博報賞

過去の受賞者| (言語障害教育部門)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
計良 益夫
言語障害特殊学級開設以来、多くの困難を克服しながら、地域の特性に即して、通級、訪問、巡回の指導方式を取り入れ、効果的な教育形態を工夫して、言語障害児の指導に多大の成果を挙げた。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
平井 昌夫 文部科学大臣賞
長年にわたり言語障害教育にたずさわる教師の養成に尽力し、また、日本言語障害児教育研究会長として言語障害教育の担当者等の指導に当たり、この教育の推進と発展に寄与した功績は大きい。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 神奈川県 個人 ---
福岡市立冷泉小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、一貫して言語障害教育を推進し、多大の成果を挙げている。特に、昭和51年全国大会を開催し、言語障害特殊学級と通常の学級との交流のあり方についてその研究成果を発表して、この教育の充実と発展に寄与した功績は大きい。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 福岡県 団体 ---
岩手県難聴・言語障害教育研究会 文部科学大臣賞
昭和45年発足以来、研究会・講習会を開催して、研修活動に努めるとともに、社会啓蒙活動を積極的に進めて来た。特に、県内における難聴言語障害特殊学級担任の研究体制の確立、親の会の育成に力を傾け、この教育の啓蒙と推進に貢献している。
第10回(1979年度) 言語障害教育部門 岩手県 団体 ---
林 賢之助 文部科学大臣賞
昭和35年以来、一貫して言語障害教育の実践と研究に熱心に取り組み、指導の実際に大きな成果をあげ、開拓期におけるこの教育の推進と振興に貢献した。また、長年にわたりテレビ放送などを通して、この教育の啓蒙に努力している。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 千葉県 個人 ---
中村 裕子
長年にわたり、言語障害教育に取り組み、特に、ことばの遅れた子どもの一人一人の実態に即した、意欲的な研究と実践を重ね、多くの実績をあげ、言語障害教育の開拓に寄与している。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 山口県 個人 ---
平塚市立崇善小学校
難聴.言語障害特殊学級開設以来、全校あげて特殊学級と通常の学級との望ましい連携を図ってきた。また、学級における言語指導の方法として、斬新な方向を探究し、理論的体系と指導法の確立に努め、昭和53年、その成果を全国に発表し、貴重な資料を提供した。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 神奈川県 団体 ---
神戸市きこえとことばの教室設置校園研究協議会
全国にさきがけて教室設置校園研究協議会を設置し、相互に連携して実践と研究に努めた。特に、障害の早期発見、早期教育に果たした功績は大きい。昭和54年「言語指導の計画と方法」についての共同研究を全国に発表し、その成果は各方面から注目されている。
第11回(1980年度) 言語障害教育部門 兵庫県 団体 ---
徳永 正範
長年にわたり、言語障害教育の研究と実践に積極的に取り組み、一人一人の子どもの実態に即した指導のあり方を目指して、着実な研究発表を継続した。その成果は県内のみならず、九州地区における言語障害教育の充実と発展に寄与するところが多い。
第12回(1981年度) 言語障害教育部門 福岡県 個人 ---
神山 五郎 文部科学大臣賞
戦後早くから言語障害、特に吃音の研究に努め、創草期における言語障害教育の推進に大きく貢献した。また、言語障害教育の教員養成に取り組み、実践的研究に寄与したほか、研究団体の設立、指導などを通して、全国的に言語障害教育の発展に尽力している。
第12回(1981年度) 言語障害教育部門 神奈川県 個人 ---
富山県小学校教育研究会特殊部会言語障害教育班 文部科学大臣賞
0317昭和45年以来、県内における言語障害特殊学級担当者が相互に連携し、県小学校教育研究会の中に組織を位置づけ、研究を深めてきた。障害児の実態調査、障害別指導法の研究、教材教具の開発等自主的協同研究を積極的に進め、この教育推進のため多大の貢献をした。
第12回(1981年度) 言語障害教育部門 富山県 団体 ---
函館市立大森小学校特殊学級(言語障害)
昭和46年学級設置以来、この地域における言語障害教育の推進に大きな役割を果たすとともに、特殊教育の普及、振興に努めた。特に、実践から得た貴重な資料を毎年研究紀要にまとめて刊行し、また、各種研究会で発表するなど、その教育活動は高く評価されている。
第12回(1981年度) 言語障害教育部門 北海道 団体 ---
上田 敬介
