博報賞

過去の受賞者| 所在地 (岐阜県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
川口 半平
長年にわたる教育の研究と実践にもとづき、すぐれた児童読みものを創作し、また作文指導を通して国語教育の発展に寄与した。
第2回(1971年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 個人 ---
岐阜国語実践者の会
県下における国語教育実践者を結集し、その実践と研究の場を提供するとともに、その成果を集録して発表する等、県内国語教育の発展に寄与するのみならず、他県の国語教育の推進にも影響するところが大きい。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
岐阜市立且格小学校
全職員の協力によって、漢字・語彙の体系的指導に取り組み、言語能力向上を目ざした国語科の学習指導法の研究に着実に努力している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
岐阜県立岐阜聾学校
地域における関係機関との密接な協力の下に、聴覚障害幼児の早期発見・診断・母子指導の体制作りを推進するとともに、指導の実際に当たっては、幼児の言語の確実なコミュニケーション能力育成をめざした診断・評価をくふうする等、その成果は言語指導の開拓に示唆を与えるところが大きい。
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 岐阜県 団体 ---
岐阜市立城西小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
フランスを中心とするユニークな文化交流
第33回(2002年度) 国際理解教育部門 岐阜県 団体
岐阜県立岐阜盲学校
全国盲学校の生徒を対象として、短歌コンクールを30年にわたって毎年主催し、短歌を通して視覚障害生徒の言語能力の向上と豊かな心情の育成に貢献してきた。この長期にわたる実践活動は、関係者から高く評価されている。
第17回(1986年度) 視覚障害教育部門 岐阜県 団体 ---
岐阜市立明郷小学校  言語障がい通級指導教室(ことばの教室) 文部科学大臣賞
明郷小学校ことばの教室「吃音の会」
第49回(2018年度) 特別支援教育部門 岐阜県 団体
各務原市立那加二小学校
文章の内容解釈中心の指導になりがちな従来の国語科指導の在り方に対して、「言語の教育」としての読解指導の進め方を研究し、全校一丸となって実践に努力してきた。特に、語句指導の面からの実践活動に多大の成果をあげ、その実績は高く評価されている。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
羽島郡岐南町立北小学校
昭和57年学校創設以来、全職員の協力体制のもとに学級経営の確立を基盤として、児童の国語の力を伸ばすための研究実践を着実に累積してきた。特に、「言語を教育する」国語科の指導の在り方に留意しながら、正確な理解力を養うことに多くの成果をあげている。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
多治見市立養正小学校
昭和58年以降継続して国語科の実践研究に全校をあげて取り組み、音読指導、ノート指導、視写指導、語句指導、読書指導、教材研究、言語環境整備など段階的に創造的実践を重ねてきた。その成果は公開授業を通して発表され、地域の国語教育の発展に寄与している。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
関市立倉知小学校
長年にわたり地域に根ざした学校作りに努力しながら、最近では「個に応じた指導」と「自己学習力の育成」を目指して国語科の読解指導、図書館利用の読書指導を中心に実践研究を進めてきた。この結果、児童の意欲的な学習態度を育成し教師の指導力をも向上させている。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
多治見市立精華小学校
長年にわたり実践してきた音読・朗読を生かす国語の授業の研究成果をさらに発展させながら、国語科指導課程の基本について実践的研究を進めてきた。その結果、子どもの実態、教師の研究態勢、家庭における学習などに好ましい変化が生まれ、周囲から高い評価を得た。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
羽島郡柳津町立柳津小学校 文部科学大臣賞
長年にわたり「ふるさととなる学校・学級・教師」を具現する方途として、一貫して個が生きる教育を目指して努力してきた。なかでも、国語科教育と学校図書館教育には特に力を注ぎ、児童の豊かな表現力を育てるとともに言語生活の向上にも大きく寄与している。
第25回(1994年度) 国語教育部門 岐阜県 団体 ---
郡上郡美並村立郡南中学校
国際化時代に生きる子どもの育成のため、世界各地からの留学生のサマーキャンプへの受け入れ、カナダ・アメリカへの中学生派遣、ペンパルとの文通や合唱団との交流などを通じて生徒の国際理解の推進を図っている。村を挙げての交流活動は注目すべきものがある。
第26回(1995年度) 国際理解教育部門 岐阜県 団体 ---
土岐 欣子 文部科学大臣賞
山間部の小学校特殊学級担任として、障害のある子どもの基本的生活習慣の確立や周囲の友達とのかかわり、家庭や地域との連携を大切にした指導を実践している。養護学校や病院等を訪ねて研鑽を積み、実践記録をまとめるなど、その献身的な取り組みは他の模範となっている。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 岐阜県 個人 ---
