博報賞

過去の受賞者| 所在地 (千葉県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
東京教育大学教育学部付属聾学校 文部科学大臣賞
多年にわたり聾幼児・児童の能力開発と新教育課程の作成に努力しているとともに、両親の教育に対する熱意と協力に相まってわが国聴覚障害教育の指標としてその役割を果してきた。そのほか機関誌「聾教育」の発行を通じて全国の啓蒙をはかることに努めている。
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 団体 ---
荒木 清
「動力的国語教育」(昭和12年啓文社)以来のすぐれた国語教育に努めるとともに学会研究誌の編集委員長として編集・校訂・整理にながく奉仕的努力を続けた。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
大原 省蔵
聴覚の障害を克服して、絵画その他の表現力にすぐれた才能を発揮し、美術教育の分野を通じて聴覚障害児の情操教育・人間教育に取り組み、聴覚障害者の社会的育成に多大の貢献をしている。
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 個人 ---
坂本 和夫
多年にわたり国語教育の実践と研究に努力し、特に作文教育、文学教育の面で指導法の改善を図った。最近は豊かな人間性を育てる国語教育をめざして成果を挙げている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
山口 芳夫
自らの視覚障害を克服しつつ、盲学校において積極的に多くの点字教材を作製するなど、実際の指導に直結した研究や実践を行い、顕著な実績を示している。特に、点字表記法に関する研究成果は、点字指導の充実に多大の貢献をしている。
第7回(1976年度) 視覚障害教育部門 千葉県 個人 ---
坂本 寿子
多年にわたり小学校の国語教育の実践に努力し、特に低学年の聞くこと・話すことの指導、あるいは作文指導等に着実な実績を示している。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
加部 佐助
言語の教育としての国語教育の立場から研究と実践にうちこみ、特に表現と理解の関連性に着目した小学校各学年の作文指導細案のまとめに指導的役割を果たした。また、研究会等での実践研修をとおして後進の育成につくしている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
伊橋 虎雄
長年小中学校国語教育の指導者として、特に実践的立場で県内国語教育の振興をはかるとともに、多くの後進の育成に努めた。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
山本 寛太
長年、小・中学校の教育実践に努め、特に、国語科教育において地道な研究を継続し、成果を挙げるとともに、全国規模の研究会の運営及び研究活動を通してよく後進の指導に尽くし、国語教育の向上をはかった。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
銚子市立若宮小学校
全校をあげて「読むことを指導するための教材研究の方法」を追究しながら、教材の詳細な分析研究に基づいた効果的学習指導法の開発をめざし、多大の成果を収めて県内外の国語教育に寄与している。
第10回(1979年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 団体 ---
千葉県立千葉聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり言語指導の方法の実践と研究を積み重ね、特に、昭和48年以来、キュード・スピーチの改善を図ってきた。昭和55年「言語活動の基礎的指導」について全国発表を行い、これからの言語指導のあり方に一つの指針を示した意義は極めて大きい。
第11回(1980年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 団体 ---
林 賢之助 文部科学大臣賞
昭和35年以来、一貫して言語障害教育の実践と研究に熱心に取り組み、指導の実際に大きな成果をあげ、開拓期におけるこの教育の推進と振興に貢献した。また、長年にわたりテレビ放送などを通して、この教育の啓蒙に努力している。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 千葉県 個人 ---
行木 富子
長年一貫して、言語障害児の効果的な指導法の開拓に力を注ぎ、地道に実績をあげ、言語障害教育の推進と充実に指導的役割を果たしてきた。また、親の会の指導、地域における後進の育成などに尽くした功績は大きい。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 千葉県 個人 ---
松原 道男
長年にわたり、言語指導に不可欠な絵カード、さし絵等の作成に積極的に尽力し、聴覚障害児童生徒の言語習得の向上のため、大きな役割を果たしてきた。また、絵画コンクールや美術展等に、多くの入選・入賞者を出して美術教育に著しい成果をあげた。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 個人 ---
山本 隆三 文部科学大臣賞
39年間、一貫して小学部国語科における「読み」の課題を追究してきた。特に、身近な生活用語に着目した一連の研究は冊子「ことばのれんしゅう」に結実し、多くの学校で活用された。これらの研究成果は、聴覚障害教育の発展に極めて大きく貢献している。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 個人 ---
松戸市立常盤平第二小学校言語治療学級