昭和43年以来、一貫して重度脳性マヒ児の言語指導に取り組み、言語障害の実態に即した効果的な教育方法を工夫して、秀れた成果をあげている。その実践研究は、今後の脳性マヒ児の指導の開拓に示唆を与え、地域の言語障害教育の推進に寄与するところが大きい。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 山口県 個人 ---
高原 滋夫 文部科学大臣賞
耳科医療の開拓による聴覚障害児の社会復帰への寄与、全国にさきがけた難聴特殊学級の創設への献身、幼児の聴覚・言語障害クリニックの充実など、我が国難聴・言語障害特殊学級の基礎を築き、その発展に貢献している業績はきわめて大きい。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 岡山県 個人 ---
大宮市立大宮南小学校ことばの教室
昭和42年学級開設以来、組織的に言語障害児の発見に努め、一人一人の障害に即した指導内容や方法の研究及び実践活動を行ってきた。特に、昭和56年には、全国研究大会開催のために中心的役割を果たし、大会を成功に導いた努力は高く評価される。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 埼玉県 団体 ---
青森市立長島小学校ことばの教室 文部科学大臣賞
昭和43年教室開設以来、全校体制のもとに、きめ細かな指導計画を作成し、個々の児童の実態に応じた教育を展開してきた。特に、青森県言語障害児研究会の事務局として、その活動を支え、会員の資質の向上に努力した功績は、まことに大きい。
第13回(1982年度) 言語障害教育部門 青森県 団体 ---
山口 薩記
早くから言語障害教育の必要性を提唱し、昭和35年聾学校長退職後は実際に自らが意欲的に指導にあたり、教育相談等を通して献身的な努力を続け、顕著な成果をあげ、言語障害児・者の言語指導に大きく貢献している。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 京都府 個人 ---
行木 富子
長年一貫して、言語障害児の効果的な指導法の開拓に力を注ぎ、地道に実績をあげ、言語障害教育の推進と充実に指導的役割を果たしてきた。また、親の会の指導、地域における後進の育成などに尽くした功績は大きい。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 千葉県 個人 ---
福島県難聴・言語障害教育研究会
昭和44年設立以来、研究会・講習会の開催、指導事例の収集等を通じ、県内担当教員の質の向上を図るとともに、一貫して地域に即した特殊学級の在り方を追求してきた。また、昭和57年度全難言協全国大会を成功に導いた実績は、全国的に高い評価を受けている。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 福島県 団体 ---
前橋市立桃井小学校言語障害者指導教室 文部科学大臣賞
昭和41年県内最初の言語障害特殊学級として設置されて以来、多岐にわたる言語障害児の指導に当たり、着実な成果をあげてきた。また、障害別、個人別指導計画の研究は高く評価されており、県内の言語障害持殊学級で活用されている。
第14回(1983年度) 言語障害教育部門 群馬県 団体 ---
本間 俊夫
県下における言語障害特殊学級創設以来、一貫して言語障害児の指導に取り組み、着実な実践研究を重ねて成果をあげてきた。特に、研修活動や県内外の啓蒙活動にも指導者としての役割を果たし、この教育の発展に大きく貢献している。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
中西美智子 文部科学大臣賞
昭和41年、神戸市の言語障害特殊学級開設以来、一貫してこの教育の実践と研究を継続し、教室における教具の開発、備品の整備、口蓋裂児の構音治療の方針と方法の確立、早期教育の実践、親の会の育成、後進の指導等幅広く活動し、その功績は極めて顕著である。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 兵庫県 個人 ---
下関市立名池小学校ことばの教室
教室開設以来、ことばに障害のある多くの児童の指導にあたってきた。特に、母親に対する指導に重点をおき、家庭での望ましい言語指導の在り方を追究し、一人一人の児童に適した指導計画に基ずく実践活動は、この地域において高い評価を得ている。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 山口県 団体 ---
愛知県言語聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
研究会設立以来、県下の小・中学校における難聴・言語障害児に対する教育の普及、振興に尽力してきた。また、昭和58年に全難言協全国大会を開催すると共に、障害に応じた指導内容・方法を発表し、その実践的内容は全国的に高く評価されている。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 愛知県 団体 ---
北村 晃三 文部科学大臣賞
多年にわたり、一貫して精神薄弱児の言語指導について創意工夫に努め、言語発達の評価、教材・教具の開発などに顕著な業績をあげてきた。その実践研究は、言語障害教育の発展に大きな示唆を与えており、今後の活躍が期待される。
