博報賞

過去の受賞者| 所在地 (茨城県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
稲川 三郎
国語教育実践の権威者としてつねにその理論と実践の提唱・普及に努めるとともに町ぐるみの「夕読み会」「部落児童図書館」の建設など徹底した読書指導法を創設して、新しい国語教育の開発に努めている。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人 ---
茨城県立霞ケ浦聾学校 文部科学大臣賞
全職員の協力により、養護・訓練の実践研究を聴覚障害児の生活全体の中で幅広く捉え、教育課程全体における養護・訓練のあり方について、精緻な事例研究を積み重ね、研究を公開するなどして多くの成果を収め、聴覚障害児教育の推進に寄与している。
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 茨城県 団体 ---
鬼澤 和江
長年にわたり真摯に国語教育の実践に従事し、特にひとりひとりを伸ばす作文教育に成果をあげてきた。また、地区の指導者として研究活動を盛り上げ、その進展につくしている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人 ---
西成田 功
長年にわたり、一貫して聴覚障害教育の充実発展に尽力し、特に、県内では、指導的立場にあって学校経営、教員の資質向上に格段の寄与をするとともに、全国的立場からは聾学校の教育課程の改善充実に貢献している。
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 茨城県 個人 ---
視覚障害教育・心理研究会
研究会発足以来二十五年間にわたり、機関誌を通して視覚障害教育に関する学術論文や実践的研究の成果の普及に努めてきた。また、定期的に研究会や研修会を開催するなどして優れた実践家を育て、視覚障害教育の充実に貢献している。
第12回(1981年度) 視覚障害教育部門 茨城県 団体 ---
行方郡麻生町立麻生小学校
児童の基礎的言語能力を育てるため、国語の学習指導法の研究と実践に全校をあげて、継続して努力してきた。特に、説明文教材における語句指導の研究成果は、研究発表会でも高く評価され、地域のみならず、県内における国語教育の発展に貢献するところが大きい。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 団体 ---
小沼 久
読解指導、作文指導をはじめ、国語教育の全領域にわたって、児童の実態に応じた学習指導法の追求に力を注ぎ、児童の国語力の向上に努めてきた。また、地域の国語教育研究団体の運営及び研究活動に指導的役割を果たし、その進展に大きく貢献した。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人 ---
茨城県立盲学校
県内における視覚障害教育のセンター的な存在として、長年にわたり視覚障害者の教育・福祉の向上に大きな役割を果たしてきた。また、近年における教育方法の工夫に関する研究は、全国の盲学校の実践に大きな示唆を与えている。
第18回(1987年度) 視覚障害教育部門 茨城県 団体 ---
宮崎県難聴・言語障害教育研究協議会
昭和48年設立以来、毎年、聴覚・言語障害教育に関する研究発表会や教育機器の実技講習会等を開き、研究紀要も発行してきた。また、全難言協全国大会及び九州地区難言教育研究大会を主催し成功に導いた。これらの実践的活動は、県内外から高い評価を得ている。
第18回(1987年度) 言語障害教育部門 宮崎県 団体 ---
茨城県難聴・言語障害学級担当者会 文部科学大臣賞
昭和42年設立以来、毎年、全会員対象の定例研修会や県内各地区の研修会を開き、事例報告等実践に基づく着実な活動を展開してきた。また、全難言協全国大会を開催し、教材等の展示、配布などを行い、大会を成功に導いた。その功績はまことに大きいものがある。
第18回(1987年度) 言語障害教育部門 茨城県 団体 ---
田尻 史朗
読解指導、作文指導をはじめ、国語教育の全領域にわたって実践と研究を進めてきたが、特に「学習過程におけるあいまいさの排除」を主眼とした指導は、県内の国語科学習指導法の改善に影響を与え、国語教育の進展に大きく寄与した。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人 ---
茨城県立水戸聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、一貫して児童生徒の聴覚障害の状態に即した教育を推進してきた。近年においては、度々研究会を開催するとともに、特に「児童生徒の実態に応じた言語指導の内容・方法に関する研究」は、多くの示唆を与えた。その功績は極めて大きい。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 茨城県 団体 ---
つくば市立竹園東小学校
本校は、研究学園都市に位置し、帰国子女・外国人子女を多数もつという状況に積極的に対応し、思いやり精神の育成、地域のボランティア活動の推進、子女受け入れのマニュアル作成をはじめとする国際理解教育の研究と実践に先駆的役割を果たしており、その実績は高く評価される。
