博報賞

過去の受賞者|第27回(1996年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
岡山市立旭竜小学校 文部科学大臣賞
中国残留者家族の受入れを機に国際理解教育に積極的に取り組み、留学生など市内に在住する各国の外国人と交流する「地球ひろば」、中国の小学校との提携と文通、日本語補習などに積極的な活動を続けてきた。その努力と成果は極めて顕著であり、高く評価される。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 岡山県 団体 ---
茗渓学園中学校高等学校
「世界的視野をもった日本人としての自覚を養うこと」を目標にかかげ、帰国子女多数を受け入れ、さらに、多数の交換留学生の受け入れと送り出し、カリキュラム開発、海外父母会、教員の海外研修を行うなど、国際理解教育分野での先進的業績は称賛に値する。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 茨城県 団体 ---
和歌山市立城東中学校
1980年にカナダ西岸の中学校と姉妹校提携を結び、81年以来双方の多数の生徒からなる代表団が交互に相手校を訪問し、授業やスポーツへの参加、ホームステイなどによって相互理解を深めてきた。この長期にわたる国際理解教育への熱心な取り組みは高く評価できる。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 和歌山県 団体 ---
札幌市立厚別西小学校
開校以来国際理解教育を重視し、長期にわたってアメリカの小学校と姉妹校提携を行い、学年別合同文集の作成、スポーツ記録の相互認定、クリスマス・カードの交換、児童も資金作りに参加する招へいや訪問など、ユニークで活発な交流を続けていることは注目される。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 北海道 団体 ---
「はばたけ21の会」
地域が推進する環日本海交流の一翼として、企業・団体・市民の有志が自治体などの協力をえて、毎年、ロシア極東から多数の子どもを招き、地元児童との交流を図り、相互理解を深める事業を続けてきた。草の根の社会貢献活動として今後の継続的な発展が期待される。
第27回(1996年度) 国際理解教育部門 新潟県 団体 ---
松井 讓二 文部科学大臣賞
昭和50年以来、保育園や学校、地域において伝承遊びの収集と研究、並びにその指導に当たってきた。「ふるさとのあそび」の出版、本人の屋敷内に「ひょうご手づくりおもちゃ館」の開館、地域の子どもたちや父母への遊びの実施指導など、その活動と成果は高く評価される。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 兵庫県 個人 ---
長井市立伊佐沢小学校 文部科学大臣賞
身近にある樹齢1200年の桜の巨木と、県の無形民俗文化財伊佐沢念仏踊りを、学校の教育活動に取り入れている。巨木をいたわる諸活動や、体力づくりの一環として取り入れた「伊佐沢小学校少年少女念仏踊り」は、心と体を育てる教育として高く評価される。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 山形県 団体 ---
大人歌舞伎保存会
宮崎県の無形民族文化財である大人歌舞伎は、明治9年に発足した保存会を中心に継承されてきた。それを後世に正しく伝えるため、大人文化財愛護少年団を結成、発表会を毎年実施しているが、このことは子ども達が文化財を大切にし、郷土愛を育むことに寄与している。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 宮崎県 団体 ---
小山町立足柄小学校(竹之下太鼓保存会)
この会は、足柄小学校の子どもたちに、350年前から地域に伝わる竹之下太鼓を長年にわたり指導してきた。この活動は、子どもたちと地域の人々との連帯感を深め、郷土愛を育てるとともに、自らを表現し、生き生きとした子どもを育成することに大きく貢献している。
第27回(1996年度) 伝統文化教育部門 静岡県 団体 ---
坂井郡小学校特殊教育研究会
郡内の小学校特殊学級のネットワークを作り、学級経営や指導法の研究、教材・教具の開発に努めている。お金の使い方の教育、発達段階に即した国語教育プログラムの作成、障害児の性教育への取り組み、地域社会との交流などの実践研究は、高く評価される。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 福井県 団体 ---
土岐 欣子 文部科学大臣賞
山間部の小学校特殊学級担任として、障害のある子どもの基本的生活習慣の確立や周囲の友達とのかかわり、家庭や地域との連携を大切にした指導を実践している。養護学校や病院等を訪ねて研鑽を積み、実践記録をまとめるなど、その献身的な取り組みは他の模範となっている。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 岐阜県 個人 ---
那覇市立神原小学校