第16回(1985年度) 言語障害教育部門 栃木県 個人 ---
青森県言語障害児教育研究会 文部科学大臣賞
昭和44年設立以来、毎年、研究会、講習会などを開催し、また、研究紀要の刊行や保護者との連携などに努めてきた。さらに昭和59年全会員協力して全難言協青森大会を開催するなど、難聴、言語及び情緒障害の教育の振興・充実に果たしてきた功績はまことに大きい。
第16回(1985年度) 言語障害教育部門 青森県 団体 ---
松江市立雑賀小学校
昭和46年県内における最初の言語障害特殊学級を設置して以来、言語障害児の指導及び研究活動を地道に行ってきた。特に、県聴覚言語障害教育研究会の中心校として常に先導的役割を果たし、県下のこの教育に尽くした功績は大なるものがある。
第16回(1985年度) 言語障害教育部門 島根県 団体 ---
三浦 順豊 文部科学大臣賞
昭和47年以来、一貫して言語障害児の指導に創意工夫をこらしてきた。また、県内及び九州の研究大会開催に当たっては、率先してその中心的役割を果たしてきた。これらの実践的活動は、県内外のこの教育の発展に寄与し、その功績はまことに大きいものがある。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 大分県 個人 ---
稲垣シズヱ
長年にわたり、意欲的に言語障害児に対する言語指導を行うとともに、各種研究会等に参加し、実践的研究の成果を発表してきた。また、障害児の就学指導及び関係諸機関との連携協力などにも努め、地域におけるこの教育の振興、充実に貢献した功績は大きい。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
東京都公立学校難聴・言語障害教育研究協議会 文部科学大臣賞
昭和49年設立以来、講演会や事例報告会等の開催、研究集録の発行等に努めてきた。また、3回にわたり全難言協全国大会を開催し、全会員が協力していずれも成功に導いた。これらの実践は全国的に高い評価を得ており、その功績はまことに大なるものがある。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 東京都 団体 ---
仙台市立木町通小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、言語障害児に対する指導、研究活動及び通常の学級との連携などにたゆみない努力を続けてきた。特に、研究会、講習会の開催、機関誌の発行などを通じて、県内の言語障害教育の振興、充実に寄与した功績は大きい。
第17回(1986年度) 言語障害教育部門 宮城県 団体 ---
宮崎県難聴・言語障害教育研究協議会
昭和48年設立以来、毎年、聴覚・言語障害教育に関する研究発表会や教育機器の実技講習会等を開き、研究紀要も発行してきた。また、全難言協全国大会及び九州地区難言教育研究大会を主催し成功に導いた。これらの実践的活動は、県内外から高い評価を得ている。
第18回(1987年度) 言語障害教育部門 宮崎県 団体 ---
茨城県難聴・言語障害学級担当者会 文部科学大臣賞
昭和42年設立以来、毎年、全会員対象の定例研修会や県内各地区の研修会を開き、事例報告等実践に基づく着実な活動を展開してきた。また、全難言協全国大会を開催し、教材等の展示、配布などを行い、大会を成功に導いた。その功績はまことに大きいものがある。
第18回(1987年度) 言語障害教育部門 茨城県 団体 ---
中川 政八
多年、島内の言語障害児の指導に従事し、多大の成果をあげた。また、この間、継続的に数多くの研究を発表して、効果的な言語指導法の工夫に努力してきた。これらの実践的活動は地域におけるこの分野の教育に寄与している。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
石山 憲二
昭和47年以来、創意を凝らして言語障害児の指導に当たり、特に、「ことば遊び」を導入した言語指導法は、県内外から高い評価をえてきた。また、母親への指導法の体系化や通常の学級担任への啓蒙など、地域において指導的役割を果たしている。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 秋田県 個人 ---
武蔵野市立桜堤小学校こだま学級 文部科学大臣賞
昭和44年、学級設立以来、言語障害児の効果的指導法の探求に熱心に努力してきた。この間担当教員の緊密な連携と協力により、多様な独創的教育方法を開発した。これらの実践的活動は高く評価され、この教育の発展にまことに大きく寄与している。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 東京都 団体 ---
長野県難聴言語障害児学級担任者会
昭和47年設立以来、毎年、全会員対象の定例研究会や県内各地の研修会を開き、担任者相互の資質の向上を積極的に図ってきた。また、全難言協全国大会を開催、難聴・言語障害学級経営の手引きを配布するなどして、大会を成功に導いた。これらの功績は大きい。
第19回(1988年度) 言語障害教育部門 長野県 団体 ---
盛 由紀子
