博報賞

過去の受賞者| 所在地 (福井県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
福井実践国語の会
教育・国語教育実践の権化ともいうべき岡島繁氏を盟主とも同志ともして会員は各々その個性を磨き国語教育の実践に真剣な努力をつづけている。また年次ごとに研究成果をおおやけにして国語教育の発展に寄与している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 福井県 団体 ---
佐野 哲也
主体性を育てる国語科教育法の建設に努め、児童の実態に即したひとりひとりの言語能力の開発をめざしている。また、地域の国語教育の中心的存在として活躍している。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
長谷川 賢志
公立小学校教諭・大学付属小学校教諭、また最近は公立小学校長として、長年にわたり国語教育の研究にしたがい、その間、年ごとに国語科各領域における実践研究の成果を発表した。また、地域における研究活動を組織化し、数多くの若い国語教師を育成しつつ、国語教育推進の中核的役割を果たした功績は顕著である。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
松村伊佐武
公立小学校教諭、師範および大学付属小学校教諭、また公立小学校長として、長年にわたり国語教育の実践にしたがい、その間、国語科各領域における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動を組織化し、数多くの国語教師を育成して、国語教育推進の指導的役割を果たした。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
福井県立盲学校
重複障害教育を、学校のみならず地域や福祉施設等との連携を深める教育に着目して成果をあげてきた。とりわけ、生涯教育を目ざして重複障害幼児の教育はもとより、成人の盲聾者の職業教育に至るまで幅広く実践と研究を継続し、この教育の推進に寄与している。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 福井県 個人 ---
和泉村立大納小学校
山間小規模校の特色を生かしつつ全校一致の協力体制のもとに研究を推進し、国語科指導における「文脈にそった語句の指導法」に多大の成果を収めた研究態度は高く評価されている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 福井県 団体 ---
福井県立ろう学校
聴覚障害児ひとりひとりの障害の特性に応じた養護・訓練の指導に関する創意工夫につとめた。特に、言語活動の基礎的指導に関する研究の成果は、聴覚障害教育の改善に多くの示唆を与えている。
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 福井県 団体 ---
横山迦葉子
日常真摯に国語科教育の実践と研究に従い、特に、表現と理解の関連指導をめざして精密な教材研究を行い、指導計画をたてて学習指導を積み重ねている。その成果は、今後の国語科指導の改善に資するものである。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
大藤はま子
長年にわたる国語教育の実践の中で、特に「書くこと」を中核にして、児童の主体性、自発性を発展させる学習指導方法を開拓し、教育効果をあげるとともに、地域の国語教育の発展に力を尽くした。
第11回(1980年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
多田瑠璃江
児童一人一人の主体的学習を重視した読解・読書・作文指導の研究や実践に努力し、その地についた指導は、多大の実績をあげている。県内の国語教育に影響を与えるとともに、その成果は全国的な研究会においても注目されている。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
三浦 東吾
長きにわたって、県内における実践家、研究者の育成に専念し、国語教育における実践と研究の一体化をはかってきた。特に、戦後は地域の国語教育研究団体の結成と発展に尽力し、また、多くの論文、著書等によって全国的に影響を与えてきた。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
黒田不二夫 文部科学大臣賞
児童一人一人を育てる国語科指導法の樹立を目標とし、その実態に即した言語能力の開発に努めている。特に読解指導及び作文指導に関する地道な実践的研究の積み上げによる成果は貴重であり、今後の発展に期待されるところが大きい。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
松本千代子
長年にわたり、国語教育の指導法の研究に熱意と意欲をもって従事し、特に確かな読解力と表現力を育成するための指導法の開発に多くの優れた実積をあげてきたほか、地域の研究活動にも積極的に参加し、国語教育の発展に尽力してきた。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
東出市二郎
