博報賞

過去の受賞者| 所在地 (福岡県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
谷口 廣保
作文・読解指導を中心として広く国語科指導法の研究を継続して多大の成果をあげ、地域における中心的指導者として国語教育の振興に尽くした。また、小学校長在職中は月2回学校通信を自ら編集・印刷し学校家庭との緊密な結びつきに努力した。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
北九州国語教育研究会 文部科学大臣賞
昭和28年の研究会結成以来、不断の研究活動は、会員相互の実践と努力によって大きな成果をあげ、地域の国語教育の振興に大きな役割を果たしてきたことは、高く評価される。また、地域現場実践人を中心とした研究誌の継続刊行をはじめ、授業研究会の開催、研究校研究会等への協力等を通じて、多くのすぐれた国語教育実践人を育て、わが国の国語教育推進のために、多大の貢献をしている。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体 ---
福岡県立福岡聾学校
言語指導の実践に長期にわたり熱心に取り組み、全校体制の中で多くの実績をあげ、県内および地域の研究推進に常に指導的な役割を果たしてきた。中でも教育機器の効果的利用を目ざした研究成果は、学習指導の改善に寄与するところが大きい。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 団体 ---
久保山トモ
長年にわたり聴覚障害児の発音・発語について着実な実践研究に取り組み、教材・教具の創意工夫と指導法の開拓に顕著な成果をあげ、聴覚障害児教育の進歩と改善に多大の貢献をしている。
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 個人 ---
高良 竹美
長年公立小学校において、実演童話・学校劇・民話・創作童話等の発表を通して、国語教育の内容を豊かなものにしてきた。また、研究活動の中心となり、地区国語教育の推進、普及に努めている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
福岡こくごの会
福岡市および周辺市町村における国語科教育の実践的研究に基づく、定例の研究会と研修会等を通しての成果は、県内の国語科教育の推進と発展のため貢献するところが大きい。
第8回(1977年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体 ---
佐久間フクヨ
長年にわたり、聴覚障害児の言語指導、特に、発音、発語指導について研究と実践に取り組み、多くの成果を挙げた。また、教育相談等を通して、聴覚障害教育の推進と発展に貢献している。
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 個人 ---
福岡市立冷泉小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、一貫して言語障害教育を推進し、多大の成果を挙げている。特に、昭和51年全国大会を開催し、言語障害特殊学級と通常の学級との交流のあり方についてその研究成果を発表して、この教育の充実と発展に寄与した功績は大きい。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 福岡県 団体 ---
長井 盛之
戦前・戦後の長期にわたり小学校国語教育の実践と研究にあたり、特に、音声言語教育、児童詩教育、図書館活動、読書指導等に実績を挙げるとともに、地域における研究組織の育成・活動の推進等を通じて、多くの後進を育て、地域国語教育振興に寄与した。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
笠 文七
個を生かす教育実践に徹し、小・中一貫した教育の重要性を認めてその具体化に取り組むとともに、文法指導、読解指導、発問や助言の研究などに著しい業績をあげ、県内の国語教育研究団体においても、指導的立場に立って尽力している。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
北九州市立小倉小学校 文部科学大臣賞
国語科教育の実践と研究に対する長期にわたる取り組みの成果は早くから全国に知られており、最近では特に言語事項の系統的指導についての業績には著しいものがあって、その結果は全国の国語教育の前進に大きく貢献している。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体 ---
徳永 正範
長年にわたり、言語障害教育の研究と実践に積極的に取り組み、一人一人の子どもの実態に即した指導のあり方を目指して、着実な研究発表を継続した。その成果は県内のみならず、九州地区における言語障害教育の充実と発展に寄与するところが多い。
第12回(1981年度) 言語障害教育部門 福岡県 個人 ---
許斐 三郎
四十年にわたり小学校国語教育の実践と研究につとめ、特に放送・学校劇による指導を通して情操的な分野の教育に実績をあげ、著書・論文などに発表するとともに、地域の国語教育研究会の結成、運営にもかかわり、県内外の国語教育の振興に寄与した。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
三原 種晴
優れた実践家として小学校国語教育に長年携わり、作文指導、読解指導、読書指導等の各分野にわたって実践理論の究明に努め、特に国語教育研究諸団体で指導的な役割を果たし、後進の育成にも尽力している。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