特殊学級の設置校として、教育実習生の積極的な受入れや地域の特殊学級担任に対する相談活動、公開授業を通しての理解・啓発に努めている。また吃音、緘黙症等の基礎的研究や言語の定着を図るための生活単元学習の実践など、特殊教育の向上に幅広く貢献している。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 沖縄県 団体 ---
鳥取県立倉吉養護学校 文部科学大臣賞
開校以来、精神発達等に遅れのある児童生徒の指導を充実し、社会自立に向けての教育実践を積み重ねている。また、特殊教育推進校として地域の医療・福祉機関等と連携してコミュニケーション能力を育てる指導で顕著な成果を上げ、県内外で大いに注目されている。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 鳥取県 団体 ---
延岡市立土々呂小学校
長い間聾学校や養護学校と交流教育を行い、児童の障害児に対する理解や、人を思いやる心を育み、保護者や地域住民への啓発活動を推進するとともに、児童の発達段階に応じた言語表現を身につけるための実践研究を行うなどで、高く評価される。
第27回(1996年度) 特殊教育部門 宮崎県 団体 ---
鈴木 桂子
言葉による表現力を養うための楽しい国語教室作りを目指し多くの実践を積み重ねてきたが、それに基づく実践理論は周囲を啓発するところが大きかった。また、実践的著作物を通して、地域の国語教育の充実と振興に寄与し、その業績は広く評価されている。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 神奈川県 個人 ---
満田幸四郎
教員生活の間一貫して国語教育の担い手としての研究活動を続け、多くの実績を積んできた。研究範囲も国語教育の内容全般にわたっているが、特に詩の指導と作文教育においては、数々の成果をあげ、地域国語教育研究団体の指導者としての活躍は注目に値する。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 大阪府 個人 ---
小島 孝夫
長年にわたる教員生活において、一貫して国語教育の研究と推進に取り組んできた。この間における教育課程の推移に伴う学習指導の改善をはじめ、「子どもの側に立つ」教材観に基づく実践的提案は、県内国語教育の進展に寄与するところが極めて大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 新潟県 個人 ---
渋谷 孝
多年にわたる国語教育研究に著しい実績を収めてきたが、特に国語教育の在り方についての根本的、積極的提言は、全国的に大きな影響を及ぼしている。また、宮城県や仙台市における国語教育研究への助言と指導は、地域の国語教育の担い手の育成にも貢献している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 宮城県 個人 ---
横山 恵六
長年にわたり国語科指導法について実践的立場から数多くの提案を行い、その理論と実践の普及に成果をあげてきた。また、県内の国語教育界の指導者としてその発展に尽力し、後進者の育成、国語教育の充実と振興、児童文化活動の推進等に努めた功績は極めて大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 石川県 個人 ---
押上 武文
主として指導行政の立場から国語教育の推進と振興を図り、多くの業績を残した。また、言語教育実践の立場から新しい国語科教育と学校図書館教育を研究し、「児童の側に立つ国語科授業の創造」を目指した研究会、研修会等を実施して周囲に及ぼした功績は大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 東京都 個人 ---
多治見市立滝呂小学校
多治見市の地区研究課題である「一人一人が自己充実感を持つ教育の推進」の実践研究を15年の長きにわたって、国語指導の立場から脈々と継続してきた。その成果は精一杯がんばる子どもたちの姿に具現化されており、また、教師の指導力向上に大きく貢献している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
越智・今治国語同好会
昭和40年発足以来、今治管内の国語科教育実践研究の推進と国語教育全体の振興に尽力してきた。毎年行われる数回の研修会をはじめ、本研究会の諸行事は、県内国語教育の発展と充実に貢献するとともに、教職員の資質向上と若手後継者の育成とに大きく寄与している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 愛媛県 団体 ---
阪田 雪子
早くから日本語教育の研究に取り組み、国内における日本語教育の推進と振興に努めるとともに、海外における日本語教育の指導にも多大の実績をあげてきた。また、大学での指導業績をはじめ、学会及び社会での日本語教育の興隆に尽くした功績は高く評価されている。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 東京都 個人 ---
港区立笄小学校日本語学級
区内の小学校に在籍する外国人児童や帰国児童のうち、日本の学校生活や日本語に不慣れな児童に普通学級での授業を受けさせるとともに、日本語学級にも通わさせて能力と段階に応じた指導を行っている。特に在籍学級担任との連絡を密にした実践には見るべき成果がある。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 東京都 団体 ---