聞くこと話すことの指導から始まり、一貫して「ことばの力をつける」ことに尽力してきた。その研究成果は高く評価されている。研究団体の運営においては、理論的な推進役であり、実践研究の中心人物でもあって、県内外の国語教育の充実発展に貢献したところは大きい。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
前川外久子
短作文の指導、視聴覚メディアの活用による授業の改善、説明文の指導などに、先導的な研究を継続してきたが、最近は小学校低学年の学習指導に多くの実績を示している。また、県内外の国語教育研究団体の推進に力を尽くし、国語教育の進展に寄与している。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
林 春海
各勤務校における校内国語研究、授業実践研究などでの実績を重ねながら、地域の国語研究会及び県実践国語の会の運営と研究の推進に努めてきた。実践指導を通した多くの研究記録は一貫して「個が生きる楽しい国語学習」を目指しており、高く評価される。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 福井県 個人 ---
坂井郡小学校特殊教育研究会
郡内の小学校特殊学級のネットワークを作り、学級経営や指導法の研究、教材・教具の開発に努めている。お金の使い方の教育、発達段階に即した国語教育プログラムの作成、障害児の性教育への取り組み、地域社会との交流などの実践研究は、高く評価される。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 福井県 団体 ---
渡辺 本爾
長年にわたり福井実践国語の会の中心メンバーとして研究・発表に活躍するとともに、後進の指導や会の発展に努めてきた。市教育委員会国語科指導主事、管理主事、学校教育課長などを歴任し、行政的な立場からも国語教育の発展に寄与した実績は高い評価を得ている。
第29回(1998年度) 国語教育・日本語教育部門 福井県 個人 ---
小浜市立中名田小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域の食文化を学ぶ地産地消活動と一体となった食の教育
第37回(2006年度) 教育活性化部門 福井県 団体
荒木 良子
在宅訪問教育対象児の豊かな生活の実現を目指す協働の取組み
第45回(2014年度) 特別支援教育部門 福井県 個人
福井市一乗小学校
「一乗谷」の自然・文化・歴史を継続的、多角的に掘り下げた学習
第34回(2003年度) 伝統文化教育部門 福井県 団体
稲葉 久子
意欲と学びをつなぐ 国語科読解指導の研究
第43回(2012年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人
受賞者名・活動タイトル
福井実践国語の会
教育・国語教育実践の権化ともいうべき岡島繁氏を盟主とも同志ともして会員は各々その個性を磨き国語教育の実践に真剣な努力をつづけている。また年次ごとに研究成果をおおやけにして国語教育の発展に寄与している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐野 哲也
主体性を育てる国語科教育法の建設に努め、児童の実態に即したひとりひとりの言語能力の開発をめざしている。また、地域の国語教育の中心的存在として活躍している。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
長谷川 賢志
公立小学校教諭・大学付属小学校教諭、また最近は公立小学校長として、長年にわたり国語教育の研究にしたがい、その間、年ごとに国語科各領域における実践研究の成果を発表した。また、地域における研究活動を組織化し、数多くの若い国語教師を育成しつつ、国語教育推進の中核的役割を果たした功績は顕著である。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松村伊佐武
公立小学校教諭、師範および大学付属小学校教諭、また公立小学校長として、長年にわたり国語教育の実践にしたがい、その間、国語科各領域における研究の成果を発表した。また、地域における研究活動を組織化し、数多くの国語教師を育成して、国語教育推進の指導的役割を果たした。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福井県立盲学校
重複障害教育を、学校のみならず地域や福祉施設等との連携を深める教育に着目して成果をあげてきた。とりわけ、生涯教育を目ざして重複障害幼児の教育はもとより、成人の盲聾者の職業教育に至るまで幅広く実践と研究を継続し、この教育の推進に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
和泉村立大納小学校
山間小規模校の特色を生かしつつ全校一致の協力体制のもとに研究を推進し、国語科指導における「文脈にそった語句の指導法」に多大の成果を収めた研究態度は高く評価されている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福井県立ろう学校
聴覚障害児ひとりひとりの障害の特性に応じた養護・訓練の指導に関する創意工夫につとめた。特に、言語活動の基礎的指導に関する研究の成果は、聴覚障害教育の改善に多くの示唆を与えている。
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横山迦葉子