江口 武
読解指導、作文指導、両者の関連指導等における理論と実践の研究に多くの成果をあげてきた。また、地域の研究団体の運営及び研究活動に指導的役割を果たして、国語教育の進展と普及に貢献し、併せて後進の育成にも努めている。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
角田 暢男
へき地における国語教育に意欲的に従事してきたほか、特に文字指導、読解指導、授業分析方法などにも業績をあげてきた。また、硬筆書写の学習を推進し、地域の文学に対する関心を喚起することに努めるなど、多方面の積極的な活動が県内外に与えた影響は大きい。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
進藤 誠
作文教育、児童詩教育、読解指導の実践に成果をあげてきたほか、「子どもの本の学校」を開設して読書指導に努めてきた。また、国語教育研究団体の創立に参加、その運営や機関誌の編集に尽力、定期的な授業研究会の開催を図るなど、地域の国語教育の振興に貢献した。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
原 榮一
ローマ字教育、放送を通じての言葉の教育に努めるほか、児童の生活記録の指導を通しての国語教育の実践に著しい成果をあげてきた。また県内外の国語教育研究団体の設立、運営に尽力して後進の育成をはかり、蔵書を中心に文庫を開設して研究者の便に供している。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
鞍手郡鞍手町立剣北小学校
児童の豊かで確かな表現力を養うため、作文指導の実践と研究を長期にわたって継続し、自主的・自発的に表現する能力の向上を図ってきた。特に、学校生活全般において多く書く機会を設定するための工夫を凝らすなど、国語科の指導と相侯って多大の成果をあげてきた。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体 ---
米津 冴子
一貫して小学校国語教育に従事し、作文指導、読書指導に優れた成果をあげ、研究会などで発表を続けるとともに、自ら国語教育同好会の創立に尽力し、後進の育成に貢献しており、県内外の国語教育の進展に大きく寄与している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
北九州市立八幡養護学校 文部科学大臣賞
昭和36年に学校創立以来、全校をあげて一人ひとりを大切にした教育実践に取り組んできた。特に、コミュニケーション指導をはじめとする「養護・訓練」領域の指導内容・方法等に関する実践的研究は、大きな成果をあげており、県内外で注目され高く評価されている。
第22回(1991年度) 福岡県 福岡県 団体 ---
江頭千鶴子 文部科学大臣賞
20年以上にわたり、私財を投じて、弱視児のための拡大写本を作成し、全国の盲学校や弱視特殊学級に寄贈するなどの奉仕活動を続けてきた。また、各地の拡大写本ボランティアグループの活動を推進し、今日の拡大教材の発展、拡充に尽くした功績は、極めて大である。
第24回(1993年度) 福岡県 福岡県 個人 ---
小金丸寅人
長年、小学校国語教育の実践と研究に努め、主体性を育てる作文指導、読解指導等に優れた成果をあげるとともに、県内外の国語教育団体において指導的な役割を果してきた。退職後は、幼・小一貫の視点から、幼児期における言語表現指導に力を注いでいる。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
柿島 譲
一貫して小学校国語教育に従事し、作文指導、読解指導、読書指導などに優れた実績をあげ、また、国語教育研究団体の運営推進に協力するなど、県内外の国語教育の推進に大きく貢献してきた。なお児童文学に関心を持ち、地域におけるその振興にも尽力している。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人 ---
大神 正道 文部科学大臣賞
長年にわたり聴覚障害児の言語指導の実践研究に努め、福岡方式といわれる発音・発語指導の体系の確立に貢献した。また、県内における聾学校教員特別研修の整備や聴覚障害幼児の教育相談体制などの充実を図るとともに、九州地区聴覚障害教育研究会の発足に尽力した。
第25回(1994年度) 特殊教育部門 福岡県 個人 ---
高嶋 正武
長年たずさわった初等教育で、全学校教育に異文化理解を位置づけることにつとめ、韓国や中国の小学校との交流を進めるなど国際理解教育の実践に励み、さらに現職に転じてからも地域社会の国際交流活動で指導的役割を果すなど、その貢献は大きい。
第28回(1997年度) 国際理解教育部門 福岡県 個人 ---
太宰府市立太宰府西小学校 文部科学大臣賞
地理的にも近い韓国、中国の小学校との姉妹校締結と人的な行き来を含めた活発な交流を軸として、特徴ある国際理解の実践を進めている。AFSの留学生との交流、青少年赤十字への全校加盟、ハングル、中国語、英語の外国語学習、国際理解と授業との関連も重視され、多面的な活動が展開されている。
第32回(2001年度) 国際理解教育部門 福岡県 団体 ---
竹添 智美
歌人としての実績・スキルを活かした、中学校における国語表現の授業実践
第44回(2013年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体
神明照子【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
豊かな読書生活を築き、読解力・読書力を育成する国語科学習指導法の研究
第40回(2009年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 個人
