博報賞

過去の受賞者| 所在地 (広島県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
広島県立盲学校
盲学校における重複障害教育、特に盲精薄児の管理運営および教育内容・方法に関するあり方を具体的に開拓した。その成果は、将来の視覚障害教育に寄与するところが大きい。
第3回(1972年度) 視覚障害教育部門 広島県 団体 ---
福山市難聴児母子教室 文部科学大臣賞
昭和40年、多くの困難をのりこえて、難聴児母子教室を創設し、わが国聴覚障害教育の乳幼児早期教育について、先駆的な役割りを果した。特に、教育と医学の提携協力の下に母子教室を開設して、クリニック・センター活動を推進し、小学校とのインテグレーションについて新しい方向を開拓した。
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 広島県 団体 ---
野地 潤家
戦後、広島高師・広島大学教育学部・同大学院にあって、すぐれた多くの国語教育者を育成するとともに、国語教育学、国語教育学史、国語教育史の実証的研究に多大の業績を挙げた。なお、幼児期の言語生活の実態の継続的な把握は、今後の幼児言語教育に貢献するところが大きい。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
野地 一枝
三児の母親として、家庭にあって育児に専念するかたわら、夫野地潤家と協力して、三児の話しことば習得の実態を、6年間にわたり毎日継続して採録することに努め、「幼児期の言語生活の実態?」としてまとめた。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
岡屋 昭雄
ながく、初等国語教育の実践的研究にしたがい、各領域にわたって注目すべき実績を挙げた。また、地域の研究誌を編集・刊行して、国語教育の向上につとめた。近来は奉職校において、研究主題の立案とその推進の中心的役割を果たしている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
戸河内町立寺領小学校
長年にわたって聞くこと話すことの指導研究に取り組み、全職員が協力して児童の言語能力向上のため努力した成果は、複式学級の指導としての全国大会での発表となって結実した。その研究内容は今後のへき地教育においての指標を示したものとして評価されている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
君田村立君田小学校
読解と読書の実践研究を数年にわたって研究し、その成果は実践記録および児童の文集として実を結んでいるが、学校をあげての研究態勢は、国語教育研究の範として高く評価されている。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
広島市小学校国語教育研究会 文部科学大臣賞
昭和21年以来継続して国語教育の研究と実践を組織し運営しながら着実な成果を積み重ね、県全体の国語教育の向上に寄与してきた功績は大きい。特に、作文指導の面においての実践記録は全国的にも影響を及ぼしている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
小川 利雄
長年一貫して小学校国語科教育の実践と研究に従事し、著書・論文・記録・報告などを発表して、すぐれた実践研究の成果を挙げるとともに、特に、西日本地区における国語教育振興に寄与している。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
広島大学附属東雲小学校
県内学校教育における指導法の開発のため多角的な実践研究を継続し、特に国語科教育においては、最近の20年間にわたり多大の成果を収め、その活動は県内のみならず、全国的に影響するところが大きい。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
HBG重度・重複障害児スポ・レク活動教室「はなまるキッズ」
重度・重複障害児の運動・スポーツ開発とボランティア支援者の育成
第48回(2017年度) 特別支援教育部門 広島県 団体
安芸郡府中町立府中中央小学校
学校長を中心とした校内の研究協力体制のもとに、長年にわたって国語教育の実践と研究を継続して現在に至っている。その間、特に読書指導と作文指導には成果が著しく、児童の国語力の向上にとどまらず豊かな人格の形成にも多大の教育的効果をあげている。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
吉井 敏明
長年にわたって国語教育の実践と研究につとめ、特に表現力を高める指導に力を注ぎ、大きな成果をあげるとともに、論文の発表、後進の育成、研究会の運営及び研究活動を通して、地域の国語教育の進展に寄与している。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
庄原市立庄原小学校
昭和53年度以降継続して国語科指導の実践研究に全校をあげて努力してきた。その成果には顕著なものがあり、特に新教育課程における国語科教育のあり方に対する研究と実践は、県下における国語教育の推進と発展に貢献するところが大きい。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
点字教材製作研究会
