博報賞

過去の受賞者| 所在地 (京都府)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
船越 満二
教育諸条件の整備について、学校教育および社会教育の研究に力を注ぎ、すぐれた業績をあげている。とくに、わが国聾学校幼稚部の学級編成のあり方等についての基礎調査研究ならびに京都府立聾学校幼稚部の教育の向上について、幼稚部主事を始めとする全職員一丸となった共同研究の体制等氏の適切なる指導管理と識見によるところ大である。京都府立聾学校幼稚部の教育は、二歳児を始めとする幼児の言語指導に異色のある研究が行なわれ、その成果が実証されつつある。とくに、言語入門期のプログラム、言語指導用スライドの作成等の研究はわが国聴覚障
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 京都府 個人 ---
京都市国語教育研究会
大正9年設立以来、授業研究を主体とした研究活動をとおして国語教育の振興と発展に貢献し、その成果は全国的に知られている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体 ---
京都市立出水小学校
昭和41年難聴学級設置以来、聴覚障害教育を学校教育全体の中に正しく位置づけ、学校独自の教材の作成、教育機器の活用、鼓笛バンドの編成等すぐれた実績をあげた。その創造的・意欲的な実践活動は、全国の難聴特殊学級の教育に多くの示唆を与えている。
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 京都府 団体 ---
山口 薩記
早くから言語障害教育の必要性を提唱し、昭和35年聾学校長退職後は実際に自らが意欲的に指導にあたり、教育相談等を通して献身的な努力を続け、顕著な成果をあげ、言語障害児・者の言語指導に大きく貢献している。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 京都府 個人 ---
磨野 久一
長年にわたる小学校国語教育の実践と研究を通して、読解指導、教材研究、授業研究等の開拓と進展に貢献してきた。また、地域児童の言語環境の整備と学力向上を図って効果をあげ、現在も後進の指導育成に尽力している。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 京都府 個人 ---
鳥居 一夫
長年にわたって、小学校国語教育の実践と研究に従事し、特に読解指導、教材研究、授業研究等の開拓に力を尽くしてきた。また、30年にわたって、地域の国語教育研究団体の中核として、その運営に尽力し、国語教育の進展に寄与してきた功績は大きい。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 京都府 個人 ---
京都市立第三錦林小学校
「豊かな活動を通して自分の思いをすじみちを立てて話せる子ども」の育成を目指し、全校協力して実践活動を展開し、多大の成果を収めてきた。この結果、主体的学習態度の育成、教師の指導力の向上が図られるとともに、地域の国語教育にも重要な示唆を与えている。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体 ---
中川 正文 文部科学大臣賞
伝統文化を現代の児童文化に取り入れることによって、上方を中心とした伝統的文化の継承と復元を目指し、児童文化の広い範囲にわたり長年研究と実践教育を重ねてきた。特に「子どもの劇場」を足場とした健康で明るい児童文化財の創造と普及活動は高く評価されている。
第22回(1991年度) 伝統文化教育部門 京都府 個人 ---
京都市立鷹峯小学校
「自分の思いや考えを確かにしながら、読み表現する子ども」を10年間一貫した研究主題として、全職員が組織的に国語科指導の実践研究に取り組んできた。その成果は、公開発表を通して参会者に深い感銘を与え、地域の国語科授業の推進と発展に大きく寄与している。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体 ---
京都市立中京中学校
「世界のこどもと仲良くなろう」を実践目標に掲げ、北米・東アジア・大洋州の国々の生徒との手紙・作品の交換、相互の体験留学、交流や留学の体験を素材とした英語劇の上演、ネパールへの救援活動などを通して国際理解に取り組んでいる。この努力は高く評価できる。
第29回(1998年度) 国際理解教育部門 京都府 団体 ---
京都市立養正小学校 文部科学大臣賞
「いつでも・どこでも・読みたい時に本が手に取れる学校」を目指し、学校図書館の活用に全学的に取り組んできた。児童の実態に応じ読書コーナーを充実させ、小、中学校の図書館と連携を図り、また、言語環境の整備に取り組んできた成果は大変高く評価される。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 京都府 団体 ---
京都市立嵯峨中学校
平成元年に2年生の「嵯峨面」づくりから始まった伝承文化の教育は、嵯峨の地域めぐりや嵯峨狂言を題材にした創造劇「謄龍」の上演など学校全体の取り組みに発展した。その活動の意義は、単なる伝統文化の継承にとどまらず、その精神としての「嵯峨の心」を、全校一丸の生き生きとした学校づくりに生かしていることにある。
第30回(1999年度) 伝統文化教育部門 京都府 団体 ---
京都市立松尾小学校
人権教育、国際理解教育の視点を持って学級活動としてサラムタイム、韓国の小学校、近隣の朝鮮学校との交流等、地域性を生かした貴重な実践をしている。情報教育の視点を生かしたオーストラリアの学校との交流、バンコクの日本人学校との交流等、活動に広がりを持つ点も評価できる。
