博報賞

過去の受賞者| 所在地 (新潟県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
林 次一
聴覚障害児教育一筋に30年、聾児の言語指導法の研究に専心し、実績をあげてきた。昭和31年以来、新潟県立長岡聾学校と提携協力し、新潟大学との共同研究「聾児の特異性の研究」を推進した。この成果は、大学の教育、心理、医学の分野と学校現場の教育実践との総合研究になるものであり、わが国でも高く評価されたが、その推進のかなめとして、同氏の学校現場における采配と指導、協力があずかって大なるものがあった。また、学校における言語指導の副教科書の編集、聴能教育の改善充実等に努力し、全日本聾教育研究会副会長、全国聾学校長会副会
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 新潟県 個人 ---
田中 久直
地域における児童の生活の実態に即したすぐれた国語教育指導法の建設に努めている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
上越市立大町小学校
従来から地区における教育研究推進の中心校としての役割を果たしてきたが、とくに近年は全校体制の下に国語教育に関する研究主題にとりくみ、児童の作文力を高めてきた。最近では「文学における創造読みの指導」の研究に着手する等実践上の成果が著しい。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
谷澤 隆一
児童の言語能力の発達に関する実証的研究に基づいて国語科学習指導の改善をはかり、地域の国語教育研究推進の中心として実績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
新潟市立鏡渕小学校
国語科教育における読書指導を図書館の資料の充実とも関連させながら、具体的に研究し、国語教育の新生面を開いた研究活動は高く評価される。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
松之山町立松之山小学校
校長はじめ全職員が一致協力して着実な研究を進め、地域に取材する自作教材の開発、児童の自主的学習の推進等を通して、国語能力の向上に多大の成果を収めたことは、小規模校における国語教育の発展に影響するところが大きい。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
長岡市立大島小学校
英語を中心とした総合的・体系的国際理解教育
第33回(2002年度) 国際理解教育部門 新潟県 団体
小竹 省三
長年の国語教育実践と、児童・生徒の学力調査の実態に基づき、国語科指導計画の明確化・実践化のために、常に先駆的研究努力を続け、県下の国語教育進展に寄与している。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
計良 益夫
言語障害特殊学級開設以来、多くの困難を克服しながら、地域の特性に即して、通級、訪問、巡回の指導方式を取り入れ、効果的な教育形態を工夫して、言語障害児の指導に多大の成果を挙げた。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
細川 浩一
国語科の教育評価、国語学力検査、文章読解力検査等の基礎調査に基づいて、教材の精選を行い、授業実施計画をたて、着実な実践研究に打ち込む一方、新しい教育課題の実施をめざして、後進の指導にあたり、国語教育の振興に努めている。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
三島郡与板町立与板小学校
一貫して「個を生かす授業の追求」を主眼に研究と実践を重ね、その研究成果は県内におけるこの面での先導的役割を果すものとして、高く評価されている。最近では子どもが主体的に学習することを中心に書く力を高める指導実践に大きな成果をあげている。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
田村 孝
長年、小・中学校の国語教育の実践と研究に当たり、読解指導、読書指導、作文指導にすぐれた実績をあげ、地域及び全国的な規模における国語教育研究団体の運営及び研究活動の推進を通して、後進の育成に尽力してきた。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
本間 俊夫
県下における言語障害特殊学級創設以来、一貫して言語障害児の指導に取り組み、着実な実践研究を重ねて成果をあげてきた。特に、研修活動や県内外の啓蒙活動にも指導者としての役割を果たし、この教育の発展に大きく貢献している。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
長谷川 新
40年間にわたり、小・中学校における読解指導、読書指導、作文指導等の実践的研究に意欲的に取り組み、多くの実績をあげてきた。また、地域の国語教育研究団体の中心的立場で、その指導と運営に尽力し、国語教育の振興に大きく寄与してきた。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
稲垣シズヱ
長年にわたり、意欲的に言語障害児に対する言語指導を行うとともに、各種研究会等に参加し、実践的研究の成果を発表してきた。また、障害児の就学指導及び関係諸機関との連携協力などにも努め、地域におけるこの教育の振興、充実に貢献した功績は大きい。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
荒川 勇 文部科学大臣賞
長年にわたり、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に尽力し、また、聾教育史及び聾教育理論等に関する著述活動にも力を注いできた。これらの活動は、我が国のこの教育に多大の影響を与えるとともに、その発展と充実に寄与した功績は極めて大きい。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 新潟県 個人 ---
