博報賞

過去の受賞者|第6回(1975年度)

文部科学大臣賞印は博報賞と併せて文部科学大臣賞を受賞をした活動です。

受賞者名・活動タイトル 受賞年度 部門 所在地 団体/個人 活動内容
福本 礼一
盲学校長として多年にわたり終始一貫この教育の充実・振興に努力を傾注している。特に、新職業の開拓に意欲的に取り組み、地方盲学校としては画期的な理学療法科を設置するなど力強い歩みを続け、関係者の期待に応えている。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 徳島県 個人 ---
田辺 建雄
失明による障害を克服し、盲学校で長年にわたり教べんを執るかたわら、理療に関する専門科目の充実を目ざして多くの教科用図書を編集・刊行するなど職業教育の向上につとめている。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 石川県 個人 ---
仲本 とみ
風疹の犠牲となった聴覚障害児の教育に、当初より熱心に取り組み、種々の困難をのりこえて、常に意欲的な研究と適切な教育実践を継続し成果をあげている。特に、自校のみならず県下全域にわたり、指導的役割を果たし、風疹児教育の指導に貢献している。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 沖縄県 個人 ---
大家善一郎
自ら、聴覚障害を克服し、聾学校教師として、長年にわたり聴覚障害児童・生徒の望ましい人間形成の指導に献身的に取り組み、教育の成果をあげている。また、全日本聾唖連盟長として社会教育に幅広い活動を行い、すぐれた業績をあげている。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 大阪府 個人 ---
福井県立盲学校
重複障害教育を、学校のみならず地域や福祉施設等との連携を深める教育に着目して成果をあげてきた。とりわけ、生涯教育を目ざして重複障害幼児の教育はもとより、成人の盲聾者の職業教育に至るまで幅広く実践と研究を継続し、この教育の推進に寄与している。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 福井県 個人 ---
島根県立盲学校
養護・訓練に対する全校あげての研究と実践は、教育活動全領域にわたって適切かつ効果的にその成果を示している。また、高等学校の生徒に伍して第三回全国高等学校演劇コンクールにおいて幾多の困難を克服し、優秀な成績をおさめた。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 島根県 団体 ---
沖縄県立沖縄盲学校 文部科学大臣賞
早くから重複障害児の教育に意欲的に取り組み、就学猶予・免除の在宅児に訪問指導を実施するなど、多大の成果を収めてきた。また、盲聾児の教育については、管理運営および教育内容・方法の研究をテーマに全校を挙げて努力している。
第6回(1975年度) 視覚障害教育部門 沖縄県 団体 ---
福岡県立福岡聾学校
言語指導の実践に長期にわたり熱心に取り組み、全校体制の中で多くの実績をあげ、県内および地域の研究推進に常に指導的な役割を果たしてきた。中でも教育機器の効果的利用を目ざした研究成果は、学習指導の改善に寄与するところが大きい。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 福岡県 団体 ---
秋田県立聾学校 文部科学大臣賞
職業開拓の先進校として工芸印刷科を創設して以来、長年にわたり適切な進路指導により生徒の制作指導に顕著な成果を収めている。その実績は県内のみならず全国の聾学校に多大な影響を及ぼしている。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 秋田県 団体 ---
愛媛県立松山聾学校
全校体制のもとに長年にわたり言語指導の教育実践に成果をあげている。特に近年は、重複障害児について、障害の特性に即した養護・訓練の内容・方法に関する事例研究を、着実かつ精緻に積み重ね、新分野を開拓し、重複障害教育の推進に寄与している。
第6回(1975年度) 聴覚障害教育部門 愛媛県 団体 ---
蓑手 重則
長年、国語教育の研究に従い、多数の論文・著書を世に送り、多くの後継者を育成するとともに、地域の国語教育の推進や標準語の普及につくした功績は大きい。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 鹿児島県 個人 ---
片桐 格
就学猶予児の言語発達遅滞に関する長年の研究と実践に基づき、自ら言語治療教室を開設して、献身的な指導に従い、児童の言語能力を高め、小学校国語教育の基礎を育成している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 秋田県 個人 ---
藤倉 司郎
長年にわたり真摯に国語教育の実践と研究に当たり、特に、ひとりひとりを伸ばす作文教育に成果を挙げてきた。また、地区の指導者として研究活動を盛り上げ、その進展に寄与している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 埼玉県 個人 ---
中村 万三
公私立の小中学校において、国語教育の研究、実践に努め、幾多の著書・論文を世に問い、特に作文教育や文学教育の開拓、進展に寄与している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
坂本 和夫
多年にわたり国語教育の実践と研究に努力し、特に作文教育、文学教育の面で指導法の改善を図った。最近は豊かな人間性を育てる国語教育をめざして成果を挙げている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 千葉県 個人 ---
佐々木定夫
長年、公立小学校にあって、継続的に国語教育の研究、実践に従い、顕著な実績を示してきた。また、研究会活動等を通して、国語教育の推進、普及に努めた。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