第21回(1990年度) 国際理解教育部門 茨城県 団体 ---
茗渓学園中学校高等学校
「世界的視野をもった日本人としての自覚を養うこと」を目標にかかげ、帰国子女多数を受け入れ、さらに、多数の交換留学生の受け入れと送り出し、カリキュラム開発、海外父母会、教員の海外研修を行うなど、国際理解教育分野での先進的業績は称賛に値する。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 茨城県 団体 ---
瀬尾 政雄 文部科学大臣賞
長年、教育・福祉における実践的、理論的研究や人材育成に情熱を傾け、海外の教育事情の紹介にも尽力した。特に、審議会委員等の要職を兼ねるとともに、点字触読の方法論の解明や身体障害者の大学受験の拡大を図るなど、我が国特殊教育の発展に大いに貢献している。
第28回(1997年度) 特殊教育部門 茨城県 個人 ---
日立市立日立養護学校
30年の長きにわたり、働く力と生活力を高める教育を目指して理論研究と実践を積み重ね、日立市での特殊教育センター的な役割を果してきた。市内特殊学級担任の多くが本校から巣立ち、保護者と卒業生が福祉作業所づくりに励むなど、地域への貢献は賞賛に値する。
第28回(1997年度) 特殊教育部門 茨城県 団体 ---
日立市立十王中学校
プロジェクトJ「十王鵜鳥舞を(うねどりまい) 創る」~100年続く踊りを自分たちの手で~
第40回(2009年度) 日本文化理解教育部門 茨城県 団体
金砂郷町立金砂小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
1年生~6年生の縦割り編成による「金砂太鼓」「田楽舞」の伝承
第34回(2003年度) 伝統文化教育部門 茨城県 団体
水戸市立五軒小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
偕楽園を中心とした、地域の伝統文化の継承と地域を愛する子どもの育成
第43回(2012年度) 日本文化理解教育部門 茨城県 団体
常陸太田市立山田小学校
発見!青蓮寺に伝わる史話「豊後国の二孝女物語」を通した郷土学習の実践
第43回(2012年度) 日本文化理解教育部門 茨城県 団体
取手市立取手小学校
通常の学級に在籍する配慮を要する児童に対する校内支援組織を活かした支援モデルの展開
第39回(2008年度) 特別支援教育部門 茨城県 団体
ひたちなか市伝統文化継承事業実行委員会
12の小・中学校が一緒になって取り組む地域の伝統文化伝承活動
第37回(2006年度) 文化教養育成部門 茨城県 団体
守谷市立松前台小学校
校内委員会のスクラップアンドビルド、保護者や地域との連携など中規模小学校における特別支援教育のモデル
第36回(2005年度) 特別支援教育部門 茨城県 団体
つくば市立吾妻小学校
LD教育の日本における先駆的実践活動
第34回(2003年度) 特別支援教育部門 茨城県 団体
田山 淳子(小美玉市立小川小学校 教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
「国語教育の評価と指導」の研究及び実践への長年の取組
第37回(2006年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人
大洗町立磯浜小学校
話す力・聞く力」を高める指導の工夫
第34回(2003年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 団体
水戸部知之
昭和49年以来、言語障害児430名以上の指導を手がけ、効果的な指導方法の探究に努力してきた。この間、関係諸機関等との密接な協力、連携を図り成果をあげた。これらの実践的活動は、地域におけるこの教育の発展に大きく寄与している。
第18回(1987年度) 視覚障害教育部門 山形県 個人 ---
鳩貝實次郎
表現・読解指導をはじめ言語教育の全領域にわたって、基礎と基本を踏まえた国語教育のあり方を求め、学習指導法の改善に努めるとともに、児童の言語環境の整備と言語能力の向上に努力し、県内の国語教育の進展に資するところがあった。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 茨城県 個人 ---
受賞者名・活動タイトル
稲川 三郎
国語教育実践の権威者としてつねにその理論と実践の提唱・普及に努めるとともに町ぐるみの「夕読み会」「部落児童図書館」の建設など徹底した読書指導法を創設して、新しい国語教育の開発に努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
茨城県立霞ケ浦聾学校 文部科学大臣賞
全職員の協力により、養護・訓練の実践研究を聴覚障害児の生活全体の中で幅広く捉え、教育課程全体における養護・訓練のあり方について、精緻な事例研究を積み重ね、研究を公開するなどして多くの成果を収め、聴覚障害児教育の推進に寄与している。
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鬼澤 和江
