博報賞

過去の受賞者| 所在地 (岩手県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
盛岡市立城南小学校
国語教育の向上を目ざして教職員全員が力を合せて国語教育の理論研究と授業実践に取り組み、広く県下の国語教育の振興に大きな貢献をしてきた。とくに昭和45年度からは「創造的能力を育てる国語科学習指導-物語教材における創造的読みをめざして-」の主題による理論と実践の研究成果が顕著である。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 団体 ---
白木 敏雄
公立小学校において、長年、国語科における書写指導の研究、実践に指導的役割を果たすとともに、全国の小学校書写教育の発展に多大の貢献をしている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 個人 ---
岩手県難聴・言語障害教育研究会 文部科学大臣賞
昭和45年発足以来、研究会・講習会を開催して、研修活動に努めるとともに、社会啓蒙活動を積極的に進めて来た。特に、県内における難聴言語障害特殊学級担任の研究体制の確立、親の会の育成に力を傾け、この教育の啓蒙と推進に貢献している。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 岩手県 団体 ---
岩手県立盲学校
盲聾児及び盲精薄児を対象として、重復障害児の特性に即した教育内容・方法に関する研究に取り組み、多くの成果をあげてきた。特に、音声言語以前の交信関係の成立過程に関する実践研究は、重度・重複障害児の今後の指導に貴重な資料を提供している。
第11回(1980年度) 視覚障害教育部門 岩手県 団体 ---
岩手県立盛岡聾学校
長年、児童生徒個々の能力を高めるための実践研究に取り組み、特に近年全校あげての交流教育等、優れた教育活動は高く評価されている。また、昭和55年度の全日聾研全国大会では、会場校としての重責を果たし、音楽クラブ等の発表は、参加者に多大の感銘を与えた。
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 岩手県 団体 ---
遠野市立青笹小学校
数年にわたって「作文力を高めるための学習指導」の実践的研究に取り組み、児童の表現力育成のための総合的な教育活動を活発に行い、国語科における作文指導法の研究を進めてきた。その成果は、地域のみならず、県内全般の国語教育に貢献するところが大きい。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 団体 ---
阿部 哲郎 文部科学大臣賞
長年にわたり、国語教育の実践と研究に努めて多くの優れた業績をあげてきた。また、地域の研究団体の結成に協力し、その運営に献身的に尽力して指導的役割を果たしてきたほか、地域と一体になった読書運動を推進するなど、国語教育の振興に貢献した功績は大きい。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 個人 ---
盛岡市立桜城小学校 文部科学大臣賞
昭和49年難聴特殊学級開設以来、全校の協力体制を整え、既設の言語障害特殊学級と連携し、言語指導等について意欲的な教育実践を行ってきた。特に難聴児の実態に即した明瞭度を高めるための発音発語指導の研究は、県内はもとより県外からも高い評価を受けている。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 岩手県 団体 ---
水沢市立常盤小学校
昭和56年以降一貫した研究体制のもとに、国語科の実践研究に取り組み、読む能力を向上させる指導法の工夫を中心に、真摯で熱意ある授業を展開してきた。その成果は、4回にわたる公開発表を通して、地域の国語教育の水準向上に大きな役割を果たしている。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 団体 ---
岩手県国語の授業研究会
一つの主義主張にとらわれることなく、一貫して授業研究を通しながら、国語教育の在り方を追求してきた。会員は県内における国語教育の指導者で構成され、会員の熱意に基づく実践研究の実績は、県内の国語教育の発展と充実に多大の影響を与えている。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 団体 ---
東磐井郡藤沢町立黄海小学校 文部科学大臣賞
十数年にわたり、一貫して学校が地域社会に協力し、郷土の伝統や昔話に親しませ、また民俗工芸品の製作や神楽の実習などを通して、伝統文化の良さや美しさに触れさせ、児童の豊かな人間形成に寄与し、顕著な業績をあげてきた。その成果は県内外で高く評価させている。
第22回(1991年度) 伝統文化教育部門 岩手県 団体 ---
小野寺徳良
主として中学校において、生徒の自立性をはぐくみ、人間性を養うことを目標として、作文教育に全力を傾注してきた。一人一人に直接作文指導を行い、また作文相談室を設けて生徒の相談に応じるなど、その献身的な努力は大きい成果を生み出している。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 個人 ---
