博報賞

過去の受賞者| 所在地 (兵庫県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
原 幸雄
戦後最初の弱視学級主任として視覚障害教育の開拓・研究に努力しその成果を全国に普及した。
第1回(1970年度) 視覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
加東郡滝野町立滝野東小学校
昭和46年以降、文部省の研究指定の委嘱を受けるや、全職員が一体となって作文指導のための適正な指導計画の立案と指導の実践に取り組み、特に、どの児童にも書きつづる力を身につけさせることを最大のねらいとして、「作文指導法の最適化」の研究テーマのもとに、多大の成果をあげ、全児童の作文力の向上に成功した。その研究実績は、全国の作文教育に寄与することが顕著である。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
中嶋 仁道
聴覚障害児教育における零歳児からの早期教育体制への取り組みを熱心に提唱し、地域社会を啓蒙するとともに、自らも幼児のための学校経営の先頭に立ち、実践活動の中心となって指導的役割を果たしている。
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
神戸市きこえとことばの教室設置校園研究協議会
全国にさきがけて教室設置校園研究協議会を設置し、相互に連携して実践と研究に努めた。特に、障害の早期発見、早期教育に果たした功績は大きい。昭和54年「言語指導の計画と方法」についての共同研究を全国に発表し、その成果は各方面から注目されている。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 兵庫県 団体 ---
大西 久一
長年にわたる小学校教育の実践と研究を通して、漢字指導、作文指導、読解指導などにすぐれた実績をあげ、これらの実践や研究は、特に、西日本地区における初等国語教育の振興に大きな影響を及ぼしている。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
兵庫県小学校国語教育連盟
三十年余りにわたり県内小学校国語教育の振興と発展充実のための組織的活動を行い、多大の成果をあげてきた。毎年地区別研究会・中央研究大会を開催し、また機関誌・研究図書の発行など、その活発な研究活動は県内の国語教育のみならず他県にも影響を及ぼしている。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
木下 和夫
長年にわたり視覚障害教育の実践研究に幅広く取り組み、教育内容・方法の改善と充実に努めてきた。また、県内はもとより、近畿地区においても視覚障害教育関係者の間で指導的役割を担い、この教育の充実に寄与している。
第13回(1982年度) 視覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
兵庫県立こばと聾学校 文部科学大臣賞
昭和50年開校以来、全国唯一の幼稚部のみの聾学校として、個々の幼児に適切な教育計画を設定し、聴覚障害幼児の教育を推進してきた。とりわけ、母子の触れ合いによることばの育成を目指した"お泊り保育"などの実践研究は、この教育に多くの示唆を与えている。
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 団体 ---
中西美智子 文部科学大臣賞
昭和41年、神戸市の言語障害特殊学級開設以来、一貫してこの教育の実践と研究を継続し、教室における教具の開発、備品の整備、口蓋裂児の構音治療の方針と方法の確立、早期教育の実践、親の会の育成、後進の指導等幅広く活動し、その功績は極めて顕著である。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 兵庫県 個人 ---
学校法人甲南学園甲南小学校
創立以来の児童文集編集の伝統を継承し、児童の国語表現力の育成を図ってきたほか、戦後における私立小学校の連帯による研究活動において近畿地区での先導的役割を果してきた。西日本地区における私立小学校連合会の研修活動の中心として活躍が期待される。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
兵庫県立盲学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、視覚障害を伴う重複障害者の発達と職業的自立を目指して、指導の内容・方法に関する実践的研究に取り組み、着実な成果を収めてきた。これらの成果は、全国の盲学校における今後の実践に示唆を与えるところが大きい。
第16回(1985年度) 視覚障害教育部門 兵庫県 団体 ---
岡田 崇
一貫して小学校国語教育に情熱を傾け、児童一人一人の能力を伸ばしていく授業を追求してきた。また、地域の国語教育研究団体の運営に努めるほか、後進の育成にも力を尽くし、県下の国語教育の進展に寄与してきた功績は極めて大きい。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
今西昭三郎
昭和25年以来、一貫して聾学校教育にたずさわり、聾学校における効果的な言語指導法を探究してきた。特に、残存聴力の活用に関する研究を深め、幼児の聴能訓練や発音発語指導の方法に著しい成果をあげて、県内外から高く評価されている。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
