博報賞

活動タイトル

発達障害のある児童を就学前より指導し、小学校の通級指導と連携させた21年間の地域の先駆的取組

生駒市立生駒小学校ことばの教室・通級指導教室

特別支援教育部門| キーワード:奈良県
生駒市立生駒小学校ことばの教室・通級指導教室

活動内容

生駒小学校には、LD(学習障害)など、発達障害の小学生を指導する「通級指導教室」と共に、県内唯一の就学前幼児のための支援機関である「生駒市ことばの教室」が併設されています。生駒市では就学前幼児と小学生のための2つの支援活動を、同じ敷地内で行うことで、双方が連携し、児童の長期的・継続的な支援を可能にしました。さらにその活動の輪を地域の療育・福祉機関や家庭にまで広げ、保護者の会を立ち上げるなど、支援体制の整備に努めています。ことばの教室は1986年に設置され、時代に合わせて通級指導教室と共にその事業形態を進化させてきましたが、この21年に亘る地域からの信頼と活動実績を生かして、巡回相談や校内研修での講師を担当するなど、地域の特別支援教育においてもセンター的役割を担っています。



審査委員より

歴史あることばの教室を、10数年来、幼児期の言語発達支援と小学校での通級指導に分けて運営してきた。地域の療育・福祉機関とも連携し、保護者との連携組織も立ち上げられて、地域における支援体制の整備も着実に進められている。通級指導教室ではLD等の発達障害児が増加しており、幼児期も含めた特別支援教育の実践として高く評価される。

プロフィール

【団体の規模】
・指導・相談数:158名
・指導者数:5名

主な著書・論文・文章など

2003年 「学習障害(LD)児の支援事業 指導体制の充実に関する研究報告」奈良県
2003年 文集「かがやいて宇宙」 保護者の会「宇宙」
2005年 「"読み書き"につまずきのある児童への指導に関する一考察-ことばの教室における個々の認知特性に応じた指導-」大阪教育大学
2006年 「地域のセンター的役割について」大阪教育大学
2006年 「アンケート調査から見た個々のニーズに対応した教育的支援の現状」大阪教育大学