福岡市立東箱崎小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
長年の国語教育指導法の研究
第33回(2002年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体
北九州市立特別支援学校 北九州中央高等学園
就業を目指す効果的な教育システムの構築とその充実・発展を目指した教育活動の展開
第43回(2012年度) 特別支援教育部門 福岡県 団体
特定非営利活動法人FUKUOKAデザインリーグ 文部科学大臣賞
小学校出前授業「デザインスクールキャラバン」
第41回(2010年度) 教育活性化部門 福岡県 団体
春日市立春日野小学校
国語力と学習能力の育成に学校図書館を効果的に活用した実践
第37回(2006年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体
福岡市立金山小学校
図書館活動の充実で読む力をつけ、自ら課題解決できる児童の育成を目指す30年間の国語教育
第38回(2007年度) 国語・日本語教育部門 福岡県 団体
久留米信愛女学院中学校・高等学校 合唱部【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
世界共通の言語である楽譜を通した日英共同作業と異文化理解
第41回(2010年度) 国際文化理解教育部門 福岡県 団体
北九州市立小倉中央小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
多くの文化を認め合い、共に生きようとする子どもの育成~多文化共生をめざして~
第40回(2009年度) 国際文化理解教育部門 福岡県 団体
福岡県・築城町立寒田小学校
僻地の課題を解決する『寒田劇』を中心とした、創造力豊かな数多くの実践
第34回(2003年度) 博報教育特別賞 福岡県 団体
久山町立山田小学校 ・ 久山町立久原小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
首羅山遺跡学習による地域を愛する心の育成
第45回(2014年度) 日本文化理解教育部門 福岡県 団体
受賞者名・活動タイトル
谷口 廣保
作文・読解指導を中心として広く国語科指導法の研究を継続して多大の成果をあげ、地域における中心的指導者として国語教育の振興に尽くした。また、小学校長在職中は月2回学校通信を自ら編集・印刷し学校家庭との緊密な結びつきに努力した。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北九州国語教育研究会 文部科学大臣賞
昭和28年の研究会結成以来、不断の研究活動は、会員相互の実践と努力によって大きな成果をあげ、地域の国語教育の振興に大きな役割を果たしてきたことは、高く評価される。また、地域現場実践人を中心とした研究誌の継続刊行をはじめ、授業研究会の開催、研究校研究会等への協力等を通じて、多くのすぐれた国語教育実践人を育て、わが国の国語教育推進のために、多大の貢献をしている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福岡県立福岡聾学校
言語指導の実践に長期にわたり熱心に取り組み、全校体制の中で多くの実績をあげ、県内および地域の研究推進に常に指導的な役割を果たしてきた。中でも教育機器の効果的利用を目ざした研究成果は、学習指導の改善に寄与するところが大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
久保山トモ
長年にわたり聴覚障害児の発音・発語について着実な実践研究に取り組み、教材・教具の創意工夫と指導法の開拓に顕著な成果をあげ、聴覚障害児教育の進歩と改善に多大の貢献をしている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高良 竹美
長年公立小学校において、実演童話・学校劇・民話・創作童話等の発表を通して、国語教育の内容を豊かなものにしてきた。また、研究活動の中心となり、地区国語教育の推進、普及に努めている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福岡こくごの会
福岡市および周辺市町村における国語科教育の実践的研究に基づく、定例の研究会と研修会等を通しての成果は、県内の国語科教育の推進と発展のため貢献するところが大きい。
受賞年度第8回(1977年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐久間フクヨ
長年にわたり、聴覚障害児の言語指導、特に、発音、発語指導について研究と実践に取り組み、多くの成果を挙げた。また、教育相談等を通して、聴覚障害教育の推進と発展に貢献している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福岡市立冷泉小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、一貫して言語障害教育を推進し、多大の成果を挙げている。特に、昭和51年全国大会を開催し、言語障害特殊学級と通常の学級との交流のあり方についてその研究成果を発表して、この教育の充実と発展に寄与した功績は大きい。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長井 盛之
戦前・戦後の長期にわたり小学校国語教育の実践と研究にあたり、特に、音声言語教育、児童詩教育、図書館活動、読書指導等に実績を挙げるとともに、地域における研究組織の育成・活動の推進等を通じて、多くの後進を育て、地域国語教育振興に寄与した。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