27年間にわたり、一貫して言語障害教育に熱心に従事してきた。この間、県内難聴言語障害教育研究協議会をはじめ多くの研究会のリーダーとして、絶えず研修と研究に励み、この分野における後継者の育成にも尽力している。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 東京都 個人 ---
成田 秀子 文部科学大臣賞
昭和44年以来、言語障害教育に一貫して熱心に従事し、言語障害児の効果的指導法に多くの優れた実践研究を発表してきた。また、親の会発足以来、企画運営を通じて、学習会や啓蒙指導に努め、地域における教育に広く貢献した功績は多大である。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 青森県 個人 ---
松戸市立常盤平第二小学校言語治療学級
昭和47年学級開設以来、松戸市聴覚・言語障害研究会の中心的役割を担い、毎年、効果的な指導法の実践とその発表を行ってきた。また、昭和57年より行った「言語指導の内容と方法に関する研究」は、県下ならびに地域のこの教育の振興・充実に大きく貢献している。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 千葉県 団体 ---
埼玉県立熊谷養護学校コロニー嵐山郷訪問教育部 文部科学大臣賞
養護学校義務制実施以来、「コミュニケーションを育てる指導」をテーマに関係教員が一丸となって、重度・重複障害児童生徒一人一人に焦点を置いて訪問教育に従事してきた。また、指導内容・方法に関する理論的考察とともに、その実践研究は高く評価されている。
第20回(1989年度) 言語障害教育部門 埼玉県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
計良 益夫
言語障害特殊学級開設以来、多くの困難を克服しながら、地域の特性に即して、通級、訪問、巡回の指導方式を取り入れ、効果的な教育形態を工夫して、言語障害児の指導に多大の成果を挙げた。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
平井 昌夫 文部科学大臣賞
長年にわたり言語障害教育にたずさわる教師の養成に尽力し、また、日本言語障害児教育研究会長として言語障害教育の担当者等の指導に当たり、この教育の推進と発展に寄与した功績は大きい。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地神奈川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福岡市立冷泉小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、一貫して言語障害教育を推進し、多大の成果を挙げている。特に、昭和51年全国大会を開催し、言語障害特殊学級と通常の学級との交流のあり方についてその研究成果を発表して、この教育の充実と発展に寄与した功績は大きい。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岩手県難聴・言語障害教育研究会 文部科学大臣賞
昭和45年発足以来、研究会・講習会を開催して、研修活動に努めるとともに、社会啓蒙活動を積極的に進めて来た。特に、県内における難聴言語障害特殊学級担任の研究体制の確立、親の会の育成に力を傾け、この教育の啓蒙と推進に貢献している。
受賞年度第10回(1979年度)
部門言語障害教育部門
所在地岩手県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
林 賢之助 文部科学大臣賞
昭和35年以来、一貫して言語障害教育の実践と研究に熱心に取り組み、指導の実際に大きな成果をあげ、開拓期におけるこの教育の推進と振興に貢献した。また、長年にわたりテレビ放送などを通して、この教育の啓蒙に努力している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
中村 裕子
長年にわたり、言語障害教育に取り組み、特に、ことばの遅れた子どもの一人一人の実態に即した、意欲的な研究と実践を重ね、多くの実績をあげ、言語障害教育の開拓に寄与している。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
平塚市立崇善小学校
難聴.言語障害特殊学級開設以来、全校あげて特殊学級と通常の学級との望ましい連携を図ってきた。また、学級における言語指導の方法として、斬新な方向を探究し、理論的体系と指導法の確立に努め、昭和53年、その成果を全国に発表し、貴重な資料を提供した。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地神奈川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
神戸市きこえとことばの教室設置校園研究協議会
全国にさきがけて教室設置校園研究協議会を設置し、相互に連携して実践と研究に努めた。特に、障害の早期発見、早期教育に果たした功績は大きい。昭和54年「言語指導の計画と方法」についての共同研究を全国に発表し、その成果は各方面から注目されている。
