博報賞

過去の受賞者| (聴覚障害教育部門)

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 賞の内容 団体/個人 活動内容
茨城県立水戸聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、一貫して児童生徒の聴覚障害の状態に即した教育を推進してきた。近年においては、度々研究会を開催するとともに、特に「児童生徒の実態に応じた言語指導の内容・方法に関する研究」は、多くの示唆を与えた。その功績は極めて大きい。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 茨城県 団体 ---
鹿児島県立鹿児島聾学校
長年にわたり、教育内容・方法の改善に努め、その成果を全国及び地域の研究大会等で発表してきた。特に、昭和62年度から行った生活経験の拡大と言語力の向上を目指した「言語活動を豊かにするための養護・訓練の研究」は、全国的に高く評価されている。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 鹿児島県 団体 ---
十時 晃
昭和24年以来、聴覚障害児の保有する聴力の活用方法の研究に取り組み、その理論及び方法を各地の研究会等で発表し、多くの成果をあげてきた。特に、幼児の聴能訓練の方法についての研究は、聴覚障害教育に多大の影響を及ぼした。その功績は顕著である。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
山本 隆三 文部科学大臣賞
39年間、一貫して小学部国語科における「読み」の課題を追究してきた。特に、身近な生活用語に着目した一連の研究は冊子「ことばのれんしゅう」に結実し、多くの学校で活用された。これらの研究成果は、聴覚障害教育の発展に極めて大きく貢献している。
第20回(1989年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 個人 ---
岡山県立岡山聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、主体性のある児童生徒の育成を求めて、一人一人に即した教育方法の開発等に努めてきた。特に、言語指導や読解指導に関しては、毎年発行される研究紀要や全国規模の研究会で発表するなどして、この教育の推進に大きく貢献している。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 団体 ---
松本ろう学校
長年にわたり、望ましい言語指導の在り方を追及し、特に、乳幼児の教育相談や幼稚部における絵日記の指導等、言語を育てる素地作りに努力してきた。また近年においては、コンピュータの導入による言語指導の方法を指向するなど、意欲的な教育実践を行っている。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 長野県 団体 ---
吉橋 晉
昭和26年以来一貫して聾学校教育に携わり、地道な教育実践を積み重ね成果をあげてきた。特に、聴覚障害児のパーソナリティに関する調査研究、抽象的な言語理解を図るための指導法の研究等は、関係者の貴重な資料となっている。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
東川 清彦 文部科学大臣賞
昭和38年以来、難聴乳幼児の医学的ケアに精力的に取り組むとともに、難聴特殊学級設置の促進にも尽力し、また、昭和45年には私財を投じて乳幼児聴能教室を設立するなど、地域におけるこの教育の充実に極めて大きく貢献した。
第19回(1988年度) 聴覚障害教育部門 広島県 個人 ---
盛岡市立桜城小学校 文部科学大臣賞
昭和49年難聴特殊学級開設以来、全校の協力体制を整え、既設の言語障害特殊学級と連携し、言語指導等について意欲的な教育実践を行ってきた。特に難聴児の実態に即した明瞭度を高めるための発音発語指導の研究は、県内はもとより県外からも高い評価を受けている。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 岩手県 団体 ---
青森県立八戸聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、学校をあげて望ましい言語指導のあり方等の実践的な活動を展開してきた。特に最近における「全人的発達をめざした養護・訓練の研究」は、聴覚障害教育の今日的課題の解決に迫るものであり、その成果は、我が国のこの教育に極めて大きく貢献している。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 青森県 団体 ---
荒川 勇 文部科学大臣賞
長年にわたり、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に尽力し、また、聾教育史及び聾教育理論等に関する著述活動にも力を注いできた。これらの活動は、我が国のこの教育に多大の影響を与えるとともに、その発展と充実に寄与した功績は極めて大きい。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 新潟県 個人 ---
今西昭三郎
昭和25年以来、一貫して聾学校教育にたずさわり、聾学校における効果的な言語指導法を探究してきた。特に、残存聴力の活用に関する研究を深め、幼児の聴能訓練や発音発語指導の方法に著しい成果をあげて、県内外から高く評価されている。
第18回(1987年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 個人 ---
岡山市立内山下小学校
昭和35年我が国最初の難聴特殊学級として設置以来、今日まで意欲的な教育実践を行ってきた。特に、言語指導や聴能訓練の充実、医療との連携を図るなどして、これまで26年間にわたり、数多くの児童の指導を行い、この教育の発展に大きく貢献している。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 団体 ---
山梨県立ろう学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、一貫して児童生徒の障害の状態、能力・適性等に即した教育を推進してきた。特に、近年視聴覚教育及びプログラム学習を導入、効率的な個別指導を展開し、児童生徒の自ら学ぶ意欲の育成を目指した教育の推進を図り、全国的に高い評価を受けている。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 山梨県 団体 ---
住 宏平 文部科学大臣賞
戦後一貫して、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に精魂を傾けてきた。また、心理学者としての著述活動を通して、我が国の聾教育界に多大の影響を与え、特にドイツの聾教育を研究、紹介するなど、この教育の振興、充実に果たした功績はまことに大きい。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 個人 ---
松原 道男
長年にわたり、言語指導に不可欠な絵カード、さし絵等の作成に積極的に尽力し、聴覚障害児童生徒の言語習得の向上のため、大きな役割を果たしてきた。また、絵画コンクールや美術展等に、多くの入選・入賞者を出して美術教育に著しい成果をあげた。
第17回(1986年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 個人 ---
奈良市立椿井小学校
昭和48年県下初の難聴特殊学級として開設以来、奈良市を中心とした難聴児の教育に尽力してきた。一貫して通常の学級との望ましい連携の在り方を求め、言語指導、聴能訓練に関する研究活動を継続し、その成果は県内外の聴覚障害教育に大きな示唆を与えている。
第16回(1985年度) 聴覚障害教育部門 奈良県 団体 ---
福島県立聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、全校あげて聾学校教育における指導内容・方法の改善につとめてきた。特に近年においては、一人一人の児童生徒の言語力を高めるための養護・訓練の実践的研究に取り組み、この教育に多くの示唆を与え、その成果は全国的に高く評価されている。
第16回(1985年度) 聴覚障害教育部門 福島県 団体 ---
大西酉喜子
聴覚障害幼児の早期教育の実践に長年取り組み、特に言語指導、聴能訓練による諸能力の開発を目指した綿密な研究を積みあげてきた。その具体的な成果の発表を通して、聴覚障害幼児の教育の推進に努め、この教育の発展に大きく寄与している。
第16回(1985年度) 聴覚障害教育部門 長野県 個人 ---
鳥居 英夫 文部科学大臣賞
長年にわたり、一貫して聴覚障害児の能力開発に絶えず情熱を傾けて実践研究に努めてきた。特に授業研究を重視して、多くの研究会に参画し、発語・発音指導、語彙指導、読書指導、教材研究などに貴重な指導助言を行い、常に後進の育成に大きく貢献している。
第16回(1985年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
