博報賞

活動タイトル

長年にわたり小学校において、学級担任あるいは教頭、校長として、地道に国語教育の実践的研究にしたがい、実績を挙げた。その真摯な研究態度と識見は、おのずから同僚や後進に影響を及ぼして、地域国語教育の充実発展に貢献した。退職後も『福寿草の詩』ほかの作品によって国語教育者としての面目を発揮している。

久保 太郎