昭和47年学級開設以来、松戸市聴覚・言語障害研究会の中心的役割を担い、毎年、効果的な指導法の実践とその発表を行ってきた。また、昭和57年より行った「言語指導の内容と方法に関する研究」は、県下ならびに地域のこの教育の振興・充実に大きく貢献している。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 千葉県 団体 ---
巽 正夫
多年にわたり、小・中学校における文字、言語事項、作文等の指導に多くの評価すべき実践の成果を示して、全国的に影響を与えてきた。また、研究団体の設立運営に尽力し、多数のすぐれた後進を育成しており、国語教育の発展に寄与したところは大きい。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
大塚 芳子
異文化間カウンセリングに関する研究と実践を通じてこの分野の発展に大きく寄与し、さらに日本人児童生徒の渡航前訓練や、これら日本人の教育にかかわるアメリカ人教師への指導助言などにも尽くしており、異文化理解・国際理解教育への一層の貢献が期待される。
第23回(1992年度) 国際理解教育部門 千葉県 個人 ---
千葉県国語教育実践の会 文部科学大臣賞
昭和52年創設以来、県内国語教育の現状と課題に応える研究主題を掲げ、一貫した研究・研修の組織のもとに、授業実践を核に研究活動を続けてきた。その成果は毎年の研究紀要として発刊され、県内国語教育の優れた実践者・研究者を育ててきた。その功績は大きい。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 団体 ---
宮脇 芳子 文部科学大臣賞
中学校における読書指導、作文指導に尽力して、生徒の読解力や表現力の向上に大きく寄与してきた。また、読書の記録カードの導入や中学生必読図書百選の提言など学校図書館の充実を図り、国語教育はもちろん言語環境の整備にも貢献している。
第25回(1994年度) 国語教育部門 千葉県 個人 ---
米谷 茂則 文部科学大臣賞
学校図書館における図書・諸資料を学習活動に直接役立つようにするため、教科、学習内容別配架に改め、空き教室を転用して「第2図書館」を作るなど実績をあげてきた。また、「調べ学習」指導の実践と理論の探求は、児童の自己教育力を育てる上で、注目される。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
千葉市立真砂第四小学校
20年以上にわたって海外体験の活用など帰国子女教育分野で大きな実績をあげてきた。さらに近年は日常の教育活動に国際理解教育を取り入れ、海外との作品交換や様々な国の人々を年3回招いて異文化理解活動などを続けている。その活動には注目すべきものがある。
第29回(1998年度) 国際理解教育部門 千葉県 団体 ---
星 龍雄
医師と研究者である立場から、一貫して聴覚障害者の指導と教育相談に取り組み、聴覚障害教育の充実・発展に貢献してきた。また、高度難聴・聾幼児の早期補聴に関する研究などを行うとともに、聴覚障害教育担当教員の教育にも尽力した。さらに、外国における聾学校での聴力診断や補聴器装用指導など、国際交流の面でも活躍している。
第30回(1999年度) 特殊教育部門 千葉県 個人 ---
我孫子市立布佐小学校
地域に学び、地域に働きかける、「布佐学習」による心情豊かな子どもの育成
第44回(2013年度) 日本文化理解教育部門 千葉県 団体
千葉県立千葉聾学校
聴覚障害教育のセンター的機能の推進と地域支援の充実
第40回(2009年度) 特別支援教育部門 千葉県 団体
松木 澄憲((財)聴覚障害者教育福祉協会 講師)
聴覚障害児教育における器具開発、全国的指導などの貢献
第34回(2003年度) 特別支援教育部門 千葉県 個人
習志野市立大久保小学校
共に学び合い言語文化を創造する国語学習の実践研究
第42回(2011年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 団体
千葉県立柏特別支援学校
授業名、教室名、行事の歌など学校オリジナルな共通言語・サインを作成し活用するコミュニケーション支援
第38回(2007年度) 特別支援教育部門 千葉県 団体
横田 経一郎【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
主体的に学び、自力で読める児童を育む文学単元の創造
第47回(2016年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人
小林 路子(市川市教育センター指導主事)
学校図書館ネットワーク事業システムの構築
第33回(2002年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人
NPO法人スマイルクラブ【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
スポーツNPOによる障がい者のための社会的自立支援と心のバリアフリー化
第43回(2012年度) 特別支援教育部門 千葉県 団体
船橋市立葛飾小学校
国際理解教育の実践や、帰国・外国人児童の適応指導を通した国際性豊かな児童の育成
第40回(2009年度) 国際文化理解教育部門 千葉県 団体
筑波大学附属聴覚特別支援学校
美術教育における作品鑑賞充実のためのICT教材の作成と生徒作品を通しての国際交流
第41回(2010年度) 特別支援教育部門 千葉県 団体
東金市立鴇嶺小学校
国際社会に生きるたくましい文化人の育成
第39回(2008年度) 国際文化理解教育部門 千葉県 団体
受賞者名・活動タイトル
東京教育大学教育学部付属聾学校 文部科学大臣賞
多年にわたり聾幼児・児童の能力開発と新教育課程の作成に努力しているとともに、両親の教育に対する熱意と協力に相まってわが国聴覚障害教育の指標としてその役割を果してきた。そのほか機関誌「聾教育」の発行を通じて全国の啓蒙をはかることに努めている。
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
荒木 清