佐々木典雄
長年にわたって国語教育の実践と研究に努め、特に個人差に応じた学習指導法の開発、図書館教育を通じての言語環境の整備等に多大の成果をあげてきた。また、県内の研究活動を積極的に推進し、国語教育の発展に寄与した功績は大きい。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
上越国語教育連絡協議会
長年にわたり地域の国語教育連絡協議団体として、研究と実践の推進に取り組み、地区内はもとより、県内外の国語教育の刷新と充実に顕著な足跡を残してきた。特に、地区内の実情と実態の変化に対応しつつ、実践の改善に努めている実績は高く評価されている。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
中川 政八
多年、島内の言語障害児の指導に従事し、多大の成果をあげた。また、この間、継続的に数多くの研究を発表して、効果的な言語指導法の工夫に努力してきた。これらの実践的活動は地域におけるこの分野の教育に寄与している。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
村山 芳正
児童の好む略画を通しての物語文の展開の読み取り、文章表現における指導内容の分析と構成の指導、基礎学力向上を意図した年間指導計画の作成、発想を重視した作文指導、家庭での五分間朗読などに成果をあげ、国語教育の振興に寄与している。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
美濃 美蔵
一貫して国語教育の現場で、児童の表現力の育成に尽力してきた。特に、音声表現では音読の指導、書く作業との関連指導について、また、作文指導では、書く活動を活発にする指導について、それぞれ成果をあげた。その実績は高く評価される。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
柏崎市立鵜川小学校・鵜川中学校 文部科学大臣賞
「綾子舞」は、中世芸能の純粋な姿を今に伝える貴重な遺産である。この舞の伝承を小学校次いで中学校の授業に組み入れ、技能の習得の過程で、感性の伸長、郷土愛の育成にも多大の成果をあげてきた。伝統文化継承の見事な実践例として全国的に注目されている。
第21回(1990年度) 伝統文化教育部門 新潟県 団体 ---
上野 潔
小・中学校を通して、学校図書館教育における読書指導、作文指導におけるノートの活用などに着実な実践を積み重ねて、優れた実績をあげてきた。また、研究団体の運営に力を注ぎ、後進の育成に務め、県内外の国語教育の振興に貢献している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
糸魚川市立大和川小学校
「ことばの力を育てる授業の創造」を目指して、国語の授業研究を重ね、実践研究の発表をするなど実証的に研究を進めてきた。その成果は、実践的に工夫された授業改善の提案を通して、地区内のみならず県内の国語教育の推進と向上に大きく寄与している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
安藤 耕平
中学校の作文指導、文学教材の指導、語句指導等に多くの優れた成果をあげてきた。また教材研究会で指導的役割を果したほか、研究団体の運営推進に当たり、国語教育における実践上の問題点とその改善の方途を提案するなど、国語教育の進展に貢献している。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
桑原 正夫
国語教育の各分野にわたって実践と研究に努め「子どもの側に立つ国語科単元学習」を提唱して、著しい成果を示してきた。また国語教育研究団体を結成して運営にかかわり、県内外の交流を推進して、多くの後進を育ててきた業績は高く評価される。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
丸山 英二
表現・理解・言語事項・読書指導など、国語教育の各分野にわたり、その実践と研究に意欲的に取り組み、多くの成果をあげてきた。また国語教育研究団体における後進の育成、各地域間の指導者の連携・協力への活動など、県内国語教育の進展に寄与している。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
村上市立村上小学校 文部科学大臣賞
地域と連携、協働し、伝統文化の継承、地域への貢献を図る教育活動の推進
第49回(2018年度) 日本文化理解教育部門 新潟県 団体
佐渡郡金井町立金井小学校「ことば・難聴教室」
長年にわたり島内唯一の「ことば・難聴教室」として、言語や聴力に問題のある子どもの指導に尽くして来た。また「教室だより」を定期的に刊行し、併設する精神薄弱および情緒障害学級と一体となって、保護者や関係機関と連繋する地域ネットワークの確立に貢献した。
第25回(1994年度) 特殊教育部門 新潟県 団体 ---
新井市立新井中学校
「一人一人の可能性を伸ばす」ことを目標に教育活動を進めてきたが、特に生活の中での書く活動を習慣化するよう力を注いできた。その結果、作文による豊かな自己表現力の育成・向上に大きな成果をあげるとともに、生徒の学習活動全般の充実にも貢献するところが大きい。
第25回(1994年度) 国語教育部門 新潟県 団体 ---
「はばたけ21の会」
地域が推進する環日本海交流の一翼として、企業・団体・市民の有志が自治体などの協力をえて、毎年、ロシア極東から多数の子どもを招き、地元児童との交流を図り、相互理解を深める事業を続けてきた。草の根の社会貢献活動として今後の継続的な発展が期待される。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 新潟県 団体 ---
小島 孝夫
