博報賞

活動タイトル

国語科における理解学習、表現学習の両面にわたって継続的な実践を積み重ね、指導法の開拓に尽力してきた。中でも、作文教育に関しては、動機づけの方法化、題材選びの指導などに新しい工夫を凝らして実績をあげており、今後の成果が期待される。

前野 典子