八王子市立第四小学校きこえとことばの教室
聴覚障害教育部門に関する活動
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体
群馬県立聾学校 文部科学大臣賞
国語・日本語教育部門に関する活動
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 群馬県 団体
岡本 途也 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
鈴木 大三
聴覚障害教育部門に関する活動
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
岩手県立盛岡聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 岩手県 団体
札幌市立幌北小学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 北海道 団体
鏡隆左ェ門
聴覚障害教育部門に関する活動
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 山形県 個人
鈴木 篤郎 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第14回(1983年度) 聴覚障害教育部門 長野県 個人
社会福祉法人富士見会青い鳥保育園富士見台幼児聴能言語訓練教室
聴覚障害教育部門に関する活動
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体
兵庫県立こばと聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 団体
市橋 詮司
聴覚障害教育部門に関する活動
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 個人
美馬 常雄 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 北海道 個人
愛知県立千種聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 団体
京都市立出水小学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 京都府 団体
今西 孝雄 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 神奈川県 個人
三ツ井英一
聴覚障害教育部門に関する活動
第12回(1981年度) 聴覚障害教育部門 石川県 個人
千葉県立千葉聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第11回(1980年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 団体
札幌聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第11回(1980年度) 聴覚障害教育部門 北海道 団体
相原 益美
聴覚障害教育部門に関する活動
第11回(1980年度) 聴覚障害教育部門 愛媛県 個人
望月 敏彦 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第11回(1980年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
栃木県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 栃木県 団体
福井県立ろう学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 福井県 団体
佐久間フクヨ
聴覚障害教育部門に関する活動
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 個人
柳田 孝一 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第10回(1979年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
大阪府立堺聾学校高等部専攻科歯科技工学科研究会
聴覚障害教育部門に関する活動
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 団体
徳島県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 徳島県 団体
高賀 善晄
聴覚障害教育部門に関する活動
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 岐阜県 個人
西成田 功
聴覚障害教育部門に関する活動
第9回(1978年度) 聴覚障害教育部門 茨城県 個人
沖縄県立沖縄聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 沖縄県 団体
宮城県立聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 宮城県 団体
常久 公平
聴覚障害教育部門に関する活動
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 山口県 個人
土屋 準一
聴覚障害教育部門に関する活動
第8回(1977年度) 聴覚障害教育部門 大分県 個人
医療法人社団弘進会
聴覚障害教育部門に関する活動
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体
茨城県立霞ケ浦聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 茨城県 団体
岐阜県立岐阜聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 岐阜県 団体
久保山トモ
聴覚障害教育部門に関する活動
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 個人
中嶋 仁道
聴覚障害教育部門に関する活動
第7回(1976年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 個人
愛媛県立松山聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 愛媛県 団体
秋田県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 秋田県 団体
福岡県立福岡聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 団体
大家善一郎
聴覚障害教育部門に関する活動
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人
仲本 とみ
聴覚障害教育部門に関する活動
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 沖縄県 個人
愛知県立名古屋聾学校・愛知県立愛知工業高等学校「連携教育研究会」
聴覚障害教育部門に関する活動
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 愛知県 団体
山形県立山形聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 山形県 団体
長野県立長野聾学校
視覚障害教育部門に関する活動
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 長野県 団体
吉田 亀雄
聴覚障害教育部門に関する活動
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人
始閣精太郎
聴覚障害教育部門に関する活動
第5回(1974年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
山口県立聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 山口県 団体
東京都豊島区立雑司谷小学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体
坂本 多朗
聴覚障害教育部門に関する活動
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人
大原 省蔵
聴覚障害教育部門に関する活動
第4回(1973年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 個人
言語・聴能教育実践研究会
聴覚障害教育部門に関する活動
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体
静岡県立静岡聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 静岡県 団体