長年にわたる教員生活において、一貫して国語教育の研究と推進に取り組んできた。この間における教育課程の推移に伴う学習指導の改善をはじめ、「子どもの側に立つ」教材観に基づく実践的提案は、県内国語教育の進展に寄与するところが極めて大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
十日町市立赤倉小学校
児童数9人の山間校が、伝統芸能「赤倉神楽」の保存につとめるとともに、それを通してインドの伝統舞踊団との交流を深め、さらにインドで開かれた日本文化紹介の催しに地域ぐるみで参加するなど、ユニークな国際理解活動を進めていることは、大いに注目される。
第28回(1997年度) 国際理解教育部門 新潟県 団体 ---
水澤 潔
国語教育の実践者として国語科指導の先駆的な研究を積み重ね、その理論と実践は、新潟県における小学校国語の授業に多大な影響を与えてきた。さらに、指導行政や教育研究団体役員の立場からリーダーシップを発揮し、県内国語科教育の振興に寄与した功績は大きい。
第28回(1997年度) 国語教育・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
刈羽村立刈羽小学校
農村地帯にある小学校であるが、地域の特質に根差しつつ、国際的な交流教育を行おうとしている。そのため、学校がおかれた地域社会の理解と、国際交流とを組み合わせて指導計画を作成している。またいくつかの異なる国から外国人を招いて、児童が外国人と直接に接し、楽しく視野を広げる工夫を行なっている。
第30回(1999年度) 国際理解教育部門 新潟県 団体 ---
両津市立野浦小学校
地域に伝わる文弥人形や春駒踊りを学校教育に組み入れ、学校と地域社会が一体になって豊かな心を育てる教育活動を展開している。活動の成果を校区の老人会で発表したり他校と積極的に交流したりするなど、活動を通して、ふるさとを愛し、ふるさとに誇りをもてる子どもたちが育っているとともに、伝承活動が地域の活性化にもつながっている。
第32回(2001年度) 伝統文化教育部門 新潟県 団体 ---
大潟町立大潟町小学校
校内にある知的障害、情緒障害、肢体不自由学級を活かした交流学級を設け、全校を挙げての交流教育を積極的に展開し、優れた成果を挙げている。交流を学校経営の中に、システムとして定着させる指導実践は、障害への日常的な体験的理解を通しての豊かな人間教育を目指すものであり、これからの特別支援教育のモデルとしても高く評価される。
第32回(2001年度) 特殊教育部門 新潟県 団体 ---
津南町立津南中学校 文部科学大臣賞
町を支え、町に支えられて行う、地域貢献の取組
第48回(2017年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
新潟いなほの会 ー発達障害児者親の会ー
親の会が主催する親と教師と本人を交えた個別の指導計画の立案と評価を行う事例検討会
第42回(2011年度) 特別支援教育部門 新潟県 団体
見附市立見附小学校
各教科等における言語活動の充実を職員研修の中核に位置づけた実践研究の推進
第41回(2010年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体
田上町立田上小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域との協働による地域文化を深める学習材化システムの構築
第37回(2006年度) 文化教養育成部門 新潟県 団体
長岡市立千手小学校
地域とともに本好きの子どもを育てる学校図書館づくり DO-IT Japan
第42回(2011年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体
佐渡市立羽茂小学校
かかわり合いながら伝える力を高める子どもの育成
第46回(2015年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体
上越市立飯小学校
中規模校における多面的な特別支援教育推進体制構築のモデル
第37回(2006年度) 特別支援教育部門 新潟県 団体
上越市立大町小学校
思考力を育む「対話」を核とした教育活動の創造
第36回(2005年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体
胎内市立中条小学校
地域と協働し、ふるさとへの思いを高める子どもの育成
第46回(2015年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
長岡市立中野俣小学校
愛鳥活動を通して育てる、ふるさと長岡を愛する心
第45回(2014年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
長岡市立南中学校
「平和学習」の取組みによる、郷土を愛し、志をもって生きる生徒の育成
第44回(2013年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
上越市立城北中学校
夢や目標をもち、主体的に活動する生徒の育成~地域と進めるキャリア教育を中核に~
第43回(2012年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
上越市立大手町小学校
子どもの想いや願いを生かす、先進的な「教育課程」の実践
第44回(2013年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
佐渡市立小木中学校
ふるさとを愛する心と表現する力をはぐくむ活動~宿根木観光ボランティアガイド活動~
第42回(2011年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
佐渡市立行谷小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
「佐渡の空に再びトキを」をキャッチフレーズに掲げた環境保全活動
第40回(2009年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
