博報賞

過去の受賞者| 所在地 (三重県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
度会郡御薗村立御薗小学校
三重県指定研究校として国語科における読書指導の研究にとりくみ、学校図書館の整備と活用をはかり、学級・学校新聞の作成に成果をあげる等、学校長を中心に全職員が一致して成果をあげてきた。さらに最近では、児童の作文指導に熱意を持ち作文技能の向上に著しい成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 三重県 団体 ---
上野市立東小学校
ブラジルなどの多くの外国人生徒受け入れと日本児童の国際理解教育を融合
第33回(2002年度) 国際理解教育部門 三重県 団体
桑名市立修徳小学校
昭和42年以来継続して「国語科の読みの指導」の研究を、全職員が一丸となって積極的に推進し、幾多の成果を収めてきた。特に、国語科の読むことの学習指導を通して、児童の主体性の開発に目標をおいた修徳プランは、国語科指導過程に大きな示唆を与え、県内における読解・読書指導の研究に一つの足がかりを築き、国語教育推進のため大きな貢献をした。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 三重県 団体 ---
鈴鹿市立若松小学校
充実した校内研究体制のもとに、国語科における理解表現力の向上を基盤としつつ、各教科の学習指導にまで及ぶ研究を継続することにより、県内国語教育の発展と向上に貢献している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 三重県 団体 ---
吉田 正彦
国語科の学習の在り方、活力のある教育活動に一貫して関心を抱いて追求してきた。特に教材研究に力を注ぎ、教材の解釈が児童の読みにどうかかわるかの研究に努力した。また、教育研究誌を10年余り企画編集執筆し、国語教育の進展に大きく寄与した。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 三重県 個人 ---
紀伊長島町立赤羽中学校 文部科学大臣賞
山間地の小規模校が、タイ山岳民族の中学校生徒との文通に始まった交流を、姉妹校提携、作品交換、自転車寄贈、募金バザー、相互の訪問へと発展させ、生徒の国際感覚の育成、地域社会の国際交流活動等に先導的役割を果した。10年にわたるその業績は賞賛に値する。
第28回(1997年度) 国際理解教育部門 三重県 団体 ---
中西智子 三重大学 教育学部 教授
子ども主体・地域イベント「子どもフェステイバル」のプロデュース
第34回(2003年度) 特別部門 三重県 個人
志摩郡阿児町立安乗中学校文楽クラブ
昭和53年4月、クラブ活動の一つとして、「文楽クラブ」を設置し、郷土の重要無形民俗文化財「安乗文楽」の練習を積み重ねてきた。その成果は、永年続けられてきた「神祭」や地域の催しなどで上演され、伝統芸能の継承・発展に大いに寄与している。
第25回(1994年度) 伝統文化教育部門 三重県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
度会郡御薗村立御薗小学校
三重県指定研究校として国語科における読書指導の研究にとりくみ、学校図書館の整備と活用をはかり、学級・学校新聞の作成に成果をあげる等、学校長を中心に全職員が一致して成果をあげてきた。さらに最近では、児童の作文指導に熱意を持ち作文技能の向上に著しい成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上野市立東小学校
ブラジルなどの多くの外国人生徒受け入れと日本児童の国際理解教育を融合
受賞年度第33回(2002年度)
部門国際理解教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
桑名市立修徳小学校
昭和42年以来継続して「国語科の読みの指導」の研究を、全職員が一丸となって積極的に推進し、幾多の成果を収めてきた。特に、国語科の読むことの学習指導を通して、児童の主体性の開発に目標をおいた修徳プランは、国語科指導過程に大きな示唆を与え、県内における読解・読書指導の研究に一つの足がかりを築き、国語教育推進のため大きな貢献をした。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鈴鹿市立若松小学校
充実した校内研究体制のもとに、国語科における理解表現力の向上を基盤としつつ、各教科の学習指導にまで及ぶ研究を継続することにより、県内国語教育の発展と向上に貢献している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉田 正彦
国語科の学習の在り方、活力のある教育活動に一貫して関心を抱いて追求してきた。特に教材研究に力を注ぎ、教材の解釈が児童の読みにどうかかわるかの研究に努力した。また、教育研究誌を10年余り企画編集執筆し、国語教育の進展に大きく寄与した。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地三重県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
紀伊長島町立赤羽中学校 文部科学大臣賞
山間地の小規模校が、タイ山岳民族の中学校生徒との文通に始まった交流を、姉妹校提携、作品交換、自転車寄贈、募金バザー、相互の訪問へと発展させ、生徒の国際感覚の育成、地域社会の国際交流活動等に先導的役割を果した。10年にわたるその業績は賞賛に値する。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国際理解教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中西智子 三重大学 教育学部 教授
子ども主体・地域イベント「子どもフェステイバル」のプロデュース
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別部門
所在地三重県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
志摩郡阿児町立安乗中学校文楽クラブ
昭和53年4月、クラブ活動の一つとして、「文楽クラブ」を設置し、郷土の重要無形民俗文化財「安乗文楽」の練習を積み重ねてきた。その成果は、永年続けられてきた「神祭」や地域の催しなどで上演され、伝統芸能の継承・発展に大いに寄与している。
受賞年度第25回(1994年度)
部門伝統文化教育部門
所在地三重県
団体/個人団体

関連情報