高山 繁
公立小学校において、国語教育の研究、実践に指導的役割を果たすとともに、特に文集の発行を継続し、着実に作文教育の向上に寄与している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
高橋 和夫
大学教育学部にあって、国文学・国語教育の研究に従い、多くの国語教師を養成するとともに、特に、国語教育研究の伝統を継承しつつ、その拡充、深化において新生面の開拓に努力している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
古田 東朔
長年、国語学・国語学史の研究に努め、成果を収めた。特にその間、明治初期の国語教育並びに国語教科書の研究において示した成果は、近代国語教育史研究の進展に寄与するところが大きい。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
加古 明子
児童言語生活の研究、児童文化、家庭教育に関する研究等を基盤として、国語教育の実践、改善に努め、また、幾多の創作童話を発表して、児童文化の質的向上に寄与している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 東京都 個人 ---
鈴鹿市立若松小学校
充実した校内研究体制のもとに、国語科における理解表現力の向上を基盤としつつ、各教科の学習指導にまで及ぶ研究を継続することにより、県内国語教育の発展と向上に貢献している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 三重県 団体 ---
北桧山町立太櫓小学校
全職員の協力のもとに、国語科における読書指導を課題とした研究を行い、その実証的研究成果は、小規模校の研究のあり方を示すものとして、管内のみならず道内の国語教育に多くの示唆を与えている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 北海道 団体 ---
福岡町立福岡小学校
論理的思考力の向上を目ざす読解学習指導を中心に、国語科教育のための教材研究法の開発を続け、その研究成果は、県内のみならず、全国的にも高く評価されている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 富山県 団体 ---
富山市立豊田小学校
「主体的な読み」「構想力の開発」等を中心とした国語科学習指導の研究を行い、その成果は地域の国語教育の推進に大きな役割を果たしている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 富山県 団体 ---
徳島県小学校作文読本編集委員会 文部科学大臣賞
昭和12年創設「綴方読本編集委員会」の伝統を受け継ぎ、昭和24年以降現在まで、学年別に月刊の「作文読本」の編集発行を継続することによって、県下小学校児童の作文力の伸長と県内教師の作文指導法の向上に寄与してきた。その成果は、県内における国語教育研究推進の原動力であるのみならず、全国的にも大きな影響を及ぼしている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 徳島県 団体 ---
川崎市立大戸小学校「たんぽぽ学級」
言語障害を伴う精神遅滞児に対する国語教育の進め方について、学級創設以来積極的に研究を続け、創意に満ちた学習指導の実践を精力的に推進している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 神奈川県 団体 ---
松之山町立松之山小学校
校長はじめ全職員が一致協力して着実な研究を進め、地域に取材する自作教材の開発、児童の自主的学習の推進等を通して、国語能力の向上に多大の成果を収めたことは、小規模校における国語教育の発展に影響するところが大きい。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 新潟県 団体 ---
鹿島市立鹿島小学校
学習における個別化を中心課題としながら、幅広く国語科学習指導法の研究に取り組み、県内国語教育の向上に大きな貢献をしている。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 佐賀県 団体 ---
岐阜市立且格小学校
全職員の協力によって、漢字・語彙の体系的指導に取り組み、言語能力向上を目ざした国語科の学習指導法の研究に着実に努力している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 岐阜県 団体 ---
「うしお」の会
会の発足以来20余年にわたり、教師の研修活動を継続するとともに、地域ぐるみで児童・生徒の活発な表現を促すことによって作文力の向上を図り、県内国語教育の振興に寄与している。
第6回(1975年度) 国語・日本語教育部門 愛媛県 団体 ---
受賞者名・活動タイトル
福本 礼一
盲学校長として多年にわたり終始一貫この教育の充実・振興に努力を傾注している。特に、新職業の開拓に意欲的に取り組み、地方盲学校としては画期的な理学療法科を設置するなど力強い歩みを続け、関係者の期待に応えている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地徳島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
田辺 建雄
失明による障害を克服し、盲学校で長年にわたり教べんを執るかたわら、理療に関する専門科目の充実を目ざして多くの教科用図書を編集・刊行するなど職業教育の向上につとめている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地石川県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
仲本 とみ