聖籠町立聖籠中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
住民参加による学校構想づくり、教科センター方式を核とした教育課程の開発
第35回(2004年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
上越市立高志小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
子どもに学び、子どもと共に創る「相違・創意・総意」と進化する教育課程の創造
第39回(2008年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
上越市立大潟町小学校
学校・家庭・地域の融合による「こころの教育」への取組
第37回(2006年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
見附市立新潟小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
伝統の「獅子舞」の継承活動による、地域に誇りをもつ心豊かな子どもの育成
第44回(2013年度) 日本文化理解教育部門 新潟県 団体
弥彦村立弥彦小学校・弥彦村立弥彦中学校・彌彦神社氏子青年会【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
弥彦村を挙げて取り組む、小中一体での、伝統文化の伝承とふるさと教育
第42回(2011年度) 日本文化理解教育部門 新潟県 団体
柏崎市立高柳小学校
伝統文化の体験を通した、ふるさとを愛する子どもの育成
第46回(2015年度) 日本文化理解教育部門 新潟県 団体
末武久人(長岡市立青葉台中学校教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
海外の生徒とe-mailやTV会議で、環境、食文化など今日的な話題を話し合う、未来の国際人育成への貢献
第38回(2007年度) 文化教養育成部門 新潟県 個人
佐渡市立片野尾小学校
調べ学習と一体となった、20年以上にわたる農村歌舞伎の伝承
第35回(2004年度) 文化教養育成部門 新潟県 団体
受賞者名・活動タイトル
林 次一
聴覚障害児教育一筋に30年、聾児の言語指導法の研究に専心し、実績をあげてきた。昭和31年以来、新潟県立長岡聾学校と提携協力し、新潟大学との共同研究「聾児の特異性の研究」を推進した。この成果は、大学の教育、心理、医学の分野と学校現場の教育実践との総合研究になるものであり、わが国でも高く評価されたが、その推進のかなめとして、同氏の学校現場における采配と指導、協力があずかって大なるものがあった。また、学校における言語指導の副教科書の編集、聴能教育の改善充実等に努力し、全日本聾教育研究会副会長、全国聾学校長会副会
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
田中 久直
地域における児童の生活の実態に即したすぐれた国語教育指導法の建設に努めている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
上越市立大町小学校
従来から地区における教育研究推進の中心校としての役割を果たしてきたが、とくに近年は全校体制の下に国語教育に関する研究主題にとりくみ、児童の作文力を高めてきた。最近では「文学における創造読みの指導」の研究に着手する等実践上の成果が著しい。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
谷澤 隆一
児童の言語能力の発達に関する実証的研究に基づいて国語科学習指導の改善をはかり、地域の国語教育研究推進の中心として実績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
新潟市立鏡渕小学校
国語科教育における読書指導を図書館の資料の充実とも関連させながら、具体的に研究し、国語教育の新生面を開いた研究活動は高く評価される。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松之山町立松之山小学校
校長はじめ全職員が一致協力して着実な研究を進め、地域に取材する自作教材の開発、児童の自主的学習の推進等を通して、国語能力の向上に多大の成果を収めたことは、小規模校における国語教育の発展に影響するところが大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長岡市立大島小学校
英語を中心とした総合的・体系的国際理解教育
受賞年度第33回(2002年度)
部門国際理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小竹 省三
長年の国語教育実践と、児童・生徒の学力調査の実態に基づき、国語科指導計画の明確化・実践化のために、常に先駆的研究努力を続け、県下の国語教育進展に寄与している。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
計良 益夫
言語障害特殊学級開設以来、多くの困難を克服しながら、地域の特性に即して、通級、訪問、巡回の指導方式を取り入れ、効果的な教育形態を工夫して、言語障害児の指導に多大の成果を挙げた。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
細川 浩一
国語科の教育評価、国語学力検査、文章読解力検査等の基礎調査に基づいて、教材の精選を行い、授業実施計画をたて、着実な実践研究に打ち込む一方、新しい教育課題の実施をめざして、後進の指導にあたり、国語教育の振興に努めている。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三島郡与板町立与板小学校