長年にわたり真摯に国語教育の実践に従事し、特にひとりひとりを伸ばす作文教育に成果をあげてきた。また、地区の指導者として研究活動を盛り上げ、その進展につくしている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
西成田 功
長年にわたり、一貫して聴覚障害教育の充実発展に尽力し、特に、県内では、指導的立場にあって学校経営、教員の資質向上に格段の寄与をするとともに、全国的立場からは聾学校の教育課程の改善充実に貢献している。
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
視覚障害教育・心理研究会
研究会発足以来二十五年間にわたり、機関誌を通して視覚障害教育に関する学術論文や実践的研究の成果の普及に努めてきた。また、定期的に研究会や研修会を開催するなどして優れた実践家を育て、視覚障害教育の充実に貢献している。
受賞年度第12回(1981年度)
部門視覚障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
行方郡麻生町立麻生小学校
児童の基礎的言語能力を育てるため、国語の学習指導法の研究と実践に全校をあげて、継続して努力してきた。特に、説明文教材における語句指導の研究成果は、研究発表会でも高く評価され、地域のみならず、県内における国語教育の発展に貢献するところが大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小沼 久
読解指導、作文指導をはじめ、国語教育の全領域にわたって、児童の実態に応じた学習指導法の追求に力を注ぎ、児童の国語力の向上に努めてきた。また、地域の国語教育研究団体の運営及び研究活動に指導的役割を果たし、その進展に大きく貢献した。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
茨城県立盲学校
県内における視覚障害教育のセンター的な存在として、長年にわたり視覚障害者の教育・福祉の向上に大きな役割を果たしてきた。また、近年における教育方法の工夫に関する研究は、全国の盲学校の実践に大きな示唆を与えている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門視覚障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮崎県難聴・言語障害教育研究協議会
昭和48年設立以来、毎年、聴覚・言語障害教育に関する研究発表会や教育機器の実技講習会等を開き、研究紀要も発行してきた。また、全難言協全国大会及び九州地区難言教育研究大会を主催し成功に導いた。これらの実践的活動は、県内外から高い評価を得ている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門言語障害教育部門
所在地宮崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
茨城県難聴・言語障害学級担当者会 文部科学大臣賞
昭和42年設立以来、毎年、全会員対象の定例研修会や県内各地区の研修会を開き、事例報告等実践に基づく着実な活動を展開してきた。また、全難言協全国大会を開催し、教材等の展示、配布などを行い、大会を成功に導いた。その功績はまことに大きいものがある。
受賞年度第18回(1987年度)
部門言語障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田尻 史朗
読解指導、作文指導をはじめ、国語教育の全領域にわたって実践と研究を進めてきたが、特に「学習過程におけるあいまいさの排除」を主眼とした指導は、県内の国語科学習指導法の改善に影響を与え、国語教育の進展に大きく寄与した。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
茨城県立水戸聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、一貫して児童生徒の聴覚障害の状態に即した教育を推進してきた。近年においては、度々研究会を開催するとともに、特に「児童生徒の実態に応じた言語指導の内容・方法に関する研究」は、多くの示唆を与えた。その功績は極めて大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
つくば市立竹園東小学校
本校は、研究学園都市に位置し、帰国子女・外国人子女を多数もつという状況に積極的に対応し、思いやり精神の育成、地域のボランティア活動の推進、子女受け入れのマニュアル作成をはじめとする国際理解教育の研究と実践に先駆的役割を果たしており、その実績は高く評価される。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国際理解教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
茗渓学園中学校高等学校
「世界的視野をもった日本人としての自覚を養うこと」を目標にかかげ、帰国子女多数を受け入れ、さらに、多数の交換留学生の受け入れと送り出し、カリキュラム開発、海外父母会、教員の海外研修を行うなど、国際理解教育分野での先進的業績は称賛に値する。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
