博報賞

過去の受賞者| 所在地 (長野県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
長野県立長野聾学校
聴覚障害児の能力、特性に即する教育課程を編成し、適切な教育環境の整備に成果をあげている。特に、障害児の教育相談、早期発見と早期教育およびインテグレーションに関しては、着実な研究実践活動を続けている。また、教育機器の活用と個別化学習システムの開発、養護・訓練の指導等の研究と実践についても開拓的努力を行っている。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 長野県 団体 ---
長野県国語教育学会
昭和31年創設以来、県下の国語教育実践の振興と発展を図り、多くの国語教育における人材を育て、県内国語教育の推進と発展に寄与している功績が極めて大きい。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 長野県 団体 ---
鈴木 篤郎 文部科学大臣賞
長年にわたり熱心に聴覚障害児の診断と治療に取り組み、医学の分野から聴覚障害児教育に大きく貢献している。特に戦後早くから欧米にさきがけて、三歳児以下の幼児聴力測定法を開発し、国際的に聴覚障害児の早期発見に寄与した功績はきわめて大きい。
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 長野県 個人 ---
近藤 頼道
長年にわたって小学校の国語教育に従事し、話しことばの教育、読書指導などに重点を置いた実践に努めるとともに、地域の国語教育団体の運営・発展に貢献してきた。また、県内の国語教育史の実証的研究の成果は、これからの国語教育の貴重な資料となるものである。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 長野県 個人 ---
大西酉喜子
聴覚障害幼児の早期教育の実践に長年取り組み、特に言語指導、聴能訓練による諸能力の開発を目指した綿密な研究を積みあげてきた。その具体的な成果の発表を通して、聴覚障害幼児の教育の推進に努め、この教育の発展に大きく寄与している。
第16回(1985年度) 聴覚障害教育部門 長野県 個人 ---
社団法人信濃教育会 文部科学大臣賞
明治19年創設以来一貫して長野県の教育刷新と充実のため、多方面にわたる研究調査活動及び諸事業を行い、県下の教育振興と教員の資質向上に先達的役割を果たしてきた。特に、明治期以降教科書編集を含めた国語教育の実践と研究の成果は全国的に高く評価されている。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 長野県 団体 ---
松本ろう学校
長年にわたり、望ましい言語指導の在り方を追及し、特に、乳幼児の教育相談や幼稚部における絵日記の指導等、言語を育てる素地作りに努力してきた。また近年においては、コンピュータの導入による言語指導の方法を指向するなど、意欲的な教育実践を行っている。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 長野県 団体 ---
長野県難聴言語障害児学級担任者会
昭和47年設立以来、毎年、全会員対象の定例研究会や県内各地の研修会を開き、担任者相互の資質の向上を積極的に図ってきた。また、全難言協全国大会を開催、難聴・言語障害学級経営の手引きを配布するなどして、大会を成功に導いた。これらの功績は大きい。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 長野県 団体 ---
宮下 勅夫
小・中学校における作文指導、文学教育、説明的文章の読解指導、文法指導など、各分野にわたって研究実践を深めるとともに、数多くの論文を公表し高く評価されている。また、全国的規模の研究会との交流にも尽力し、県内外の国語教育の充実発展に大きく貢献している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 長野県 個人 ---
菅井 建吉
20年にわたり、一貫して中学校国語教育における文型の応用的研究と指導に力を注いできた。研究のため団体を組織し、教材文の文型を調査分析して、文学作品、説明文等における特色とその指導に関する成果を公表するなど、国語教育の充実に資するところが大きい。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 長野県 個人 ---
信州大学教育学部附属養護学校
学校創設以来、一人一人の児童生徒が目当てに向かって喜々として取り組み、豊かに育つ学校生活の在り方を目指した教育実践を推進してきた。特に、「地域社会と応答し合う学校生活の創造」に関する継続的実践研究は、全国的に多くの貴重な資料を提供している。
第23回(1992年度) 長野県 長野県 団体 ---
飯田市立飯田東中学校 文部科学大臣賞
先輩から後輩へと引き継がれて40年。飯田市のシンボルとなるまでに育てられてきた「りんご並木」は、人々の心にうるおいを与えている。また収獲されたりんごを老人ホーム等に届けるなど地域におけるこの活動は、優れた貴重な教育実践である。
第25回(1994年度) 伝統文化教育部門 長野県 団体 ---
諏訪義十・あき子 文部科学大臣賞
昭和50年に山村留学事業が始まるや、その意義に共感し、里親農家の取りまとめに奔走した。自らも里親となり、これまでに100名を超える都会の子どもたちに対し、農村生活に伝わる文化や伝統、また、日常的な礼儀としての躾なども指導してきた業績は高く評価される。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 長野県 個人 ---