福山市難聴児母子教室 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 広島県 団体
吉川 正五
聴覚障害教育部門に関する活動
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
石黒 晶
聴覚障害教育部門に関する活動
第3回(1972年度) 聴覚障害教育部門 石川県 個人
財団法人聴覚障害者教育福祉協会
聴覚障害教育部門に関する活動
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体
全沖縄風疹聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 沖縄県 団体
北海道聾教育研究協議会
聴覚障害教育部門に関する活動
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 北海道 団体
船越 満二
聴覚障害教育部門に関する活動
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 京都府 個人
林 次一
聴覚障害教育部門に関する活動
第2回(1971年度) 聴覚障害教育部門 新潟県 個人
千葉県市川市立国分小学校井上学級(学級担任 井上晧太郎)
聴覚障害教育部門に関する活動
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人
東京教育大学教育学部付属聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 千葉県 団体
橋本 金一
聴覚障害教育部門に関する活動
第1回(1970年度) 聴覚障害教育部門 岡山県 個人
受賞者名・活動タイトル
茨城県立水戸聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、一貫して児童生徒の聴覚障害の状態に即した教育を推進してきた。近年においては、度々研究会を開催するとともに、特に「児童生徒の実態に応じた言語指導の内容・方法に関する研究」は、多くの示唆を与えた。その功績は極めて大きい。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地茨城県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鹿児島県立鹿児島聾学校
長年にわたり、教育内容・方法の改善に努め、その成果を全国及び地域の研究大会等で発表してきた。特に、昭和62年度から行った生活経験の拡大と言語力の向上を目指した「言語活動を豊かにするための養護・訓練の研究」は、全国的に高く評価されている。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地鹿児島県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
十時 晃
昭和24年以来、聴覚障害児の保有する聴力の活用方法の研究に取り組み、その理論及び方法を各地の研究会等で発表し、多くの成果をあげてきた。特に、幼児の聴能訓練の方法についての研究は、聴覚障害教育に多大の影響を及ぼした。その功績は顕著である。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山本 隆三 文部科学大臣賞
39年間、一貫して小学部国語科における「読み」の課題を追究してきた。特に、身近な生活用語に着目した一連の研究は冊子「ことばのれんしゅう」に結実し、多くの学校で活用された。これらの研究成果は、聴覚障害教育の発展に極めて大きく貢献している。
受賞年度第20回(1989年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡山県立岡山聾学校 文部科学大臣賞
明治41年学校創立以来、主体性のある児童生徒の育成を求めて、一人一人に即した教育方法の開発等に努めてきた。特に、言語指導や読解指導に関しては、毎年発行される研究紀要や全国規模の研究会で発表するなどして、この教育の推進に大きく貢献している。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松本ろう学校
長年にわたり、望ましい言語指導の在り方を追及し、特に、乳幼児の教育相談や幼稚部における絵日記の指導等、言語を育てる素地作りに努力してきた。また近年においては、コンピュータの導入による言語指導の方法を指向するなど、意欲的な教育実践を行っている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉橋 晉
昭和26年以来一貫して聾学校教育に携わり、地道な教育実践を積み重ね成果をあげてきた。特に、聴覚障害児のパーソナリティに関する調査研究、抽象的な言語理解を図るための指導法の研究等は、関係者の貴重な資料となっている。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東川 清彦 文部科学大臣賞
昭和38年以来、難聴乳幼児の医学的ケアに精力的に取り組むとともに、難聴特殊学級設置の促進にも尽力し、また、昭和45年には私財を投じて乳幼児聴能教室を設立するなど、地域におけるこの教育の充実に極めて大きく貢献した。
受賞年度第19回(1988年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地広島県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
盛岡市立桜城小学校 文部科学大臣賞
昭和49年難聴特殊学級開設以来、全校の協力体制を整え、既設の言語障害特殊学級と連携し、言語指導等について意欲的な教育実践を行ってきた。特に難聴児の実態に即した明瞭度を高めるための発音発語指導の研究は、県内はもとより県外からも高い評価を受けている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岩手県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
青森県立八戸聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、学校をあげて望ましい言語指導のあり方等の実践的な活動を展開してきた。特に最近における「全人的発達をめざした養護・訓練の研究」は、聴覚障害教育の今日的課題の解決に迫るものであり、その成果は、我が国のこの教育に極めて大きく貢献している。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地青森県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
荒川 勇 文部科学大臣賞
長年にわたり、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に尽力し、また、聾教育史及び聾教育理論等に関する著述活動にも力を注いできた。これらの活動は、我が国のこの教育に多大の影響を与えるとともに、その発展と充実に寄与した功績は極めて大きい。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地新潟県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
今西昭三郎
昭和25年以来、一貫して聾学校教育にたずさわり、聾学校における効果的な言語指導法を探究してきた。特に、残存聴力の活用に関する研究を深め、幼児の聴能訓練や発音発語指導の方法に著しい成果をあげて、県内外から高く評価されている。
受賞年度第18回(1987年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡山市立内山下小学校
昭和35年我が国最初の難聴特殊学級として設置以来、今日まで意欲的な教育実践を行ってきた。特に、言語指導や聴能訓練の充実、医療との連携を図るなどして、これまで26年間にわたり、数多くの児童の指導を行い、この教育の発展に大きく貢献している。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山梨県立ろう学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、一貫して児童生徒の障害の状態、能力・適性等に即した教育を推進してきた。特に、近年視聴覚教育及びプログラム学習を導入、効率的な個別指導を展開し、児童生徒の自ら学ぶ意欲の育成を目指した教育の推進を図り、全国的に高い評価を受けている。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山梨県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
住 宏平 文部科学大臣賞
戦後一貫して、聴覚障害教育にたずさわる教員の養成に精魂を傾けてきた。また、心理学者としての著述活動を通して、我が国の聾教育界に多大の影響を与え、特にドイツの聾教育を研究、紹介するなど、この教育の振興、充実に果たした功績はまことに大きい。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松原 道男