第32回(2001年度) 国際理解教育部門 京都府 団体 ---
特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろば 町たんけんチーム
地域の伝統・文化・産業・自然の良さを体験し、冊子や「山科かるた」として伝える活動
第43回(2012年度) 日本文化理解教育部門 京都府 団体
京都市立呉竹総合支援学校
地域で学ぶ 地域に学ぶ ~地域とのネットワークづくり~
第42回(2011年度) 特別支援教育部門 京都府 団体
京都市立二条中学校
難聴学級と普通学級の交流学習
第33回(2002年度) 特殊教育部門 京都府 団体
(学)聖母女学院聖母学院小学校
全校あげてのルワンダ難民への義足支援・地雷廃絶・地雷被害者支援活動
第35回(2004年度) 文化教養育成部門 京都府 団体
京都市立洛央小学校
地域の「遊び」「祭り」などの文化を学ぶ全校的取り組み
第34回(2003年度) 伝統文化教育部門 福井県 団体
京都府立八幡支援学校
共生社会の形成に貢献する「交流及び共同学習」の実践
第46回(2015年度) 特別支援教育部門 京都府 団体
京都市立錦林小学校
学校図書館をメディアセンターとして活用した学習活動の充実
第45回(2014年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体
京都市立御所南小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
各教科で生きてはたらく読解力の向上を目指した新しい授業の展開
第45回(2014年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体
精華町立山田荘小学校
「豊かな心は豊かなことばから...」ことばの学習を基盤に人間性の育成を図る
第44回(2013年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体
京都府立桃山養護学校
地域と協働で行う特別支援教育の推進~子どもや保護者、先生に届く支援を目指して~
第40回(2009年度) 特別支援教育部門 京都府 団体
京都市立西総合養護学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
総合制・地域制養護学校へ向けての全国的モデルとなる独自な取り組み
第35回(2004年度) 特別支援教育部門 京都府 団体
京都市立白河総合支援学校
生涯を通して自立し、「働くこと」を通じて自信や充実感を得るための企業と取り組む進路指導システムの構築
第38回(2007年度) 特別支援教育部門 京都府 団体
京都市立藤城小学校
ICT活用による情報活用能力の育成に取り組んだ先駆的実践
第37回(2006年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体
同志社国際中高等学校
帰国生徒にとって必要な日本語力を考えた長年の教材開発と教育実践
第35回(2004年度) 国語・日本語教育部門 京都府 団体
京都市立弥栄中学校
同和問題はじめ人権問題解決への取り組みを通して仲間集団の育成を目指す革新的な学校づくり
第34回(2003年度) 特別部門 京都府 団体
共同学童保育所 虹の子クラブ【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
「人間力を育む」=社会人基礎力育成のための実践的保育
第44回(2013年度) 教育活性化部門 京都府 団体
宇治市立笠取第二小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
ふるさとや学校への誇りを育む教育実践の展開~学校の元気は地域の元気!~
第43回(2012年度) 教育活性化部門 京都府 団体
京都市立小栗栖小学校
多文化共生教育を核とした人権教育の推進
第45回(2014年度) 国際文化理解教育部門 京都府 団体
京都市立西陣中央小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
西陣の地にて、匠との出会いを通して、伝統を受け継ぎ、伝統を活かす子の育成
第41回(2010年度) 日本文化理解教育部門 京都府 団体
京都市立伏見中学校
社会人・卒業生講座や伏見の清酒PRプランの作成など、多彩なキャリア教育への取組
第38回(2007年度) 教育活性化部門 京都府 団体
京都市立高倉小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域と共に誇りある日本文化を学ぶ教育課程の編成
第47回(2016年度) 日本文化理解教育部門 京都府 団体
受賞者名・活動タイトル
船越 満二
教育諸条件の整備について、学校教育および社会教育の研究に力を注ぎ、すぐれた業績をあげている。とくに、わが国聾学校幼稚部の学級編成のあり方等についての基礎調査研究ならびに京都府立聾学校幼稚部の教育の向上について、幼稚部主事を始めとする全職員一丸となった共同研究の体制等氏の適切なる指導管理と識見によるところ大である。京都府立聾学校幼稚部の教育は、二歳児を始めとする幼児の言語指導に異色のある研究が行なわれ、その成果が実証されつつある。とくに、言語入門期のプログラム、言語指導用スライドの作成等の研究はわが国聴覚障
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
京都市国語教育研究会