「動力的国語教育」(昭和12年啓文社)以来のすぐれた国語教育に努めるとともに学会研究誌の編集委員長として編集・校訂・整理にながく奉仕的努力を続けた。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大原 省蔵
聴覚の障害を克服して、絵画その他の表現力にすぐれた才能を発揮し、美術教育の分野を通じて聴覚障害児の情操教育・人間教育に取り組み、聴覚障害者の社会的育成に多大の貢献をしている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
坂本 和夫
多年にわたり国語教育の実践と研究に努力し、特に作文教育、文学教育の面で指導法の改善を図った。最近は豊かな人間性を育てる国語教育をめざして成果を挙げている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山口 芳夫
自らの視覚障害を克服しつつ、盲学校において積極的に多くの点字教材を作製するなど、実際の指導に直結した研究や実践を行い、顕著な実績を示している。特に、点字表記法に関する研究成果は、点字指導の充実に多大の貢献をしている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門視覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
坂本 寿子
多年にわたり小学校の国語教育の実践に努力し、特に低学年の聞くこと・話すことの指導、あるいは作文指導等に着実な実績を示している。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
加部 佐助
言語の教育としての国語教育の立場から研究と実践にうちこみ、特に表現と理解の関連性に着目した小学校各学年の作文指導細案のまとめに指導的役割を果たした。また、研究会等での実践研修をとおして後進の育成につくしている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
伊橋 虎雄
長年小中学校国語教育の指導者として、特に実践的立場で県内国語教育の振興をはかるとともに、多くの後進の育成に努めた。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山本 寛太
長年、小・中学校の教育実践に努め、特に、国語科教育において地道な研究を継続し、成果を挙げるとともに、全国規模の研究会の運営及び研究活動を通してよく後進の指導に尽くし、国語教育の向上をはかった。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
銚子市立若宮小学校
全校をあげて「読むことを指導するための教材研究の方法」を追究しながら、教材の詳細な分析研究に基づいた効果的学習指導法の開発をめざし、多大の成果を収めて県内外の国語教育に寄与している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
千葉県立千葉聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり言語指導の方法の実践と研究を積み重ね、特に、昭和48年以来、キュード・スピーチの改善を図ってきた。昭和55年「言語活動の基礎的指導」について全国発表を行い、これからの言語指導のあり方に一つの指針を示した意義は極めて大きい。
受賞年度第11回(1980年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
林 賢之助 文部科学大臣賞
昭和35年以来、一貫して言語障害教育の実践と研究に熱心に取り組み、指導の実際に大きな成果をあげ、開拓期におけるこの教育の推進と振興に貢献した。また、長年にわたりテレビ放送などを通して、この教育の啓蒙に努力している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
行木 富子
長年一貫して、言語障害児の効果的な指導法の開拓に力を注ぎ、地道に実績をあげ、言語障害教育の推進と充実に指導的役割を果たしてきた。また、親の会の指導、地域における後進の育成などに尽くした功績は大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松原 道男
長年にわたり、言語指導に不可欠な絵カード、さし絵等の作成に積極的に尽力し、聴覚障害児童生徒の言語習得の向上のため、大きな役割を果たしてきた。また、絵画コンクールや美術展等に、多くの入選・入賞者を出して美術教育に著しい成果をあげた。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山本 隆三 文部科学大臣賞
39年間、一貫して小学部国語科における「読み」の課題を追究してきた。特に、身近な生活用語に着目した一連の研究は冊子「ことばのれんしゅう」に結実し、多くの学校で活用された。これらの研究成果は、聴覚障害教育の発展に極めて大きく貢献している。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松戸市立常盤平第二小学校言語治療学級
昭和47年学級開設以来、松戸市聴覚・言語障害研究会の中心的役割を担い、毎年、効果的な指導法の実践とその発表を行ってきた。また、昭和57年より行った「言語指導の内容と方法に関する研究」は、県下ならびに地域のこの教育の振興・充実に大きく貢献している。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
巽 正夫
多年にわたり、小・中学校における文字、言語事項、作文等の指導に多くの評価すべき実践の成果を示して、全国的に影響を与えてきた。また、研究団体の設立運営に尽力し、多数のすぐれた後進を育成しており、国語教育の発展に寄与したところは大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大塚 芳子