長年にわたり、言語指導に不可欠な絵カード、さし絵等の作成に積極的に尽力し、聴覚障害児童生徒の言語習得の向上のため、大きな役割を果たしてきた。また、絵画コンクールや美術展等に、多くの入選・入賞者を出して美術教育に著しい成果をあげた。
受賞年度第17回(1986年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
奈良市立椿井小学校
昭和48年県下初の難聴特殊学級として開設以来、奈良市を中心とした難聴児の教育に尽力してきた。一貫して通常の学級との望ましい連携の在り方を求め、言語指導、聴能訓練に関する研究活動を継続し、その成果は県内外の聴覚障害教育に大きな示唆を与えている。
受賞年度第16回(1985年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地奈良県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福島県立聾学校 文部科学大臣賞
長年にわたり、全校あげて聾学校教育における指導内容・方法の改善につとめてきた。特に近年においては、一人一人の児童生徒の言語力を高めるための養護・訓練の実践的研究に取り組み、この教育に多くの示唆を与え、その成果は全国的に高く評価されている。
受賞年度第16回(1985年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福島県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大西酉喜子
聴覚障害幼児の早期教育の実践に長年取り組み、特に言語指導、聴能訓練による諸能力の開発を目指した綿密な研究を積みあげてきた。その具体的な成果の発表を通して、聴覚障害幼児の教育の推進に努め、この教育の発展に大きく寄与している。
受賞年度第16回(1985年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鳥居 英夫 文部科学大臣賞
長年にわたり、一貫して聴覚障害児の能力開発に絶えず情熱を傾けて実践研究に努めてきた。特に授業研究を重視して、多くの研究会に参画し、発語・発音指導、語彙指導、読書指導、教材研究などに貴重な指導助言を行い、常に後進の育成に大きく貢献している。
受賞年度第16回(1985年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
八王子市立第四小学校きこえとことばの教室
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
群馬県立聾学校 文部科学大臣賞
国語・日本語教育部門に関する活動
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地群馬県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岡本 途也 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鈴木 大三
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岩手県立盛岡聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岩手県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
札幌市立幌北小学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地北海道
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鏡隆左ェ門
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山形県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鈴木 篤郎 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第14回(1983年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
社会福祉法人富士見会青い鳥保育園富士見台幼児聴能言語訓練教室
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
兵庫県立こばと聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
市橋 詮司
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
美馬 常雄 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地北海道
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
愛知県立千種聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
京都市立出水小学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地京都府
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
今西 孝雄 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地神奈川県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
三ツ井英一
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第12回(1981年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地石川県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
千葉県立千葉聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第11回(1980年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
札幌聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第11回(1980年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地北海道
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
相原 益美
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第11回(1980年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛媛県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
望月 敏彦 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第11回(1980年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
栃木県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地栃木県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福井県立ろう学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福井県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐久間フクヨ
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
柳田 孝一 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第10回(1979年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大阪府立堺聾学校高等部専攻科歯科技工学科研究会
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
徳島県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地徳島県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
高賀 善晄
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岐阜県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
西成田 功
