博報賞

過去の受賞者| 所在地 (石川県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
石黒 晶
長年にわたりわが国聾教育における口話法の樹立につとめ発語・発音指導法、読話指導法など、すぐれた研究方法を開拓して、わが国聴覚障害教育の発展に多大の貢献をしている。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 石川県 個人 ---
田辺 建雄
失明による障害を克服し、盲学校で長年にわたり教べんを執るかたわら、理療に関する専門科目の充実を目ざして多くの教科用図書を編集・刊行するなど職業教育の向上につとめている。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 石川県 個人 ---
岡村太軌二
読解指導に関する研究と実践を深めながら、漸次国語科全領域に実践的成果を広げると共に、地域の国語研究会を組織し、その中心となって小学校国語教育研究の推進に尽くしている。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 石川県 個人 ---
上口 映治
長年小学校国語科教育の実践と研究に従い、特に、児童の自主性に立つ読解・読書・作文指導法の確立を目ざして実績を挙げるとともに、多くの後進の指導育成につとめ、県下の国語教育振興に寄与している。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 石川県 個人 ---
三ツ井英一
自らの障害を克服しつつ、地域にあって、長年にわたり美術工芸の創作活動を通して、聴覚障害者の進路の開拓に貢献し、多くの成果を収めている。また絶えず、すぐれた美術工芸作品の発表に励み、県内のみならず全国の聴覚障害教育に大きな影響を与えている。
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 石川県 個人 ---
石川国語の会
昭和34年に「金沢国語の会」として発足以来、国語教育の実践的研究を継続して行い、県内の国語教育の推進と発展に大きな業績をあげてきた。最近では、特に子どもの思考に沿った授業の具体的研究で成果が著しく、国語教育の改善に資するところが大きい。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 石川県 団体 ---
金沢市立馬場小学校
特に読解指導を中心として、児童の主体的、意欲的な学習の確立を目指した国語科教育の在り方を取り上げ、全校をあげた協力体制のもとに長期にわたって研究を継続してきた。その研究と実践の成果は、県内外の国語教育の振興と発展に寄与するところが大である。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 石川県 団体 ---
上田 まつ
長年にわたり、盲児童に適した教材・教具の開発、弱視児童及び重複障害児童に対する指導法の改善、視覚障害幼児に対する教育相談等幅広い実践を通して、県下の視覚障害教育の充実のために尽力してきた。これらの実践の成果は、全国的にも高く評価されている。
第17回(1986年度) 視覚障害教育部門 石川県 個人 ---
道端孫左エ門
読解指導、読書指導、児童詩指導、ノート指導に積極的に取り組み実績をあげてきたほか、県下における研究団体の発展に貢献してきた。加えて、演劇活動の振興、郷土の読み物の発堀と紹介に努めるなど、地域の国語文化の進展にも大きく貢献している。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 石川県 個人 ---
深美 和夫
読解指導、作文指導をはじめ、国語教育の各分野にわたって指導法の実践的開拓に努め、県内外の国語教育の振興に貢献してきた。また、童話の創作、地域の民話伝説の発掘と刊行に尽力するなど、人間性の涵養、言語環境の整備も大きく寄与している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 石川県 個人 ---
加賀市立三谷小学校
「ゆたかに読み深める物語文の指導」を研究主題として、過去10年間にわたり、実践を重ねてきた。その実践における研究の継続性と児童の学習態度は、県内外で評価されており、地域における国語教育の先導として、他校に与える影響は大きい。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 石川県 団体 ---
山田 二郎
作文指導、読解指導等の実践と研究、郷土の民話・伝説の数多い発掘と編集、県内の児童句会の記録、児童詩集の編集、市立図書館と協力しての読書活動など、国語の広い分野にわたって優れた成果をあげており、県内外の国語教育に大きく貢献している。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 石川県 個人 ---
金沢市立俵小学校
山間の小規模校に伴いがちな児童の消極性を克服するため、創造性と表現力の向上を目指して20年以上にわたり全校をあげて努力してきた。特に最近の10年間においては、国語科の授業を中心とした研究的実践を行い、結果を継続して発表し、他校の実践にも寄与した。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 石川県 団体 ---
河北郡宇ノ気町立宇ノ気小学校
20年にわたり、きこえやことばに障害のある子どもたちを指導し、障害の改善とともに社会生活に積極的に対応できる豊かな人間性の育成に努めてきた。冊子「ことば」を毎年発刊し、公開授業と研究会を継続し、現在では外国人子女も受け入れるなど、その功績は大きい。
第25回(1994年度) 特殊教育部門 石川県 団体 ---
横山 恵六
長年にわたり国語科指導法について実践的立場から数多くの提案を行い、その理論と実践の普及に成果をあげてきた。また、県内の国語教育界の指導者としてその発展に尽力し、後進者の育成、国語教育の充実と振興、児童文化活動の推進等に努めた功績は極めて大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 石川県 個人 ---
金沢市立米泉小学校 文部科学大臣賞
昭和60年以降、国語教育を中心とする教育活動の成果を毎年発表して県内国語教育の充実に先導的役割を果してきた。また、校内言語環境を整備して、児童の言語表現力の向上を図り、さらに、全児童の俳句作り運動は地域の文化活動に貢献するなど、その功績は大きい。
第28回(1997年度) 国語教育・日本語教育部門 石川県 団体 ---
福田 信一(金沢市立押野小学校 校長)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
民話など地域文化を大切にしながら「子どもが主役」の授業を実践、地域のリーダーとしても多大な貢献
第36回(2005年度) 国語・日本語教育部門 石川県 個人
石川県児童文化協会
郷土に住む子どもたちの夢を育む児童文化活動の継続的な取り組み
第41回(2010年度) 博報教育特別賞 石川県 団体
田鶴浜地方史の会
故郷愛を育み、郷土や社会に貢献する心を育成する「ふるさと歴史教室」の実践
第44回(2013年度) 日本文化理解教育部門 石川県 団体
受賞者名・活動タイトル
石黒 晶