南淡町立南淡中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
淡路人形浄瑠璃など郷土文化の理解と伝承
第33回(2002年度) 伝統文化教育部門 兵庫県 団体
山根 冨一 文部科学大臣賞
昭和46年、「視覚障害教育対外サービス室」が設置されて以来、その担当者として県下の視覚障害児のために、教育相談や教材の工夫と普及等に積極的に取り組み、県下におけるこの教育の啓発と充実に寄与してきた。その業績は、県内外で高く評価されている。
第19回(1988年度) 視覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
中西甚太郎
語彙指導、読解指導、日記を軸とした作文指導等に成果をあげてきたほか、検定教科書の漢字・熟語の頻度数調査に従事し、貴重な資料を作成した。また、地域の国語教育研究団体の結成、運営、機関誌刊行に努めるなど、国語教育の振興に貢献した。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
山門 徳夫
国語教育の実践的方法を探究し、意欲をおこさせる授業方法の開拓に力を注ぐとともに、読解指導にあたっては作品内容への共感を通して、人間性の育成を重視してきた。また、各種の研究団体の運営推進に努め、県内外の国語教育の振興に大きく寄与している。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
豊岡市立豊岡小学校 文部科学大臣賞
地域の先進的実践研究校として教育全般に大きな役割を果たしてきたが、最近における数年間は、「確かで豊かなことばの力を育てる国語教育」の研究を取り上げ、その成果には顕著なものがあり、但馬地域のみならず、県内の国語教育の振興に貢献するところが大きい。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
芝野 文子
40年にわたり、一貫して小学校国語教育にたずさわり、読みを深める国語の授業を目指して、実践的研究に情熱を注ぎ、多くの成果をあげてきた。また、研究団体の企画運営にも協力して指導的役割を果たしており、県内国語教育に寄与した功績は大きい。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
氷上郡柏原町立崇広小学校
全職員の協力によって、分かる授業の創造を目指して実践教育を継続してきたが、特に最近においては、「ひとりひとりの読みを深める国語学習」を主題としてえ実践教育を重ね、その成果を発表するなど、地域の研究推進の中心校として大きな役割を果している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
藤森 春樹 文部科学大臣賞
昭和39年以来、難聴児の医療及び難聴特殊学級設立に尽力してきた。また、姫路ベターヒヤリングクリニックを設立、難聴障害乳幼児の聴能訓練を開始するとともに、保護者に対し「難聴幼児をめぐる座談会」を開催するなど、この教育に与えた影響は極めて大きい。
第22回(1991年度) 兵庫県 兵庫県 個人 ---
吉田 哲司
作文指導、読解指導、読書指導に成果をあげるとともに、学校図書館の運営に尽力して読書環境の整備を図り、また、郷土の昔話・伝説等を発掘し、編集してきた。研究団体の運営にも早くから参加して後進を多く育成し、県内外の国語教育の振興に寄与した。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
愛徳学園小学校 文部科学大臣賞
学校創立以来小規模校の特色を生かして継続してきた日記指導は、児童の作文力の向上に大きな影響を及ぼしてきた。さらに、日記指導を基礎とする校内国語教育の実践研究は読書力の伸張にも寄与し、私立校における国語教育の振興に貢献するところが極めて大きい。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
平石 清
長年にわたり、神戸市の7校7園に設置された「きこえとこばの教室」の教育の推進に中心的な役割を果たしてきた。特に、担当者の育成に積極的に取り組むとともに、数多くの保護者の相談を受け、指導を行うなど、この地域の言語教育に果たした功績は顕著なものがある。
第23回(1992年度) 兵庫県 兵庫県 個人 ---
津名郡北淡町立野島小学校
オープンスペースの教室環境を生かしながら、「個を生かすための国語の授業」の実践研究に数年にわたって取り組んできた。その成果を自主公開研究会を通して県内外に発表し、高く評価されるとともに、これからの国語科教育の方向にも多大の示唆を与えている。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
松井 讓二 文部科学大臣賞
昭和50年以来、保育園や学校、地域において伝承遊びの収集と研究、並びにその指導に当たってきた。「ふるさとのあそび」の出版、本人の屋敷内に「ひょうご手づくりおもちゃ館」の開館、地域の子どもたちや父母への遊びの実施指導など、その活動と成果は高く評価される。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 兵庫県 個人 ---
多可郡中町立中町北小学校
地域の伝統文化である「播洲歌舞伎」を守り育てるために、昭和63年からクラブ活動として取り組んできた。その成果は広く地域の人々にも公開され、喜ばれている。この活動を通して、伝統文化を大切にする心をもち、新しい時代に生きる個性豊かな子どもを育てている。
第29回(1998年度) 伝統文化教育部門 兵庫県 団体 ---
藤井 昭三
