博報賞

過去の受賞者|第15回(1984年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
兵庫県立こばと聾学校 文部科学大臣賞
昭和50年開校以来、全国唯一の幼稚部のみの聾学校として、個々の幼児に適切な教育計画を設定し、聴覚障害幼児の教育を推進してきた。とりわけ、母子の触れ合いによることばの育成を目指した"お泊り保育"などの実践研究は、この教育に多くの示唆を与えている。
第13回(1982年度) 聴覚障害教育部門 兵庫県 団体 ---
群馬県立聾学校 文部科学大臣賞
長年、幼稚部における教育相談の実施、生活場面を重視した望ましい言語指導の在り方の探究、小・中学部の国語科指導の充実などに努め、その教育実践は全国的に高く評価されている。昭和58年に発表した「養護・訓練の指導」は、参加者に多くの感銘を与えた。
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 群馬県 団体 ---
平島 加子
30年間にわたり、盲教育一筋に精励し、多くの優れた実践的研究を積み重ねてきた。なかでも、点字の指導とその教材作成、交流教育の実践的研究、盲幼児に対する早期教育の実践などに顕著な実績をあげ、この教育の充実に寄与した。
第49回(2018年度) 視覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
伊藤眞三郎 文部科学大臣賞
長年にわたり、視覚障害教育に携わり、効果的な指導法の実践的研究を地道に行って、その充実に尽力してきた。また、全国盲学校長会において指導的役割を果たし、視覚障害教育の振興と発展に大きく貢献した。
第15回(1984年度) 視覚障害教育部門 東京都 個人 ---
鈴木 大三
長年にわたり、聴能と話しことばの指導、読解指導、作文指導の改善を目指して地道な実践研究を継続した。特に聴能による身体リズムなどの指導を行い、その成果は極めて顕著であり、全道の聴覚障害教育の推進と発展に寄与するところが大きい。
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
岡本 途也 文部科学大臣賞
戦後早くから聴覚の活用による教育の可能性を追求し、聾・難聴児の補聴器の適合についての開発的研究に取り組むとともに、早期教育の必要性について、長年にわたり実証的研究を続け、多くの優れた成果をあげ、聴覚障害教育の発展に尽した功績は、まことに大きい。
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 東京都 個人 ---
本間 俊夫
県下における言語障害特殊学級創設以来、一貫して言語障害児の指導に取り組み、着実な実践研究を重ねて成果をあげてきた。特に、研修活動や県内外の啓蒙活動にも指導者としての役割を果たし、この教育の発展に大きく貢献している。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 新潟県 個人 ---
中西美智子 文部科学大臣賞
昭和41年、神戸市の言語障害特殊学級開設以来、一貫してこの教育の実践と研究を継続し、教室における教具の開発、備品の整備、口蓋裂児の構音治療の方針と方法の確立、早期教育の実践、親の会の育成、後進の指導等幅広く活動し、その功績は極めて顕著である。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 兵庫県 個人 ---
点字教材製作研究会
多様なニーズを有する盲児童生徒に対し、必要に応じて適切な点字教材を提供するために、最新の設備を取り入れ、その活用に関するテキストを作成するとともに、管理運営の在り方の研究を行い、全国の盲学校に貴重な資料を与えている。
第15回(1984年度) 視覚障害教育部門 広島県 団体 ---
横浜市立盲学校 文部科学大臣賞
創立以来95年に及ぶ伝統を踏まえ、幼稚部から高等部に及ぶ一貫した指導体制の下に、幅広い実践研究を着実に積み重ねてきた。特に近年においては、触覚読書機の効果的活用に関する研究に取り組み、その成果を各盲学校に提供し高く評価されている。
第15回(1984年度) 視覚障害教育部門 神奈川県 団体 ---
八王子市立第四小学校きこえとことばの教室
教室開設以来、毎年八王子市における聴覚障害児の聴力検査と適正な教育評価を行い、地域の聴覚センター的な役割を果してきた。また、関連機関等との望ましい連携、個に応じた教育診断とその指導の在り方に関する研究は、言語障害教育に多くの示唆を与えている。
第15回(1984年度) 聴覚障害教育部門 東京都 団体 ---
下関市立名池小学校ことばの教室
教室開設以来、ことばに障害のある多くの児童の指導にあたってきた。特に、母親に対する指導に重点をおき、家庭での望ましい言語指導の在り方を追究し、一人一人の児童に適した指導計画に基ずく実践活動は、この地域において高い評価を得ている。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 山口県 団体 ---
愛知県言語聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
研究会設立以来、県下の小・中学校における難聴・言語障害児に対する教育の普及、振興に尽力してきた。また、昭和58年に全難言協全国大会を開催すると共に、障害に応じた指導内容・方法を発表し、その実践的内容は全国的に高く評価されている。
