博報賞

過去の受賞者| 所在地 (青森県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
青森県立盲学校
特別活動と養護・訓練との指導の一本化を図り、地道な養護・訓練の教育活動を展開してきた。その実践の成果は、養護・訓練の指導に関する研究における新しい指導の方向を示すものとして高く評価されている。
第7回(1976年度) 視覚障害教育部門 青森県 団体 ---
千葉 寿雄
作文指導、学校劇の指導を中心として国語教育の実践に努めるほか、市内、県内の国語教育に徒事する人々を組織して、国語教育の充実、発展に力を注いでいる。更に、児童文学、郷土史などに関する自らの著作活動を通して、地域の国語文化の向上にも寄与している。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 青森県 個人 ---
青森市立長島小学校ことばの教室 文部科学大臣賞
昭和43年教室開設以来、全校体制のもとに、きめ細かな指導計画を作成し、個々の児童の実態に応じた教育を展開してきた。特に、青森県言語障害児研究会の事務局として、その活動を支え、会員の資質の向上に努力した功績は、まことに大きい。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 青森県 団体 ---
青森市小学校教育研究会国語部会
昭和34年創立以来組織的に地域の国語教育の発展と向上のための諸活動を計画し、意欲的な運営を続けてきた。その過程において、会員の指導力向上と児童の国語力の育成に貢献し、青森市の教育のためにつくした功績は極めて大きい。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
三戸郡五戸町立五戸小学校 文部科学大臣賞
地域における実践研究の中心校として教育課程全般にわたり幅広く研究を行ってきた。なかでも、国語科教育における学年段階の達成目標、評価基準などを具体化するための研究成果は、国語教育の今日的課題を解決するための示唆を与えたものとして高く評価されている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
青森県言語障害児教育研究会 文部科学大臣賞
昭和44年設立以来、毎年、研究会、講習会などを開催し、また、研究紀要の刊行や保護者との連携などに努めてきた。さらに昭和59年全会員協力して全難言協青森大会を開催するなど、難聴、言語及び情緒障害の教育の振興・充実に果たしてきた功績はまことに大きい。
第16回(1985年度) 言語障害教育部門 青森県 団体 ---
弘前市国語教育研究会
研究会結成以降、30余年にわたって国語教育の研究と実践活動を重ね、市ならびに県内の国語教育の振興と充実を図るとともに、多くの国語教育の優れた実践者を育ててきた。また、毎年度発行する児童文集の編集は、児童の作文力の向上に顕著な実績をあげている。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
上北地方小学校教育研究会国語部会
上北管内における小学校教育研究会の一部会であるが、機関誌「国語上北」を長年継続的に刊行し、また国語科指導の研究会・研修会を活発に行うなど、地域の国語教育の充実と教員の資質の向上に寄与するところが大きい。
第17回(1986年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
青森県立八戸聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、学校をあげて望ましい言語指導のあり方等の実践的な活動を展開してきた。特に最近における「全人的発達をめざした養護・訓練の研究」は、聴覚障害教育の今日的課題の解決に迫るものであり、その成果は、我が国のこの教育に極めて大きく貢献している。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 青森県 団体 ---
西津軽郡鯵ヶ沢町立赤石小学校
小規模学校の長所を生かしながら、一人一人の児童の確かな実態把握のための諸調査と事例研究に取り組み、それらを基盤にして国語学力の向上に努力してきた。その成果は、児童の主体的、能動的な学習態度を育て、楽しく活気に満ちた国語教室を実現している。
第18回(1987年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
成田 秀子 文部科学大臣賞
昭和44年以来、言語障害教育に一貫して熱心に従事し、言語障害児の効果的指導法に多くの優れた実践研究を発表してきた。また、親の会発足以来、企画運営を通じて、学習会や啓蒙指導に努め、地域における教育に広く貢献した功績は多大である。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 青森県 個人 ---
青森市立浦町小学校
数年にわたり、一貫して国語科教育の実践研究と教職員の研修に取り組み、多くの成果をあげてきた。とりわけ、評価と指導の一体化の観点から、よく分かる授業の展開を目指しての実践成果は、地域の国語教育の進展に寄与しており、その功績は大きい。
第20回(1989年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
八戸市小学校国語教育研究会
創設以来40余年にわたり、時宣にかなった研究主題を取り上げ、意欲的に研究と実践を行い、市内国語教育の振興と充実に貢献してきた。また最近では、理解と表現との関連指導の在り方を究明し、児童の表現力育成に著しい成果をあげている。
第25回(1994年度) 国語教育部門 青森県 団体 ---
三戸郡階上町立登切小学校
昭和40年代から、郷土の伝統文化である「鶏舞」の継承活動に、地域の人々と一体となって取り組んできた。その成果は、学校教育に生かされるばかりでなく、町の行事などでも公開され、地域の活性化に寄与しており、ふるさとを大切にする心を育てるのに役立っている。
第29回(1998年度) 伝統文化教育部門 青森県 団体 ---
八戸市立中居林小学校 子供えんぶり部 文部科学大臣賞
地域の伝統文化として永く根づいている「えんぶり」を教育課程に位置づけ、保護者、地域住民との連携・協力の下に着実に活動している。本活動の成果は、校内で「心の教育」を推進する拠り所になっているだけでなく、県内外における伝統文化教育推進の先進校として重要な役割を果たしている。
第31回(2000年度) 伝統文化教育部門 青森県 団体 ---
西里俊文 文部科学大臣賞
書の活動を通じたノーマライゼーション
第40回(2009年度) 特別支援教育部門 青森県 個人
文集「はちのへ」編集委員会
全市小中学校への50年にわたる作文教育振興の支援
第34回(2003年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体
受賞者名・活動タイトル
青森県立盲学校