笠 文七
個を生かす教育実践に徹し、小・中一貫した教育の重要性を認めてその具体化に取り組むとともに、文法指導、読解指導、発問や助言の研究などに著しい業績をあげ、県内の国語教育研究団体においても、指導的立場に立って尽力している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北九州市立小倉小学校 文部科学大臣賞
国語科教育の実践と研究に対する長期にわたる取り組みの成果は早くから全国に知られており、最近では特に言語事項の系統的指導についての業績には著しいものがあって、その結果は全国の国語教育の前進に大きく貢献している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
徳永 正範
長年にわたり、言語障害教育の研究と実践に積極的に取り組み、一人一人の子どもの実態に即した指導のあり方を目指して、着実な研究発表を継続した。その成果は県内のみならず、九州地区における言語障害教育の充実と発展に寄与するところが多い。
受賞年度第12回(1981年度)
部門言語障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
許斐 三郎
四十年にわたり小学校国語教育の実践と研究につとめ、特に放送・学校劇による指導を通して情操的な分野の教育に実績をあげ、著書・論文などに発表するとともに、地域の国語教育研究会の結成、運営にもかかわり、県内外の国語教育の振興に寄与した。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三原 種晴
優れた実践家として小学校国語教育に長年携わり、作文指導、読解指導、読書指導等の各分野にわたって実践理論の究明に努め、特に国語教育研究諸団体で指導的な役割を果たし、後進の育成にも尽力している。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
江口 武
読解指導、作文指導、両者の関連指導等における理論と実践の研究に多くの成果をあげてきた。また、地域の研究団体の運営及び研究活動に指導的役割を果たして、国語教育の進展と普及に貢献し、併せて後進の育成にも努めている。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
角田 暢男
へき地における国語教育に意欲的に従事してきたほか、特に文字指導、読解指導、授業分析方法などにも業績をあげてきた。また、硬筆書写の学習を推進し、地域の文学に対する関心を喚起することに努めるなど、多方面の積極的な活動が県内外に与えた影響は大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
進藤 誠
作文教育、児童詩教育、読解指導の実践に成果をあげてきたほか、「子どもの本の学校」を開設して読書指導に努めてきた。また、国語教育研究団体の創立に参加、その運営や機関誌の編集に尽力、定期的な授業研究会の開催を図るなど、地域の国語教育の振興に貢献した。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
原 榮一
ローマ字教育、放送を通じての言葉の教育に努めるほか、児童の生活記録の指導を通しての国語教育の実践に著しい成果をあげてきた。また県内外の国語教育研究団体の設立、運営に尽力して後進の育成をはかり、蔵書を中心に文庫を開設して研究者の便に供している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鞍手郡鞍手町立剣北小学校
児童の豊かで確かな表現力を養うため、作文指導の実践と研究を長期にわたって継続し、自主的・自発的に表現する能力の向上を図ってきた。特に、学校生活全般において多く書く機会を設定するための工夫を凝らすなど、国語科の指導と相侯って多大の成果をあげてきた。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
米津 冴子
一貫して小学校国語教育に従事し、作文指導、読書指導に優れた成果をあげ、研究会などで発表を続けるとともに、自ら国語教育同好会の創立に尽力し、後進の育成に貢献しており、県内外の国語教育の進展に大きく寄与している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北九州市立八幡養護学校 文部科学大臣賞
昭和36年に学校創立以来、全校をあげて一人ひとりを大切にした教育実践に取り組んできた。特に、コミュニケーション指導をはじめとする「養護・訓練」領域の指導内容・方法等に関する実践的研究は、大きな成果をあげており、県内外で注目され高く評価されている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門福岡県
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
江頭千鶴子 文部科学大臣賞
20年以上にわたり、私財を投じて、弱視児のための拡大写本を作成し、全国の盲学校や弱視特殊学級に寄贈するなどの奉仕活動を続けてきた。また、各地の拡大写本ボランティアグループの活動を推進し、今日の拡大教材の発展、拡充に尽くした功績は、極めて大である。
受賞年度第24回(1993年度)
部門福岡県
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
小金丸寅人
