博報賞

過去の受賞者| 所在地 (高知県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
吾川郡伊野町立伊野小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として「ことばに関する事項の指導法の研究(読解指導と作文指導との関連において)」解明のため、一貫した研究意欲をもって学校長を中心に全職員が協力一致して研究にあたった。なお、新指導要領の研究、児童の実態調査、授業研究等に多大の成果をあげている。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
幡多郡佐賀町立伊与喜小学校
長年にわたって地域との固い連携を図りながら読書指導を推進し、合わせて国語科読書指導の方法を研究してきた成果は国語教育界の先駆的、指導的役割を果たすものとして高く評価されている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
高知県立盲学校
近年重要な課題となっている重複障害児の教育に早くから積極的に取り組んできた。特に、教育の困難な盲聾児の指導において着実な成果を挙げつつあり、重複障害教育の発展に寄与している。
第9回(1978年度) 視覚障害教育部門 高知県 団体 ---
土佐山田町立山田小学校
20数年間にわたり一貫して国語教育における読書指導に全校をあげて取り組み、その活発な実践と研究の成果は、県内国語教育の推進に大きな役割を果たしている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
横川 正郎
戦前・戦後を通じ、国語教育に精進し、絶えず中核的先導的立場にたって、県下における国語教育の研究組織を育成し活動の推進をはかってきた。特に、小学校作文教育の振興と発展に尽くすところが大きい。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 高知県 個人 ---
瀬林 杏子
二十年余りにわたる自費による図書館活動、読書指導を通して、児童の読むことヘの関心の養成、ことばづかいの指導などに一貫して力を注いでおり、その結果は児童の言語環境の整備、言語能力の育成に大きく寄与するところとなっている。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 高知県 個人 ---
香美郡土佐山田町立平山小学校
僻地における不利な教育的条件を克服し、児童の表現力を向上させるための実践を通して著しい成果をあげた。特に読書と作文に力を注ぐとともに、「全校学習」によって全校児童の生き生きした協力体制が生まれ、その実績は広く県下の学校教育の改善に役立っている。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
安芸郡馬路村立馬路小学校
へき地における教育実践に意欲的に取り組み、今日まで多くの実績を残してきた。特に「確かな学力とたくましく生き抜く力」を育成することを目指した国語科教育の実践では、著しい成果をおさめた。その教育的熱意と研究意欲は高く評価される。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
竹内 喜秋
長年にわたり、小・中学校における作文指導に多大の成果をあげてきたほか、国語教育研修の指導、研究成果の実践とその普及に努め、また、国語研究団体の運営にも尽力するなど、その幅広い活動を通して、国語教育の発展に貢献してきた。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 高知県 個人 ---
吾川郡池川町立安居小学校
校長を中心に全校の強固な協力体制のもとに、児童に対する個別指導を徹底して実践し、併せて国語による表現力を育成するため、日記指導、漢字指導、読書指導、朗読集会等の実践指導に創意と工夫を加えてきた。その成果は、全国のへき地教育の振興に大きく寄与した。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
土佐郡鏡村立鏡小学校
「主体的に学び、自己表現できる子」の育成を目指して、地域に密着した発想のもとに国語科教育の実践を推進し、頻繁に授業研究会を積み重ねてきた。また、小規模校の利点を生かした様々な全校集会活動を計画的に行い、児童の表現力向上に多大の成果を収めている。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 高知県 団体 ---
伊藤 経子 文部科学大臣賞
40年にわたり「学ぶ子が育つ授業づくり」を中心に教育研究、実践活動を行ってきた。定年退官後も全国各地の教師を指導・支援する活動は現在も続いている。著作、論文、実践指導を通して国語科における主体的な学び手の育成に寄与してきたその功績は高く評価される。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 高知県 個人 ---
学校法人光の村学園 光の村養護学校土佐自然学園
学校内に実習工場を作り、紙器、鉄工、木工、製菓・製パン、自動車修理などに長年取り組んできた。重度化の時代を迎えては、新たにマラソン、水泳、サイクリングなどを取り入れ、ねばり強い人間育成を目指した。そして就職できない卒業生が自活するための工場を作り、地域との交流を深めるなど、時代に即応した斬新な技術教育を推進してきた。
第30回(1999年度) 特殊教育部門 高知県 団体 ---
高知市教育シニア・ネットワーク【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
退職教職員による地域の教育力向上と学校教育への支援
第46回(2015年度) 教育活性化部門 新潟県 団体
アウテンボーガルト・ロギール
雲の上の町檮原の自然を生かした伝統文化「和紙づくり」の展開
第41回(2010年度) 日本文化理解教育部門 高知県 個人
受賞者名・活動タイトル
吾川郡伊野町立伊野小学校
