博報賞

過去の受賞者| 所在地 (福島県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
会津若松市立城西小学校
数年間にわたる書写指導の継続研究は、国語教育における書写の指導のあり方と効果的実践法において、県内ばかりでなく全国的に範を示し影響するところが大きい。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 福島県 団体 ---
伊達郡川俣町立川俣小学校
校長を中心に全職員の意欲的、協力的な研究体制のもとに、「創意を生かした書写教育の実践」に継続して取り組み、その成果を発表してきたことは、国語科における書写指導法の開発と進展に多大の示唆を与え、書写教育の在り方を示したものとして高く評価される。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 福島県 団体 ---
鈴木 信正
国語学習指導法の研究と実践に一貫して取り組み、児童の国語学力の向上と教職員の指導力の向上に寄与し、特に、漢字指導、語句指導などの研究にすぐれた成果を収め、県内の国語教育の推進に貢献している。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 福島県 個人 ---
郡山市立朝日が丘小学校
在住外国人と交流・学年別テーマ設定など多面的国際理解
第33回(2002年度) 国際理解教育部門 福島県 団体
星 栄子
国語科教育は言語の教育であるという考えに立ち、中でもとりわけ文章による表現力が重要であるとして、ことばのきまりの指導との関連を重視し、一貫して書く指導に徹した実践を積み重ねており、その成果は高く評価されている。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 福島県 個人 ---
渡部 敏子
特に文章表現力の指導に力を注ぎ、児童一人一人の実態に応じた指導を試み、書くことの日常化を図るための工夫を行って実績をあげてきた。また、複式学級における国語教育の実践においても成果をあげており、今後の発展が一層期待される。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 福島県 個人 ---
福島県難聴・言語障害教育研究会
昭和44年設立以来、研究会・講習会の開催、指導事例の収集等を通じ、県内担当教員の質の向上を図るとともに、一貫して地域に即した特殊学級の在り方を追求してきた。また、昭和57年度全難言協全国大会を成功に導いた実績は、全国的に高い評価を受けている。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 福島県 団体 ---
加藤 隆 文部科学大臣賞
国語教育の実践と研究に情熱をもって取り組み、その充実を図ってきた。特に、読解指導、言語事項の指導に関する精細な調査研究と実践記録による指導方法探究への努力は、高く評価されている。なお、今後の発展と成果が一層期待される。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 福島県 個人 ---
伊達郡伊達町立東小学校
児童一人一人が主体的に学び取る書写学習の在り方を実践を通して、長期にわたって研究を進めてきた。その間、指導上の創意工夫、評価の具体的方法、教材・教具の開発などに多くの成果を残し、県内外の書写教育の推進のため尽くした功績は大きい。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 福島県 団体 ---
福島県立聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、全校あげて聾学校教育における指導内容・方法の改善につとめてきた。特に近年においては、一人一人の児童生徒の言語力を高めるための養護・訓練の実践的研究に取り組み、この教育に多くの示唆を与え、その成果は全国的に高く評価されている。
第16回(1985年度) 聴覚障害教育部門 福島県 団体 ---
伊藤 武司
長年にわたって小学校国語科書写教育の実践と研究にたずさわり、特に書写指導過程の研究、用具の工夫に努めて、誰にでもできる書写指導の開発に優れた成果をあげてきた。現在も研究誌の編集に協力し、書写教育の振興と充実に貢献している。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 福島県 個人 ---
南会津郡檜枝岐村立檜枝岐中学校 文部科学大臣賞
郷土理解と郷土愛を育成するため、小規模校の利点を生かし、全校をあげて郷土学習に取り組んできた。特に、その学習の一環としての檜枝岐歌舞伎「三番叟」の伝承、種まきから試食まで全校一体となった集団活動「そばつくり」の一貫作業は独創的である。
第23回(1992年度) 伝統文化教育部門 福島県 団体 ---
郡山市立橘小学校
「個が育つ」授業の創造を研究主題として、児童個々の実態を根底に置きながら、全校ぐるみで児童の「自己実現力」の育成に取り組んできた。特に、国語科教育における実践については自主研究公開を通して成果を発表し、県内各小、中学校に大きな影響を及ぼしている。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 福島県 団体 ---
郡山市立高瀬小学校 文部科学大臣賞
市内の朝鮮初中学校との交流と友好を深めることを柱に、近隣の外国人に学校行事への参加を呼びかけたり、「自国文化」紹介の場を作るなど、国際環境の変化を体験的に理解させるための教育に全校をあげて取り組んでいる。これらの活動は、賞賛に値し今後が期待される。
第25回(1994年度) 国際理解教育部門 福島県 団体 ---
郡山市立高野小学校
児童一人一人の豊かな表現力の育成を目指し、地域の伝統文化を大切にする教育活動を学校全体として活発に行う一方、国語科指導では特に音声言語指導に力を注ぎ、へき地小規模校の児童に必要な言語習慣の確立に努めてきた。その実績は高く評価されている。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 福島県 団体 ---
後藤 修