一貫して「個を生かす授業の追求」を主眼に研究と実践を重ね、その研究成果は県内におけるこの面での先導的役割を果すものとして、高く評価されている。最近では子どもが主体的に学習することを中心に書く力を高める指導実践に大きな成果をあげている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田村 孝
長年、小・中学校の国語教育の実践と研究に当たり、読解指導、読書指導、作文指導にすぐれた実績をあげ、地域及び全国的な規模における国語教育研究団体の運営及び研究活動の推進を通して、後進の育成に尽力してきた。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
本間 俊夫
県下における言語障害特殊学級創設以来、一貫して言語障害児の指導に取り組み、着実な実践研究を重ねて成果をあげてきた。特に、研修活動や県内外の啓蒙活動にも指導者としての役割を果たし、この教育の発展に大きく貢献している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
長谷川 新
40年間にわたり、小・中学校における読解指導、読書指導、作文指導等の実践的研究に意欲的に取り組み、多くの実績をあげてきた。また、地域の国語教育研究団体の中心的立場で、その指導と運営に尽力し、国語教育の振興に大きく寄与してきた。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
稲垣シズヱ
長年にわたり、意欲的に言語障害児に対する言語指導を行うとともに、各種研究会等に参加し、実践的研究の成果を発表してきた。また、障害児の就学指導及び関係諸機関との連携協力などにも努め、地域におけるこの教育の振興、充実に貢献した功績は大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
荒川 勇 文部科学大臣賞
長年にわたり、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に尽力し、また、聾教育史及び聾教育理論等に関する著述活動にも力を注いできた。これらの活動は、我が国のこの教育に多大の影響を与えるとともに、その発展と充実に寄与した功績は極めて大きい。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
佐々木典雄
長年にわたって国語教育の実践と研究に努め、特に個人差に応じた学習指導法の開発、図書館教育を通じての言語環境の整備等に多大の成果をあげてきた。また、県内の研究活動を積極的に推進し、国語教育の発展に寄与した功績は大きい。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
上越国語教育連絡協議会
長年にわたり地域の国語教育連絡協議団体として、研究と実践の推進に取り組み、地区内はもとより、県内外の国語教育の刷新と充実に顕著な足跡を残してきた。特に、地区内の実情と実態の変化に対応しつつ、実践の改善に努めている実績は高く評価されている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中川 政八
多年、島内の言語障害児の指導に従事し、多大の成果をあげた。また、この間、継続的に数多くの研究を発表して、効果的な言語指導法の工夫に努力してきた。これらの実践的活動は地域におけるこの分野の教育に寄与している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
村山 芳正
児童の好む略画を通しての物語文の展開の読み取り、文章表現における指導内容の分析と構成の指導、基礎学力向上を意図した年間指導計画の作成、発想を重視した作文指導、家庭での五分間朗読などに成果をあげ、国語教育の振興に寄与している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
美濃 美蔵
一貫して国語教育の現場で、児童の表現力の育成に尽力してきた。特に、音声表現では音読の指導、書く作業との関連指導について、また、作文指導では、書く活動を活発にする指導について、それぞれ成果をあげた。その実績は高く評価される。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
柏崎市立鵜川小学校・鵜川中学校 文部科学大臣賞
「綾子舞」は、中世芸能の純粋な姿を今に伝える貴重な遺産である。この舞の伝承を小学校次いで中学校の授業に組み入れ、技能の習得の過程で、感性の伸長、郷土愛の育成にも多大の成果をあげてきた。伝統文化継承の見事な実践例として全国的に注目されている。
受賞年度第21回(1990年度)
部門伝統文化教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上野 潔
小・中学校を通して、学校図書館教育における読書指導、作文指導におけるノートの活用などに着実な実践を積み重ねて、優れた実績をあげてきた。また、研究団体の運営に力を注ぎ、後進の育成に務め、県内外の国語教育の振興に貢献している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
糸魚川市立大和川小学校
「ことばの力を育てる授業の創造」を目指して、国語の授業研究を重ね、実践研究の発表をするなど実証的に研究を進めてきた。その成果は、実践的に工夫された授業改善の提案を通して、地区内のみならず県内の国語教育の推進と向上に大きく寄与している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
安藤 耕平
中学校の作文指導、文学教材の指導、語句指導等に多くの優れた成果をあげてきた。また教材研究会で指導的役割を果したほか、研究団体の運営推進に当たり、国語教育における実践上の問題点とその改善の方途を提案するなど、国語教育の進展に貢献している。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
桑原 正夫
