博報賞

活動タイトル

吉野のまちの活性化を目指した地域との協働的実践

大牟田市立吉野小学校

教育活性化部門| キーワード:福岡県
大牟田市立吉野小学校

活動内容

学校と地域が協働して目指す、桜の美しい町づくりと地域の活性化

活動の中心となる「吉野小さくらプロジェクト」では、持続可能な社会の一員として自覚し、行動できる能力・態度及び郷土を愛する心情と、地域と協働する児童の育成を計画的に進めている。教科横断型のストーリーマップ(子どもの意識・思考の流れを大事にした単元計画)により、主体的な学びを実現。活動に賛同した地域・保護者による「吉野さくら絆プロジェクト」も発足し、相乗的に町の活性化に寄与している。子どもの地域行事への参加割合の増加など、地域の良さに目を向けられるようになった。

【写真】
桜調べ:地域の桜を調べる児童

審査委員より

学校周辺の吉野地区のシンボルとなっている桜を中心とした「吉野小さくらプロジェクト」を全校で取り組んでいる。系統的で、連続性のあるカリキュラムの整備が子どもの確かな成長を支えている。それは、桜を通して地域と関わる姿、地域行事に参画する姿、友達と協力して学ぶ姿に結実し、子ども一人一人に地域や人との絆を着実に生み出している。

プロフィール

大牟田(おおむた)市立吉野小学校

【代表者】
坂本 智典(さかもと とものり)

【役 職】
校長

【活動開始時期】
2013年

【団体所在地】
福岡県大牟田市
【HP】
http://www.e-net21.city.omuta.fukuoka.jp/yoshino-es/
【学校(団体)規模・活動参加人数】
○児童・生徒数:395名 ○クラス数:16クラス ○指導者:31名