佐藤 浩 文部科学大臣賞
長年にわたり、身体的障害を克服しながら、児童詩誌「青い窓」の編集に情熱を傾けてきた。その実績は全国的に大きな影響を及ぼし、国語教育の振興に寄与している。また、地域の児童を対象とした「詩の教室」を開催して、思いやりの心を育んできた功績は極めて大きい。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 福島県 個人 ---
南会津郡下郷町立楢原小学校
数年にわたって学校をあげて作文教育に取り組み、個々の子どもたちの文章表現力を伸ばすことに努力してきた。特に、児童の情意面と技能面の双方の指導を意図した作文年間指導計画の開発と、それに基づく実践指導は成果も著しく、児童の表現力は年々着実に伸びている。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 福島県 団体 ---
都城市立御池小学校 文部科学大臣賞
へき地小規模校の長所を生かしながら、「学校と自分に誇りと自信をもつ子どもを育てる作文指導」を主題として研究と実践に全校で努力してきた。また、地域の自然を生かす教育活動を様々に工夫し、作文指導の実践的研究に生かしてきた。これらの成果は高く評価される。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 宮城県 団体 ---
榛原郡川根町立川根小学校
これまでも地域における教育研究推進校としての役割を果たしてきたが、その研究成果を踏まえ、平成6年以降は「言葉の教育」について県の研究指定を受けて実践的研究を進めてきた。特に地域連携学習を取り入れながら「言葉を大切にし、自分を表現する力」を育成している。
第27回(1996年度) 国語教育・日本語教育部門 静岡県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
岡山市立旭竜小学校 文部科学大臣賞
中国残留者家族の受入れを機に国際理解教育に積極的に取り組み、留学生など市内に在住する各国の外国人と交流する「地球ひろば」、中国の小学校との提携と文通、日本語補習などに積極的な活動を続けてきた。その努力と成果は極めて顕著であり、高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地岡山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
茗渓学園中学校高等学校
「世界的視野をもった日本人としての自覚を養うこと」を目標にかかげ、帰国子女多数を受け入れ、さらに、多数の交換留学生の受け入れと送り出し、カリキュラム開発、海外父母会、教員の海外研修を行うなど、国際理解教育分野での先進的業績は称賛に値する。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地茨城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
和歌山市立城東中学校
1980年にカナダ西岸の中学校と姉妹校提携を結び、81年以来双方の多数の生徒からなる代表団が交互に相手校を訪問し、授業やスポーツへの参加、ホームステイなどによって相互理解を深めてきた。この長期にわたる国際理解教育への熱心な取り組みは高く評価できる。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地和歌山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
札幌市立厚別西小学校
開校以来国際理解教育を重視し、長期にわたってアメリカの小学校と姉妹校提携を行い、学年別合同文集の作成、スポーツ記録の相互認定、クリスマス・カードの交換、児童も資金作りに参加する招へいや訪問など、ユニークで活発な交流を続けていることは注目される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
「はばたけ21の会」
地域が推進する環日本海交流の一翼として、企業・団体・市民の有志が自治体などの協力をえて、毎年、ロシア極東から多数の子どもを招き、地元児童との交流を図り、相互理解を深める事業を続けてきた。草の根の社会貢献活動として今後の継続的な発展が期待される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国際理解教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松井 讓二 文部科学大臣賞
昭和50年以来、保育園や学校、地域において伝承遊びの収集と研究、並びにその指導に当たってきた。「ふるさとのあそび」の出版、本人の屋敷内に「ひょうご手づくりおもちゃ館」の開館、地域の子どもたちや父母への遊びの実施指導など、その活動と成果は高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
長井市立伊佐沢小学校 文部科学大臣賞