昭和26年、市教育研究所の語彙調査に従事してから国語教育に興味を持ち、以来研究実践に力を注ぐとともに、論文、実践記録を多数発表し、指導方法を開発してきた。また、小学校長、大学講師として後進の指導に当たるなど、国語教育に寄与してきた実績は大きい。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 兵庫県 個人 ---
三田市立松が丘小学校
子どもたちのより良い言語生活を目指し、音読による読解、コンピューターを使った作者研究や発表、国語科を拠点とした横断的な学習など、先進的な実践研究に継続的に取り組んでいる。また、子どもたちの表現力を育成する異学年交流の生活発表会、国語科を拠点とした「総合的な学習の時間」との関連についても実践を進めている。
第30回(1999年度) 国語教育・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
西宮市立小松小学校 文部科学大臣賞
文部省帰国子女教育受入推進地域指定センター校として長年の実績を更に発展させ、国際理解教育に取り組んで優れた成果を上げ、地域を越えて指導的かつ先駆的な役割を果してきた。「ことなることを豊かさに」感じ取れる子どもの育成を目指し、主体的参加を促す多様な実践の努力は賞賛に値する。
第31回(2000年度) 国際理解教育部門 兵庫県 団体 ---
大原 啓司
大原氏は関西を中心に長年にわたって小・中学校における邦楽教育の推進に尽力されてきた。その活動は邦楽理論の研究から教師対象の研修会、そして小・中学校対象の邦楽の集いなど幅広い。とりわけ、独自に考案した指導計画や指導の実際は注目すべき成果をあげており、氏の取り組みは高く評価される。
第31回(2000年度) 伝統文化教育部門 兵庫県 個人 ---
宍粟市立野原小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域ぐるみの組織「NJA(野原・日豪国際交流活動)」の27年間に亘る取り組み
第39回(2008年度) 国際文化理解教育部門 兵庫県 団体
神戸市通級指導教室設置校園長会
幼小中の連携による配慮の必要な児童に対する効果的な通級指導システムの導入
第44回(2013年度) 特別支援教育部門 兵庫県 団体
上月 敏子【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
想像する力、考える力、表現する力を育成する読書活動を重視した国語教育の実践と研究
第42回(2011年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人
酒井達哉(篠山市立大山小学校教諭)
「サギソウ」「オヤニラミ」など地域の草花や魚を絶滅から救うなど、地域を教材とした体験教育の展開
第38回(2007年度) 教育活性化部門 兵庫県 個人
伊崎 一夫(兵庫県三田市立ゆりのき台小学校 教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
言葉の力を付ける「国語教室」の推進による、学校活性化への貢献
第35回(2004年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人
こうべ子どもにこにこ会 文部科学大臣賞
神戸市東灘区とその近隣に住む外国人の子どもたちに対する日本語教育を中心とするサポート活動
第39回(2008年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体
服部 久美子(神戸市立こうべ小学校 教諭)
多文化共生教育の経験を生かしたコミュニケーション重視の国語・日本語教育の実践
第36回(2005年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 個人
坪井 美津子
尼崎を愛し、文化の持続発展を目指す「心を育む邦楽教育」
第47回(2016年度) 日本文化理解教育部門 兵庫県 個人
わだやま国際文化交流協会【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
国際理解教育の推進 21世紀に光る人間の育成
第43回(2012年度) 国際理解教育部門 兵庫県 団体
赤穂市立城西小学校
演劇「子ども義士物語」の上演を通した、未来に挑戦する子どもの育成
第45回(2014年度) 日本文化理解教育部門 兵庫県 団体
和文化教育研究交流協会
天空へ向けて舞い揚げよう「鯉のぼり」活動
第42回(2011年度) 日本文化理解教育部門 兵庫県 団体
西宮市立甲陵中学校
帰国・外国人生徒などの受け入れと生徒による国際ボランティア活動
第35回(2004年度) 文化教養育成部門 兵庫県 団体
姫路市立豊富小学校
外国人受け入れと『人権』を基盤とした国際理解教育
第34回(2003年度) 国際理解教育部門 兵庫県 団体
受賞者名・活動タイトル
原 幸雄
戦後最初の弱視学級主任として視覚障害教育の開拓・研究に努力しその成果を全国に普及した。
受賞年度第1回(1970年度)
部門視覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
加東郡滝野町立滝野東小学校
昭和46年以降、文部省の研究指定の委嘱を受けるや、全職員が一体となって作文指導のための適正な指導計画の立案と指導の実践に取り組み、特に、どの児童にも書きつづる力を身につけさせることを最大のねらいとして、「作文指導法の最適化」の研究テーマのもとに、多大の成果をあげ、全児童の作文力の向上に成功した。その研究実績は、全国の作文教育に寄与することが顕著である。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中嶋 仁道
