博報賞

過去の受賞者| 所在地 (愛知県)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
東海市立平洲小学校
教育機器活用による国語教育の推進のため、校長以下全職員が意欲的に取り組み、学校や地域の実態に即応しながら、児童の創造的思考を伸ばすことを中心的ねらいとして研究を続けている。研究の成果は、県内における国語指導法の改善のために寄与するところが大きい。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立梅園小学校
昭和41年以来、国語科の各領域にわたる研究実践に取り組み、その研究の成果が顕著である。特に、言語要素の具体的究明を基盤とした教材研究、作文の指導等に大きな業績をあげている。
第4回(1973年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
名古屋市立老松小学校
弱視学級の開設とともに弱視児の指導について全職員が一丸となってその指導に取り組み、心身障害児に対する適切な教育的配慮は全校に浸透し、「統合教育」において多大の成果をあげた。特に、教材・教具の作成と活用については示唆するところが大きい。
第5回(1974年度) 視覚障害教育部門 愛知県 団体 ---
愛知県立名古屋聾学校・愛知県立愛知工業高等学校「連携教育研究会」
聾学校と工業高校との「連携教育」を計画的にくふう実施し、聾学校の生徒と一般高校の生徒間の交流を深め、共同学習を通じて学習効果を高めるとともに聴覚障害生徒の幅広い人間形成に役立たせている。その成果には聴覚障害教育における開拓的努力と先導的試行としての意義が大きい。
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 団体 ---
江南市立藤里小学校
作文指導・読解指導などの分野において、言語技能の効果的な指導の立場から教材の作成と研究に努力し、その成果が高く評価されている。
第5回(1974年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
額田町立鳥川小学校
全校児童が20名前後といった極めて規模の小さい学校における言語教育のあり方について研究と実践を重ね、全校読書会の組織と活動をとおしての実績は、へき地校における国語教育に一つの指針を示したものとして高く評価されている。
第7回(1976年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
武豊町立武豊小学校
昭和43年以降現在まで一貫して漢字の効果的指導のための研究実践を継続し、その成果は国語教育前進のための試金石として注目されている。
第9回(1978年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
愛知県立千種聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、口話法の理念及び指導技術の開発に努め、特に、最近では発語発音指導におけるVTRの活用、指示の統一を試みるなど、この教育の現代化を積極的に推進した功績は大きい。また、重複障害教育の実践的研究を行い、この教育の発展に寄与した。
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 団体 ---
市橋 詮司
聴覚障害教育の理論と実践の一体化を目指し、着実な指導を積み重ね、聴能訓練と言語指導に多くのすぐれた成果を発表して、県内における指導的役割を果たしてきた。これらの実践や研究は、地域の聴覚障害教育にも大きな影響を与えている。
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 個人 ---
間瀬 泰男
多年にわたり読書感想文の指導、地域文集の作成など作文教育の実践につとめるとともに、読書指導、学校図書館活動に成果をあげ、学校教育の進展に寄与してきた。また、郷土の児童文学の研究紹介にも力を尽くして、地域の国語文化の向上に資するところが大きい。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 個人 ---
北設楽郡東栄町立粟代小学校
全職員の協力のもとに、へき地小規模校のもつ不利な教育条件を克服しながら、地域ぐるみの学校教育を推進してきた。特に、昭和52年度以降はへき地教育における国語科指導の実践研究を継続し、その成果は県内外から高く評価されている。
第13回(1982年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
尾張旭市立白鳳小学校
児童の基礎的言語能力を育てるため、数年にわたって国語の学習指導法の研究と実践に全校をあげて努力してきた。特に、文学的教材における語句指導の研究成果は発表会でも高く評価され、地域の国語教育に影響するところが大きい。
第14回(1983年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
愛知県言語聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
研究会設立以来、県下の小・中学校における難聴・言語障害児に対する教育の普及、振興に尽力してきた。また、昭和58年に全難言協全国大会を開催すると共に、障害に応じた指導内容・方法を発表し、その実践的内容は全国的に高く評価されている。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 愛知県 団体 ---
西加茂郡三好町立天王小学校