第15回(1984年度) 言語障害教育部門 愛知県 団体 ---
磨野 久一
長年にわたる小学校国語教育の実践と研究を通して、読解指導、教材研究、授業研究等の開拓と進展に貢献してきた。また、地域児童の言語環境の整備と学力向上を図って効果をあげ、現在も後進の指導育成に尽力している。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 京都府 個人 ---
楠橋猪之助
四十年間にわたり、国語教育の実践と研究に努め、特に語彙指導、作文指導、読書指導、教材研究等に優れた成果をあげるとともに、地域の研究会を結成し、その運営にも尽力して後進に影響を与え、県内外の国語教育の振興に寄与したところが大きい。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 愛媛県 個人 ---
竹内 喜秋
長年にわたり、小・中学校における作文指導に多大の成果をあげてきたほか、国語教育研修の指導、研究成果の実践とその普及に努め、また、国語研究団体の運営にも尽力するなど、その幅広い活動を通して、国語教育の発展に貢献してきた。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 高知県 個人 ---
松本千代子
長年にわたり、国語教育の指導法の研究に熱意と意欲をもって従事し、特に確かな読解力と表現力を育成するための指導法の開発に多くの優れた実積をあげてきたほか、地域の研究活動にも積極的に参加し、国語教育の発展に尽力してきた。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 福井県 個人 ---
住山 恭子
小・中学校における国語教育の実践と研究に従事し、特に読解力を高める指導において優れた実績をあげてきた。また、研究会において積極的に発表、公開授業を行い、指導助言にあたるなど、後進の指導に努め、県内外の国語教育の進展に大きく寄与している。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 広島県 個人 ---
北海道国語教育連盟
昭和22年連盟の創設以来、全道的な唯一の国語教育研究団体として、北海道のみならず、全国の国語教育の充実と発展に多くの業績をあげてきた。特に、道内の国語教育の振興と開発には常に先導的役割を果たし、継続的な実践の成果は極めて高く評価されている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 北海道 個人 ---
神崎郡永源寺町立政所小学校
全教職員が一丸となって長期にわたる研究と実践を積み重ね、特に国語科教育を核とした言語理解力と言語表現力の育成向上を期した実践の成果は、へき地山村における国語指導の在り方の範を示したものとして、全国的に高い評価を得ている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 滋賀県 個人
駿東地区教育教会国語教育研究部
昭和22年新発足以来、大正期からの地域文集の伝統を継承した「駿東文園」などの編集・発行を通して、地域の国語教育の推進と発展に寄与している。また、この事業の継続は児童の作文力の向上に貢献しているほか、教師の国語教育研究の振興にも役立っている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 静岡県 団体 ---
山形郡千代田町壬生小学校
多年にわたり、校内の研究協力態勢のもとに着実な研究活動を進め、特に児童の文章表現力を高めるための実践を行ってきた。最近では昭和57年度において年来の研究結果を発表し、その内容は県内外の参会者に深い感銘を与え、県内の国語教育推進のため大きく貢献した。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 山形県 団体 ---
三戸郡五戸町立五戸小学校 文部科学大臣賞
地域における実践研究の中心校として教育課程全般にわたり幅広く研究を行ってきた。なかでも、国語科教育における学年段階の達成目標、評価基準などを具体化するための研究成果は、国語教育の今日的課題を解決するための示唆を与えたものとして高く評価されている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 青森県 団体 ---
国語教育実践理論の会
国語教育における理論と方法を科学的に研究することを通して、国語実践の確立を目ざし、創設以来2O余年にわたる月例研究会の開催・研究機関誌の発行などを着実に行って、共同研究の成果を広く世に問い、国語教育の推進と振興に大きな貢献をしている。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 東京都 団体 ---
学校法人甲南学園甲南小学校
創立以来の児童文集編集の伝統を継承し、児童の国語表現力の育成を図ってきたほか、戦後における私立小学校の連帯による研究活動において近畿地区での先導的役割を果してきた。西日本地区における私立小学校連合会の研修活動の中心として活躍が期待される。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 兵庫県 団体 ---
氷田 作治