身近にある樹齢1200年の桜の巨木と、県の無形民俗文化財伊佐沢念仏踊りを、学校の教育活動に取り入れている。巨木をいたわる諸活動や、体力づくりの一環として取り入れた「伊佐沢小学校少年少女念仏踊り」は、心と体を育てる教育として高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
大人歌舞伎保存会
宮崎県の無形民族文化財である大人歌舞伎は、明治9年に発足した保存会を中心に継承されてきた。それを後世に正しく伝えるため、大人文化財愛護少年団を結成、発表会を毎年実施しているが、このことは子ども達が文化財を大切にし、郷土愛を育むことに寄与している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地宮崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
小山町立足柄小学校(竹之下太鼓保存会)
この会は、足柄小学校の子どもたちに、350年前から地域に伝わる竹之下太鼓を長年にわたり指導してきた。この活動は、子どもたちと地域の人々との連帯感を深め、郷土愛を育てるとともに、自らを表現し、生き生きとした子どもを育成することに大きく貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門伝統文化教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
坂井郡小学校特殊教育研究会
郡内の小学校特殊学級のネットワークを作り、学級経営や指導法の研究、教材・教具の開発に努めている。お金の使い方の教育、発達段階に即した国語教育プログラムの作成、障害児の性教育への取り組み、地域社会との交流などの実践研究は、高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地福井県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
土岐 欣子 文部科学大臣賞
山間部の小学校特殊学級担任として、障害のある子どもの基本的生活習慣の確立や周囲の友達とのかかわり、家庭や地域との連携を大切にした指導を実践している。養護学校や病院等を訪ねて研鑽を積み、実践記録をまとめるなど、その献身的な取り組みは他の模範となっている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地岐阜県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
那覇市立神原小学校
特殊学級の設置校として、教育実習生の積極的な受入れや地域の特殊学級担任に対する相談活動、公開授業を通しての理解・啓発に努めている。また吃音、緘黙症等の基礎的研究や言語の定着を図るための生活単元学習の実践など、特殊教育の向上に幅広く貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地沖縄県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鳥取県立倉吉養護学校 文部科学大臣賞
開校以来、精神発達等に遅れのある児童生徒の指導を充実し、社会自立に向けての教育実践を積み重ねている。また、特殊教育推進校として地域の医療・福祉機関等と連携してコミュニケーション能力を育てる指導で顕著な成果を上げ、県内外で大いに注目されている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地鳥取県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
延岡市立土々呂小学校
長い間聾学校や養護学校と交流教育を行い、児童の障害児に対する理解や、人を思いやる心を育み、保護者や地域住民への啓発活動を推進するとともに、児童の発達段階に応じた言語表現を身につけるための実践研究を行うなどで、高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門特殊教育部門
所在地宮崎県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鈴木 桂子
言葉による表現力を養うための楽しい国語教室作りを目指し多くの実践を積み重ねてきたが、それに基づく実践理論は周囲を啓発するところが大きかった。また、実践的著作物を通して、地域の国語教育の充実と振興に寄与し、その業績は広く評価されている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地神奈川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
満田幸四郎
教員生活の間一貫して国語教育の担い手としての研究活動を続け、多くの実績を積んできた。研究範囲も国語教育の内容全般にわたっているが、特に詩の指導と作文教育においては、数々の成果をあげ、地域国語教育研究団体の指導者としての活躍は注目に値する。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
小島 孝夫