全職員の協力体制のもとに、児童の文章表現力の向上を目指して10年間継続して実践研究を進め、特に作文指導系統表の確立に取り組んできた。その成果は研究発表会などを通して地域における国語教育の推進と発展に大きく貢献している。
第16回(1985年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
住 宏平 文部科学大臣賞
戦後一貫して、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に精魂を傾けてきた。また、心理学者としての著述活動を通して、我が国の聾教育界に多大の影響を与え、特にドイツの聾教育を研究、紹介するなど、この教育の振興、充実に果たした功績はまことに大きい。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 個人 ---
愛知県立名古屋盲学校 文部科学大臣賞
視覚障害児童生徒の基礎学力の向上を目指した指導を地道に行うとともに、職業教育や進路指導にも力を注いできた。特に近年においては、重複障害児室生徒の社会的自立のための実践的研究に全教員あげて取り組み、多大な成果を収め、この教育に大きく貢献している。
第18回(1987年度) 視覚障害教育部門 愛知県 団体 ---
海部郡蟹江町立蟹江小学校
昭和54年以来、全校をあげて作文指導に取り組み、年々その成果を累積してきた。その間、「書き合い学習」「物語作文の実践」など、指導法に新生面を開くとともに、研究発表会を自主的に開催することによって、地域の作文指導の振興と発展に大きく寄与してきた。
第19回(1988年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
半田市立半田小学校
「ことばの生活をひらく学習活動の創造」を主題として、国語教育の実践研究を着実に重ね、多くの成果をあげてきた。特に、個を生かす指導、言語環境の整備と充実、国語学習の活性化などに多くの工夫を凝らし、個の能力と意欲に応じた学習活動が図られている。
第21回(1990年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
犬山市立犬山北小学校
日常生活の様々な場面で明るくひびきのよい声で表現できる子どもの育成を目指し、全職員が協力して音声表現活動に関する指導内容の実践研究に取り組んできた。その成果は、これからの国語教育に対する先導的な研究として高く評価されている。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立根石小学校
読書好きで感性豊かな人間の育成を目指し、全職員の協力のもとに十数年にわたって読書指導の実践研究を積み重ねてきた。その間教員自身の研修としての授業研究や読み聞かせの練習会なども行いつつ、研究成果の発表を通して県内外の国語教育の発展に寄与してきた。
第22回(1991年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立恵田小学校 文部科学大臣賞
昭和55年以来、県立岡崎聾学校と「落ち葉スキー交流」や「山の学習」など多彩な活動を通して交流教育を推進してきた。特に、交流を心の問題としてとらえ、具体的な手だてを講じた努力と成果は、全国的に高い評価を得ており、今後のこの教育への影響は誠に大である。
第23回(1992年度) 愛知県 愛知県 団体 ---
宝飯郡音羽町立長沢小学校
長年にわたって、作文指導、読書指導などに指導上の工夫を凝らし、国語の基礎能力を育成向上するための努力を継続して行ってきた。その成果は、読むことの体験を生かして書く活動を行うという自己学習能力の伸長に役立ち、さらに県内国語教育の発展にも寄与した。
第23回(1992年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立連尺小学校
長年にわたって学校図書館教育を教育課程の中核に据えた実践と研究を進めてきた。その成果は、多くの教育賞の受賞として実を結んでいるが、特に国語科指導のなかでは、資料活用計画に基づく実践が多大の実績をあげ、今後の国語教育のあり方を示唆している。
第24回(1993年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
伊東 清和
県内の市部、農村部、へき地の各地域に勤務しながら、一貫して小中学校における作文教育の実践的研究に取り組み、また作文を通して学校と父母との交流をも進めるなど、広い分野で成果をあげてきた。国語教育研究団体の指導的地位にあり、後進の育成にも力を注いでいる。
第25回(1994年度) 国語教育部門 愛知県 個人 ---
豊田市立東保見小学校
帰国子女教育、外国人子女教育の研究協力校として、外国人児童の適応指導と児童相互の交流活動を行うなかで日本語指導の推進に努め、多大の成果をあげてきた。また、「広い国際視野を育て、生き生きと生活できる子どもの育成」の継続研究の進展が期待される。
第26回(1995年度) 国語教育・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
岡田 要 文部科学大臣賞
長く国際理解教育の推進に尽くし、ローマ日本人学校に勤務した折りにはイタリアの学校との交流、現地の教材の発掘に努めた。帰国後はその体験を生かして、異文化理解を深めるための地道で意欲的な活動を続けており、地域への貢献も大きい。その実績は高く評価できる。
第28回(1997年度) 国際理解教育部門 愛知県 個人 ---
安城市立今池小学校
「ふれ、なれ、親しむ」をテーマに、地域の外国人との交流、海外へ転校した児童との文通、資料の収集・展示、アジア・アメリカ・オセアニア・アフリカ諸国の人々を招いた国別の「国際交流の会」の開催など、国際理解教育を積極的に進めている活動は高く評価できる。