風疹の犠牲となった聴覚障害児の教育に、当初より熱心に取り組み、種々の困難をのりこえて、常に意欲的な研究と適切な教育実践を継続し成果をあげている。特に、自校のみならず県下全域にわたり、指導的役割を果たし、風疹児教育の指導に貢献している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地沖縄県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
大家善一郎
自ら、聴覚障害を克服し、聾学校教師として、長年にわたり聴覚障害児童・生徒の望ましい人間形成の指導に献身的に取り組み、教育の成果をあげている。また、全日本聾唖連盟長として社会教育に幅広い活動を行い、すぐれた業績をあげている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地大阪府
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
福井県立盲学校
重複障害教育を、学校のみならず地域や福祉施設等との連携を深める教育に着目して成果をあげてきた。とりわけ、生涯教育を目ざして重複障害幼児の教育はもとより、成人の盲聾者の職業教育に至るまで幅広く実践と研究を継続し、この教育の推進に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地福井県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
島根県立盲学校
養護・訓練に対する全校あげての研究と実践は、教育活動全領域にわたって適切かつ効果的にその成果を示している。また、高等学校の生徒に伍して第三回全国高等学校演劇コンクールにおいて幾多の困難を克服し、優秀な成績をおさめた。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地島根県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
沖縄県立沖縄盲学校 文部科学大臣賞
早くから重複障害児の教育に意欲的に取り組み、就学猶予・免除の在宅児に訪問指導を実施するなど、多大の成果を収めてきた。また、盲聾児の教育については、管理運営および教育内容・方法の研究をテーマに全校を挙げて努力している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門視覚障害教育部門
所在地沖縄県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福岡県立福岡聾学校
言語指導の実践に長期にわたり熱心に取り組み、全校体制の中で多くの実績をあげ、県内および地域の研究推進に常に指導的な役割を果たしてきた。中でも教育機器の効果的利用を目ざした研究成果は、学習指導の改善に寄与するところが大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地福岡県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
秋田県立聾学校 文部科学大臣賞
職業開拓の先進校として工芸印刷科を創設して以来、長年にわたり適切な進路指導により生徒の制作指導に顕著な成果を収めている。その実績は県内のみならず全国の聾学校に多大な影響を及ぼしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地秋田県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
愛媛県立松山聾学校
全校体制のもとに長年にわたり言語指導の教育実践に成果をあげている。特に近年は、重複障害児について、障害の特性に即した養護・訓練の内容・方法に関する事例研究を、着実かつ精緻に積み重ね、新分野を開拓し、重複障害教育の推進に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門聴覚障害教育部門
所在地愛媛県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
蓑手 重則
長年、国語教育の研究に従い、多数の論文・著書を世に送り、多くの後継者を育成するとともに、地域の国語教育の推進や標準語の普及につくした功績は大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地鹿児島県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
片桐 格
就学猶予児の言語発達遅滞に関する長年の研究と実践に基づき、自ら言語治療教室を開設して、献身的な指導に従い、児童の言語能力を高め、小学校国語教育の基礎を育成している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地秋田県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
藤倉 司郎
長年にわたり真摯に国語教育の実践と研究に当たり、特に、ひとりひとりを伸ばす作文教育に成果を挙げてきた。また、地区の指導者として研究活動を盛り上げ、その進展に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地埼玉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
中村 万三
公私立の小中学校において、国語教育の研究、実践に努め、幾多の著書・論文を世に問い、特に作文教育や文学教育の開拓、進展に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
坂本 和夫
多年にわたり国語教育の実践と研究に努力し、特に作文教育、文学教育の面で指導法の改善を図った。最近は豊かな人間性を育てる国語教育をめざして成果を挙げている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地千葉県