長年にわたる教員生活において、一貫して国語教育の研究と推進に取り組んできた。この間における教育課程の推移に伴う学習指導の改善をはじめ、「子どもの側に立つ」教材観に基づく実践的提案は、県内国語教育の進展に寄与するところが極めて大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
渋谷 孝
多年にわたる国語教育研究に著しい実績を収めてきたが、特に国語教育の在り方についての根本的、積極的提言は、全国的に大きな影響を及ぼしている。また、宮城県や仙台市における国語教育研究への助言と指導は、地域の国語教育の担い手の育成にも貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
横山 恵六
長年にわたり国語科指導法について実践的立場から数多くの提案を行い、その理論と実践の普及に成果をあげてきた。また、県内の国語教育界の指導者としてその発展に尽力し、後進者の育成、国語教育の充実と振興、児童文化活動の推進等に努めた功績は極めて大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
押上 武文
主として指導行政の立場から国語教育の推進と振興を図り、多くの業績を残した。また、言語教育実践の立場から新しい国語科教育と学校図書館教育を研究し、「児童の側に立つ国語科授業の創造」を目指した研究会、研修会等を実施して周囲に及ぼした功績は大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
多治見市立滝呂小学校
多治見市の地区研究課題である「一人一人が自己充実感を持つ教育の推進」の実践研究を15年の長きにわたって、国語指導の立場から脈々と継続してきた。その成果は精一杯がんばる子どもたちの姿に具現化されており、また、教師の指導力向上に大きく貢献している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
越智・今治国語同好会
昭和40年発足以来、今治管内の国語科教育実践研究の推進と国語教育全体の振興に尽力してきた。毎年行われる数回の研修会をはじめ、本研究会の諸行事は、県内国語教育の発展と充実に貢献するとともに、教職員の資質向上と若手後継者の育成とに大きく寄与している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地愛媛県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
阪田 雪子
早くから日本語教育の研究に取り組み、国内における日本語教育の推進と振興に努めるとともに、海外における日本語教育の指導にも多大の実績をあげてきた。また、大学での指導業績をはじめ、学会及び社会での日本語教育の興隆に尽くした功績は高く評価されている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
港区立笄小学校日本語学級
区内の小学校に在籍する外国人児童や帰国児童のうち、日本の学校生活や日本語に不慣れな児童に普通学級での授業を受けさせるとともに、日本語学級にも通わさせて能力と段階に応じた指導を行っている。特に在籍学級担任との連絡を密にした実践には見るべき成果がある。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
佐藤 浩 文部科学大臣賞
長年にわたり、身体的障害を克服しながら、児童詩誌「青い窓」の編集に情熱を傾けてきた。その実績は全国的に大きな影響を及ぼし、国語教育の振興に寄与している。また、地域の児童を対象とした「詩の教室」を開催して、思いやりの心を育んできた功績は極めて大きい。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
南会津郡下郷町立楢原小学校
数年にわたって学校をあげて作文教育に取り組み、個々の子どもたちの文章表現力を伸ばすことに努力してきた。特に、児童の情意面と技能面の双方の指導を意図した作文年間指導計画の開発と、それに基づく実践指導は成果も著しく、児童の表現力は年々着実に伸びている。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
都城市立御池小学校 文部科学大臣賞
へき地小規模校の長所を生かしながら、「学校と自分に誇りと自信をもつ子どもを育てる作文指導」を主題として研究と実践に全校で努力してきた。また、地域の自然を生かす教育活動を様々に工夫し、作文指導の実践的研究に生かしてきた。これらの成果は高く評価される。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地宮城県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
榛原郡川根町立川根小学校
これまでも地域における教育研究推進校としての役割を果たしてきたが、その研究成果を踏まえ、平成6年以降は「言葉の教育」について県の研究指定を受けて実践的研究を進めてきた。特に地域連携学習を取り入れながら「言葉を大切にし、自分を表現する力」を育成している。
受賞年度第27回(1996年度)
部門国語教育・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体