文部省の「小学校教育課程研究協力校」として「ことばに関する事項の指導法の研究(読解指導と作文指導との関連において)」解明のため、一貫した研究意欲をもって学校長を中心に全職員が協力一致して研究にあたった。なお、新指導要領の研究、児童の実態調査、授業研究等に多大の成果をあげている。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
幡多郡佐賀町立伊与喜小学校
長年にわたって地域との固い連携を図りながら読書指導を推進し、合わせて国語科読書指導の方法を研究してきた成果は国語教育界の先駆的、指導的役割を果たすものとして高く評価されている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高知県立盲学校
近年重要な課題となっている重複障害児の教育に早くから積極的に取り組んできた。特に、教育の困難な盲聾児の指導において着実な成果を挙げつつあり、重複障害教育の発展に寄与している。
受賞年度第9回(1978年度)
部門視覚障害教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
土佐山田町立山田小学校
20数年間にわたり一貫して国語教育における読書指導に全校をあげて取り組み、その活発な実践と研究の成果は、県内国語教育の推進に大きな役割を果たしている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横川 正郎
戦前・戦後を通じ、国語教育に精進し、絶えず中核的先導的立場にたって、県下における国語教育の研究組織を育成し活動の推進をはかってきた。特に、小学校作文教育の振興と発展に尽くすところが大きい。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
瀬林 杏子
二十年余りにわたる自費による図書館活動、読書指導を通して、児童の読むことヘの関心の養成、ことばづかいの指導などに一貫して力を注いでおり、その結果は児童の言語環境の整備、言語能力の育成に大きく寄与するところとなっている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
香美郡土佐山田町立平山小学校
僻地における不利な教育的条件を克服し、児童の表現力を向上させるための実践を通して著しい成果をあげた。特に読書と作文に力を注ぐとともに、「全校学習」によって全校児童の生き生きした協力体制が生まれ、その実績は広く県下の学校教育の改善に役立っている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
安芸郡馬路村立馬路小学校
へき地における教育実践に意欲的に取り組み、今日まで多くの実績を残してきた。特に「確かな学力とたくましく生き抜く力」を育成することを目指した国語科教育の実践では、著しい成果をおさめた。その教育的熱意と研究意欲は高く評価される。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
竹内 喜秋
長年にわたり、小・中学校における作文指導に多大の成果をあげてきたほか、国語教育研修の指導、研究成果の実践とその普及に努め、また、国語研究団体の運営にも尽力するなど、その幅広い活動を通して、国語教育の発展に貢献してきた。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
吾川郡池川町立安居小学校
校長を中心に全校の強固な協力体制のもとに、児童に対する個別指導を徹底して実践し、併せて国語による表現力を育成するため、日記指導、漢字指導、読書指導、朗読集会等の実践指導に創意と工夫を加えてきた。その成果は、全国のへき地教育の振興に大きく寄与した。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
土佐郡鏡村立鏡小学校
「主体的に学び、自己表現できる子」の育成を目指して、地域に密着した発想のもとに国語科教育の実践を推進し、頻繁に授業研究会を積み重ねてきた。また、小規模校の利点を生かした様々な全校集会活動を計画的に行い、児童の表現力向上に多大の成果を収めている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
伊藤 経子 文部科学大臣賞
40年にわたり「学ぶ子が育つ授業づくり」を中心に教育研究、実践活動を行ってきた。定年退官後も全国各地の教師を指導・支援する活動は現在も続いている。著作、論文、実践指導を通して国語科における主体的な学び手の育成に寄与してきたその功績は高く評価される。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
学校法人光の村学園 光の村養護学校土佐自然学園
学校内に実習工場を作り、紙器、鉄工、木工、製菓・製パン、自動車修理などに長年取り組んできた。重度化の時代を迎えては、新たにマラソン、水泳、サイクリングなどを取り入れ、ねばり強い人間育成を目指した。そして就職できない卒業生が自活するための工場を作り、地域との交流を深めるなど、時代に即応した斬新な技術教育を推進してきた。
受賞年度第30回(1999年度)
部門特殊教育部門
所在地高知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高知市教育シニア・ネットワーク【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
退職教職員による地域の教育力向上と学校教育への支援
受賞年度第46回(2015年度)
部門教育活性化部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
アウテンボーガルト・ロギール
雲の上の町檮原の自然を生かした伝統文化「和紙づくり」の展開
受賞年度第41回(2010年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地高知県
団体/個人個人