第28回(1997年度) 国際理解教育部門 愛知県 団体 ---
西加茂郡小原村立小原中学校
昭和45年に和紙工芸クラブを創立し、昭和52年には郷土芸能クラブを発足させ、郷土に伝わる和紙作りと「小原歌舞伎」を継承、発展させてきた。こうした活動の成果は毎年の卒業制作や文化祭、地域の催し等で発表され、県内外との地域文化の交流にも役立っている。
第29回(1998年度) 伝統文化教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立城南小学校 文部科学大臣賞
ほとんど全ての学級に在籍する外国籍児童、中国帰国児童の受入れ・生活適応指導に取り組み、『保健関係マニュアル』、『日本語指導マニュアル』なども作成した。また、そうした環境を活かして、一般児童にむけての国際理解教育でも多彩な活動を行っている。さらにこうした活動についての研究報告も高い水準のものとなっている。
第30回(1999年度) 国語教育・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
西尾市立西野町小学校 御殿万歳クラブ
地域に伝わる万歳を伝承するため、昭和63年にクラブを発足させ、校内に専用の練習場を作って本格的に取り組んでいる。校内の児童はもとより、広く地域の施設を訪問したり、イベントなどの機会に発表したりするなど、活動が幅広い。また、児童にふるさとを理解させ、豊かな心を育てる上で、重要な役割を果たしている。
第30回(1999年度) 伝統文化教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市現職教育委員会特殊教育部
永年、市内の特殊学級担任を中心に積極的に研究を行っている。特に、学習指導案とその実践をまとめた「研究収録」は幅広く活用されている。また、「子どもと親の集い」運動会を開催して交流や理解・啓発の場を設けたり、就学に向けての教育相談を始め、官・民・学校が一体となって進路指導の充実を図るなど、地域に根差した活動に取り組んでいる。
第31回(2000年度) 特殊教育部門 愛知県 団体 ---
小牧市立味岡小学校 文部科学大臣賞
学校教育・国語科の実践課題における音声言語の教育に、平成3年度から学校全体で継続して取り組んでいる。目標としての「聴ける子・話せる子」の育成は具体的であり、ディベート形式授業は創造的な工夫で構想・展開されており、「伝え合う力」を高めている。また、その内容や方法などは、全国的に評価されている。
第31回(2000年度) 国語教育・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立矢作東小学校
「確かで豊かな音声言語表現力を伸ばす指導」を研究主題に掲げ、子どもたちの「話すこと・聞くこと」に主眼をおいて、国語科を中心とした全学的な取り組みを行っている。特に総合的な学習の時間において「郷土の学習」と融合させ、地域連携を視野に入れた活動を進めていることは、今後の一つの方向を示すものとして評価できる。
第31回(2000年度) 国語教育・日本語教育部門 愛知県 団体 ---
豊田市立豊南中学校
15年間にもわたってアジアに目を向け、保護者にも輪を広げながら中国山西省太原市の学校との交流を活発に進めてきた実績を持つ。その過程おいて、十回にもわたる生徒を含む人的交流を長期にわたって継続的に実現させてきたことにも、関係者のコミットメントの高さがうかがわれ、高く評価できる。
第32回(2001年度) 国際理解教育部門 愛知県 団体 ---
岡崎市立矢作北小学校 文部科学大臣賞
地域の人々の協力を得て、郷土の伝統文化である雅楽の伝承・演奏活動に長年にわたって取り組み、その活動はクラブ活動から部活動へと着実に発展してきた。その演奏活動は市内はもとより、県内外の学校とも積極的に交流活動を行うなど、地域の活性化を図り、伝統文化への理解と愛情を育てている意義は極めて大きい。
第32回(2001年度) 伝統文化教育部門 愛知県 団体 ---
見晴台学園【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
保護者との協働によるLDなど発達障害児のカリキュラム・授業づくり
第41回(2010年度) 特別支援教育部門 愛知県 団体
岡崎市立千万町小学校
長年にわたる全校音楽活動の展開による特色ある学校づくり
第37回(2006年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
南 寿樹
世界初の肢体不自由児者の人形劇団創設と自立支援活動
第46回(2015年度) 特別支援教育部門 愛知県 個人
岡崎市立細川小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域の郷土芸能活動の中核となる23年間の郷土芸能クラブによる「御殿万歳」「チャラボコ太鼓」の伝承活動
第36回(2005年度) 文化教養育成部門 茨城県 団体
岡崎市立常磐東小学校
地域・学校・関係諸機関が連携した防災活動
第49回(2018年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
つくば市立二の宮小学校
帰国子女・外国人児童が多い特徴を生かした「英語の読み聞かせ会」「文化教室」など多彩な異文化理解教育
第36回(2005年度) 文化教養育成部門 茨城県 団体
石川雅春 文部科学大臣賞
心と言葉を結ぶ地道で多彩な人間教育の実践
第39回(2008年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 個人
岡崎市立常磐中学校
地域の人々との交流や、地域の自然を守る多様なボランティア活動
