博報賞

過去の受賞者| 所在地 (宮城県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
志田郡三本木町立三本木小学校
国語教育との関連を中心とした「学習効果を高めるための学校図書館の整備と活用についての研究」は、国語科指導と学校図書館教育との関連を明かにし、その研究成果は全国の小学校における教育課程のうえに貢献するところが著しい。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
仙台市立荒町小学校
全校をあげての長期にわたる実践と研究は、読解・作文の指導をはじめとして、教育機器活用による国語教育の面においても多大の成果を収め、国語教育の推進に寄与するところが大きい。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
宮城県立聾学校
長年にわたって、聴覚障害教育の実践に地道に取り組み、着実な成果を収め、視聴覚機器の活用による指導に顕著な実績を挙げ、この教育の発展、充実に努力している。
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 宮城県 団体 ---
宮城県連合小学校教育研究会国語研究部
宮城県小学校国語研究会の創設以降、会の伝統と研究業績を受け継ぎ、県内の国語教育の充実と推進に尽力してきた。特に児童文集「作文宮城」の継続的発刊は国語研究部の大きな実績として他県からも注目されており、東北一円の国語教育の向上に果す役割も大きい。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
仙台市立木町通小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、言語障害児に対する指導、研究活動及び通常の学級との連携などにたゆみない努力を続けてきた。特に、研究会、講習会の開催、機関誌の発行などを通じて、県内の言語障害教育の振興、充実に寄与した功績は大きい。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 宮城県 団体 ---
仙台市立向山小学校
読む・書く・話す活動の関連指導を通しての児童の発表力の育成、文脈に即した語句の指導による文章の確実な理解力の向上などを中心に、数年にわたり実践研究を重ねてきた。その結果を常に公開しつつ世に問い、国語教育の推進向上のため努力してきた功績は大きい。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
千葉洋子
栗駒小学校子ども神楽を長年指導
第33回(2002年度) 伝統文化教育部門 宮城県 個人
宮城県国際理解教育研究会 文部科学大臣賞
海外での日本人子女教育の経験を生かして、全教科を関連させた国際理解総合カリキュラムの推進、地域社会の実状に即した個人レベルの体験の重視、ボランティアグループとの提携、シンポジウムの開催など、独創的で先導的な研究と実践は高く評価される。
第23回(1992年度) 国際理解教育部門 宮城県 団体 ---
宮城県立盲学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、盲学校における重複障害児の指導内容、方法、教材・教具の開発等の実践的な研究に取り組んできた。特に、児童生徒の積極的な活動を促すための教師のかかわり方に視点を当てた昭和63年度からの継続的な事例研究は、全国的に高い評価を得ている。
第24回(1993年度) 宮城県 宮城県 団体 ---
白石 嘉弘
長年にわたり、宮城県内における国語教育の振興と充実のため尽力してきた。特に、「作文宮城」の編集には20余年にわたって力を注ぎ、県全体の作文力の向上に寄与した功績は大きい。また、仙台市内の国語教育の指導者としての業績にも顕著なものがある。
第25回(1994年度) 国語教育部門 宮城県 個人 ---
渋谷 孝
多年にわたる国語教育研究に著しい実績を収めてきたが、特に国語教育の在り方についての根本的、積極的提言は、全国的に大きな影響を及ぼしている。また、宮城県や仙台市における国語教育研究への助言と指導は、地域の国語教育の担い手の育成にも貢献している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 宮城県 個人 ---
都城市立御池小学校 文部科学大臣賞
へき地小規模校の長所を生かしながら、「学校と自分に誇りと自信をもつ子どもを育てる作文指導」を主題として研究と実践に全校で努力してきた。また、地域の自然を生かす教育活動を様々に工夫し、作文指導の実践的研究に生かしてきた。これらの成果は高く評価される。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
冠のふるさと伝承まつり推進校
小・中学校4校で構成する推進校にあっては、「鹿踊・剣舞」「アセ踊り」「大正踊り」「しの笛の演奏」などの民俗芸能を、学校の教育活動として位置付けている。その交流と発表の場を通して、地域の民俗芸能への関心を深めるとともに、豊かな心を育成している。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 宮城県 団体 ---
外国人の子ども・サポートの会
外国につながる子どもの日本語・教科学習のサポート
第49回(2018年度) 国際文化理解教育部門 宮城県 団体
一般社団法人 教育総合支援機構 ゆわう
産学官民連携による社会人特別授業の推進
第47回(2016年度) 教育活性化部門 宮城県 団体
仙台市不登校支援ネットワーク【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
産・学・民連携による不登校児童生徒支援モデルの展開
第42回(2011年度) 教育活性化部門 宮城県 団体
ハート&アート空間“ビーアイ”
17年続くワークショップ形式のユニークな表現活動による課外教育支援活動
第36回(2005年度) 教育活性化部門 宮城県 団体
受賞者名・活動タイトル
志田郡三本木町立三本木小学校
国語教育との関連を中心とした「学習効果を高めるための学校図書館の整備と活用についての研究」は、国語科指導と学校図書館教育との関連を明かにし、その研究成果は全国の小学校における教育課程のうえに貢献するところが著しい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