一貫して書写・書道教育の理念と在り方を追究し、学校教育におけるその位置づけや指導理論の開拓に情熱を傾けてきた。全国的な研究会の運営、各種研究会及び書道展等を通しての指導、後進の育成等、その書写・書道教育の振興に貢献したところは極めて大きい。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
加藤 隆 文部科学大臣賞
国語教育の実践と研究に情熱をもって取り組み、その充実を図ってきた。特に、読解指導、言語事項の指導に関する精細な調査研究と実践記録による指導方法探究への努力は、高く評価されている。なお、今後の発展と成果が一層期待される。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 福島県 個人 ---
伊達郡伊達町立東小学校
児童一人一人が主体的に学び取る書写学習の在り方を実践を通して、長期にわたって研究を進めてきた。その間、指導上の創意工夫、評価の具体的方法、教材・教具の開発などに多くの成果を残し、県内外の書写教育の推進のため尽くした功績は大きい。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 福島県 団体 ---
はとぶえ会
昭和26年に会を創立して以来今日まで、市内の全小学校児童を対象とした児童文化誌を毎月継続して発行し、児童の詩・作文などの発表を通して地域における児童文化の向上に努めてきたのみならず、地域児童の文章表現力の育成を図ってきた功績はまことに大きい。
第15回(1984年度) 国語・日本語教育部門 大阪府 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
兵庫県立こばと聾学校 文部科学大臣賞
昭和50年開校以来、全国唯一の幼稚部のみの聾学校として、個々の幼児に適切な教育計画を設定し、聴覚障害幼児の教育を推進してきた。とりわけ、母子の触れ合いによることばの育成を目指した"お泊り保育"などの実践研究は、この教育に多くの示唆を与えている。
受賞年度第13回(1982年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
群馬県立聾学校 文部科学大臣賞
長年、幼稚部における教育相談の実施、生活場面を重視した望ましい言語指導の在り方の探究、小・中学部の国語科指導の充実などに努め、その教育実践は全国的に高く評価されている。昭和58年に発表した「養護・訓練の指導」は、参加者に多くの感銘を与えた。
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地群馬県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
平島 加子
30年間にわたり、盲教育一筋に精励し、多くの優れた実践的研究を積み重ねてきた。なかでも、点字の指導とその教材作成、交流教育の実践的研究、盲幼児に対する早期教育の実践などに顕著な実績をあげ、この教育の充実に寄与した。
受賞年度第49回(2018年度)
部門視覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
伊藤眞三郎 文部科学大臣賞
長年にわたり、視覚障害教育に携わり、効果的な指導法の実践的研究を地道に行って、その充実に尽力してきた。また、全国盲学校長会において指導的役割を果たし、視覚障害教育の振興と発展に大きく貢献した。
受賞年度第15回(1984年度)
部門視覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鈴木 大三
長年にわたり、聴能と話しことばの指導、読解指導、作文指導の改善を目指して地道な実践研究を継続した。特に聴能による身体リズムなどの指導を行い、その成果は極めて顕著であり、全道の聴覚障害教育の推進と発展に寄与するところが大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
岡本 途也 文部科学大臣賞
戦後早くから聴覚の活用による教育の可能性を追求し、聾・難聴児の補聴器の適合についての開発的研究に取り組むとともに、早期教育の必要性について、長年にわたり実証的研究を続け、多くの優れた成果をあげ、聴覚障害教育の発展に尽した功績は、まことに大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
本間 俊夫
県下における言語障害特殊学級創設以来、一貫して言語障害児の指導に取り組み、着実な実践研究を重ねて成果をあげてきた。特に、研修活動や県内外の啓蒙活動にも指導者としての役割を果たし、この教育の発展に大きく貢献している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地新潟県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
中西美智子 文部科学大臣賞
昭和41年、神戸市の言語障害特殊学級開設以来、一貫してこの教育の実践と研究を継続し、教室における教具の開発、備品の整備、口蓋裂児の構音治療の方針と方法の確立、早期教育の実践、親の会の育成、後進の指導等幅広く活動し、その功績は極めて顕著である。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地兵庫県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