第37回(2006年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
松山美重子(愛知教育大学 講師)
教材開発や指導法の研究による長年にわたる国語科授業改善の実践活動
第38回(2007年度) 国語・日本語教育部門 愛知県 個人
岡崎市立秦梨小学校
「里山再生計画」を核とする特色ある学校づくり
第34回(2003年度) 特別部門 愛知県 団体
西尾市立西尾小学校
総合学習のモデルとなる自分たちの住む町の構造改革を子どもたちが考え、調べ、提案する「町学習」の確立
第36回(2005年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
特定非営利活動法人シェイクハンズ
外国籍児童を対象とした地域との恊働による日本語指導と居場所づくり
第44回(2013年度) 国際文化理解教育部門 愛知県 団体
設楽町立田峯小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
青い目の人形使節から始まった草の根国際交流
第42回(2011年度) 国際文化理解教育部門 愛知県 団体
岩倉市日本語・ポルトガル語適応指導教室
外国人児童生徒への学校生活適応・日本語指導のあり方
第46回(2015年度) 国際文化理解教育部門 愛知県 団体
東出雲町学校図書館担当者会【文部科学大臣奨励賞受賞】
共同作業や自然保護意識を培う40年に亘る『水と砂の造形』活動
第39回(2008年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
岡崎市立六ッ美西部小学校
生き物、人とのかかわりから学ぶ「なのはな学習」
第35回(2004年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
岡崎市立北中学校
生徒が主体となった地域を巻き込む長期計画に基づいた学校づくり
第36回(2005年度) 教育活性化部門 愛知県 団体
受賞者名・活動タイトル
東海市立平洲小学校
教育機器活用による国語教育の推進のため、校長以下全職員が意欲的に取り組み、学校や地域の実態に即応しながら、児童の創造的思考を伸ばすことを中心的ねらいとして研究を続けている。研究の成果は、県内における国語指導法の改善のために寄与するところが大きい。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立梅園小学校
昭和41年以来、国語科の各領域にわたる研究実践に取り組み、その研究の成果が顕著である。特に、言語要素の具体的究明を基盤とした教材研究、作文の指導等に大きな業績をあげている。
受賞年度第4回(1973年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
名古屋市立老松小学校
弱視学級の開設とともに弱視児の指導について全職員が一丸となってその指導に取り組み、心身障害児に対する適切な教育的配慮は全校に浸透し、「統合教育」において多大の成果をあげた。特に、教材・教具の作成と活用については示唆するところが大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門視覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛知県立名古屋聾学校・愛知県立愛知工業高等学校「連携教育研究会」
聾学校と工業高校との「連携教育」を計画的にくふう実施し、聾学校の生徒と一般高校の生徒間の交流を深め、共同学習を通じて学習効果を高めるとともに聴覚障害生徒の幅広い人間形成に役立たせている。その成果には聴覚障害教育における開拓的努力と先導的試行としての意義が大きい。
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
江南市立藤里小学校
作文指導・読解指導などの分野において、言語技能の効果的な指導の立場から教材の作成と研究に努力し、その成果が高く評価されている。
受賞年度第5回(1974年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
額田町立鳥川小学校
全校児童が20名前後といった極めて規模の小さい学校における言語教育のあり方について研究と実践を重ね、全校読書会の組織と活動をとおしての実績は、へき地校における国語教育に一つの指針を示したものとして高く評価されている。
受賞年度第7回(1976年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
武豊町立武豊小学校
昭和43年以降現在まで一貫して漢字の効果的指導のための研究実践を継続し、その成果は国語教育前進のための試金石として注目されている。
受賞年度第9回(1978年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛知県立千種聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、口話法の理念及び指導技術の開発に努め、特に、最近では発語発音指導におけるVTRの活用、指示の統一を試みるなど、この教育の現代化を積極的に推進した功績は大きい。また、重複障害教育の実践的研究を行い、この教育の発展に寄与した。
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
市橋 詮司
聴覚障害教育の理論と実践の一体化を目指し、着実な指導を積み重ね、聴能訓練と言語指導に多くのすぐれた成果を発表して、県内における指導的役割を果たしてきた。これらの実践や研究は、地域の聴覚障害教育にも大きな影響を与えている。
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
