博報賞

活動タイトル

20年以上にわたる「高擶子ども獅子踊り」の伝承

天童市立高擶小学校

活動の目標・方針

全校児童でともに力をあわせ、美しく躍動的な獅子踊りの舞を楽しむ。
・踊りを伝え合うことで、地域に残る伝承芸能の文化的な価値を知り、自分たちの地域のよさを実感し、郷土を愛する心を育む。

活動内容

1980年頃地域に伝わる伝統芸能「高擶聖霊菩提獅子踊り」を3年生が「高擶獅子踊り」として表現活動に取り入れ発表したのが始まりである。聖霊菩提獅子踊りの12曲のうち「だんだか」「しかたね」「みちおどり」など子ども用に振り付け直したものである。その後名前が、「高擶子ども獅子踊り」に変わるとともに踊りに加わる学年が増え、3~5年生が踊り、6年生がお囃子を演奏するという約180人参加の、躍動感溢れる現在の姿となっていった。3学期には、3 年生から2年生に踊りが引き継がれ、6年生から5年生にお囃子が引継がれて、学校の教育活動の一貫として継承されてきた。表現の発表は、地区の敬老会と運動会を中心に、毎年行われている。



審査委員より

昭和50年代から、地域の伝統芸能である「高擶聖霊菩提獅子踊り」を、第3学年の表現活動として取り入れ、以後、その活動を拡大して、全校体制で取り組んできた。その成果は、地域や県内の人々に公開し、多くの人々に親しまれるとともに、伝統文化の継承・発展の教育活動として、広く注目されている。

プロフィール

天童市立高擶小学校

団体概要

【創立】
1873年4月

【学校の規模・活動参加人数】
・児童数 266名
・学級数 9学級
・教員数 15名