多様なニーズを有する盲児童生徒に対し、必要に応じて適切な点字教材を提供するために、最新の設備を取り入れ、その活用に関するテキストを作成するとともに、管理運営の在り方の研究を行い、全国の盲学校に貴重な資料を与えている。
第15回(1984年度) 視覚障害教育部門 広島県 団体 ---
住山 恭子
小・中学校における国語教育の実践と研究に従事し、特に読解力を高める指導において優れた実績をあげてきた。また、研究会において積極的に発表、公開授業を行い、指導助言にあたるなど、後進の指導に努め、県内外の国語教育の進展に大きく寄与している。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
世羅郡世羅町立大見小学校
児童の作文力を高める指導法の究明を目指して実践的研究を数年にわたって重ね、児童の表現力の育成に大きな成果をあげてきた。この研究の成果は広く県内外に影響を与え、広島県を中心とした地域の作文教育の向上に寄与している。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
広島県小学校教育研究会国語部会
過去35年間にわたり、県内小学校国語教育研究に指針を与えつつ、授業の充実、研修の積み重ねを推進し、県内国語教育の振興と教員の資質向上に重要な役割を果たしてきた。また、小、中、高を一貫する国語教育のあり方を重視した共同研究の試みは高い評価を受けている。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
東川 清彦 文部科学大臣賞
昭和38年以来、難聴乳幼児の医学的ケアに精力的に取り組むとともに、難聴特殊学級設置の促進にも尽力し、また、昭和45年には私財を投じて乳幼児聴能教室を設立するなど、地域におけるこの教育の充実に極めて大きく貢献した。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 広島県 個人 ---
三次市立三次西小学校
地域の人々との連携協力のもと、教職員が一体となり独自の工夫をこらし、この地に伝わる農作業を教育活動の一環に組みこんだ「大花田植え」を全校あげて継続している。この活動は地域の伝統文化を積極的に継承し、教育に役立てるものとして、高く評価される。
第24回(1993年度) 伝統文化教育部門 広島県 団体 ---
広島市立幟町小学校
長年にわたる文学教材の指導実践を基盤に、「豊かな心を育て、生きてはたらく国語学習」を研究主題として、新しい学力観に立つ国語の授業のあり方を探究してきた。その研究の方向は、これからの国語科指導に対する先導的取り組みとして、高く評価されている。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 広島県 団体 ---
広島市立基町小学校
昭和47年創立以来、韓国・朝鮮など外国籍児童が多数在学するところから、国際理解教育を積極的に進めてきた。近年は中国からの入国児童等の増加に伴い、日本語学習の創意的実践をはじめ、学力保障と人権尊重を重視した教育の推進に取り組んでいる。
第25回(1994年度) 国際理解教育部門 広島県 団体 ---
横山 知央 文部科学大臣賞
中学校英語教育における日本人教員と外国人講師の授業協力の理論と実践に関する研究を進め、生徒の海外関心の深化とコミュニケーション能力の向上を図った。日常生活のなかでの外国文化との触れあいや海外との文通の推進など、国際理解教育への貢献は大きい。
第26回(1995年度) 国際理解教育部門 広島県 個人 ---
石岡加代子
言語に障害のある児童の教育の実践に長年取り組み、吃音指導等、多くの事例研究を発表してきた。さらに、教育相談も積極的に行い、保護者等の理解・啓発を図るとともに、研究団体や公開講座の運営にも尽力するなど、その活動は、各方面で高い評価を受けている。
第26回(1995年度) 特殊教育部門 広島県 個人 ---
世羅町立大見小学校
「表現力豊かな子どもの育成」を研究主題とし、その教育実践を長年にわたって公開し続けてきた。書く事を通して個性を伸ばし生きる力のある子どもが育っている。「総合的な学習を想定した体験的な学習作りを通して、生きて働く、書く力を育てる国語科教育の創造」を目指す活動に期待したい。
第31回(2000年度) 国語教育・日本語教育部門 広島県 団体 ---
東広島市立河内小学校
ふるさと発!歌で広がる心の絆~日本の心を受け継ぐ「童謡の一人歌い」~
第43回(2012年度) 日本文化理解教育部門 広島県 団体
広島県立広島養護学校
養護学校における医療的ケアの在り方についてのモデル的取り組み
第35回(2004年度) 特別支援教育部門 京都府 団体
大本 市郎
中学校通級指導教室における指導の一考察
第43回(2012年度) 特別支援教育部門 広島県 個人
矢原豊祥 文部科学大臣賞
「論理的な思考力・表現力」を高めるカリキュラム開発~併設型中高一貫教育校における「ことば」の授業~
第39回(2008年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人
受賞者名・活動タイトル
広島県立盲学校
盲学校における重複障害教育、特に盲精薄児の管理運営および教育内容・方法に関するあり方を具体的に開拓した。その成果は、将来の視覚障害教育に寄与するところが大きい。
受賞年度第3回(1972年度)
部門視覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福山市難聴児母子教室 文部科学大臣賞
