博報賞

過去の受賞者| 所在地 (秋田県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
近藤 国一
日本における国語教育の指導者としてつねにその理論と実践の開発に努めるとともに、地域秋田の話しことばの改善に対し同志とともに努力を継続している。
第1回(1970年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
柏木 勇夫
地域の国語教育実践上の推進者として努力し、特に最近の10年間は、継続して低学年を担当しつつ、その実践の中に絶えず意欲的なくふうをこらし、低学年の国語科指導法に多くの業績をあげている。
第3回(1972年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
秋田県立聾学校 文部科学大臣賞
職業開拓の先進校として工芸印刷科を創設して以来、長年にわたり適切な進路指導により生徒の制作指導に顕著な成果を収めている。その実績は県内のみならず全国の聾学校に多大な影響を及ぼしている。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 秋田県 団体 ---
片桐 格
就学猶予児の言語発達遅滞に関する長年の研究と実践に基づき、自ら言語治療教室を開設して、献身的な指導に従い、児童の言語能力を高め、小学校国語教育の基礎を育成している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
富田 克子
長年にわたり盲教育の実践的研究に取り組み、教育内容・方法の充実と改善に努めてきた。特に、算数・数学における教材・教具の工夫と活用に関する研究は高く評価されている。また、地域の指導者として、特殊教育全般にわたる研究推進に寄与している
第11回(1980年度) 視覚障害教育部門 秋田県 個人 ---
秋田県国語教育研究会
昭和21年創立以来県内国語教育の振興と充実を図るための研究活動を継続して多大の成果を収め、また県内における国語教師の資質の向上に大きな役割を果してきた。なお東北地区国語教育研究会の設立を提唱しその研究協議を通して東北地区の国語教育に貢献している。
第12回(1981年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 団体 ---
秋田県立盲学校
学校創設以来今日まで、視覚障害教育のよりよい実践を求め、多くの有能な人材を育ててきた。特に、近年においては、児童生徒の実態に即した学習集団の編成と指導内容・方法に関する研究に取り組み、全国の盲学校に貴重な資料を提供している。
第16回(1985年度) 視覚障害教育部門 秋田県 団体 ---
石山 憲二
昭和47年以来、創意を凝らして言語障害児の指導に当たり、特に、「ことば遊び」を導入した言語指導法は、県内外から高い評価をえてきた。また、母親への指導法の体系化や通常の学級担任への啓蒙など、地域において指導的役割を果たしている。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 秋田県 個人 ---
雄勝郡羽後町立羽後中学校
生徒が主体的に活動する学校の実現を目指して、指導実践を継続してきた。特に国語教育においては、創立当時から行われている読書指導の実践、表現力を高めるための指導などに多くの成果をあげ、地域の国語教育の研究と実践に中心的役割を果している。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 団体 ---
柴田 信雄
昭和42年以来視覚障害児の表現力及び遊びの指導に関心をもち、特に全国的規模で盲児の遊びを収集して分類・整理した「日本盲児遊戯集」は、関係者の注目を集めた。また現在、海外をも含めた盲児の遊びの集大成に取り組んでおり、その成果に期待が寄せられている。
第22回(1991年度) 秋田県 秋田県 個人 ---
秋田市立泉小学校
昭和60年度以降一貫して「豊かな表現力の育成」を研究主題として取り上げ、実践研究を重ねてきた。特に、国語科の実践過程においては様々な創造的方法を考え、児童のものを見る目を育てることに努める一方、「個」を生かすことにも留意し、多大の成果をあげた。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 団体 ---
佐々木 孝
言語教育の重視、総合的学習の実施、作文教育の振興、県内放送教育の開拓等々、小中学校における実践と研究に数々の優れた業績をあげ、県内外に影響を与えてきた。また研究団体の運営に貢献し、後進の育成に尽力するなど、国語教育の進展に寄与したところは大きい。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
大館市立花岡小学校
「習う」から「学ぶ」へ 児童主体の「花岡チャレンジ活動」
第48回(2017年度) 教育活性化部門 秋田県 団体
男鹿市立鹿山小学校
早くからふるさと教育に取り組み、作文教育や地域の人々との交流など、県内にあって先導的な役割を果してきた。とりわけ平成6年以降、「ハタハタ料理」や「ナマハゲ」などについて、地域の伝統文化を教材化し、ふるさとの文化への共感的理解と愛着を育てている。
第28回(1997年度) 伝統文化教育部門 秋田県 団体 ---
河田 竹治
30年以上の長年にわたり、幼稚園や小・中学校などを訪問し、地域に伝わる民話、わらべ唄、伝承遊びなどを伝えてきた。また、民話発祥の地の現場学習などにも取り組み、その活動は子どもたちだけでなく、保護者や地域の人々にも高く評価され伝統文化への共感と愛護の心を育てている。
第32回(2001年度) 伝統文化教育部門 秋田県 個人 ---
譲矢知香子(秋田県大館市立矢立中学校 教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
発表力・語彙力アップによる「学びの力」獲得の教育実践
第34回(2003年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人
大館市教育研究所
子どもと仕事・地域・未来をつなぐ「子どもハローワーク」
第46回(2015年度) 教育活性化部門 秋田県 団体
田中 真二朗
地域と育む美術教育~ご当地題材開発とその実践研究~
第43回(2012年度) 教育活性化部門 秋田県 個人
釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会(略称 : 釈迦内SP)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域ブランドのひまわりを活用したキャリア教育の実践
第45回(2014年度) 教育活性化部門 秋田県 団体
受賞者名・活動タイトル
近藤 国一
日本における国語教育の指導者としてつねにその理論と実践の開発に努めるとともに、地域秋田の話しことばの改善に対し同志とともに努力を継続している。
受賞年度第1回(1970年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