聴覚障害児教育における零歳児からの早期教育体制への取り組みを熱心に提唱し、地域社会を啓蒙するとともに、自らも幼児のための学校経営の先頭に立ち、実践活動の中心となって指導的役割を果たしている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
神戸市きこえとことばの教室設置校園研究協議会
全国にさきがけて教室設置校園研究協議会を設置し、相互に連携して実践と研究に努めた。特に、障害の早期発見、早期教育に果たした功績は大きい。昭和54年「言語指導の計画と方法」についての共同研究を全国に発表し、その成果は各方面から注目されている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大西 久一
長年にわたる小学校教育の実践と研究を通して、漢字指導、作文指導、読解指導などにすぐれた実績をあげ、これらの実践や研究は、特に、西日本地区における初等国語教育の振興に大きな影響を及ぼしている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
兵庫県小学校国語教育連盟
三十年余りにわたり県内小学校国語教育の振興と発展充実のための組織的活動を行い、多大の成果をあげてきた。毎年地区別研究会・中央研究大会を開催し、また機関誌・研究図書の発行など、その活発な研究活動は県内の国語教育のみならず他県にも影響を及ぼしている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
木下 和夫
長年にわたり視覚障害教育の実践研究に幅広く取り組み、教育内容・方法の改善と充実に努めてきた。また、県内はもとより、近畿地区においても視覚障害教育関係者の間で指導的役割を担い、この教育の充実に寄与している。
受賞年度第13回(1982年度)
部門視覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
兵庫県立こばと聾学校 文部科学大臣賞
昭和50年開校以来、全国唯一の幼稚部のみの聾学校として、個々の幼児に適切な教育計画を設定し、聴覚障害幼児の教育を推進してきた。とりわけ、母子の触れ合いによることばの育成を目指した"お泊り保育"などの実践研究は、この教育に多くの示唆を与えている。
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中西美智子 文部科学大臣賞
昭和41年、神戸市の言語障害特殊学級開設以来、一貫してこの教育の実践と研究を継続し、教室における教具の開発、備品の整備、口蓋裂児の構音治療の方針と方法の確立、早期教育の実践、親の会の育成、後進の指導等幅広く活動し、その功績は極めて顕著である。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
学校法人甲南学園甲南小学校
創立以来の児童文集編集の伝統を継承し、児童の国語表現力の育成を図ってきたほか、戦後における私立小学校の連帯による研究活動において近畿地区での先導的役割を果してきた。西日本地区における私立小学校連合会の研修活動の中心として活躍が期待される。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
兵庫県立盲学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、視覚障害を伴う重複障害者の発達と職業的自立を目指して、指導の内容・方法に関する実践的研究に取り組み、着実な成果を収めてきた。これらの成果は、全国の盲学校における今後の実践に示唆を与えるところが大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門視覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡田 崇
一貫して小学校国語教育に情熱を傾け、児童一人一人の能力を伸ばしていく授業を追求してきた。また、地域の国語教育研究団体の運営に努めるほか、後進の育成にも力を尽くし、県下の国語教育の進展に寄与してきた功績は極めて大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
今西昭三郎
昭和25年以来、一貫して聾学校教育にたずさわり、聾学校における効果的な言語指導法を探究してきた。特に、残存聴力の活用に関する研究を深め、幼児の聴能訓練や発音発語指導の方法に著しい成果をあげて、県内外から高く評価されている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
南淡町立南淡中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
淡路人形浄瑠璃など郷土文化の理解と伝承
受賞年度第33回(2002年度)
部門伝統文化教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山根 冨一 文部科学大臣賞
昭和46年、「視覚障害教育対外サービス室」が設置されて以来、その担当者として県下の視覚障害児のために、教育相談や教材の工夫と普及等に積極的に取り組み、県下におけるこの教育の啓発と充実に寄与してきた。その業績は、県内外で高く評価されている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門視覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