受賞年度第11回(1980年度)
部門言語障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
徳永 正範
長年にわたり、言語障害教育の研究と実践に積極的に取り組み、一人一人の子どもの実態に即した指導のあり方を目指して、着実な研究発表を継続した。その成果は県内のみならず、九州地区における言語障害教育の充実と発展に寄与するところが多い。
受賞年度第12回(1981年度)
部門言語障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
神山 五郎 文部科学大臣賞
戦後早くから言語障害、特に吃音の研究に努め、創草期における言語障害教育の推進に大きく貢献した。また、言語障害教育の教員養成に取り組み、実践的研究に寄与したほか、研究団体の設立、指導などを通して、全国的に言語障害教育の発展に尽力している。
受賞年度第12回(1981年度)
部門言語障害教育部門
所在地神奈川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
富山県小学校教育研究会特殊部会言語障害教育班 文部科学大臣賞
0317昭和45年以来、県内における言語障害特殊学級担当者が相互に連携し、県小学校教育研究会の中に組織を位置づけ、研究を深めてきた。障害児の実態調査、障害別指導法の研究、教材教具の開発等自主的協同研究を積極的に進め、この教育推進のため多大の貢献をした。
受賞年度第12回(1981年度)
部門言語障害教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
函館市立大森小学校特殊学級(言語障害)
昭和46年学級設置以来、この地域における言語障害教育の推進に大きな役割を果たすとともに、特殊教育の普及、振興に努めた。特に、実践から得た貴重な資料を毎年研究紀要にまとめて刊行し、また、各種研究会で発表するなど、その教育活動は高く評価されている。
受賞年度第12回(1981年度)
部門言語障害教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
上田 敬介
昭和43年以来、一貫して重度脳性マヒ児の言語指導に取り組み、言語障害の実態に即した効果的な教育方法を工夫して、秀れた成果をあげている。その実践研究は、今後の脳性マヒ児の指導の開拓に示唆を与え、地域の言語障害教育の推進に寄与するところが大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高原 滋夫 文部科学大臣賞
耳科医療の開拓による聴覚障害児の社会復帰への寄与、全国にさきがけた難聴特殊学級の創設への献身、幼児の聴覚・言語障害クリニックの充実など、我が国難聴・言語障害特殊学級の基礎を築き、その発展に貢献している業績はきわめて大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地岡山県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大宮市立大宮南小学校ことばの教室
昭和42年学級開設以来、組織的に言語障害児の発見に努め、一人一人の障害に即した指導内容や方法の研究及び実践活動を行ってきた。特に、昭和56年には、全国研究大会開催のために中心的役割を果たし、大会を成功に導いた努力は高く評価される。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
青森市立長島小学校ことばの教室 文部科学大臣賞
昭和43年教室開設以来、全校体制のもとに、きめ細かな指導計画を作成し、個々の児童の実態に応じた教育を展開してきた。特に、青森県言語障害児研究会の事務局として、その活動を支え、会員の資質の向上に努力した功績は、まことに大きい。
受賞年度第13回(1982年度)
部門言語障害教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山口 薩記
早くから言語障害教育の必要性を提唱し、昭和35年聾学校長退職後は実際に自らが意欲的に指導にあたり、教育相談等を通して献身的な努力を続け、顕著な成果をあげ、言語障害児・者の言語指導に大きく貢献している。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
行木 富子
長年一貫して、言語障害児の効果的な指導法の開拓に力を注ぎ、地道に実績をあげ、言語障害教育の推進と充実に指導的役割を果たしてきた。また、親の会の指導、地域における後進の育成などに尽くした功績は大きい。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福島県難聴・言語障害教育研究会
昭和44年設立以来、研究会・講習会の開催、指導事例の収集等を通じ、県内担当教員の質の向上を図るとともに、一貫して地域に即した特殊学級の在り方を追求してきた。また、昭和57年度全難言協全国大会を成功に導いた実績は、全国的に高い評価を受けている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
前橋市立桃井小学校言語障害者指導教室 文部科学大臣賞