日常真摯に国語科教育の実践と研究に従い、特に、表現と理解の関連指導をめざして精密な教材研究を行い、指導計画をたてて学習指導を積み重ねている。その成果は、今後の国語科指導の改善に資するものである。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大藤はま子
長年にわたる国語教育の実践の中で、特に「書くこと」を中核にして、児童の主体性、自発性を発展させる学習指導方法を開拓し、教育効果をあげるとともに、地域の国語教育の発展に力を尽くした。
受賞年度第11回(1980年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
多田瑠璃江
児童一人一人の主体的学習を重視した読解・読書・作文指導の研究や実践に努力し、その地についた指導は、多大の実績をあげている。県内の国語教育に影響を与えるとともに、その成果は全国的な研究会においても注目されている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三浦 東吾
長きにわたって、県内における実践家、研究者の育成に専念し、国語教育における実践と研究の一体化をはかってきた。特に、戦後は地域の国語教育研究団体の結成と発展に尽力し、また、多くの論文、著書等によって全国的に影響を与えてきた。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
黒田不二夫 文部科学大臣賞
児童一人一人を育てる国語科指導法の樹立を目標とし、その実態に即した言語能力の開発に努めている。特に読解指導及び作文指導に関する地道な実践的研究の積み上げによる成果は貴重であり、今後の発展に期待されるところが大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松本千代子
長年にわたり、国語教育の指導法の研究に熱意と意欲をもって従事し、特に確かな読解力と表現力を育成するための指導法の開発に多くの優れた実積をあげてきたほか、地域の研究活動にも積極的に参加し、国語教育の発展に尽力してきた。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東出市二郎
聞くこと話すことの指導から始まり、一貫して「ことばの力をつける」ことに尽力してきた。その研究成果は高く評価されている。研究団体の運営においては、理論的な推進役であり、実践研究の中心人物でもあって、県内外の国語教育の充実発展に貢献したところは大きい。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
前川外久子
短作文の指導、視聴覚メディアの活用による授業の改善、説明文の指導などに、先導的な研究を継続してきたが、最近は小学校低学年の学習指導に多くの実績を示している。また、県内外の国語教育研究団体の推進に力を尽くし、国語教育の進展に寄与している。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
林 春海
各勤務校における校内国語研究、授業実践研究などでの実績を重ねながら、地域の国語研究会及び県実践国語の会の運営と研究の推進に努めてきた。実践指導を通した多くの研究記録は一貫して「個が生きる楽しい国語学習」を目指しており、高く評価される。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
坂井郡小学校特殊教育研究会
郡内の小学校特殊学級のネットワークを作り、学級経営や指導法の研究、教材・教具の開発に努めている。お金の使い方の教育、発達段階に即した国語教育プログラムの作成、障害児の性教育への取り組み、地域社会との交流などの実践研究は、高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
渡辺 本爾
長年にわたり福井実践国語の会の中心メンバーとして研究・発表に活躍するとともに、後進の指導や会の発展に努めてきた。市教育委員会国語科指導主事、管理主事、学校教育課長などを歴任し、行政的な立場からも国語教育の発展に寄与した実績は高い評価を得ている。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
小浜市立中名田小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域の食文化を学ぶ地産地消活動と一体となった食の教育
受賞年度第37回(2006年度)
部門教育活性化部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
荒木 良子
在宅訪問教育対象児の豊かな生活の実現を目指す協働の取組み
受賞年度第45回(2014年度)
部門特別支援教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福井市一乗小学校
「一乗谷」の自然・文化・歴史を継続的、多角的に掘り下げた学習
受賞年度第34回(2003年度)
部門伝統文化教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
稲葉 久子
意欲と学びをつなぐ 国語科読解指導の研究
受賞年度第43回(2012年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人

関連情報