中西甚太郎
語彙指導、読解指導、日記を軸とした作文指導等に成果をあげてきたほか、検定教科書の漢字・熟語の頻度数調査に従事し、貴重な資料を作成した。また、地域の国語教育研究団体の結成、運営、機関誌刊行に努めるなど、国語教育の振興に貢献した。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山門 徳夫
国語教育の実践的方法を探究し、意欲をおこさせる授業方法の開拓に力を注ぐとともに、読解指導にあたっては作品内容への共感を通して、人間性の育成を重視してきた。また、各種の研究団体の運営推進に努め、県内外の国語教育の振興に大きく寄与している。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
豊岡市立豊岡小学校 文部科学大臣賞
地域の先進的実践研究校として教育全般に大きな役割を果たしてきたが、最近における数年間は、「確かで豊かなことばの力を育てる国語教育」の研究を取り上げ、その成果には顕著なものがあり、但馬地域のみならず、県内の国語教育の振興に貢献するところが大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
芝野 文子
40年にわたり、一貫して小学校国語教育にたずさわり、読みを深める国語の授業を目指して、実践的研究に情熱を注ぎ、多くの成果をあげてきた。また、研究団体の企画運営にも協力して指導的役割を果たしており、県内国語教育に寄与した功績は大きい。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
氷上郡柏原町立崇広小学校
全職員の協力によって、分かる授業の創造を目指して実践教育を継続してきたが、特に最近においては、「ひとりひとりの読みを深める国語学習」を主題としてえ実践教育を重ね、その成果を発表するなど、地域の研究推進の中心校として大きな役割を果している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
藤森 春樹 文部科学大臣賞
昭和39年以来、難聴児の医療及び難聴特殊学級設立に尽力してきた。また、姫路ベターヒヤリングクリニックを設立、難聴障害乳幼児の聴能訓練を開始するとともに、保護者に対し「難聴幼児をめぐる座談会」を開催するなど、この教育に与えた影響は極めて大きい。
受賞年度第22回(1991年度)
部門兵庫県
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
吉田 哲司
作文指導、読解指導、読書指導に成果をあげるとともに、学校図書館の運営に尽力して読書環境の整備を図り、また、郷土の昔話・伝説等を発掘し、編集してきた。研究団体の運営にも早くから参加して後進を多く育成し、県内外の国語教育の振興に寄与した。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
愛徳学園小学校 文部科学大臣賞
学校創立以来小規模校の特色を生かして継続してきた日記指導は、児童の作文力の向上に大きな影響を及ぼしてきた。さらに、日記指導を基礎とする校内国語教育の実践研究は読書力の伸張にも寄与し、私立校における国語教育の振興に貢献するところが極めて大きい。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
平石 清
長年にわたり、神戸市の7校7園に設置された「きこえとこばの教室」の教育の推進に中心的な役割を果たしてきた。特に、担当者の育成に積極的に取り組むとともに、数多くの保護者の相談を受け、指導を行うなど、この地域の言語教育に果たした功績は顕著なものがある。
受賞年度第23回(1992年度)
部門兵庫県
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
津名郡北淡町立野島小学校
オープンスペースの教室環境を生かしながら、「個を生かすための国語の授業」の実践研究に数年にわたって取り組んできた。その成果を自主公開研究会を通して県内外に発表し、高く評価されるとともに、これからの国語科教育の方向にも多大の示唆を与えている。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松井 讓二 文部科学大臣賞
昭和50年以来、保育園や学校、地域において伝承遊びの収集と研究、並びにその指導に当たってきた。「ふるさとのあそび」の出版、本人の屋敷内に「ひょうご手づくりおもちゃ館」の開館、地域の子どもたちや父母への遊びの実施指導など、その活動と成果は高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
多可郡中町立中町北小学校
地域の伝統文化である「播洲歌舞伎」を守り育てるために、昭和63年からクラブ活動として取り組んできた。その成果は広く地域の人々にも公開され、喜ばれている。この活動を通して、伝統文化を大切にする心をもち、新しい時代に生きる個性豊かな子どもを育てている。
受賞年度第29回(1998年度)
部門伝統文化教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
藤井 昭三
昭和26年、市教育研究所の語彙調査に従事してから国語教育に興味を持ち、以来研究実践に力を注ぐとともに、論文、実践記録を多数発表し、指導方法を開発してきた。また、小学校長、大学講師として後進の指導に当たるなど、国語教育に寄与してきた実績は大きい。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三田市立松が丘小学校