柏木 勇夫
地域の国語教育実践上の推進者として努力し、特に最近の10年間は、継続して低学年を担当しつつ、その実践の中に絶えず意欲的なくふうをこらし、低学年の国語科指導法に多くの業績をあげている。
受賞年度第3回(1972年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
秋田県立聾学校 文部科学大臣賞
職業開拓の先進校として工芸印刷科を創設して以来、長年にわたり適切な進路指導により生徒の制作指導に顕著な成果を収めている。その実績は県内のみならず全国の聾学校に多大な影響を及ぼしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
片桐 格
就学猶予児の言語発達遅滞に関する長年の研究と実践に基づき、自ら言語治療教室を開設して、献身的な指導に従い、児童の言語能力を高め、小学校国語教育の基礎を育成している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
富田 克子
長年にわたり盲教育の実践的研究に取り組み、教育内容・方法の充実と改善に努めてきた。特に、算数・数学における教材・教具の工夫と活用に関する研究は高く評価されている。また、地域の指導者として、特殊教育全般にわたる研究推進に寄与している
受賞年度第11回(1980年度)
部門視覚障害教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
秋田県国語教育研究会
昭和21年創立以来県内国語教育の振興と充実を図るための研究活動を継続して多大の成果を収め、また県内における国語教師の資質の向上に大きな役割を果してきた。なお東北地区国語教育研究会の設立を提唱しその研究協議を通して東北地区の国語教育に貢献している。
受賞年度第12回(1981年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
秋田県立盲学校
学校創設以来今日まで、視覚障害教育のよりよい実践を求め、多くの有能な人材を育ててきた。特に、近年においては、児童生徒の実態に即した学習集団の編成と指導内容・方法に関する研究に取り組み、全国の盲学校に貴重な資料を提供している。
受賞年度第16回(1985年度)
部門視覚障害教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
石山 憲二
昭和47年以来、創意を凝らして言語障害児の指導に当たり、特に、「ことば遊び」を導入した言語指導法は、県内外から高い評価をえてきた。また、母親への指導法の体系化や通常の学級担任への啓蒙など、地域において指導的役割を果たしている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
雄勝郡羽後町立羽後中学校
生徒が主体的に活動する学校の実現を目指して、指導実践を継続してきた。特に国語教育においては、創立当時から行われている読書指導の実践、表現力を高めるための指導などに多くの成果をあげ、地域の国語教育の研究と実践に中心的役割を果している。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
柴田 信雄
昭和42年以来視覚障害児の表現力及び遊びの指導に関心をもち、特に全国的規模で盲児の遊びを収集して分類・整理した「日本盲児遊戯集」は、関係者の注目を集めた。また現在、海外をも含めた盲児の遊びの集大成に取り組んでおり、その成果に期待が寄せられている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門秋田県
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
秋田市立泉小学校
昭和60年度以降一貫して「豊かな表現力の育成」を研究主題として取り上げ、実践研究を重ねてきた。特に、国語科の実践過程においては様々な創造的方法を考え、児童のものを見る目を育てることに努める一方、「個」を生かすことにも留意し、多大の成果をあげた。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐々木 孝
言語教育の重視、総合的学習の実施、作文教育の振興、県内放送教育の開拓等々、小中学校における実践と研究に数々の優れた業績をあげ、県内外に影響を与えてきた。また研究団体の運営に貢献し、後進の育成に尽力するなど、国語教育の進展に寄与したところは大きい。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大館市立花岡小学校
「習う」から「学ぶ」へ 児童主体の「花岡チャレンジ活動」
受賞年度第48回(2017年度)
部門教育活性化部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
男鹿市立鹿山小学校
早くからふるさと教育に取り組み、作文教育や地域の人々との交流など、県内にあって先導的な役割を果してきた。とりわけ平成6年以降、「ハタハタ料理」や「ナマハゲ」などについて、地域の伝統文化を教材化し、ふるさとの文化への共感的理解と愛着を育てている。
受賞年度第28回(1997年度)
部門伝統文化教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
河田 竹治
30年以上の長年にわたり、幼稚園や小・中学校などを訪問し、地域に伝わる民話、わらべ唄、伝承遊びなどを伝えてきた。また、民話発祥の地の現場学習などにも取り組み、その活動は子どもたちだけでなく、保護者や地域の人々にも高く評価され伝統文化への共感と愛護の心を育てている。
受賞年度第32回(2001年度)
部門伝統文化教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
譲矢知香子(秋田県大館市立矢立中学校 教諭)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
発表力・語彙力アップによる「学びの力」獲得の教育実践
受賞年度第34回(2003年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大館市教育研究所
子どもと仕事・地域・未来をつなぐ「子どもハローワーク」
受賞年度第46回(2015年度)
部門教育活性化部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
田中 真二朗
地域と育む美術教育~ご当地題材開発とその実践研究~
受賞年度第43回(2012年度)
部門教育活性化部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
釈迦内サンフラワープロジェクト実行委員会(略称 : 釈迦内SP)【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域ブランドのひまわりを活用したキャリア教育の実践
受賞年度第45回(2014年度)
部門教育活性化部門
所在地秋田県
団体/個人団体