瀬尾 政雄 文部科学大臣賞
長年、教育・福祉における実践的、理論的研究や人材育成に情熱を傾け、海外の教育事情の紹介にも尽力した。特に、審議会委員等の要職を兼ねるとともに、点字触読の方法論の解明や身体障害者の大学受験の拡大を図るなど、我が国特殊教育の発展に大いに貢献している。
受賞年度第28回(1997年度)
部門特殊教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
日立市立日立養護学校
30年の長きにわたり、働く力と生活力を高める教育を目指して理論研究と実践を積み重ね、日立市での特殊教育センター的な役割を果してきた。市内特殊学級担任の多くが本校から巣立ち、保護者と卒業生が福祉作業所づくりに励むなど、地域への貢献は賞賛に値する。
受賞年度第28回(1997年度)
部門特殊教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
日立市立十王中学校
プロジェクトJ「十王鵜鳥舞を(うねどりまい) 創る」~100年続く踊りを自分たちの手で~
受賞年度第40回(2009年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
金砂郷町立金砂小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
1年生~6年生の縦割り編成による「金砂太鼓」「田楽舞」の伝承
受賞年度第34回(2003年度)
部門伝統文化教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
水戸市立五軒小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
偕楽園を中心とした、地域の伝統文化の継承と地域を愛する子どもの育成
受賞年度第43回(2012年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
常陸太田市立山田小学校
発見!青蓮寺に伝わる史話「豊後国の二孝女物語」を通した郷土学習の実践
受賞年度第43回(2012年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
取手市立取手小学校
通常の学級に在籍する配慮を要する児童に対する校内支援組織を活かした支援モデルの展開
受賞年度第39回(2008年度)
部門特別支援教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
ひたちなか市伝統文化継承事業実行委員会
12の小・中学校が一緒になって取り組む地域の伝統文化伝承活動
受賞年度第37回(2006年度)
部門文化教養育成部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
守谷市立松前台小学校
校内委員会のスクラップアンドビルド、保護者や地域との連携など中規模小学校における特別支援教育のモデル
受賞年度第36回(2005年度)
部門特別支援教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
つくば市立吾妻小学校
LD教育の日本における先駆的実践活動
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別支援教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田山 淳子(小美玉市立小川小学校 教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
「国語教育の評価と指導」の研究及び実践への長年の取組
受賞年度第37回(2006年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大洗町立磯浜小学校
話す力・聞く力」を高める指導の工夫
受賞年度第34回(2003年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
水戸部知之
昭和49年以来、言語障害児430名以上の指導を手がけ、効果的な指導方法の探究に努力してきた。この間、関係諸機関等との密接な協力、連携を図り成果をあげた。これらの実践的活動は、地域におけるこの教育の発展に大きく寄与している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門視覚障害教育部門
所在地山形県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鳩貝實次郎
表現・読解指導をはじめ言語教育の全領域にわたって、基礎と基本を踏まえた国語教育のあり方を求め、学習指導法の改善に努めるとともに、児童の言語環境の整備と言語能力の向上に努力し、県内の国語教育の進展に資するところがあった。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地茨城県
団体/個人個人

関連情報