昭和41年県内最初の言語障害特殊学級として設置されて以来、多岐にわたる言語障害児の指導に当たり、着実な成果をあげてきた。また、障害別、個人別指導計画の研究は高く評価されており、県内の言語障害持殊学級で活用されている。
受賞年度第14回(1983年度)
部門言語障害教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
本間 俊夫
県下における言語障害特殊学級創設以来、一貫して言語障害児の指導に取り組み、着実な実践研究を重ねて成果をあげてきた。特に、研修活動や県内外の啓蒙活動にも指導者としての役割を果たし、この教育の発展に大きく貢献している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
中西美智子 文部科学大臣賞
昭和41年、神戸市の言語障害特殊学級開設以来、一貫してこの教育の実践と研究を継続し、教室における教具の開発、備品の整備、口蓋裂児の構音治療の方針と方法の確立、早期教育の実践、親の会の育成、後進の指導等幅広く活動し、その功績は極めて顕著である。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
下関市立名池小学校ことばの教室
教室開設以来、ことばに障害のある多くの児童の指導にあたってきた。特に、母親に対する指導に重点をおき、家庭での望ましい言語指導の在り方を追究し、一人一人の児童に適した指導計画に基ずく実践活動は、この地域において高い評価を得ている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛知県言語聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
研究会設立以来、県下の小・中学校における難聴・言語障害児に対する教育の普及、振興に尽力してきた。また、昭和58年に全難言協全国大会を開催すると共に、障害に応じた指導内容・方法を発表し、その実践的内容は全国的に高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北村 晃三 文部科学大臣賞
多年にわたり、一貫して精神薄弱児の言語指導について創意工夫に努め、言語発達の評価、教材・教具の開発などに顕著な業績をあげてきた。その実践研究は、言語障害教育の発展に大きな示唆を与えており、今後の活躍が期待される。
受賞年度第16回(1985年度)
部門言語障害教育部門
所在地栃木県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
青森県言語障害児教育研究会 文部科学大臣賞
昭和44年設立以来、毎年、研究会、講習会などを開催し、また、研究紀要の刊行や保護者との連携などに努めてきた。さらに昭和59年全会員協力して全難言協青森大会を開催するなど、難聴、言語及び情緒障害の教育の振興・充実に果たしてきた功績はまことに大きい。
受賞年度第16回(1985年度)
部門言語障害教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松江市立雑賀小学校
昭和46年県内における最初の言語障害特殊学級を設置して以来、言語障害児の指導及び研究活動を地道に行ってきた。特に、県聴覚言語障害教育研究会の中心校として常に先導的役割を果たし、県下のこの教育に尽くした功績は大なるものがある。
受賞年度第16回(1985年度)
部門言語障害教育部門
所在地島根県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
三浦 順豊 文部科学大臣賞
昭和47年以来、一貫して言語障害児の指導に創意工夫をこらしてきた。また、県内及び九州の研究大会開催に当たっては、率先してその中心的役割を果たしてきた。これらの実践的活動は、県内外のこの教育の発展に寄与し、その功績はまことに大きいものがある。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地大分県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
稲垣シズヱ
長年にわたり、意欲的に言語障害児に対する言語指導を行うとともに、各種研究会等に参加し、実践的研究の成果を発表してきた。また、障害児の就学指導及び関係諸機関との連携協力などにも努め、地域におけるこの教育の振興、充実に貢献した功績は大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東京都公立学校難聴・言語障害教育研究協議会 文部科学大臣賞
昭和49年設立以来、講演会や事例報告会等の開催、研究集録の発行等に努めてきた。また、3回にわたり全難言協全国大会を開催し、全会員が協力していずれも成功に導いた。これらの実践は全国的に高い評価を得ており、その功績はまことに大なるものがある。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
仙台市立木町通小学校