長年にわたりわが国聾教育における口話法の樹立につとめ発語・発音指導法、読話指導法など、すぐれた研究方法を開拓して、わが国聴覚障害教育の発展に多大の貢献をしている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
田辺 建雄
失明による障害を克服し、盲学校で長年にわたり教べんを執るかたわら、理療に関する専門科目の充実を目ざして多くの教科用図書を編集・刊行するなど職業教育の向上につとめている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡村太軌二
読解指導に関する研究と実践を深めながら、漸次国語科全領域に実践的成果を広げると共に、地域の国語研究会を組織し、その中心となって小学校国語教育研究の推進に尽くしている。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
上口 映治
長年小学校国語科教育の実践と研究に従い、特に、児童の自主性に立つ読解・読書・作文指導法の確立を目ざして実績を挙げるとともに、多くの後進の指導育成につとめ、県下の国語教育振興に寄与している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三ツ井英一
自らの障害を克服しつつ、地域にあって、長年にわたり美術工芸の創作活動を通して、聴覚障害者の進路の開拓に貢献し、多くの成果を収めている。また絶えず、すぐれた美術工芸作品の発表に励み、県内のみならず全国の聴覚障害教育に大きな影響を与えている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
石川国語の会
昭和34年に「金沢国語の会」として発足以来、国語教育の実践的研究を継続して行い、県内の国語教育の推進と発展に大きな業績をあげてきた。最近では、特に子どもの思考に沿った授業の具体的研究で成果が著しく、国語教育の改善に資するところが大きい。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
金沢市立馬場小学校
特に読解指導を中心として、児童の主体的、意欲的な学習の確立を目指した国語科教育の在り方を取り上げ、全校をあげた協力体制のもとに長期にわたって研究を継続してきた。その研究と実践の成果は、県内外の国語教育の振興と発展に寄与するところが大である。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上田 まつ
長年にわたり、盲児童に適した教材・教具の開発、弱視児童及び重複障害児童に対する指導法の改善、視覚障害幼児に対する教育相談等幅広い実践を通して、県下の視覚障害教育の充実のために尽力してきた。これらの実践の成果は、全国的にも高く評価されている。
受賞年度第17回(1986年度)
部門視覚障害教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
道端孫左エ門
読解指導、読書指導、児童詩指導、ノート指導に積極的に取り組み実績をあげてきたほか、県下における研究団体の発展に貢献してきた。加えて、演劇活動の振興、郷土の読み物の発堀と紹介に努めるなど、地域の国語文化の進展にも大きく貢献している。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
深美 和夫
読解指導、作文指導をはじめ、国語教育の各分野にわたって指導法の実践的開拓に努め、県内外の国語教育の振興に貢献してきた。また、童話の創作、地域の民話伝説の発掘と刊行に尽力するなど、人間性の涵養、言語環境の整備も大きく寄与している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
加賀市立三谷小学校
「ゆたかに読み深める物語文の指導」を研究主題として、過去10年間にわたり、実践を重ねてきた。その実践における研究の継続性と児童の学習態度は、県内外で評価されており、地域における国語教育の先導として、他校に与える影響は大きい。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山田 二郎
作文指導、読解指導等の実践と研究、郷土の民話・伝説の数多い発掘と編集、県内の児童句会の記録、児童詩集の編集、市立図書館と協力しての読書活動など、国語の広い分野にわたって優れた成果をあげており、県内外の国語教育に大きく貢献している。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
金沢市立俵小学校
山間の小規模校に伴いがちな児童の消極性を克服するため、創造性と表現力の向上を目指して20年以上にわたり全校をあげて努力してきた。特に最近の10年間においては、国語科の授業を中心とした研究的実践を行い、結果を継続して発表し、他校の実践にも寄与した。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
河北郡宇ノ気町立宇ノ気小学校
20年にわたり、きこえやことばに障害のある子どもたちを指導し、障害の改善とともに社会生活に積極的に対応できる豊かな人間性の育成に努めてきた。冊子「ことば」を毎年発刊し、公開授業と研究会を継続し、現在では外国人子女も受け入れるなど、その功績は大きい。
受賞年度第25回(1994年度)
部門特殊教育部門
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横山 恵六
長年にわたり国語科指導法について実践的立場から数多くの提案を行い、その理論と実践の普及に成果をあげてきた。また、県内の国語教育界の指導者としてその発展に尽力し、後進者の育成、国語教育の充実と振興、児童文化活動の推進等に努めた功績は極めて大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
金沢市立米泉小学校 文部科学大臣賞
昭和60年以降、国語教育を中心とする教育活動の成果を毎年発表して県内国語教育の充実に先導的役割を果してきた。また、校内言語環境を整備して、児童の言語表現力の向上を図り、さらに、全児童の俳句作り運動は地域の文化活動に貢献するなど、その功績は大きい。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福田 信一(金沢市立押野小学校 校長)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
民話など地域文化を大切にしながら「子どもが主役」の授業を実践、地域のリーダーとしても多大な貢献
受賞年度第36回(2005年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
石川県児童文化協会
郷土に住む子どもたちの夢を育む児童文化活動の継続的な取り組み
受賞年度第41回(2010年度)
部門博報教育特別賞
所在地石川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田鶴浜地方史の会
故郷愛を育み、郷土や社会に貢献する心を育成する「ふるさと歴史教室」の実践
受賞年度第44回(2013年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地石川県
団体/個人団体

関連情報