九戸郡種市町立角浜小学校
昭和55年から学区の伝統芸能である「駒踊り」を教育活動として取り入れ、この習得を通して文化遺産を大切にする意識や郷土愛を育てている。とりわけ、地元保存会との連携を図り、地域の催しに参加するなど、その活動の充実・発展は注目に値する。
第25回(1994年度) 伝統文化教育部門 岩手県 団体 ---
盛岡市立桜城小学校
長年にわたり国語科教育の実践研究を積み重ね、その成果と課題を隔年ごとに発表するなど県下の国語教育の発展と振興に大きな影響を与えてきた。特に最近では、国語科教育の当面する課題を積極的に取り上げて追究しており、今後の研究成果が大きく期待されている。
第28回(1997年度) 国語教育・日本語教育部門 岩手県 団体 ---
岩手県立花巻養護学校 文部科学大臣賞
長年、青空市場への参加や、自校の陶芸の窯を通して地域との交流活動を積極的に進めた。また、小・中・高一貫教育を推進するとともに、新しい環境への適応が困難な児童生徒に対しては、その切り替えを助ける系統的な指導法を開発するなど、その功績はまことに大きい。
第29回(1998年度) 特殊教育部門 岩手県 団体 ---
岩手県立一関聾学校
昭和45年に始まる幼稚部と保育園との交流を皮切りに、幼稚部から高等部まで各部ごとに地域における学校間交流の実績を積み上げてきた。平成11年度には米国の学校との交流も果たし、国際交流と言う形にまで進展させた。各部ごとに年齢段階に合わせた活動内容の工夫も豊富であり、その継続性と発展性が高く評価された。
第32回(2001年度) 特殊教育部門 岩手県 団体 ---
盛岡市立下橋中学校
環境を見つめ主体的に行動する生徒の育成「SHEL学習」
第47回(2016年度) 教育活性化部門 岩手県 団体
盛岡市立乙部中学校
学校・家庭・地域が一体となった郷土芸能伝承活動
第43回(2012年度) 日本文化理解教育部門 岩手県 団体
水沢寺子屋実行委員会
地域ぐるみの中高生ボランティアが主体的に活動する寺子屋活
第37回(2006年度) 文化教養育成部門 岩手県 団体
盛岡市立城南小学校
確かな国語力を身に付け、学び続ける子どもの育成を目指す国語科教
第42回(2011年度) 国語・日本語教育部門 岩手県 団体
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立城南小学校
国語教育の向上を目ざして教職員全員が力を合せて国語教育の理論研究と授業実践に取り組み、広く県下の国語教育の振興に大きな貢献をしてきた。とくに昭和45年度からは「創造的能力を育てる国語科学習指導-物語教材における創造的読みをめざして-」の主題による理論と実践の研究成果が顕著である。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
白木 敏雄
公立小学校において、長年、国語科における書写指導の研究、実践に指導的役割を果たすとともに、全国の小学校書写教育の発展に多大の貢献をしている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岩手県難聴・言語障害教育研究会 文部科学大臣賞
昭和45年発足以来、研究会・講習会を開催して、研修活動に努めるとともに、社会啓蒙活動を積極的に進めて来た。特に、県内における難聴言語障害特殊学級担任の研究体制の確立、親の会の育成に力を傾け、この教育の啓蒙と推進に貢献している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩手県立盲学校
盲聾児及び盲精薄児を対象として、重復障害児の特性に即した教育内容・方法に関する研究に取り組み、多くの成果をあげてきた。特に、音声言語以前の交信関係の成立過程に関する実践研究は、重度・重複障害児の今後の指導に貴重な資料を提供している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門視覚障害教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩手県立盛岡聾学校
長年、児童生徒個々の能力を高めるための実践研究に取り組み、特に近年全校あげての交流教育等、優れた教育活動は高く評価されている。また、昭和55年度の全日聾研全国大会では、会場校としての重責を果たし、音楽クラブ等の発表は、参加者に多大の感銘を与えた。
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
遠野市立青笹小学校
数年にわたって「作文力を高めるための学習指導」の実践的研究に取り組み、児童の表現力育成のための総合的な教育活動を活発に行い、国語科における作文指導法の研究を進めてきた。その成果は、地域のみならず、県内全般の国語教育に貢献するところが大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
阿部 哲郎 文部科学大臣賞