昭和40年、多くの困難をのりこえて、難聴児母子教室を創設し、わが国聴覚障害教育の乳幼児早期教育について、先駆的な役割りを果した。特に、教育と医学の提携協力の下に母子教室を開設して、クリニック・センター活動を推進し、小学校とのインテグレーションについて新しい方向を開拓した。
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
野地 潤家
戦後、広島高師・広島大学教育学部・同大学院にあって、すぐれた多くの国語教育者を育成するとともに、国語教育学、国語教育学史、国語教育史の実証的研究に多大の業績を挙げた。なお、幼児期の言語生活の実態の継続的な把握は、今後の幼児言語教育に貢献するところが大きい。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
野地 一枝
三児の母親として、家庭にあって育児に専念するかたわら、夫野地潤家と協力して、三児の話しことば習得の実態を、6年間にわたり毎日継続して採録することに努め、「幼児期の言語生活の実態?」としてまとめた。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡屋 昭雄
ながく、初等国語教育の実践的研究にしたがい、各領域にわたって注目すべき実績を挙げた。また、地域の研究誌を編集・刊行して、国語教育の向上につとめた。近来は奉職校において、研究主題の立案とその推進の中心的役割を果たしている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
戸河内町立寺領小学校
長年にわたって聞くこと話すことの指導研究に取り組み、全職員が協力して児童の言語能力向上のため努力した成果は、複式学級の指導としての全国大会での発表となって結実した。その研究内容は今後のへき地教育においての指標を示したものとして評価されている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
君田村立君田小学校
読解と読書の実践研究を数年にわたって研究し、その成果は実践記録および児童の文集として実を結んでいるが、学校をあげての研究態勢は、国語教育研究の範として高く評価されている。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
広島市小学校国語教育研究会 文部科学大臣賞
昭和21年以来継続して国語教育の研究と実践を組織し運営しながら着実な成果を積み重ね、県全体の国語教育の向上に寄与してきた功績は大きい。特に、作文指導の面においての実践記録は全国的にも影響を及ぼしている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小川 利雄
長年一貫して小学校国語科教育の実践と研究に従事し、著書・論文・記録・報告などを発表して、すぐれた実践研究の成果を挙げるとともに、特に、西日本地区における国語教育振興に寄与している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
広島大学附属東雲小学校
県内学校教育における指導法の開発のため多角的な実践研究を継続し、特に国語科教育においては、最近の20年間にわたり多大の成果を収め、その活動は県内のみならず、全国的に影響するところが大きい。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
HBG重度・重複障害児スポ・レク活動教室「はなまるキッズ」
重度・重複障害児の運動・スポーツ開発とボランティア支援者の育成
受賞年度第48回(2017年度)
部門特別支援教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
安芸郡府中町立府中中央小学校
学校長を中心とした校内の研究協力体制のもとに、長年にわたって国語教育の実践と研究を継続して現在に至っている。その間、特に読書指導と作文指導には成果が著しく、児童の国語力の向上にとどまらず豊かな人格の形成にも多大の教育的効果をあげている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉井 敏明
長年にわたって国語教育の実践と研究につとめ、特に表現力を高める指導に力を注ぎ、大きな成果をあげるとともに、論文の発表、後進の育成、研究会の運営及び研究活動を通して、地域の国語教育の進展に寄与している。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
庄原市立庄原小学校
昭和53年度以降継続して国語科指導の実践研究に全校をあげて努力してきた。その成果には顕著なものがあり、特に新教育課程における国語科教育のあり方に対する研究と実践は、県下における国語教育の推進と発展に貢献するところが大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
点字教材製作研究会
多様なニーズを有する盲児童生徒に対し、必要に応じて適切な点字教材を提供するために、最新の設備を取り入れ、その活用に関するテキストを作成するとともに、管理運営の在り方の研究を行い、全国の盲学校に貴重な資料を与えている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門視覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
住山 恭子