点字教材製作研究会
多様なニーズを有する盲児童生徒に対し、必要に応じて適切な点字教材を提供するために、最新の設備を取り入れ、その活用に関するテキストを作成するとともに、管理運営の在り方の研究を行い、全国の盲学校に貴重な資料を与えている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門視覚障害教育部門
所在地広島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
横浜市立盲学校 文部科学大臣賞
創立以来95年に及ぶ伝統を踏まえ、幼稚部から高等部に及ぶ一貫した指導体制の下に、幅広い実践研究を着実に積み重ねてきた。特に近年においては、触覚読書機の効果的活用に関する研究に取り組み、その成果を各盲学校に提供し高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門視覚障害教育部門
所在地神奈川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
八王子市立第四小学校きこえとことばの教室
教室開設以来、毎年八王子市における聴覚障害児の聴力検査と適正な教育評価を行い、地域の聴覚センター的な役割を果してきた。また、関連機関等との望ましい連携、個に応じた教育診断とその指導の在り方に関する研究は、言語障害教育に多くの示唆を与えている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
下関市立名池小学校ことばの教室
教室開設以来、ことばに障害のある多くの児童の指導にあたってきた。特に、母親に対する指導に重点をおき、家庭での望ましい言語指導の在り方を追究し、一人一人の児童に適した指導計画に基ずく実践活動は、この地域において高い評価を得ている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地山口県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛知県言語聴覚障害児教育研究会 文部科学大臣賞
研究会設立以来、県下の小・中学校における難聴・言語障害児に対する教育の普及、振興に尽力してきた。また、昭和58年に全難言協全国大会を開催すると共に、障害に応じた指導内容・方法を発表し、その実践的内容は全国的に高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門言語障害教育部門
所在地愛知県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
磨野 久一
長年にわたる小学校国語教育の実践と研究を通して、読解指導、教材研究、授業研究等の開拓と進展に貢献してきた。また、地域児童の言語環境の整備と学力向上を図って効果をあげ、現在も後進の指導育成に尽力している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地京都府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
楠橋猪之助
四十年間にわたり、国語教育の実践と研究に努め、特に語彙指導、作文指導、読書指導、教材研究等に優れた成果をあげるとともに、地域の研究会を結成し、その運営にも尽力して後進に影響を与え、県内外の国語教育の振興に寄与したところが大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛媛県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
竹内 喜秋
長年にわたり、小・中学校における作文指導に多大の成果をあげてきたほか、国語教育研修の指導、研究成果の実践とその普及に努め、また、国語研究団体の運営にも尽力するなど、その幅広い活動を通して、国語教育の発展に貢献してきた。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地高知県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
松本千代子
長年にわたり、国語教育の指導法の研究に熱意と意欲をもって従事し、特に確かな読解力と表現力を育成するための指導法の開発に多くの優れた実積をあげてきたほか、地域の研究活動にも積極的に参加し、国語教育の発展に尽力してきた。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
住山 恭子
小・中学校における国語教育の実践と研究に従事し、特に読解力を高める指導において優れた実績をあげてきた。また、研究会において積極的に発表、公開授業を行い、指導助言にあたるなど、後進の指導に努め、県内外の国語教育の進展に大きく寄与している。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地広島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
北海道国語教育連盟