長年にわたり、国語教育の実践と研究に努めて多くの優れた業績をあげてきた。また、地域の研究団体の結成に協力し、その運営に献身的に尽力して指導的役割を果たしてきたほか、地域と一体になった読書運動を推進するなど、国語教育の振興に貢献した功績は大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立桜城小学校 文部科学大臣賞
昭和49年難聴特殊学級開設以来、全校の協力体制を整え、既設の言語障害特殊学級と連携し、言語指導等について意欲的な教育実践を行ってきた。特に難聴児の実態に即した明瞭度を高めるための発音発語指導の研究は、県内はもとより県外からも高い評価を受けている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
水沢市立常盤小学校
昭和56年以降一貫した研究体制のもとに、国語科の実践研究に取り組み、読む能力を向上させる指導法の工夫を中心に、真摯で熱意ある授業を展開してきた。その成果は、4回にわたる公開発表を通して、地域の国語教育の水準向上に大きな役割を果たしている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩手県国語の授業研究会
一つの主義主張にとらわれることなく、一貫して授業研究を通しながら、国語教育の在り方を追求してきた。会員は県内における国語教育の指導者で構成され、会員の熱意に基づく実践研究の実績は、県内の国語教育の発展と充実に多大の影響を与えている。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東磐井郡藤沢町立黄海小学校 文部科学大臣賞
十数年にわたり、一貫して学校が地域社会に協力し、郷土の伝統や昔話に親しませ、また民俗工芸品の製作や神楽の実習などを通して、伝統文化の良さや美しさに触れさせ、児童の豊かな人間形成に寄与し、顕著な業績をあげてきた。その成果は県内外で高く評価させている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小野寺徳良
主として中学校において、生徒の自立性をはぐくみ、人間性を養うことを目標として、作文教育に全力を傾注してきた。一人一人に直接作文指導を行い、また作文相談室を設けて生徒の相談に応じるなど、その献身的な努力は大きい成果を生み出している。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
九戸郡種市町立角浜小学校
昭和55年から学区の伝統芸能である「駒踊り」を教育活動として取り入れ、この習得を通して文化遺産を大切にする意識や郷土愛を育てている。とりわけ、地元保存会との連携を図り、地域の催しに参加するなど、その活動の充実・発展は注目に値する。
受賞年度第25回(1994年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立桜城小学校
長年にわたり国語科教育の実践研究を積み重ね、その成果と課題を隔年ごとに発表するなど県下の国語教育の発展と振興に大きな影響を与えてきた。特に最近では、国語科教育の当面する課題を積極的に取り上げて追究しており、今後の研究成果が大きく期待されている。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩手県立花巻養護学校 文部科学大臣賞
長年、青空市場への参加や、自校の陶芸の窯を通して地域との交流活動を積極的に進めた。また、小・中・高一貫教育を推進するとともに、新しい環境への適応が困難な児童生徒に対しては、その切り替えを助ける系統的な指導法を開発するなど、その功績はまことに大きい。
受賞年度第29回(1998年度)
部門特殊教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩手県立一関聾学校
昭和45年に始まる幼稚部と保育園との交流を皮切りに、幼稚部から高等部まで各部ごとに地域における学校間交流の実績を積み上げてきた。平成11年度には米国の学校との交流も果たし、国際交流と言う形にまで進展させた。各部ごとに年齢段階に合わせた活動内容の工夫も豊富であり、その継続性と発展性が高く評価された。
受賞年度第32回(2001年度)
部門特殊教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立下橋中学校
環境を見つめ主体的に行動する生徒の育成「SHEL学習」
受賞年度第47回(2016年度)
部門教育活性化部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立乙部中学校
学校・家庭・地域が一体となった郷土芸能伝承活動
受賞年度第43回(2012年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
水沢寺子屋実行委員会
地域ぐるみの中高生ボランティアが主体的に活動する寺子屋活
受賞年度第37回(2006年度)
部門文化教養育成部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立城南小学校
確かな国語力を身に付け、学び続ける子どもの育成を目指す国語科教
受賞年度第42回(2011年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体