子どもたちのより良い言語生活を目指し、音読による読解、コンピューターを使った作者研究や発表、国語科を拠点とした横断的な学習など、先進的な実践研究に継続的に取り組んでいる。また、子どもたちの表現力を育成する異学年交流の生活発表会、国語科を拠点とした「総合的な学習の時間」との関連についても実践を進めている。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西宮市立小松小学校 文部科学大臣賞
文部省帰国子女教育受入推進地域指定センター校として長年の実績を更に発展させ、国際理解教育に取り組んで優れた成果を上げ、地域を越えて指導的かつ先駆的な役割を果してきた。「ことなることを豊かさに」感じ取れる子どもの育成を目指し、主体的参加を促す多様な実践の努力は賞賛に値する。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国際理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大原 啓司
大原氏は関西を中心に長年にわたって小・中学校における邦楽教育の推進に尽力されてきた。その活動は邦楽理論の研究から教師対象の研修会、そして小・中学校対象の邦楽の集いなど幅広い。とりわけ、独自に考案した指導計画や指導の実際は注目すべき成果をあげており、氏の取り組みは高く評価される。
受賞年度第31回(2000年度)
部門伝統文化教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
宍粟市立野原小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域ぐるみの組織「NJA(野原・日豪国際交流活動)」の27年間に亘る取り組み
受賞年度第39回(2008年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
神戸市通級指導教室設置校園長会
幼小中の連携による配慮の必要な児童に対する効果的な通級指導システムの導入
受賞年度第44回(2013年度)
部門特別支援教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上月 敏子【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
想像する力、考える力、表現する力を育成する読書活動を重視した国語教育の実践と研究
受賞年度第42回(2011年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
酒井達哉(篠山市立大山小学校教諭)
「サギソウ」「オヤニラミ」など地域の草花や魚を絶滅から救うなど、地域を教材とした体験教育の展開
受賞年度第38回(2007年度)
部門教育活性化部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
伊崎 一夫(兵庫県三田市立ゆりのき台小学校 教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
言葉の力を付ける「国語教室」の推進による、学校活性化への貢献
受賞年度第35回(2004年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
こうべ子どもにこにこ会 文部科学大臣賞
神戸市東灘区とその近隣に住む外国人の子どもたちに対する日本語教育を中心とするサポート活動
受賞年度第39回(2008年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
服部 久美子(神戸市立こうべ小学校 教諭)
多文化共生教育の経験を生かしたコミュニケーション重視の国語・日本語教育の実践
受賞年度第36回(2005年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
坪井 美津子
尼崎を愛し、文化の持続発展を目指す「心を育む邦楽教育」
受賞年度第47回(2016年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
わだやま国際文化交流協会【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
国際理解教育の推進 21世紀に光る人間の育成
受賞年度第43回(2012年度)
部門国際理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
赤穂市立城西小学校
演劇「子ども義士物語」の上演を通した、未来に挑戦する子どもの育成
受賞年度第45回(2014年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
和文化教育研究交流協会
天空へ向けて舞い揚げよう「鯉のぼり」活動
受賞年度第42回(2011年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西宮市立甲陵中学校
帰国・外国人生徒などの受け入れと生徒による国際ボランティア活動
受賞年度第35回(2004年度)
部門文化教養育成部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
姫路市立豊富小学校
外国人受け入れと『人権』を基盤とした国際理解教育
受賞年度第34回(2003年度)
部門国際理解教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体