異文化間カウンセリングに関する研究と実践を通じてこの分野の発展に大きく寄与し、さらに日本人児童生徒の渡航前訓練や、これら日本人の教育にかかわるアメリカ人教師への指導助言などにも尽くしており、異文化理解・国際理解教育への一層の貢献が期待される。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国際理解教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
千葉県国語教育実践の会 文部科学大臣賞
昭和52年創設以来、県内国語教育の現状と課題に応える研究主題を掲げ、一貫した研究・研修の組織のもとに、授業実践を核に研究活動を続けてきた。その成果は毎年の研究紀要として発刊され、県内国語教育の優れた実践者・研究者を育ててきた。その功績は大きい。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮脇 芳子 文部科学大臣賞
中学校における読書指導、作文指導に尽力して、生徒の読解力や表現力の向上に大きく寄与してきた。また、読書の記録カードの導入や中学生必読図書百選の提言など学校図書館の充実を図り、国語教育はもちろん言語環境の整備にも貢献している。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
米谷 茂則 文部科学大臣賞
学校図書館における図書・諸資料を学習活動に直接役立つようにするため、教科、学習内容別配架に改め、空き教室を転用して「第2図書館」を作るなど実績をあげてきた。また、「調べ学習」指導の実践と理論の探求は、児童の自己教育力を育てる上で、注目される。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
千葉市立真砂第四小学校
20年以上にわたって海外体験の活用など帰国子女教育分野で大きな実績をあげてきた。さらに近年は日常の教育活動に国際理解教育を取り入れ、海外との作品交換や様々な国の人々を年3回招いて異文化理解活動などを続けている。その活動には注目すべきものがある。
受賞年度第29回(1998年度)
部門国際理解教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
星 龍雄
医師と研究者である立場から、一貫して聴覚障害者の指導と教育相談に取り組み、聴覚障害教育の充実・発展に貢献してきた。また、高度難聴・聾幼児の早期補聴に関する研究などを行うとともに、聴覚障害教育担当教員の教育にも尽力した。さらに、外国における聾学校での聴力診断や補聴器装用指導など、国際交流の面でも活躍している。
受賞年度第30回(1999年度)
部門特殊教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
我孫子市立布佐小学校
地域に学び、地域に働きかける、「布佐学習」による心情豊かな子どもの育成
受賞年度第44回(2013年度)
部門日本文化理解教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
千葉県立千葉聾学校
聴覚障害教育のセンター的機能の推進と地域支援の充実
受賞年度第40回(2009年度)
部門特別支援教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松木 澄憲((財)聴覚障害者教育福祉協会 講師)
聴覚障害児教育における器具開発、全国的指導などの貢献
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別支援教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
習志野市立大久保小学校
共に学び合い言語文化を創造する国語学習の実践研究
受賞年度第42回(2011年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
千葉県立柏特別支援学校
授業名、教室名、行事の歌など学校オリジナルな共通言語・サインを作成し活用するコミュニケーション支援
受賞年度第38回(2007年度)
部門特別支援教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横田 経一郎【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
主体的に学び、自力で読める児童を育む文学単元の創造
受賞年度第47回(2016年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
小林 路子(市川市教育センター指導主事)
学校図書館ネットワーク事業システムの構築
受賞年度第33回(2002年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
NPO法人スマイルクラブ【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
スポーツNPOによる障がい者のための社会的自立支援と心のバリアフリー化
受賞年度第43回(2012年度)
部門特別支援教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
船橋市立葛飾小学校
国際理解教育の実践や、帰国・外国人児童の適応指導を通した国際性豊かな児童の育成
受賞年度第40回(2009年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
筑波大学附属聴覚特別支援学校
美術教育における作品鑑賞充実のためのICT教材の作成と生徒作品を通しての国際交流
受賞年度第41回(2010年度)
部門特別支援教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東金市立鴇嶺小学校
国際社会に生きるたくましい文化人の育成
受賞年度第39回(2008年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体

関連情報