小・中学校における国語教育の実践と研究に従事し、特に読解力を高める指導において優れた実績をあげてきた。また、研究会において積極的に発表、公開授業を行い、指導助言にあたるなど、後進の指導に努め、県内外の国語教育の進展に大きく寄与している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
世羅郡世羅町立大見小学校
児童の作文力を高める指導法の究明を目指して実践的研究を数年にわたって重ね、児童の表現力の育成に大きな成果をあげてきた。この研究の成果は広く県内外に影響を与え、広島県を中心とした地域の作文教育の向上に寄与している。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
広島県小学校教育研究会国語部会
過去35年間にわたり、県内小学校国語教育研究に指針を与えつつ、授業の充実、研修の積み重ねを推進し、県内国語教育の振興と教員の資質向上に重要な役割を果たしてきた。また、小、中、高を一貫する国語教育のあり方を重視した共同研究の試みは高い評価を受けている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東川 清彦 文部科学大臣賞
昭和38年以来、難聴乳幼児の医学的ケアに精力的に取り組むとともに、難聴特殊学級設置の促進にも尽力し、また、昭和45年には私財を投じて乳幼児聴能教室を設立するなど、地域におけるこの教育の充実に極めて大きく貢献した。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三次市立三次西小学校
地域の人々との連携協力のもと、教職員が一体となり独自の工夫をこらし、この地に伝わる農作業を教育活動の一環に組みこんだ「大花田植え」を全校あげて継続している。この活動は地域の伝統文化を積極的に継承し、教育に役立てるものとして、高く評価される。
受賞年度第24回(1993年度)
部門伝統文化教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
広島市立幟町小学校
長年にわたる文学教材の指導実践を基盤に、「豊かな心を育て、生きてはたらく国語学習」を研究主題として、新しい学力観に立つ国語の授業のあり方を探究してきた。その研究の方向は、これからの国語科指導に対する先導的取り組みとして、高く評価されている。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
広島市立基町小学校
昭和47年創立以来、韓国・朝鮮など外国籍児童が多数在学するところから、国際理解教育を積極的に進めてきた。近年は中国からの入国児童等の増加に伴い、日本語学習の創意的実践をはじめ、学力保障と人権尊重を重視した教育の推進に取り組んでいる。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国際理解教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横山 知央 文部科学大臣賞
中学校英語教育における日本人教員と外国人講師の授業協力の理論と実践に関する研究を進め、生徒の海外関心の深化とコミュニケーション能力の向上を図った。日常生活のなかでの外国文化との触れあいや海外との文通の推進など、国際理解教育への貢献は大きい。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国際理解教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
石岡加代子
言語に障害のある児童の教育の実践に長年取り組み、吃音指導等、多くの事例研究を発表してきた。さらに、教育相談も積極的に行い、保護者等の理解・啓発を図るとともに、研究団体や公開講座の運営にも尽力するなど、その活動は、各方面で高い評価を受けている。
受賞年度第26回(1995年度)
部門特殊教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
世羅町立大見小学校
「表現力豊かな子どもの育成」を研究主題とし、その教育実践を長年にわたって公開し続けてきた。書く事を通して個性を伸ばし生きる力のある子どもが育っている。「総合的な学習を想定した体験的な学習作りを通して、生きて働く、書く力を育てる国語科教育の創造」を目指す活動に期待したい。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東広島市立河内小学校
ふるさと発!歌で広がる心の絆~日本の心を受け継ぐ「童謡の一人歌い」~
受賞年度第43回(2012年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
広島県立広島養護学校
養護学校における医療的ケアの在り方についてのモデル的取り組み
受賞年度第35回(2004年度)
部門特別支援教育部門
所在地京都府
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大本 市郎
中学校通級指導教室における指導の一考察
受賞年度第43回(2012年度)
部門特別支援教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
矢原豊祥 文部科学大臣賞
「論理的な思考力・表現力」を高めるカリキュラム開発~併設型中高一貫教育校における「ことば」の授業~
受賞年度第39回(2008年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人

関連情報