博報賞

過去の受賞者| 所在地 (群馬県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
伊勢崎市教育研究所 日本語教育研究班 文部科学大臣賞
日本語指導「ひろがることば・夢・希望」の開発
第49回(2018年度) 国語・日本語教育部門 群馬県 団体
群馬実践国語研究会 文部科学大臣賞
県内各地域における国語科教育研究実践者を結集し、継続的に研究活動を行い、県内小中学校における国語科教育の推進充実に大きな貢献をしている。とりわけ、指導上の創意と工夫をこらした提案とその実践の成果は全国的に高く評価されている。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 群馬県 団体 ---
前橋市立桃井小学校言語障害者指導教室 文部科学大臣賞
昭和41年県内最初の言語障害特殊学級として設置されて以来、多岐にわたる言語障害児の指導に当たり、着実な成果をあげてきた。また、障害別、個人別指導計画の研究は高く評価されており、県内の言語障害持殊学級で活用されている。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 群馬県 団体 ---
群馬県立聾学校 文部科学大臣賞
長年、幼稚部における教育相談の実施、生活場面を重視した望ましい言語指導の在り方の探究、小・中学部の国語科指導の充実などに努め、その教育実践は全国的に高く評価されている。昭和58年に発表した「養護・訓練の指導」は、参加者に多くの感銘を与えた。
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 群馬県 団体 ---
阿部シズヱ
長年、一貫して小学校国語教育にたずさわり、読解指導、読書指導に多くの成果をあげてきた。また、研究団体の運営及び研究活動にも尽力して、指導的な役割を果たし、県内外の国語教育の発展に寄与してきた功績は大きい。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 群馬県 個人 ---
神藤 吉重
「国語教室の発見」を追求課題として、国語教育の実践的研究に努め、特に読解、読書、作文等の指導に多大の成果をあげてきた。また、研究団体での指導、国語科教員の育成に尽力し、長年にわたり、国語教育の発展振興に貢献してきた功績はまことに大きい。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 群馬県 個人 ---
桐生市立西小学校PTA
数年にわたって、親子読書運動を核とした読書環境作りに取り組み、児童の読書活動を通して地域社会に開かれたPTA活動を展開してきた。この成果は学校と家庭の連携強化だけでなく、読書運動の社会教育活動における新分野を開拓するものとして高く評価されている。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 群馬県 団体 ---
大泉町立西中学校 文部科学大臣賞
小学校・中学校に外国人児童・生徒が多数在籍していることを考慮し、小学校と中学校との連携を図りながら、子どもたちの実態に応じた適応指導と日本語指導についての教材開発、指導法や指導形態の工夫に先進的に取り組んでいる。また、外国人児童・生徒と一般の子どもたち双方がお互いの文化伝統を交流できる学習指導にも取り組んでいる。
第30回(1999年度) 国語教育・日本語教育部門 群馬県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
伊勢崎市教育研究所 日本語教育研究班 文部科学大臣賞
日本語指導「ひろがることば・夢・希望」の開発
受賞年度第49回(2018年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
群馬実践国語研究会 文部科学大臣賞
県内各地域における国語科教育研究実践者を結集し、継続的に研究活動を行い、県内小中学校における国語科教育の推進充実に大きな貢献をしている。とりわけ、指導上の創意と工夫をこらした提案とその実践の成果は全国的に高く評価されている。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
前橋市立桃井小学校言語障害者指導教室 文部科学大臣賞
昭和41年県内最初の言語障害特殊学級として設置されて以来、多岐にわたる言語障害児の指導に当たり、着実な成果をあげてきた。また、障害別、個人別指導計画の研究は高く評価されており、県内の言語障害持殊学級で活用されている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
群馬県立聾学校 文部科学大臣賞
長年、幼稚部における教育相談の実施、生活場面を重視した望ましい言語指導の在り方の探究、小・中学部の国語科指導の充実などに努め、その教育実践は全国的に高く評価されている。昭和58年に発表した「養護・訓練の指導」は、参加者に多くの感銘を与えた。
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
阿部シズヱ
長年、一貫して小学校国語教育にたずさわり、読解指導、読書指導に多くの成果をあげてきた。また、研究団体の運営及び研究活動にも尽力して、指導的な役割を果たし、県内外の国語教育の発展に寄与してきた功績は大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地群馬県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
神藤 吉重
「国語教室の発見」を追求課題として、国語教育の実践的研究に努め、特に読解、読書、作文等の指導に多大の成果をあげてきた。また、研究団体での指導、国語科教員の育成に尽力し、長年にわたり、国語教育の発展振興に貢献してきた功績はまことに大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地群馬県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
桐生市立西小学校PTA
数年にわたって、親子読書運動を核とした読書環境作りに取り組み、児童の読書活動を通して地域社会に開かれたPTA活動を展開してきた。この成果は学校と家庭の連携強化だけでなく、読書運動の社会教育活動における新分野を開拓するものとして高く評価されている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大泉町立西中学校 文部科学大臣賞
小学校・中学校に外国人児童・生徒が多数在籍していることを考慮し、小学校と中学校との連携を図りながら、子どもたちの実態に応じた適応指導と日本語指導についての教材開発、指導法や指導形態の工夫に先進的に取り組んでいる。また、外国人児童・生徒と一般の子どもたち双方がお互いの文化伝統を交流できる学習指導にも取り組んでいる。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体