間瀬 泰男
多年にわたり読書感想文の指導、地域文集の作成など作文教育の実践につとめるとともに、読書指導、学校図書館活動に成果をあげ、学校教育の進展に寄与してきた。また、郷土の児童文学の研究紹介にも力を尽くして、地域の国語文化の向上に資するところが大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北設楽郡東栄町立粟代小学校
全職員の協力のもとに、へき地小規模校のもつ不利な教育条件を克服しながら、地域ぐるみの学校教育を推進してきた。特に、昭和52年度以降はへき地教育における国語科指導の実践研究を継続し、その成果は県内外から高く評価されている。
受賞年度第13回(1982年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
尾張旭市立白鳳小学校
児童の基礎的言語能力を育てるため、数年にわたって国語の学習指導法の研究と実践に全校をあげて努力してきた。特に、文学的教材における語句指導の研究成果は発表会でも高く評価され、地域の国語教育に影響するところが大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛知県言語聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
研究会設立以来、県下の小・中学校における難聴・言語障害児に対する教育の普及、振興に尽力してきた。また、昭和58年に全難言協全国大会を開催すると共に、障害に応じた指導内容・方法を発表し、その実践的内容は全国的に高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西加茂郡三好町立天王小学校
全職員の協力体制のもとに、児童の文章表現力の向上を目指して10年間継続して実践研究を進め、特に作文指導系統表の確立に取り組んできた。その成果は研究発表会などを通して地域における国語教育の推進と発展に大きく貢献している。
受賞年度第16回(1985年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
住 宏平 文部科学大臣賞
戦後一貫して、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に精魂を傾けてきた。また、心理学者としての著述活動を通して、我が国の聾教育界に多大の影響を与え、特にドイツの聾教育を研究、紹介するなど、この教育の振興、充実に果たした功績はまことに大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
愛知県立名古屋盲学校 文部科学大臣賞
視覚障害児童生徒の基礎学力の向上を目指した指導を地道に行うとともに、職業教育や進路指導にも力を注いできた。特に近年においては、重複障害児室生徒の社会的自立のための実践的研究に全教員あげて取り組み、多大な成果を収め、この教育に大きく貢献している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門視覚障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
海部郡蟹江町立蟹江小学校
昭和54年以来、全校をあげて作文指導に取り組み、年々その成果を累積してきた。その間、「書き合い学習」「物語作文の実践」など、指導法に新生面を開くとともに、研究発表会を自主的に開催することによって、地域の作文指導の振興と発展に大きく寄与してきた。
受賞年度第19回(1988年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
半田市立半田小学校
「ことばの生活をひらく学習活動の創造」を主題として、国語教育の実践研究を着実に重ね、多くの成果をあげてきた。特に、個を生かす指導、言語環境の整備と充実、国語学習の活性化などに多くの工夫を凝らし、個の能力と意欲に応じた学習活動が図られている。
受賞年度第21回(1990年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
犬山市立犬山北小学校
日常生活の様々な場面で明るくひびきのよい声で表現できる子どもの育成を目指し、全職員が協力して音声表現活動に関する指導内容の実践研究に取り組んできた。その成果は、これからの国語教育に対する先導的な研究として高く評価されている。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立根石小学校
読書好きで感性豊かな人間の育成を目指し、全職員の協力のもとに十数年にわたって読書指導の実践研究を積み重ねてきた。その間教員自身の研修としての授業研究や読み聞かせの練習会なども行いつつ、研究成果の発表を通して県内外の国語教育の発展に寄与してきた。
受賞年度第22回(1991年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立恵田小学校 文部科学大臣賞
昭和55年以来、県立岡崎聾学校と「落ち葉スキー交流」や「山の学習」など多彩な活動を通して交流教育を推進してきた。特に、交流を心の問題としてとらえ、具体的な手だてを講じた努力と成果は、全国的に高い評価を得ており、今後のこの教育への影響は誠に大である。
受賞年度第23回(1992年度)
部門愛知県
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宝飯郡音羽町立長沢小学校
長年にわたって、作文指導、読書指導などに指導上の工夫を凝らし、国語の基礎能力を育成向上するための努力を継続して行ってきた。その成果は、読むことの体験を生かして書く活動を行うという自己学習能力の伸長に役立ち、さらに県内国語教育の発展にも寄与した。
