博報賞

活動タイトル

地域と一体になった薬草福祉活動などユニークな体験野山学習

本巣町立外山小学校

活動の目標・方針

目的:地域で学ぶ伝統芸能と学校で学ぶ西洋音楽の壁を取り払い、将来を担う子ども達へ地域文化を基盤にした「個」の自尊心を培うための活動を展開する。
目標:地域・学校・家庭が一体となり、学校を拠点に地域づくりの充実。

活動内容

1989年国民文化祭「子どもフェステイバル」部門の審議会委員と企画委員を引き受ける。94年「国民文化祭・みえ94」の子供フェステイバル実行委員長となり、企画の柱に、子どもが企画し、子ども同士で話し合う「子ども会議」を提唱、会議後、子どもの意見にも耳を傾けてくれるよう「子ども宣言」がなされた。その後県内各地で実施される「子ども会議」の先駆ともなった。同年三重で開催された国際博「まつり博'94」では「三重千人太鼓コンサート」を県民の立場からの企画として実現、これも全国の千人太鼓コンサートの先駆となった。2イベントの後、地域の子どもの文化交流と、創造的表現活動支援のためボランテイア団体「キッズ・カルチャー・サポーター」がつくられ、実行委員長となるほか、95~03年の県民文化祭「子どもフェステイバル」実行委員長として、地域の子ども文化の振興に寄与している。



審査委員より

子どもが発想する文化を応援しようという姿勢を持ち、県の「子どもフェスティバル」の企画・実行、ボランティア団体「キッズ・カルチャー・サポーター」を率いての文化交流、表現活動支援など、地域の子ども文化の振興に大きな貢献をしている。「地域発子ども文化の発信」をめざす活動は、更なる発展が期待される。

プロフィール

本巣町立外山小学校

団体概要

【創立】
1967年4月

【学校の規模】
・児童数 60名
・学級数 5学級
・指導者数 9名

主な著書・論文・文章など

体験ガイドブック 「とやまっ子~2003とやまのいま・むかし」
教育実践記録 「外山小学校・地域ぐるみの教育実践を支えて~新米教頭として2/3年~」