長年、小学校国語教育の実践と研究に努め、主体性を育てる作文指導、読解指導等に優れた成果をあげるとともに、県内外の国語教育団体において指導的な役割を果してきた。退職後は、幼・小一貫の視点から、幼児期における言語表現指導に力を注いでいる。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
柿島 譲
一貫して小学校国語教育に従事し、作文指導、読解指導、読書指導などに優れた実績をあげ、また、国語教育研究団体の運営推進に協力するなど、県内外の国語教育の推進に大きく貢献してきた。なお児童文学に関心を持ち、地域におけるその振興にも尽力している。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大神 正道 文部科学大臣賞
長年にわたり聴覚障害児の言語指導の実践研究に努め、福岡方式といわれる発音・発語指導の体系の確立に貢献した。また、県内における聾学校教員特別研修の整備や聴覚障害幼児の教育相談体制などの充実を図るとともに、九州地区聴覚障害教育研究会の発足に尽力した。
受賞年度第25回(1994年度)
部門特殊教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高嶋 正武
長年たずさわった初等教育で、全学校教育に異文化理解を位置づけることにつとめ、韓国や中国の小学校との交流を進めるなど国際理解教育の実践に励み、さらに現職に転じてからも地域社会の国際交流活動で指導的役割を果すなど、その貢献は大きい。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国際理解教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
太宰府市立太宰府西小学校 文部科学大臣賞
地理的にも近い韓国、中国の小学校との姉妹校締結と人的な行き来を含めた活発な交流を軸として、特徴ある国際理解の実践を進めている。AFSの留学生との交流、青少年赤十字への全校加盟、ハングル、中国語、英語の外国語学習、国際理解と授業との関連も重視され、多面的な活動が展開されている。
受賞年度第32回(2001年度)
部門国際理解教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
竹添 智美
歌人としての実績・スキルを活かした、中学校における国語表現の授業実践
受賞年度第44回(2013年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
神明照子【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
豊かな読書生活を築き、読解力・読書力を育成する国語科学習指導法の研究
受賞年度第40回(2009年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福岡市立東箱崎小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
長年の国語教育指導法の研究
受賞年度第33回(2002年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北九州市立特別支援学校 北九州中央高等学園
就業を目指す効果的な教育システムの構築とその充実・発展を目指した教育活動の展開
受賞年度第43回(2012年度)
部門特別支援教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
特定非営利活動法人FUKUOKAデザインリーグ 文部科学大臣賞
小学校出前授業「デザインスクールキャラバン」
受賞年度第41回(2010年度)
部門教育活性化部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
春日市立春日野小学校
国語力と学習能力の育成に学校図書館を効果的に活用した実践
受賞年度第37回(2006年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福岡市立金山小学校
図書館活動の充実で読む力をつけ、自ら課題解決できる児童の育成を目指す30年間の国語教育
受賞年度第38回(2007年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
久留米信愛女学院中学校・高等学校 合唱部【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
世界共通の言語である楽譜を通した日英共同作業と異文化理解
受賞年度第41回(2010年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北九州市立小倉中央小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
多くの文化を認め合い、共に生きようとする子どもの育成~多文化共生をめざして~
受賞年度第40回(2009年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福岡県・築城町立寒田小学校
僻地の課題を解決する『寒田劇』を中心とした、創造力豊かな数多くの実践
受賞年度第34回(2003年度)
部門博報教育特別賞
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
久山町立山田小学校 ・ 久山町立久原小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
首羅山遺跡学習による地域を愛する心の育成
受賞年度第45回(2014年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体

関連情報