国語教育の各分野にわたって実践と研究に努め「子どもの側に立つ国語科単元学習」を提唱して、著しい成果を示してきた。また国語教育研究団体を結成して運営にかかわり、県内外の交流を推進して、多くの後進を育ててきた業績は高く評価される。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
丸山 英二
表現・理解・言語事項・読書指導など、国語教育の各分野にわたり、その実践と研究に意欲的に取り組み、多くの成果をあげてきた。また国語教育研究団体における後進の育成、各地域間の指導者の連携・協力への活動など、県内国語教育の進展に寄与している。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
村上市立村上小学校 文部科学大臣賞
地域と連携、協働し、伝統文化の継承、地域への貢献を図る教育活動の推進
受賞年度第49回(2018年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐渡郡金井町立金井小学校「ことば・難聴教室」
長年にわたり島内唯一の「ことば・難聴教室」として、言語や聴力に問題のある子どもの指導に尽くして来た。また「教室だより」を定期的に刊行し、併設する精神薄弱および情緒障害学級と一体となって、保護者や関係機関と連繋する地域ネットワークの確立に貢献した。
受賞年度第25回(1994年度)
部門特殊教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
新井市立新井中学校
「一人一人の可能性を伸ばす」ことを目標に教育活動を進めてきたが、特に生活の中での書く活動を習慣化するよう力を注いできた。その結果、作文による豊かな自己表現力の育成・向上に大きな成果をあげるとともに、生徒の学習活動全般の充実にも貢献するところが大きい。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
「はばたけ21の会」
地域が推進する環日本海交流の一翼として、企業・団体・市民の有志が自治体などの協力をえて、毎年、ロシア極東から多数の子どもを招き、地元児童との交流を図り、相互理解を深める事業を続けてきた。草の根の社会貢献活動として今後の継続的な発展が期待される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小島 孝夫
長年にわたる教員生活において、一貫して国語教育の研究と推進に取り組んできた。この間における教育課程の推移に伴う学習指導の改善をはじめ、「子どもの側に立つ」教材観に基づく実践的提案は、県内国語教育の進展に寄与するところが極めて大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
十日町市立赤倉小学校
児童数9人の山間校が、伝統芸能「赤倉神楽」の保存につとめるとともに、それを通してインドの伝統舞踊団との交流を深め、さらにインドで開かれた日本文化紹介の催しに地域ぐるみで参加するなど、ユニークな国際理解活動を進めていることは、大いに注目される。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国際理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
水澤 潔
国語教育の実践者として国語科指導の先駆的な研究を積み重ね、その理論と実践は、新潟県における小学校国語の授業に多大な影響を与えてきた。さらに、指導行政や教育研究団体役員の立場からリーダーシップを発揮し、県内国語科教育の振興に寄与した功績は大きい。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
刈羽村立刈羽小学校
農村地帯にある小学校であるが、地域の特質に根差しつつ、国際的な交流教育を行おうとしている。そのため、学校がおかれた地域社会の理解と、国際交流とを組み合わせて指導計画を作成している。またいくつかの異なる国から外国人を招いて、児童が外国人と直接に接し、楽しく視野を広げる工夫を行なっている。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国際理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
両津市立野浦小学校
地域に伝わる文弥人形や春駒踊りを学校教育に組み入れ、学校と地域社会が一体になって豊かな心を育てる教育活動を展開している。活動の成果を校区の老人会で発表したり他校と積極的に交流したりするなど、活動を通して、ふるさとを愛し、ふるさとに誇りをもてる子どもたちが育っているとともに、伝承活動が地域の活性化にもつながっている。
受賞年度第32回(2001年度)
部門伝統文化教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大潟町立大潟町小学校
校内にある知的障害、情緒障害、肢体不自由学級を活かした交流学級を設け、全校を挙げての交流教育を積極的に展開し、優れた成果を挙げている。交流を学校経営の中に、システムとして定着させる指導実践は、障害への日常的な体験的理解を通しての豊かな人間教育を目指すものであり、これからの特別支援教育のモデルとしても高く評価される。
受賞年度第32回(2001年度)
部門特殊教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
津南町立津南中学校 文部科学大臣賞
町を支え、町に支えられて行う、地域貢献の取組
受賞年度第48回(2017年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
新潟いなほの会 ー発達障害児者親の会ー
親の会が主催する親と教師と本人を交えた個別の指導計画の立案と評価を行う事例検討会
受賞年度第42回(2011年度)
部門特別支援教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
見附市立見附小学校
各教科等における言語活動の充実を職員研修の中核に位置づけた実践研究の推進