音読指導の実践研究で実績があり、説明文の読解指導に関しての実践研究でも多くの成果をあげてきた。また、福島市の学校教育指導委員として各学校の教育活動の指導にあたってきた。今後も学習指導における継続した実践上の努力と研究の成果が期待される。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 福島県 個人 ---
佐藤 浩 文部科学大臣賞
長年にわたり、身体的障害を克服しながら、児童詩誌「青い窓」の編集に情熱を傾けてきた。その実績は全国的に大きな影響を及ぼし、国語教育の振興に寄与している。また、地域の児童を対象とした「詩の教室」を開催して、思いやりの心を育んできた功績は極めて大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 福島県 個人 ---
南会津郡下郷町立楢原小学校
数年にわたって学校をあげて作文教育に取り組み、個々の子どもたちの文章表現力を伸ばすことに努力してきた。特に、児童の情意面と技能面の双方の指導を意図した作文年間指導計画の開発と、それに基づく実践指導は成果も著しく、児童の表現力は年々着実に伸びている。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 福島県 団体 ---
ベンジャミン・グリフィス
平成5年から3年間、英語指導助手として中学生の英語力の増進に尽くしたあと、引き続き郡山市の依頼に応じて市内小学校児童の国際理解の推進に献身し、巧みな日本語と明朗な人柄で子どもたちに親しまれている。英語講習など社会的活動も著しく、その労を多としたい。
第29回(1998年度) 国際理解教育部門 福島県 個人 ---
田島祇園祭屋台歌舞伎保存会
祇園祭屋台歌舞伎の保存活動
第33回(2002年度) 伝統文化教育部門 福島県 団体
飯舘村立飯舘中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
継承から創造へ 誇りをつなぎ未来を拓くふるさと学習
第47回(2016年度) 教育活性化部門 福島県 団体
富岡町立富岡第一中学校・第二中学校 三春校 文部科学大臣賞
「知る」「広げる・深める」「つなぐ」ふるさと創造学
第49回(2018年度) 教育活性化部門 福島県 団体
三春町立三春小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
ユニバーサルデザインの考えによる、子どもの想いや願いを大切にする授業の創造
第44回(2013年度) 特別支援教育部門 福島県 団体
NPO法人ふれあいサポート館アトリエ
様々な体験活動による「生きる力」の育成と「豊かな心」を育成する健全な社会のモデル作りの実践
第39回(2008年度) 教育活性化部門 福島県 団体
受賞者名・活動タイトル
会津若松市立城西小学校
数年間にわたる書写指導の継続研究は、国語教育における書写の指導のあり方と効果的実践法において、県内ばかりでなく全国的に範を示し影響するところが大きい。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
伊達郡川俣町立川俣小学校
校長を中心に全職員の意欲的、協力的な研究体制のもとに、「創意を生かした書写教育の実践」に継続して取り組み、その成果を発表してきたことは、国語科における書写指導法の開発と進展に多大の示唆を与え、書写教育の在り方を示したものとして高く評価される。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鈴木 信正
国語学習指導法の研究と実践に一貫して取り組み、児童の国語学力の向上と教職員の指導力の向上に寄与し、特に、漢字指導、語句指導などの研究にすぐれた成果を収め、県内の国語教育の推進に貢献している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
郡山市立朝日が丘小学校
在住外国人と交流・学年別テーマ設定など多面的国際理解
受賞年度第33回(2002年度)
部門国際理解教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
星 栄子
国語科教育は言語の教育であるという考えに立ち、中でもとりわけ文章による表現力が重要であるとして、ことばのきまりの指導との関連を重視し、一貫して書く指導に徹した実践を積み重ねており、その成果は高く評価されている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
渡部 敏子
特に文章表現力の指導に力を注ぎ、児童一人一人の実態に応じた指導を試み、書くことの日常化を図るための工夫を行って実績をあげてきた。また、複式学級における国語教育の実践においても成果をあげており、今後の発展が一層期待される。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福島県難聴・言語障害教育研究会
昭和44年設立以来、研究会・講習会の開催、指導事例の収集等を通じ、県内担当教員の質の向上を図るとともに、一貫して地域に即した特殊学級の在り方を追求してきた。また、昭和57年度全難言協全国大会を成功に導いた実績は、全国的に高い評価を受けている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
加藤 隆 文部科学大臣賞
国語教育の実践と研究に情熱をもって取り組み、その充実を図ってきた。特に、読解指導、言語事項の指導に関する精細な調査研究と実践記録による指導方法探究への努力は、高く評価されている。なお、今後の発展と成果が一層期待される。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
伊達郡伊達町立東小学校
児童一人一人が主体的に学び取る書写学習の在り方を実践を通して、長期にわたって研究を進めてきた。その間、指導上の創意工夫、評価の具体的方法、教材・教具の開発などに多くの成果を残し、県内外の書写教育の推進のため尽くした功績は大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福島県立聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、全校あげて聾学校教育における指導内容・方法の改善につとめてきた。特に近年においては、一人一人の児童生徒の言語力を高めるための養護・訓練の実践的研究に取り組み、この教育に多くの示唆を与え、その成果は全国的に高く評価されている。