大正9年設立以来、授業研究を主体とした研究活動をとおして国語教育の振興と発展に貢献し、その成果は全国的に知られている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立出水小学校
昭和41年難聴学級設置以来、聴覚障害教育を学校教育全体の中に正しく位置づけ、学校独自の教材の作成、教育機器の活用、鼓笛バンドの編成等すぐれた実績をあげた。その創造的・意欲的な実践活動は、全国の難聴特殊学級の教育に多くの示唆を与えている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山口 薩記
早くから言語障害教育の必要性を提唱し、昭和35年聾学校長退職後は実際に自らが意欲的に指導にあたり、教育相談等を通して献身的な努力を続け、顕著な成果をあげ、言語障害児・者の言語指導に大きく貢献している。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
磨野 久一
長年にわたる小学校国語教育の実践と研究を通して、読解指導、教材研究、授業研究等の開拓と進展に貢献してきた。また、地域児童の言語環境の整備と学力向上を図って効果をあげ、現在も後進の指導育成に尽力している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鳥居 一夫
長年にわたって、小学校国語教育の実践と研究に従事し、特に読解指導、教材研究、授業研究等の開拓に力を尽くしてきた。また、30年にわたって、地域の国語教育研究団体の中核として、その運営に尽力し、国語教育の進展に寄与してきた功績は大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
京都市立第三錦林小学校
「豊かな活動を通して自分の思いをすじみちを立てて話せる子ども」の育成を目指し、全校協力して実践活動を展開し、多大の成果を収めてきた。この結果、主体的学習態度の育成、教師の指導力の向上が図られるとともに、地域の国語教育にも重要な示唆を与えている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中川 正文 文部科学大臣賞
伝統文化を現代の児童文化に取り入れることによって、上方を中心とした伝統的文化の継承と復元を目指し、児童文化の広い範囲にわたり長年研究と実践教育を重ねてきた。特に「子どもの劇場」を足場とした健康で明るい児童文化財の創造と普及活動は高く評価されている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門伝統文化教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
京都市立鷹峯小学校
「自分の思いや考えを確かにしながら、読み表現する子ども」を10年間一貫した研究主題として、全職員が組織的に国語科指導の実践研究に取り組んできた。その成果は、公開発表を通して参会者に深い感銘を与え、地域の国語科授業の推進と発展に大きく寄与している。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立中京中学校
「世界のこどもと仲良くなろう」を実践目標に掲げ、北米・東アジア・大洋州の国々の生徒との手紙・作品の交換、相互の体験留学、交流や留学の体験を素材とした英語劇の上演、ネパールへの救援活動などを通して国際理解に取り組んでいる。この努力は高く評価できる。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国際理解教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立養正小学校 文部科学大臣賞
「いつでも・どこでも・読みたい時に本が手に取れる学校」を目指し、学校図書館の活用に全学的に取り組んできた。児童の実態に応じ読書コーナーを充実させ、小、中学校の図書館と連携を図り、また、言語環境の整備に取り組んできた成果は大変高く評価される。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立嵯峨中学校
平成元年に2年生の「嵯峨面」づくりから始まった伝承文化の教育は、嵯峨の地域めぐりや嵯峨狂言を題材にした創造劇「謄龍」の上演など学校全体の取り組みに発展した。その活動の意義は、単なる伝統文化の継承にとどまらず、その精神としての「嵯峨の心」を、全校一丸の生き生きとした学校づくりに生かしていることにある。
受賞年度第30回(1999年度)
部門伝統文化教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立松尾小学校
人権教育、国際理解教育の視点を持って学級活動としてサラムタイム、韓国の小学校、近隣の朝鮮学校との交流等、地域性を生かした貴重な実践をしている。情報教育の視点を生かしたオーストラリアの学校との交流、バンコクの日本人学校との交流等、活動に広がりを持つ点も評価できる。
受賞年度第32回(2001年度)
部門国際理解教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろば 町たんけんチーム
地域の伝統・文化・産業・自然の良さを体験し、冊子や「山科かるた」として伝える活動
受賞年度第43回(2012年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立呉竹総合支援学校
地域で学ぶ 地域に学ぶ ~地域とのネットワークづくり~
受賞年度第42回(2011年度)
部門特別支援教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立二条中学校
