師の団体として、日本の教育の国際化に向けた活発な活動を展開してきた。教育者の生の海外経験の情報を個人的経験として終わらせることなく共有し、ネットワークを築き、現場へ還元する活動を今後も発展させることが期待される。
第32回(2001年度) 国際理解教育部門 大分県 団体 ---
富士見が丘こども俳句会「どんぐり」
俳句を通した日本語理解
第33回(2002年度) 国語・日本語教育部門 大分県 団体
受賞者名・活動タイトル
土屋 準一
長年にわたり地域にあって聾者の進路指導に多くの実績を挙げ、また全日本聾唖連盟の長として聾者の社会的自立の向上に尽力し、言語の交信に関する諸資料を編集、刊行するなど、聴覚障害教育の充実発展に寄与している。
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大分県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大分県立盲学校 文部科学大臣賞
児童・生徒の自主的・実践的な態度の育成を目指し、特別活動の領域を中心にすえて、全校あげて実践研究に取り組み、多大な成果をあげてきた。とりわけ、特別活動に関する詳細な年間指導計画は、関係者に貴重な資料を提供している。
受賞年度第13回(1982年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大分県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大分市小学校国語教育研究会
地域の国語教育の推進と発展・向上のため、長年にわたり研究会の組織を通じて多くの人材を育成してきた。また、言語事項を重視した年間指導計画は、これからの国語教育の方向を明らかにするものとして、国語教育発展のため役立つところが大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大分県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
三浦 順豊 文部科学大臣賞
昭和47年以来、一貫して言語障害児の指導に創意工夫をこらしてきた。また、県内及び九州の研究大会開催に当たっては、率先してその中心的役割を果たしてきた。これらの実践的活動は、県内外のこの教育の発展に寄与し、その功績はまことに大きいものがある。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地大分県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
酒井 哲真
放送による話しことばの指導、学校新聞における表現の指導、児童の発達段階に応じた国語科指導の系統化の研究など、一貫して児童の国語力の育成に尽力してきた。また、月刊研究誌の発刊、研修会の開催を通して、後進の指導と啓発に貢献している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大分県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
宇佐市立麻生小学校
「国語科における表現力の育成」を研究主題として、長年にわたり作文教育の実践研究を継続し、多くの成果をあげてきた。特に、作文の指導過程、表現力を高める集会活動、個を生かす表現法などの研究を推進し、児童一人ひとりの表現力を着実に伸ばしている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大分県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
臼杵山内流游泳所 文部科学大臣賞
170年の伝統を有する日本泳法「山内流」の正しい伝承と普及のため、開所以来100年の長きにわたり、公営として運営されてきた。古式泳法を通して、児童生徒の心身の鍛練と育成に尽力していることは、伝統文化教育の観点から、刮目すべき活動である。
受賞年度第24回(1993年度)
部門伝統文化教育部門
所在地大分県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐藤 延登
200年の伝統をもつ「岡倉神楽」を継承するため、文化財愛護少年団をつくり、その育成に力を注いできた。また、成人の活動も組織し、神楽面づくりの実地指導を行うなど、地域の人々との交流を図り、伝統芸能の保存・継承による町づくりにも大きく貢献している。
受賞年度第26回(1995年度)
部門伝統文化教育部門
所在地大分県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大分県海外子女教育・国際理解研究協議会
20数年にわたり、海外の日本人学校での勤務経験のある教師の団体として、日本の教育の国際化に向けた活発な活動を展開してきた。教育者の生の海外経験の情報を個人的経験として終わらせることなく共有し、ネットワークを築き、現場へ還元する活動を今後も発展させることが期待される。
受賞年度第32回(2001年度)
部門国際理解教育部門
所在地大分県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富士見が丘こども俳句会「どんぐり」
俳句を通した日本語理解
受賞年度第33回(2002年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大分県
団体/個人団体

関連情報