昭和22年連盟の創設以来、全道的な唯一の国語教育研究団体として、北海道のみならず、全国の国語教育の充実と発展に多くの業績をあげてきた。特に、道内の国語教育の振興と開発には常に先導的役割を果たし、継続的な実践の成果は極めて高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地北海道
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
神崎郡永源寺町立政所小学校
全教職員が一丸となって長期にわたる研究と実践を積み重ね、特に国語科教育を核とした言語理解力と言語表現力の育成向上を期した実践の成果は、へき地山村における国語指導の在り方の範を示したものとして、全国的に高い評価を得ている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地滋賀県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
駿東地区教育教会国語教育研究部
昭和22年新発足以来、大正期からの地域文集の伝統を継承した「駿東文園」などの編集・発行を通して、地域の国語教育の推進と発展に寄与している。また、この事業の継続は児童の作文力の向上に貢献しているほか、教師の国語教育研究の振興にも役立っている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地静岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
山形郡千代田町壬生小学校
多年にわたり、校内の研究協力態勢のもとに着実な研究活動を進め、特に児童の文章表現力を高めるための実践を行ってきた。最近では昭和57年度において年来の研究結果を発表し、その内容は県内外の参会者に深い感銘を与え、県内の国語教育推進のため大きく貢献した。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地山形県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
三戸郡五戸町立五戸小学校 文部科学大臣賞
地域における実践研究の中心校として教育課程全般にわたり幅広く研究を行ってきた。なかでも、国語科教育における学年段階の達成目標、評価基準などを具体化するための研究成果は、国語教育の今日的課題を解決するための示唆を与えたものとして高く評価されている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地青森県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
国語教育実践理論の会
国語教育における理論と方法を科学的に研究することを通して、国語実践の確立を目ざし、創設以来2O余年にわたる月例研究会の開催・研究機関誌の発行などを着実に行って、共同研究の成果を広く世に問い、国語教育の推進と振興に大きな貢献をしている。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
学校法人甲南学園甲南小学校
創立以来の児童文集編集の伝統を継承し、児童の国語表現力の育成を図ってきたほか、戦後における私立小学校の連帯による研究活動において近畿地区での先導的役割を果してきた。西日本地区における私立小学校連合会の研修活動の中心として活躍が期待される。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地兵庫県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
氷田 作治
一貫して書写・書道教育の理念と在り方を追究し、学校教育におけるその位置づけや指導理論の開拓に情熱を傾けてきた。全国的な研究会の運営、各種研究会及び書道展等を通しての指導、後進の育成等、その書写・書道教育の振興に貢献したところは極めて大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
加藤 隆 文部科学大臣賞
国語教育の実践と研究に情熱をもって取り組み、その充実を図ってきた。特に、読解指導、言語事項の指導に関する精細な調査研究と実践記録による指導方法探究への努力は、高く評価されている。なお、今後の発展と成果が一層期待される。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
伊達郡伊達町立東小学校
児童一人一人が主体的に学び取る書写学習の在り方を実践を通して、長期にわたって研究を進めてきた。その間、指導上の創意工夫、評価の具体的方法、教材・教具の開発などに多くの成果を残し、県内外の書写教育の推進のため尽くした功績は大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地福島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
はとぶえ会
昭和26年に会を創立して以来今日まで、市内の全小学校児童を対象とした児童文化誌を毎月継続して発行し、児童の詩・作文などの発表を通して地域における児童文化の向上に努めてきたのみならず、地域児童の文章表現力の育成を図ってきた功績はまことに大きい。
受賞年度第15回(1984年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地大阪府
団体/個人団体