受賞年度第23回(1992年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立連尺小学校
長年にわたって学校図書館教育を教育課程の中核に据えた実践と研究を進めてきた。その成果は、多くの教育賞の受賞として実を結んでいるが、特に国語科指導のなかでは、資料活用計画に基づく実践が多大の実績をあげ、今後の国語教育のあり方を示唆している。
受賞年度第24回(1993年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
伊東 清和
県内の市部、農村部、へき地の各地域に勤務しながら、一貫して小中学校における作文教育の実践的研究に取り組み、また作文を通して学校と父母との交流をも進めるなど、広い分野で成果をあげてきた。国語教育研究団体の指導的地位にあり、後進の育成にも力を注いでいる。
受賞年度第25回(1994年度)
部門国語教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
豊田市立東保見小学校
帰国子女教育、外国人子女教育の研究協力校として、外国人児童の適応指導と児童相互の交流活動を行うなかで日本語指導の推進に努め、多大の成果をあげてきた。また、「広い国際視野を育て、生き生きと生活できる子どもの育成」の継続研究の進展が期待される。
受賞年度第26回(1995年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡田 要 文部科学大臣賞
長く国際理解教育の推進に尽くし、ローマ日本人学校に勤務した折りにはイタリアの学校との交流、現地の教材の発掘に努めた。帰国後はその体験を生かして、異文化理解を深めるための地道で意欲的な活動を続けており、地域への貢献も大きい。その実績は高く評価できる。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国際理解教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
安城市立今池小学校
「ふれ、なれ、親しむ」をテーマに、地域の外国人との交流、海外へ転校した児童との文通、資料の収集・展示、アジア・アメリカ・オセアニア・アフリカ諸国の人々を招いた国別の「国際交流の会」の開催など、国際理解教育を積極的に進めている活動は高く評価できる。
受賞年度第28回(1997年度)
部門国際理解教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西加茂郡小原村立小原中学校
昭和45年に和紙工芸クラブを創立し、昭和52年には郷土芸能クラブを発足させ、郷土に伝わる和紙作りと「小原歌舞伎」を継承、発展させてきた。こうした活動の成果は毎年の卒業制作や文化祭、地域の催し等で発表され、県内外との地域文化の交流にも役立っている。
受賞年度第29回(1998年度)
部門伝統文化教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立城南小学校 文部科学大臣賞
ほとんど全ての学級に在籍する外国籍児童、中国帰国児童の受入れ・生活適応指導に取り組み、『保健関係マニュアル』、『日本語指導マニュアル』なども作成した。また、そうした環境を活かして、一般児童にむけての国際理解教育でも多彩な活動を行っている。さらにこうした活動についての研究報告も高い水準のものとなっている。
受賞年度第30回(1999年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西尾市立西野町小学校 御殿万歳クラブ
地域に伝わる万歳を伝承するため、昭和63年にクラブを発足させ、校内に専用の練習場を作って本格的に取り組んでいる。校内の児童はもとより、広く地域の施設を訪問したり、イベントなどの機会に発表したりするなど、活動が幅広い。また、児童にふるさとを理解させ、豊かな心を育てる上で、重要な役割を果たしている。
受賞年度第30回(1999年度)
部門伝統文化教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市現職教育委員会特殊教育部
永年、市内の特殊学級担任を中心に積極的に研究を行っている。特に、学習指導案とその実践をまとめた「研究収録」は幅広く活用されている。また、「子どもと親の集い」運動会を開催して交流や理解・啓発の場を設けたり、就学に向けての教育相談を始め、官・民・学校が一体となって進路指導の充実を図るなど、地域に根差した活動に取り組んでいる。
受賞年度第31回(2000年度)
部門特殊教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小牧市立味岡小学校 文部科学大臣賞
学校教育・国語科の実践課題における音声言語の教育に、平成3年度から学校全体で継続して取り組んでいる。目標としての「聴ける子・話せる子」の育成は具体的であり、ディベート形式授業は創造的な工夫で構想・展開されており、「伝え合う力」を高めている。また、その内容や方法などは、全国的に評価されている。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立矢作東小学校
「確かで豊かな音声言語表現力を伸ばす指導」を研究主題に掲げ、子どもたちの「話すこと・聞くこと」に主眼をおいて、国語科を中心とした全学的な取り組みを行っている。特に総合的な学習の時間において「郷土の学習」と融合させ、地域連携を視野に入れた活動を進めていることは、今後の一つの方向を示すものとして評価できる。
