博報賞

活動タイトル

長年にわたり一貫して、私立聾学校の教頭として指導的立場にたち、校内の教育体制を確立し、絶えず教育実践と研究の向上に努め、特に、幼児の残存聴力の活用の教育について、多大の成果をあげて、我が国聴覚障害教育の発達に貢献している。

望月 敏彦