仙台市立荒町小学校
全校をあげての長期にわたる実践と研究は、読解・作文の指導をはじめとして、教育機器活用による国語教育の面においても多大の成果を収め、国語教育の推進に寄与するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮城県立聾学校
長年にわたって、聴覚障害教育の実践に地道に取り組み、着実な成果を収め、視聴覚機器の活用による指導に顕著な実績を挙げ、この教育の発展、充実に努力している。
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮城県連合小学校教育研究会国語研究部
宮城県小学校国語研究会の創設以降、会の伝統と研究業績を受け継ぎ、県内の国語教育の充実と推進に尽力してきた。特に児童文集「作文宮城」の継続的発刊は国語研究部の大きな実績として他県からも注目されており、東北一円の国語教育の向上に果す役割も大きい。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
仙台市立木町通小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、言語障害児に対する指導、研究活動及び通常の学級との連携などにたゆみない努力を続けてきた。特に、研究会、講習会の開催、機関誌の発行などを通じて、県内の言語障害教育の振興、充実に寄与した功績は大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
仙台市立向山小学校
読む・書く・話す活動の関連指導を通しての児童の発表力の育成、文脈に即した語句の指導による文章の確実な理解力の向上などを中心に、数年にわたり実践研究を重ねてきた。その結果を常に公開しつつ世に問い、国語教育の推進向上のため努力してきた功績は大きい。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
千葉洋子
栗駒小学校子ども神楽を長年指導
受賞年度第33回(2002年度)
部門伝統文化教育部門
所在地宮城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
宮城県国際理解教育研究会 文部科学大臣賞
海外での日本人子女教育の経験を生かして、全教科を関連させた国際理解総合カリキュラムの推進、地域社会の実状に即した個人レベルの体験の重視、ボランティアグループとの提携、シンポジウムの開催など、独創的で先導的な研究と実践は高く評価される。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国際理解教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮城県立盲学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、盲学校における重複障害児の指導内容、方法、教材・教具の開発等の実践的な研究に取り組んできた。特に、児童生徒の積極的な活動を促すための教師のかかわり方に視点を当てた昭和63年度からの継続的な事例研究は、全国的に高い評価を得ている。
受賞年度第24回(1993年度)
部門宮城県
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
白石 嘉弘
長年にわたり、宮城県内における国語教育の振興と充実のため尽力してきた。特に、「作文宮城」の編集には20余年にわたって力を注ぎ、県全体の作文力の向上に寄与した功績は大きい。また、仙台市内の国語教育の指導者としての業績にも顕著なものがある。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地宮城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
渋谷 孝
多年にわたる国語教育研究に著しい実績を収めてきたが、特に国語教育の在り方についての根本的、積極的提言は、全国的に大きな影響を及ぼしている。また、宮城県や仙台市における国語教育研究への助言と指導は、地域の国語教育の担い手の育成にも貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
都城市立御池小学校 文部科学大臣賞
へき地小規模校の長所を生かしながら、「学校と自分に誇りと自信をもつ子どもを育てる作文指導」を主題として研究と実践に全校で努力してきた。また、地域の自然を生かす教育活動を様々に工夫し、作文指導の実践的研究に生かしてきた。これらの成果は高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
冠のふるさと伝承まつり推進校
小・中学校4校で構成する推進校にあっては、「鹿踊・剣舞」「アセ踊り」「大正踊り」「しの笛の演奏」などの民俗芸能を、学校の教育活動として位置付けている。その交流と発表の場を通して、地域の民俗芸能への関心を深めるとともに、豊かな心を育成している。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
外国人の子ども・サポートの会
外国につながる子どもの日本語・教科学習のサポート
受賞年度第49回(2018年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
一般社団法人 教育総合支援機構 ゆわう
産学官民連携による社会人特別授業の推進
受賞年度第47回(2016年度)
部門教育活性化部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
仙台市不登校支援ネットワーク【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
産・学・民連携による不登校児童生徒支援モデルの展開
受賞年度第42回(2011年度)
部門教育活性化部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
ハート&アート空間“ビーアイ”
17年続くワークショップ形式のユニークな表現活動による課外教育支援活動
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地宮城県
団体/個人団体