湯澤 正範
一貫して国語教育を追究、認識・思考の構造を明らかにする文・文章の研究を続け、文章構造を図化する方法を確立した。その成果を国語教育で生かすとともに、後進の指導育成に努めるなど、地域の国語教育に影響を与えた実績は注目に値する。
第28回(1997年度) 国語教育・日本語教育部門 長野県 個人 ---
上田市立菅平小学校
主体的に地域を学ぶ全児童参加型の会社「菅小ドリームワークス」
第48回(2017年度) 教育活性化部門 長野県 団体
松本市立源池小学校
相撲を中心とした、子ども・保護者・住民の連携による学校づくり・町づくり
第44回(2013年度) 教育活性化部門 長野県 団体
阿南町立阿南第二中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
40年間にわたる「盆踊り」と「雪祭り」の保存継承活動を通して、生徒に郷土愛と生きる力を育む教育の実践
第39回(2008年度) 日本文化理解教育部門 長野県 団体
上田市立清明小学校
地域のひと・もの・ことに学ぶ「ふるさと学習」の実践
第45回(2014年度) 教育活性化部門 長野県 団体
読書の森 読りーむ in ちの
公民協働による読書推進活動「読書の森づくり」
第47回(2016年度) 国語・日本語教育部門 長野県 団体
特定非営利活動法人 グリーンウッド自然体験教育センター
子どもが田舎の生活体験から学ぶ山村留学の実践
第37回(2006年度) 教育活性化部門 長野県 団体
松江市立雑賀小学校
1年生におけるひらがなの読みの実態把握と指導・支援
第47回(2016年度) 特別支援教育部門 島根県 団体
上田市立西内小学校
親子で薪割り、窯炊き体験をする、全校あげての19年間の焼き物作り体験活動
第38回(2007年度) 教育活性化部門 長野県 団体
小泉山体験の森創造委員会
地域、学校、行政のパートナーシップによる自然体験学習の里山づくり
第37回(2006年度) 教育活性化部門 長野県 団体
丸子町立丸子北中学校
地域に役立つ体験活動を中心とした地域と一体になった学校づくり
第36回(2005年度) 教育活性化部門 長野県 団体
受賞者名・活動タイトル
長野県立長野聾学校
聴覚障害児の能力、特性に即する教育課程を編成し、適切な教育環境の整備に成果をあげている。特に、障害児の教育相談、早期発見と早期教育およびインテグレーションに関しては、着実な研究実践活動を続けている。また、教育機器の活用と個別化学習システムの開発、養護・訓練の指導等の研究と実践についても開拓的努力を行っている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長野県国語教育学会
昭和31年創設以来、県下の国語教育実践の振興と発展を図り、多くの国語教育における人材を育て、県内国語教育の推進と発展に寄与している功績が極めて大きい。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鈴木 篤郎 文部科学大臣賞
長年にわたり熱心に聴覚障害児の診断と治療に取り組み、医学の分野から聴覚障害児教育に大きく貢献している。特に戦後早くから欧米にさきがけて、三歳児以下の幼児聴力測定法を開発し、国際的に聴覚障害児の早期発見に寄与した功績はきわめて大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
近藤 頼道
長年にわたって小学校の国語教育に従事し、話しことばの教育、読書指導などに重点を置いた実践に努めるとともに、地域の国語教育団体の運営・発展に貢献してきた。また、県内の国語教育史の実証的研究の成果は、これからの国語教育の貴重な資料となるものである。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大西酉喜子
聴覚障害幼児の早期教育の実践に長年取り組み、特に言語指導、聴能訓練による諸能力の開発を目指した綿密な研究を積みあげてきた。その具体的な成果の発表を通して、聴覚障害幼児の教育の推進に努め、この教育の発展に大きく寄与している。
受賞年度第16回(1985年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
社団法人信濃教育会 文部科学大臣賞
明治19年創設以来一貫して長野県の教育刷新と充実のため、多方面にわたる研究調査活動及び諸事業を行い、県下の教育振興と教員の資質向上に先達的役割を果たしてきた。特に、明治期以降教科書編集を含めた国語教育の実践と研究の成果は全国的に高く評価されている。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松本ろう学校
長年にわたり、望ましい言語指導の在り方を追及し、特に、乳幼児の教育相談や幼稚部における絵日記の指導等、言語を育てる素地作りに努力してきた。また近年においては、コンピュータの導入による言語指導の方法を指向するなど、意欲的な教育実践を行っている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長野県難聴言語障害児学級担任者会
昭和47年設立以来、毎年、全会員対象の定例研究会や県内各地の研修会を開き、担任者相互の資質の向上を積極的に図ってきた。また、全難言協全国大会を開催、難聴・言語障害学級経営の手引きを配布するなどして、大会を成功に導いた。これらの功績は大きい。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮下 勅夫
