博報賞

活動タイトル

戦後早くから聴覚の活用による教育の可能性を追求し、聾・難聴児の補聴器の適合についての開発的研究に取り組むとともに、早期教育の必要性について、長年にわたり実証的研究を続け、多くの優れた成果をあげ、聴覚障害教育の発展に尽した功績は、まことに大きい。

岡本 途也