受賞年度第16回(1985年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
伊藤 武司
長年にわたって小学校国語科書写教育の実践と研究にたずさわり、特に書写指導過程の研究、用具の工夫に努めて、誰にでもできる書写指導の開発に優れた成果をあげてきた。現在も研究誌の編集に協力し、書写教育の振興と充実に貢献している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
南会津郡檜枝岐村立檜枝岐中学校 文部科学大臣賞
郷土理解と郷土愛を育成するため、小規模校の利点を生かし、全校をあげて郷土学習に取り組んできた。特に、その学習の一環としての檜枝岐歌舞伎「三番叟」の伝承、種まきから試食まで全校一体となった集団活動「そばつくり」の一貫作業は独創的である。
受賞年度第23回(1992年度)
部門伝統文化教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
郡山市立橘小学校
「個が育つ」授業の創造を研究主題として、児童個々の実態を根底に置きながら、全校ぐるみで児童の「自己実現力」の育成に取り組んできた。特に、国語科教育における実践については自主研究公開を通して成果を発表し、県内各小、中学校に大きな影響を及ぼしている。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
郡山市立高瀬小学校 文部科学大臣賞
市内の朝鮮初中学校との交流と友好を深めることを柱に、近隣の外国人に学校行事への参加を呼びかけたり、「自国文化」紹介の場を作るなど、国際環境の変化を体験的に理解させるための教育に全校をあげて取り組んでいる。これらの活動は、賞賛に値し今後が期待される。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国際理解教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
郡山市立高野小学校
児童一人一人の豊かな表現力の育成を目指し、地域の伝統文化を大切にする教育活動を学校全体として活発に行う一方、国語科指導では特に音声言語指導に力を注ぎ、へき地小規模校の児童に必要な言語習慣の確立に努めてきた。その実績は高く評価されている。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
後藤 修
音読指導の実践研究で実績があり、説明文の読解指導に関しての実践研究でも多くの成果をあげてきた。また、福島市の学校教育指導委員として各学校の教育活動の指導にあたってきた。今後も学習指導における継続した実践上の努力と研究の成果が期待される。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
佐藤 浩 文部科学大臣賞
長年にわたり、身体的障害を克服しながら、児童詩誌「青い窓」の編集に情熱を傾けてきた。その実績は全国的に大きな影響を及ぼし、国語教育の振興に寄与している。また、地域の児童を対象とした「詩の教室」を開催して、思いやりの心を育んできた功績は極めて大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
南会津郡下郷町立楢原小学校
数年にわたって学校をあげて作文教育に取り組み、個々の子どもたちの文章表現力を伸ばすことに努力してきた。特に、児童の情意面と技能面の双方の指導を意図した作文年間指導計画の開発と、それに基づく実践指導は成果も著しく、児童の表現力は年々着実に伸びている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
ベンジャミン・グリフィス
平成5年から3年間、英語指導助手として中学生の英語力の増進に尽くしたあと、引き続き郡山市の依頼に応じて市内小学校児童の国際理解の推進に献身し、巧みな日本語と明朗な人柄で子どもたちに親しまれている。英語講習など社会的活動も著しく、その労を多としたい。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国際理解教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
田島祇園祭屋台歌舞伎保存会
祇園祭屋台歌舞伎の保存活動
受賞年度第33回(2002年度)
部門伝統文化教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
飯舘村立飯舘中学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
継承から創造へ 誇りをつなぎ未来を拓くふるさと学習
受賞年度第47回(2016年度)
部門教育活性化部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富岡町立富岡第一中学校・第二中学校 三春校 文部科学大臣賞
「知る」「広げる・深める」「つなぐ」ふるさと創造学
受賞年度第49回(2018年度)
部門教育活性化部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
三春町立三春小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
ユニバーサルデザインの考えによる、子どもの想いや願いを大切にする授業の創造
受賞年度第44回(2013年度)
部門特別支援教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
NPO法人ふれあいサポート館アトリエ
様々な体験活動による「生きる力」の育成と「豊かな心」を育成する健全な社会のモデル作りの実践
受賞年度第39回(2008年度)
部門教育活性化部門
所在地福島県
団体/個人団体