博報賞

活動タイトル

言語障害特殊学級担任として意欲的に取り組むとともに、吃音児の症例や口蓋裂児の指導法等について、多くの優れた実践研究を発表してきた。また、聴覚・言語障害児の研究会や親の会等の運営にも積極的にかかわり、島根県の教室の充実・発展に大いに貢献している。

原 広治