多治見市立滝呂小学校
多治見市の地区研究課題である「一人一人が自己充実感を持つ教育の推進」の実践研究を15年の長きにわたって、国語指導の立場から脈々と継続してきた。その成果は精一杯がんばる子どもたちの姿に具現化されており、また、教師の指導力向上に大きく貢献している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
美濃市立上牧小学校
8年前に学校に「紙すき教室」が完成し、地域の協力のもとに、全校あげて伝統工芸の学習に取り組んできた。紙すき体験では、低学年は葉書、中学年は色紙、高学年は卒業証書をつくるなど、地域の伝統工芸を児童が身近なものとして実感し、ふるさとの心を育てている。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 岐阜県 団体 ---
関ヶ原町立関ヶ原南小学校
関ヶ原合戦の史跡や地域の伝統文化を生かした学校づくりに、昭和40年代から取り組み、いろいろな教育活動を展開してきた。なかでも、「関ヶ原合戦太鼓」「子ども語り関ヶ原合戦」「親子ふれあい甲冑づくり」などの教育活動は、ふるさと教育の実践として注目に値する。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 岐阜県 団体 ---
各務原市立稲羽東小学校
今日的な課題である「話すこと・書くこと」の能力の育成に積極的に取り組んできた。特に国語科で身につけた技能や方法を学校生活の中で発展的に活用したり、言語環境を工夫し楽しく意欲的に取り組んだりする態度を育成した。その活動は注目に価する。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
串原村立串原中学校 文部科学大臣賞
地域の中山太鼓の伝承活動に取り組んですでに22年になる。この間「ふるさと学習」に位置づけ、全校生徒と教師が一体になって、地域の保存会とも連携して取り組んでいる。活動を通して、生徒の社会的な視野を広げるとともに、生徒に自立心や思いやりの心、地域に対する誇りと愛情を育てている意義は大きい。
第30回(1999年度) 伝統文化教育部門 岐阜県 団体 ---
真正町立真正中学校真桑文楽同好会
真正中学校では、平成2年から部活動として、郷土に古くから伝わる文楽の学習とその継承に取り組んだ。そして、地域の保存会の指導と連携によって、その活動は発展し、「真桑文楽同好会」として、町内はいうまでもなく、県内外において公演している。また、海外でも上演して、国際交流にも大きく貢献しており、その活動は高く評価される。
第31回(2000年度) 伝統文化教育部門 岐阜県 団体 ---
ぎふ早田太鼓の会
地域における青少年の望ましい健全育成と大人と青少年のコミュニティづくりを推進し、地域の様々な団体や人々の協力を得て、和太鼓の演奏活動を展開している。本会は、子どもから大人まで幅広い年齢層で構成され、地域に親しまれ地域によって育てられているところに特色がある。今後の活動のさらなる充実と発展が十分に期待できる。
第32回(2001年度) 伝統文化教育部門 岐阜県 団体 ---
大垣れんげ会
本会は不登校の子どもを持つ親と高校教師らが中心となって設立され、不登校の子どもたちの自立支援に向けて多彩な活動を展開してきた。その一環として平成6年から、約1週間にわたる子どもたちの「合宿療法」を試みてきた。スタッフの基本姿勢、集団の力、対話空間の活用などをテーマに、合宿の生かし方について広い角度から実践的な研究を進めてきた。
第32回(2001年度) 特殊教育部門 岐阜県 団体 ---
関市立小金田中学校 文部科学大臣賞
中学生のよさを生かすために、伝統的な短歌や俳句の表現方法を積極的に取り入れている。特に地域の教育環境や人材を視野に入れ、地域の短歌や俳句の指導者の協力を得て、意欲的に短歌や俳句の創作に取り組めるようにしたり、評価カードや補助簿等を活用し個に応じた指導を工夫したりして継続してその成果を挙げている。
第32回(2001年度) 国語教育・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
西田 拓郎
俳句づくりによる言語活動の充実
第47回(2016年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 個人
美濃加茂市立三和小学校
28年間の「蛍」の保護活動を核とした、多彩な体験活動
第35回(2004年度) 教育活性化部門 岐阜県 団体
学校法人西濃学園 西濃学園中学校
豊かな学びの共同体を目指して~不登校からの出発~
第45回(2014年度) 特別支援教育部門 岐阜県 団体
大垣市立赤坂小学校
読書や俳句を通して、豊かな表現力をつける日本語教育の研究
第40回(2009年度) 国語教育・日本語教育部門 岐阜県 団体
本巣町立外山小学校
地域と一体になった薬草福祉活動などユニークな体験野山学習
第34回(2003年度) 特別部門 岐阜県 団体
白川町
発達の段階に応じた読書活動の充実と「読書のまち 美濃白川」の実現
第43回(2012年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体
受賞者名・活動タイトル
川口 半平
長年にわたる教育の研究と実践にもとづき、すぐれた児童読みものを創作し、また作文指導を通して国語教育の発展に寄与した。
受賞年度第2回(1971年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岐阜国語実践者の会
県下における国語教育実践者を結集し、その実践と研究の場を提供するとともに、その成果を集録して発表する等、県内国語教育の発展に寄与するのみならず、他県の国語教育の推進にも影響するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜市立且格小学校
