博報賞

活動タイトル

小・中学校の通常の学級で学ぶ多くの弱視児童・生徒に対して、専門教師の巡回による特別指導の必要性に着目し、多くの困難を克服しながら、その実践を積み上げている。この先導的試行は今後の視覚障害教育のあり万を示唆するものとして高く評価されている。

淺野仁一郎