受賞年度第41回(2010年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田上町立田上小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域との協働による地域文化を深める学習材化システムの構築
受賞年度第37回(2006年度)
部門文化教養育成部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長岡市立千手小学校
地域とともに本好きの子どもを育てる学校図書館づくり DO-IT Japan
受賞年度第42回(2011年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐渡市立羽茂小学校
かかわり合いながら伝える力を高める子どもの育成
受賞年度第46回(2015年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立飯小学校
中規模校における多面的な特別支援教育推進体制構築のモデル
受賞年度第37回(2006年度)
部門特別支援教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立大町小学校
思考力を育む「対話」を核とした教育活動の創造
受賞年度第36回(2005年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
胎内市立中条小学校
地域と協働し、ふるさとへの思いを高める子どもの育成
受賞年度第46回(2015年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長岡市立中野俣小学校
愛鳥活動を通して育てる、ふるさと長岡を愛する心
受賞年度第45回(2014年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長岡市立南中学校
「平和学習」の取組みによる、郷土を愛し、志をもって生きる生徒の育成
受賞年度第44回(2013年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立城北中学校
夢や目標をもち、主体的に活動する生徒の育成~地域と進めるキャリア教育を中核に~
受賞年度第43回(2012年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立大手町小学校
子どもの想いや願いを生かす、先進的な「教育課程」の実践
受賞年度第44回(2013年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐渡市立小木中学校
ふるさとを愛する心と表現する力をはぐくむ活動~宿根木観光ボランティアガイド活動~
受賞年度第42回(2011年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐渡市立行谷小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
「佐渡の空に再びトキを」をキャッチフレーズに掲げた環境保全活動
受賞年度第40回(2009年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
聖籠町立聖籠中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
住民参加による学校構想づくり、教科センター方式を核とした教育課程の開発
受賞年度第35回(2004年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立高志小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
子どもに学び、子どもと共に創る「相違・創意・総意」と進化する教育課程の創造
受賞年度第39回(2008年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上越市立大潟町小学校
学校・家庭・地域の融合による「こころの教育」への取組
受賞年度第37回(2006年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
見附市立新潟小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
伝統の「獅子舞」の継承活動による、地域に誇りをもつ心豊かな子どもの育成
受賞年度第44回(2013年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
弥彦村立弥彦小学校・弥彦村立弥彦中学校・彌彦神社氏子青年会【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
弥彦村を挙げて取り組む、小中一体での、伝統文化の伝承とふるさと教育
受賞年度第42回(2011年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
柏崎市立高柳小学校
伝統文化の体験を通した、ふるさとを愛する子どもの育成
受賞年度第46回(2015年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
末武久人(長岡市立青葉台中学校教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
海外の生徒とe-mailやTV会議で、環境、食文化など今日的な話題を話し合う、未来の国際人育成への貢献
受賞年度第38回(2007年度)
部門文化教養育成部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
佐渡市立片野尾小学校
調べ学習と一体となった、20年以上にわたる農村歌舞伎の伝承
受賞年度第35回(2004年度)
部門文化教養育成部門
所在地新潟県
団体/個人団体