全職員の協力によって、漢字・語彙の体系的指導に取り組み、言語能力向上を目ざした国語科の学習指導法の研究に着実に努力している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜県立岐阜聾学校
地域における関係機関との密接な協力の下に、聴覚障害幼児の早期発見・診断・母子指導の体制作りを推進するとともに、指導の実際に当たっては、幼児の言語の確実なコミュニケーション能力育成をめざした診断・評価をくふうする等、その成果は言語指導の開拓に示唆を与えるところが大きい。
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜市立城西小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
フランスを中心とするユニークな文化交流
受賞年度第33回(2002年度)
部門国際理解教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜県立岐阜盲学校
全国盲学校の生徒を対象として、短歌コンクールを30年にわたって毎年主催し、短歌を通して視覚障害生徒の言語能力の向上と豊かな心情の育成に貢献してきた。この長期にわたる実践活動は、関係者から高く評価されている。
受賞年度第17回(1986年度)
部門視覚障害教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜市立明郷小学校  言語障がい通級指導教室(ことばの教室) 文部科学大臣賞
明郷小学校ことばの教室「吃音の会」
受賞年度第49回(2018年度)
部門特別支援教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
各務原市立那加二小学校
文章の内容解釈中心の指導になりがちな従来の国語科指導の在り方に対して、「言語の教育」としての読解指導の進め方を研究し、全校一丸となって実践に努力してきた。特に、語句指導の面からの実践活動に多大の成果をあげ、その実績は高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
羽島郡岐南町立北小学校
昭和57年学校創設以来、全職員の協力体制のもとに学級経営の確立を基盤として、児童の国語の力を伸ばすための研究実践を着実に累積してきた。特に、「言語を教育する」国語科の指導の在り方に留意しながら、正確な理解力を養うことに多くの成果をあげている。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
多治見市立養正小学校
昭和58年以降継続して国語科の実践研究に全校をあげて取り組み、音読指導、ノート指導、視写指導、語句指導、読書指導、教材研究、言語環境整備など段階的に創造的実践を重ねてきた。その成果は公開授業を通して発表され、地域の国語教育の発展に寄与している。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
関市立倉知小学校
長年にわたり地域に根ざした学校作りに努力しながら、最近では「個に応じた指導」と「自己学習力の育成」を目指して国語科の読解指導、図書館利用の読書指導を中心に実践研究を進めてきた。この結果、児童の意欲的な学習態度を育成し教師の指導力をも向上させている。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
多治見市立精華小学校
長年にわたり実践してきた音読・朗読を生かす国語の授業の研究成果をさらに発展させながら、国語科指導課程の基本について実践的研究を進めてきた。その結果、子どもの実態、教師の研究態勢、家庭における学習などに好ましい変化が生まれ、周囲から高い評価を得た。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
羽島郡柳津町立柳津小学校 文部科学大臣賞
長年にわたり「ふるさととなる学校・学級・教師」を具現する方途として、一貫して個が生きる教育を目指して努力してきた。なかでも、国語科教育と学校図書館教育には特に力を注ぎ、児童の豊かな表現力を育てるとともに言語生活の向上にも大きく寄与している。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
郡上郡美並村立郡南中学校
国際化時代に生きる子どもの育成のため、世界各地からの留学生のサマーキャンプへの受け入れ、カナダ・アメリカへの中学生派遣、ペンパルとの文通や合唱団との交流などを通じて生徒の国際理解の推進を図っている。村を挙げての交流活動は注目すべきものがある。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国際理解教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
土岐 欣子 文部科学大臣賞
山間部の小学校特殊学級担任として、障害のある子どもの基本的生活習慣の確立や周囲の友達とのかかわり、家庭や地域との連携を大切にした指導を実践している。養護学校や病院等を訪ねて研鑽を積み、実践記録をまとめるなど、その献身的な取り組みは他の模範となっている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地岐阜県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
多治見市立滝呂小学校