小・中学校における作文指導、文学教育、説明的文章の読解指導、文法指導など、各分野にわたって研究実践を深めるとともに、数多くの論文を公表し高く評価されている。また、全国的規模の研究会との交流にも尽力し、県内外の国語教育の充実発展に大きく貢献している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
菅井 建吉
20年にわたり、一貫して中学校国語教育における文型の応用的研究と指導に力を注いできた。研究のため団体を組織し、教材文の文型を調査分析して、文学作品、説明文等における特色とその指導に関する成果を公表するなど、国語教育の充実に資するところが大きい。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
信州大学教育学部附属養護学校
学校創設以来、一人一人の児童生徒が目当てに向かって喜々として取り組み、豊かに育つ学校生活の在り方を目指した教育実践を推進してきた。特に、「地域社会と応答し合う学校生活の創造」に関する継続的実践研究は、全国的に多くの貴重な資料を提供している。
受賞年度第23回(1992年度)
部門長野県
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
飯田市立飯田東中学校 文部科学大臣賞
先輩から後輩へと引き継がれて40年。飯田市のシンボルとなるまでに育てられてきた「りんご並木」は、人々の心にうるおいを与えている。また収獲されたりんごを老人ホーム等に届けるなど地域におけるこの活動は、優れた貴重な教育実践である。
受賞年度第25回(1994年度)
部門伝統文化教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
諏訪義十・あき子 文部科学大臣賞
昭和50年に山村留学事業が始まるや、その意義に共感し、里親農家の取りまとめに奔走した。自らも里親となり、これまでに100名を超える都会の子どもたちに対し、農村生活に伝わる文化や伝統、また、日常的な礼儀としての躾なども指導してきた業績は高く評価される。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
湯澤 正範
一貫して国語教育を追究、認識・思考の構造を明らかにする文・文章の研究を続け、文章構造を図化する方法を確立した。その成果を国語教育で生かすとともに、後進の指導育成に努めるなど、地域の国語教育に影響を与えた実績は注目に値する。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
上田市立菅平小学校
主体的に地域を学ぶ全児童参加型の会社「菅小ドリームワークス」
受賞年度第48回(2017年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松本市立源池小学校
相撲を中心とした、子ども・保護者・住民の連携による学校づくり・町づくり
受賞年度第44回(2013年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
阿南町立阿南第二中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
40年間にわたる「盆踊り」と「雪祭り」の保存継承活動を通して、生徒に郷土愛と生きる力を育む教育の実践
受賞年度第39回(2008年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上田市立清明小学校
地域のひと・もの・ことに学ぶ「ふるさと学習」の実践
受賞年度第45回(2014年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
読書の森 読りーむ in ちの
公民協働による読書推進活動「読書の森づくり」
受賞年度第47回(2016年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
特定非営利活動法人 グリーンウッド自然体験教育センター
子どもが田舎の生活体験から学ぶ山村留学の実践
受賞年度第37回(2006年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松江市立雑賀小学校
1年生におけるひらがなの読みの実態把握と指導・支援
受賞年度第47回(2016年度)
部門特別支援教育部門
所在地島根県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上田市立西内小学校
親子で薪割り、窯炊き体験をする、全校あげての19年間の焼き物作り体験活動
受賞年度第38回(2007年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小泉山体験の森創造委員会
地域、学校、行政のパートナーシップによる自然体験学習の里山づくり
受賞年度第37回(2006年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
丸子町立丸子北中学校
地域に役立つ体験活動を中心とした地域と一体になった学校づくり
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地長野県
団体/個人団体

関連情報