特別活動と養護・訓練との指導の一本化を図り、地道な養護・訓練の教育活動を展開してきた。その実践の成果は、養護・訓練の指導に関する研究における新しい指導の方向を示すものとして高く評価されている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門視覚障害教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
千葉 寿雄
作文指導、学校劇の指導を中心として国語教育の実践に努めるほか、市内、県内の国語教育に徒事する人々を組織して、国語教育の充実、発展に力を注いでいる。更に、児童文学、郷土史などに関する自らの著作活動を通して、地域の国語文化の向上にも寄与している。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
青森市立長島小学校ことばの教室 文部科学大臣賞
昭和43年教室開設以来、全校体制のもとに、きめ細かな指導計画を作成し、個々の児童の実態に応じた教育を展開してきた。特に、青森県言語障害児研究会の事務局として、その活動を支え、会員の資質の向上に努力した功績は、まことに大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
青森市小学校教育研究会国語部会
昭和34年創立以来組織的に地域の国語教育の発展と向上のための諸活動を計画し、意欲的な運営を続けてきた。その過程において、会員の指導力向上と児童の国語力の育成に貢献し、青森市の教育のためにつくした功績は極めて大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
三戸郡五戸町立五戸小学校 文部科学大臣賞
地域における実践研究の中心校として教育課程全般にわたり幅広く研究を行ってきた。なかでも、国語科教育における学年段階の達成目標、評価基準などを具体化するための研究成果は、国語教育の今日的課題を解決するための示唆を与えたものとして高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
青森県言語障害児教育研究会 文部科学大臣賞
昭和44年設立以来、毎年、研究会、講習会などを開催し、また、研究紀要の刊行や保護者との連携などに努めてきた。さらに昭和59年全会員協力して全難言協青森大会を開催するなど、難聴、言語及び情緒障害の教育の振興・充実に果たしてきた功績はまことに大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門言語障害教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
弘前市国語教育研究会
研究会結成以降、30余年にわたって国語教育の研究と実践活動を重ね、市ならびに県内の国語教育の振興と充実を図るとともに、多くの国語教育の優れた実践者を育ててきた。また、毎年度発行する児童文集の編集は、児童の作文力の向上に顕著な実績をあげている。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上北地方小学校教育研究会国語部会
上北管内における小学校教育研究会の一部会であるが、機関誌「国語上北」を長年継続的に刊行し、また国語科指導の研究会・研修会を活発に行うなど、地域の国語教育の充実と教員の資質の向上に寄与するところが大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
青森県立八戸聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、学校をあげて望ましい言語指導のあり方等の実践的な活動を展開してきた。特に最近における「全人的発達をめざした養護・訓練の研究」は、聴覚障害教育の今日的課題の解決に迫るものであり、その成果は、我が国のこの教育に極めて大きく貢献している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西津軽郡鯵ヶ沢町立赤石小学校
小規模学校の長所を生かしながら、一人一人の児童の確かな実態把握のための諸調査と事例研究に取り組み、それらを基盤にして国語学力の向上に努力してきた。その成果は、児童の主体的、能動的な学習態度を育て、楽しく活気に満ちた国語教室を実現している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
成田 秀子 文部科学大臣賞
昭和44年以来、言語障害教育に一貫して熱心に従事し、言語障害児の効果的指導法に多くの優れた実践研究を発表してきた。また、親の会発足以来、企画運営を通じて、学習会や啓蒙指導に努め、地域における教育に広く貢献した功績は多大である。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地青森県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
青森市立浦町小学校
数年にわたり、一貫して国語科教育の実践研究と教職員の研修に取り組み、多くの成果をあげてきた。とりわけ、評価と指導の一体化の観点から、よく分かる授業の展開を目指しての実践成果は、地域の国語教育の進展に寄与しており、その功績は大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
八戸市小学校国語教育研究会
創設以来40余年にわたり、時宣にかなった研究主題を取り上げ、意欲的に研究と実践を行い、市内国語教育の振興と充実に貢献してきた。また最近では、理解と表現との関連指導の在り方を究明し、児童の表現力育成に著しい成果をあげている。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
三戸郡階上町立登切小学校
昭和40年代から、郷土の伝統文化である「鶏舞」の継承活動に、地域の人々と一体となって取り組んできた。その成果は、学校教育に生かされるばかりでなく、町の行事などでも公開され、地域の活性化に寄与しており、ふるさとを大切にする心を育てるのに役立っている。
受賞年度第29回(1998年度)
部門伝統文化教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
八戸市立中居林小学校 子供えんぶり部 文部科学大臣賞
地域の伝統文化として永く根づいている「えんぶり」を教育課程に位置づけ、保護者、地域住民との連携・協力の下に着実に活動している。本活動の成果は、校内で「心の教育」を推進する拠り所になっているだけでなく、県内外における伝統文化教育推進の先進校として重要な役割を果たしている。
受賞年度第31回(2000年度)
部門伝統文化教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西里俊文 文部科学大臣賞
書の活動を通じたノーマライゼーション
受賞年度第40回(2009年度)
部門特別支援教育部門
所在地青森県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
文集「はちのへ」編集委員会
全市小中学校への50年にわたる作文教育振興の支援
受賞年度第34回(2003年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体