多治見市の地区研究課題である「一人一人が自己充実感を持つ教育の推進」の実践研究を15年の長きにわたって、国語指導の立場から脈々と継続してきた。その成果は精一杯がんばる子どもたちの姿に具現化されており、また、教師の指導力向上に大きく貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
美濃市立上牧小学校
8年前に学校に「紙すき教室」が完成し、地域の協力のもとに、全校あげて伝統工芸の学習に取り組んできた。紙すき体験では、低学年は葉書、中学年は色紙、高学年は卒業証書をつくるなど、地域の伝統工芸を児童が身近なものとして実感し、ふるさとの心を育てている。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
関ヶ原町立関ヶ原南小学校
関ヶ原合戦の史跡や地域の伝統文化を生かした学校づくりに、昭和40年代から取り組み、いろいろな教育活動を展開してきた。なかでも、「関ヶ原合戦太鼓」「子ども語り関ヶ原合戦」「親子ふれあい甲冑づくり」などの教育活動は、ふるさと教育の実践として注目に値する。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
各務原市立稲羽東小学校
今日的な課題である「話すこと・書くこと」の能力の育成に積極的に取り組んできた。特に国語科で身につけた技能や方法を学校生活の中で発展的に活用したり、言語環境を工夫し楽しく意欲的に取り組んだりする態度を育成した。その活動は注目に価する。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
串原村立串原中学校 文部科学大臣賞
地域の中山太鼓の伝承活動に取り組んですでに22年になる。この間「ふるさと学習」に位置づけ、全校生徒と教師が一体になって、地域の保存会とも連携して取り組んでいる。活動を通して、生徒の社会的な視野を広げるとともに、生徒に自立心や思いやりの心、地域に対する誇りと愛情を育てている意義は大きい。
受賞年度第30回(1999年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
真正町立真正中学校真桑文楽同好会
真正中学校では、平成2年から部活動として、郷土に古くから伝わる文楽の学習とその継承に取り組んだ。そして、地域の保存会の指導と連携によって、その活動は発展し、「真桑文楽同好会」として、町内はいうまでもなく、県内外において公演している。また、海外でも上演して、国際交流にも大きく貢献しており、その活動は高く評価される。
受賞年度第31回(2000年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
ぎふ早田太鼓の会
地域における青少年の望ましい健全育成と大人と青少年のコミュニティづくりを推進し、地域の様々な団体や人々の協力を得て、和太鼓の演奏活動を展開している。本会は、子どもから大人まで幅広い年齢層で構成され、地域に親しまれ地域によって育てられているところに特色がある。今後の活動のさらなる充実と発展が十分に期待できる。
受賞年度第32回(2001年度)
部門伝統文化教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大垣れんげ会
本会は不登校の子どもを持つ親と高校教師らが中心となって設立され、不登校の子どもたちの自立支援に向けて多彩な活動を展開してきた。その一環として平成6年から、約1週間にわたる子どもたちの「合宿療法」を試みてきた。スタッフの基本姿勢、集団の力、対話空間の活用などをテーマに、合宿の生かし方について広い角度から実践的な研究を進めてきた。
受賞年度第32回(2001年度)
部門特殊教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
関市立小金田中学校 文部科学大臣賞
中学生のよさを生かすために、伝統的な短歌や俳句の表現方法を積極的に取り入れている。特に地域の教育環境や人材を視野に入れ、地域の短歌や俳句の指導者の協力を得て、意欲的に短歌や俳句の創作に取り組めるようにしたり、評価カードや補助簿等を活用し個に応じた指導を工夫したりして継続してその成果を挙げている。
受賞年度第32回(2001年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西田 拓郎
俳句づくりによる言語活動の充実
受賞年度第47回(2016年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
美濃加茂市立三和小学校
28年間の「蛍」の保護活動を核とした、多彩な体験活動
受賞年度第35回(2004年度)
部門教育活性化部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
学校法人西濃学園 西濃学園中学校
豊かな学びの共同体を目指して~不登校からの出発~
受賞年度第45回(2014年度)
部門特別支援教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大垣市立赤坂小学校
読書や俳句を通して、豊かな表現力をつける日本語教育の研究
受賞年度第40回(2009年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
本巣町立外山小学校
地域と一体になった薬草福祉活動などユニークな体験野山学習
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
白川町
発達の段階に応じた読書活動の充実と「読書のまち 美濃白川」の実現
受賞年度第43回(2012年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体