博報賞

過去の受賞者| 所在地 (鹿児島県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
蓑手 重則
長年、国語教育の研究に従い、多数の論文・著書を世に送り、多くの後継者を育成するとともに、地域の国語教育の推進や標準語の普及につくした功績は大きい。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 個人 ---
久保田彦穂
早くから、親子読書運動を提唱実践し、家庭における読書活動の普及、振興につくした。また、動物に取材した多くの物語を創作し、それらの作品は小学校国語教材の質的向上に貢献している。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 個人 ---
鹿児島国語教育研究会
理論に基づいた実践研究の成果は、研究紀要として毎年まとめられており、県内における国語教育の推進と発展のために果たしている役割と功績は顕著である。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 団体 ---
副田 凱馬
戦前戦後を通じ、作文教育において独自の方法を開拓して著しい効果をあげてきたほか、児童詩・児童劇の創作と指導、童話の口演なども行い、県内の国語教育、文学教育に大きい影響を与えている。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 個人 ---
鹿児島県立鹿児島盲学校
長年、スポーツと文化の両面にわたる教育活動に力を注ぎ、全国大会等においても度々優秀な成績を収めてきた。また、近年においては、視覚障害者の社会自立を目指した進路指導の研究に取り組み、その成果は、全国の盲学校に多くの示唆を与えている。
第19回(1988年度) 視覚障害教育部門 鹿児島県 団体 ---
鹿児島県立鹿児島聾学校
長年にわたり、教育内容・方法の改善に努め、その成果を全国及び地域の研究大会等で発表してきた。特に、昭和62年度から行った生活経験の拡大と言語力の向上を目指した「言語活動を豊かにするための養護・訓練の研究」は、全国的に高く評価されている。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 鹿児島県 団体 ---
川辺地区小学校国語教育研究会
教師の国語指導力を高めるため、国語教育における理論と実践の一体化を目指して、研究授業や研究発表などに意欲的に取り組んできた。その成果は県内において高く評価されており、県全体の国語教育の充実と発展に大きな役割を果している。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 団体 ---
鹿児島県実践国語教育研究会
昭和51年発足以来、一貫して国語科教育における理論研究と実践研究とを一体的に進め、小、中学校の連繋を図りながら多大の成果をあげてきた。その実績は県内はもとより、九州地区全体の国語教育の推進と発展のため貢献しており、全国的にも評価される。
第25回(1994年度) 国語教育部門 鹿児島県 団体 ---
中沖キッズ地域もりあげ隊
郷土を愛し、活力あるふるさとづくりに子どもたち自らが貢献しようとする活動の展開
第43回(2012年度) 教育活性化部門 鹿児島県 団体
船津啓治
主体的に読み、表現力を育成する国語教育の研究と実践
第45回(2014年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 個人
鹿児島県立大島養護学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
離島における特別支援学校のセンター的機能の発揮と個別の指導計画の作成・個別の教育支援計画の策定
第39回(2008年度) 特別支援教育部門 鹿児島県 団体
日置国語を語る会
創設以来用例の研究会を中心に着実な実践と具体に即する指導法の研究を積み重ねており、その成果は県内国語教育の振興と推進に大きな貢献をしている。また、会員相互の計画的、継続的な研修に対する熱意ある態度は、教員の自己研鑽の範として高く評価されている。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
蓑手 重則
長年、国語教育の研究に従い、多数の論文・著書を世に送り、多くの後継者を育成するとともに、地域の国語教育の推進や標準語の普及につくした功績は大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
久保田彦穂
早くから、親子読書運動を提唱実践し、家庭における読書活動の普及、振興につくした。また、動物に取材した多くの物語を創作し、それらの作品は小学校国語教材の質的向上に貢献している。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鹿児島国語教育研究会
理論に基づいた実践研究の成果は、研究紀要として毎年まとめられており、県内における国語教育の推進と発展のために果たしている役割と功績は顕著である。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
副田 凱馬
戦前戦後を通じ、作文教育において独自の方法を開拓して著しい効果をあげてきたほか、児童詩・児童劇の創作と指導、童話の口演なども行い、県内の国語教育、文学教育に大きい影響を与えている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鹿児島県立鹿児島盲学校
長年、スポーツと文化の両面にわたる教育活動に力を注ぎ、全国大会等においても度々優秀な成績を収めてきた。また、近年においては、視覚障害者の社会自立を目指した進路指導の研究に取り組み、その成果は、全国の盲学校に多くの示唆を与えている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門視覚障害教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鹿児島県立鹿児島聾学校
長年にわたり、教育内容・方法の改善に努め、その成果を全国及び地域の研究大会等で発表してきた。特に、昭和62年度から行った生活経験の拡大と言語力の向上を目指した「言語活動を豊かにするための養護・訓練の研究」は、全国的に高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
川辺地区小学校国語教育研究会
教師の国語指導力を高めるため、国語教育における理論と実践の一体化を目指して、研究授業や研究発表などに意欲的に取り組んできた。その成果は県内において高く評価されており、県全体の国語教育の充実と発展に大きな役割を果している。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鹿児島県実践国語教育研究会
昭和51年発足以来、一貫して国語科教育における理論研究と実践研究とを一体的に進め、小、中学校の連繋を図りながら多大の成果をあげてきた。その実績は県内はもとより、九州地区全体の国語教育の推進と発展のため貢献しており、全国的にも評価される。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中沖キッズ地域もりあげ隊
郷土を愛し、活力あるふるさとづくりに子どもたち自らが貢献しようとする活動の展開
受賞年度第43回(2012年度)
部門教育活性化部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
船津啓治
主体的に読み、表現力を育成する国語教育の研究と実践
受賞年度第45回(2014年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鹿児島県立大島養護学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
離島における特別支援学校のセンター的機能の発揮と個別の指導計画の作成・個別の教育支援計画の策定
受賞年度第39回(2008年度)
部門特別支援教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
日置国語を語る会
創設以来用例の研究会を中心に着実な実践と具体に即する指導法の研究を積み重ねており、その成果は県内国語教育の振興と推進に大きな貢献をしている。また、会員相互の計画的、継続的な研修に対する熱意ある態度は、教員の自己研鑽の範として高く評価されている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人団体