昭和43年言語障害特殊学級設置以来、言語障害児に対する指導、研究活動及び通常の学級との連携などにたゆみない努力を続けてきた。特に、研究会、講習会の開催、機関誌の発行などを通じて、県内の言語障害教育の振興、充実に寄与した功績は大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門言語障害教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮崎県難聴・言語障害教育研究協議会
昭和48年設立以来、毎年、聴覚・言語障害教育に関する研究発表会や教育機器の実技講習会等を開き、研究紀要も発行してきた。また、全難言協全国大会及び九州地区難言教育研究大会を主催し成功に導いた。これらの実践的活動は、県内外から高い評価を得ている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門言語障害教育部門
所在地宮崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
茨城県難聴・言語障害学級担当者会 文部科学大臣賞
昭和42年設立以来、毎年、全会員対象の定例研修会や県内各地区の研修会を開き、事例報告等実践に基づく着実な活動を展開してきた。また、全難言協全国大会を開催し、教材等の展示、配布などを行い、大会を成功に導いた。その功績はまことに大きいものがある。
受賞年度第18回(1987年度)
部門言語障害教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
中川 政八
多年、島内の言語障害児の指導に従事し、多大の成果をあげた。また、この間、継続的に数多くの研究を発表して、効果的な言語指導法の工夫に努力してきた。これらの実践的活動は地域におけるこの分野の教育に寄与している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
石山 憲二
昭和47年以来、創意を凝らして言語障害児の指導に当たり、特に、「ことば遊び」を導入した言語指導法は、県内外から高い評価をえてきた。また、母親への指導法の体系化や通常の学級担任への啓蒙など、地域において指導的役割を果たしている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
武蔵野市立桜堤小学校こだま学級 文部科学大臣賞
昭和44年、学級設立以来、言語障害児の効果的指導法の探求に熱心に努力してきた。この間担当教員の緊密な連携と協力により、多様な独創的教育方法を開発した。これらの実践的活動は高く評価され、この教育の発展にまことに大きく寄与している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長野県難聴言語障害児学級担任者会
昭和47年設立以来、毎年、全会員対象の定例研究会や県内各地の研修会を開き、担任者相互の資質の向上を積極的に図ってきた。また、全難言協全国大会を開催、難聴・言語障害学級経営の手引きを配布するなどして、大会を成功に導いた。これらの功績は大きい。
受賞年度第19回(1988年度)
部門言語障害教育部門
所在地長野県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
盛 由紀子
27年間にわたり、一貫して言語障害教育に熱心に従事してきた。この間、県内難聴言語障害教育研究協議会をはじめ多くの研究会のリーダーとして、絶えず研修と研究に励み、この分野における後継者の育成にも尽力している。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
成田 秀子 文部科学大臣賞
昭和44年以来、言語障害教育に一貫して熱心に従事し、言語障害児の効果的指導法に多くの優れた実践研究を発表してきた。また、親の会発足以来、企画運営を通じて、学習会や啓蒙指導に努め、地域における教育に広く貢献した功績は多大である。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地青森県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松戸市立常盤平第二小学校言語治療学級
昭和47年学級開設以来、松戸市聴覚・言語障害研究会の中心的役割を担い、毎年、効果的な指導法の実践とその発表を行ってきた。また、昭和57年より行った「言語指導の内容と方法に関する研究」は、県下ならびに地域のこの教育の振興・充実に大きく貢献している。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地千葉県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
埼玉県立熊谷養護学校コロニー嵐山郷訪問教育部 文部科学大臣賞
養護学校義務制実施以来、「コミュニケーションを育てる指導」をテーマに関係教員が一丸となって、重度・重複障害児童生徒一人一人に焦点を置いて訪問教育に従事してきた。また、指導内容・方法に関する理論的考察とともに、その実践研究は高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門言語障害教育部門
所在地埼玉県
団体/個人団体

関連情報