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第9回(1978年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地茨城県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
沖縄県立沖縄聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地沖縄県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
宮城県立聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地宮城県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
常久 公平
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山口県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
土屋 準一
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第8回(1977年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大分県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
医療法人社団弘進会
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
茨城県立霞ケ浦聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地茨城県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜県立岐阜聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岐阜県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
久保山トモ
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
中嶋 仁道
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第7回(1976年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
愛媛県立松山聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛媛県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
秋田県立聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地秋田県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福岡県立福岡聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大家善一郎
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
仲本 とみ
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地沖縄県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
愛知県立名古屋聾学校・愛知県立愛知工業高等学校「連携教育研究会」
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛知県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山形県立山形聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山形県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
長野県立長野聾学校
視覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地長野県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉田 亀雄
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
始閣精太郎
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第5回(1974年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
山口県立聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地山口県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
東京都豊島区立雑司谷小学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
坂本 多朗
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大原 省蔵
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第4回(1973年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
言語・聴能教育実践研究会
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
静岡県立静岡聾学校
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地静岡県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福山市難聴児母子教室 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地広島県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
吉川 正五
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
石黒 晶
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第3回(1972年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地石川県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
財団法人聴覚障害者教育福祉協会
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
全沖縄風疹聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地沖縄県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北海道聾教育研究協議会
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地北海道
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
船越 満二
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地京都府
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
林 次一
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第2回(1971年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地新潟県
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
千葉県市川市立国分小学校井上学級(学級担任 井上晧太郎)
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
賞の内容
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
東京教育大学教育学部付属聾学校 文部科学大臣賞
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地千葉県
賞の内容
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
橋本 金一
聴覚障害教育部門に関する活動
受賞年度第1回(1970年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地岡山県
賞の内容
団体/個人個人