受賞年度第31回(2000年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
豊田市立豊南中学校
15年間にもわたってアジアに目を向け、保護者にも輪を広げながら中国山西省太原市の学校との交流を活発に進めてきた実績を持つ。その過程おいて、十回にもわたる生徒を含む人的交流を長期にわたって継続的に実現させてきたことにも、関係者のコミットメントの高さがうかがわれ、高く評価できる。
受賞年度第32回(2001年度)
部門国際理解教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立矢作北小学校 文部科学大臣賞
地域の人々の協力を得て、郷土の伝統文化である雅楽の伝承・演奏活動に長年にわたって取り組み、その活動はクラブ活動から部活動へと着実に発展してきた。その演奏活動は市内はもとより、県内外の学校とも積極的に交流活動を行うなど、地域の活性化を図り、伝統文化への理解と愛情を育てている意義は極めて大きい。
受賞年度第32回(2001年度)
部門伝統文化教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
見晴台学園【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
保護者との協働によるLDなど発達障害児のカリキュラム・授業づくり
受賞年度第41回(2010年度)
部門特別支援教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立千万町小学校
長年にわたる全校音楽活動の展開による特色ある学校づくり
受賞年度第37回(2006年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
南 寿樹
世界初の肢体不自由児者の人形劇団創設と自立支援活動
受賞年度第46回(2015年度)
部門特別支援教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立細川小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
地域の郷土芸能活動の中核となる23年間の郷土芸能クラブによる「御殿万歳」「チャラボコ太鼓」の伝承活動
受賞年度第36回(2005年度)
部門文化教養育成部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立常磐東小学校
地域・学校・関係諸機関が連携した防災活動
受賞年度第49回(2018年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
つくば市立二の宮小学校
帰国子女・外国人児童が多い特徴を生かした「英語の読み聞かせ会」「文化教室」など多彩な異文化理解教育
受賞年度第36回(2005年度)
部門文化教養育成部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
石川雅春 文部科学大臣賞
心と言葉を結ぶ地道で多彩な人間教育の実践
受賞年度第39回(2008年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立常磐中学校
地域の人々との交流や、地域の自然を守る多様なボランティア活動
受賞年度第37回(2006年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松山美重子(愛知教育大学 講師)
教材開発や指導法の研究による長年にわたる国語科授業改善の実践活動
受賞年度第38回(2007年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立秦梨小学校
「里山再生計画」を核とする特色ある学校づくり
受賞年度第34回(2003年度)
部門特別部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
西尾市立西尾小学校
総合学習のモデルとなる自分たちの住む町の構造改革を子どもたちが考え、調べ、提案する「町学習」の確立
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
特定非営利活動法人シェイクハンズ
外国籍児童を対象とした地域との恊働による日本語指導と居場所づくり
受賞年度第44回(2013年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
設楽町立田峯小学校【文部科学大臣奨励賞受賞】 文部科学大臣賞
青い目の人形使節から始まった草の根国際交流
受賞年度第42回(2011年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩倉市日本語・ポルトガル語適応指導教室
外国人児童生徒への学校生活適応・日本語指導のあり方
受賞年度第46回(2015年度)
部門国際文化理解教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東出雲町学校図書館担当者会【文部科学大臣奨励賞受賞】
共同作業や自然保護意識を培う40年に亘る『水と砂の造形』活動
受賞年度第39回(2008年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立六ッ美西部小学校
生き物、人とのかかわりから学ぶ「なのはな学習」
受賞年度第35回(2004年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡崎市立北中学校
生徒が主体となった地域を巻き込む長期計画に基づいた学校づくり
受賞年度第36回(2005年度)
部門教育活性化部門
所在地愛知県
団体/個人団体