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
佐々木定夫
長年、公立小学校にあって、継続的に国語教育の研究、実践に従い、顕著な実績を示してきた。また、研究会活動等を通して、国語教育の推進、普及に努めた。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高山 繁
公立小学校において、国語教育の研究、実践に指導的役割を果たすとともに、特に文集の発行を継続し、着実に作文教育の向上に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
高橋 和夫
大学教育学部にあって、国文学・国語教育の研究に従い、多くの国語教師を養成するとともに、特に、国語教育研究の伝統を継承しつつ、その拡充、深化において新生面の開拓に努力している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
古田 東朔
長年、国語学・国語学史の研究に努め、成果を収めた。特にその間、明治初期の国語教育並びに国語教科書の研究において示した成果は、近代国語教育史研究の進展に寄与するところが大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
加古 明子
児童言語生活の研究、児童文化、家庭教育に関する研究等を基盤として、国語教育の実践、改善に努め、また、幾多の創作童話を発表して、児童文化の質的向上に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地東京都
団体/個人個人
受賞者名・活動タイトル
鈴鹿市立若松小学校
充実した校内研究体制のもとに、国語科における理解表現力の向上を基盤としつつ、各教科の学習指導にまで及ぶ研究を継続することにより、県内国語教育の発展と向上に貢献している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地三重県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
北桧山町立太櫓小学校
全職員の協力のもとに、国語科における読書指導を課題とした研究を行い、その実証的研究成果は、小規模校の研究のあり方を示すものとして、管内のみならず道内の国語教育に多くの示唆を与えている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地北海道
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
福岡町立福岡小学校
論理的思考力の向上を目ざす読解学習指導を中心に、国語科教育のための教材研究法の開発を続け、その研究成果は、県内のみならず、全国的にも高く評価されている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
富山市立豊田小学校
「主体的な読み」「構想力の開発」等を中心とした国語科学習指導の研究を行い、その成果は地域の国語教育の推進に大きな役割を果たしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地富山県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
徳島県小学校作文読本編集委員会 文部科学大臣賞
昭和12年創設「綴方読本編集委員会」の伝統を受け継ぎ、昭和24年以降現在まで、学年別に月刊の「作文読本」の編集発行を継続することによって、県下小学校児童の作文力の伸長と県内教師の作文指導法の向上に寄与してきた。その成果は、県内における国語教育研究推進の原動力であるのみならず、全国的にも大きな影響を及ぼしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地徳島県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
川崎市立大戸小学校「たんぽぽ学級」
言語障害を伴う精神遅滞児に対する国語教育の進め方について、学級創設以来積極的に研究を続け、創意に満ちた学習指導の実践を精力的に推進している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地神奈川県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
松之山町立松之山小学校
校長はじめ全職員が一致協力して着実な研究を進め、地域に取材する自作教材の開発、児童の自主的学習の推進等を通して、国語能力の向上に多大の成果を収めたことは、小規模校における国語教育の発展に影響するところが大きい。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地新潟県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
鹿島市立鹿島小学校
学習における個別化を中心課題としながら、幅広く国語科学習指導法の研究に取り組み、県内国語教育の向上に大きな貢献をしている。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地佐賀県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
岐阜市立且格小学校
全職員の協力によって、漢字・語彙の体系的指導に取り組み、言語能力向上を目ざした国語科の学習指導法の研究に着実に努力している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地岐阜県
団体/個人団体
受賞者名・活動タイトル
「うしお」の会
会の発足以来20余年にわたり、教師の研修活動を継続するとともに、地域ぐるみで児童・生徒の活発な表現を促すことによって作文力の向上を図り、県内国語教育の振興に寄与している。
受賞年度第6回(1975年度)
部門国語・日本語教育部門
所在地愛媛県
団体/個人団体