難聴学級と普通学級の交流学習
受賞年度第33回(2002年度)
部門特殊教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
(学)聖母女学院聖母学院小学校
全校あげてのルワンダ難民への義足支援・地雷廃絶・地雷被害者支援活動
受賞年度第35回(2004年度)
部門文化教養育成部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立洛央小学校
地域の「遊び」「祭り」などの文化を学ぶ全校的取り組み
受賞年度第34回(2003年度)
部門伝統文化教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都府立八幡支援学校
共生社会の形成に貢献する「交流及び共同学習」の実践
受賞年度第46回(2015年度)
部門特別支援教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立錦林小学校
学校図書館をメディアセンターとして活用した学習活動の充実
受賞年度第45回(2014年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立御所南小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
各教科で生きてはたらく読解力の向上を目指した新しい授業の展開
受賞年度第45回(2014年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
精華町立山田荘小学校
「豊かな心は豊かなことばから...」ことばの学習を基盤に人間性の育成を図る
受賞年度第44回(2013年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都府立桃山養護学校
地域と協働で行う特別支援教育の推進~子どもや保護者、先生に届く支援を目指して~
受賞年度第40回(2009年度)
部門特別支援教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立西総合養護学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
総合制・地域制養護学校へ向けての全国的モデルとなる独自な取り組み
受賞年度第35回(2004年度)
部門特別支援教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立白河総合支援学校
生涯を通して自立し、「働くこと」を通じて自信や充実感を得るための企業と取り組む進路指導システムの構築
受賞年度第38回(2007年度)
部門特別支援教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立藤城小学校
ICT活用による情報活用能力の育成に取り組んだ先駆的実践
受賞年度第37回(2006年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
同志社国際中高等学校
帰国生徒にとって必要な日本語力を考えた長年の教材開発と教育実践
受賞年度第35回(2004年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立弥栄中学校
同和問題はじめ人権問題解決への取り組みを通して仲間集団の育成を目指す革新的な学校づくり
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
共同学童保育所 虹の子クラブ【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
「人間力を育む」=社会人基礎力育成のための実践的保育
受賞年度第44回(2013年度)
部門教育活性化部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宇治市立笠取第二小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
ふるさとや学校への誇りを育む教育実践の展開~学校の元気は地域の元気!~
受賞年度第43回(2012年度)
部門教育活性化部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立小栗栖小学校
多文化共生教育を核とした人権教育の推進
受賞年度第45回(2014年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立西陣中央小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
西陣の地にて、匠との出会いを通して、伝統を受け継ぎ、伝統を活かす子の育成
受賞年度第41回(2010年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立伏見中学校
社会人・卒業生講座や伏見の清酒PRプランの作成など、多彩なキャリア教育への取組
受賞年度第38回(2007年度)
部門教育活性化部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立高倉小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域と共に誇りある日本文化を学ぶ教育課程の編成
受賞年度第47回(2016年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地京都府
団体/個人団体

関連情報